その価格たったの“10ユーロ”…カバーニやディバラを見出したパレルモが売却2018.12.03 13:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現在はセリエBに所属するパレルモが、ロンドンの企業に売却したとマウリツィオ・ザンパリーニ会長が発表した。その価格が驚愕だった。▽イギリス『BBC』によると、パレルモは「ロンドンに本社を置く企業」に売却されたとのこと。その価格はわずか10ユーロ(約1300円)だったという。

▽パレルモと言えば、2002年にチームを買収したザンパリーニ会長が有名。セリエC1が定位置となっていたクラブはセリエB、セリエAと昇格。2004-05シーズンから2012-13シーズンまではセリエAに定着していた。

▽また、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)やアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(ユベントス)、アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(ローマ)など南米選手の最初の移籍先としても知られ、ビッグクラブへ売却する方針でも知られている。

▽その他にも、ザンパリーニ会長在任期間に起用された監督は45名。特に、結果が出ない監督はすぐに解任されることが多く、フランチェスコ・グイドリン氏は4度も解任されており、過去に率いた指揮官が再就任することも少なくなかった。

▽ザンパリーニ会長は、「クラブの未来を考える」と今回の売却を説明。「当面の目的は、私が出来なくなった投資が可能であり、より多くの財政力で継続してくれる人を見つけることだった」と売却先を探していたことを明かした。

▽また、「新たにロンドンを本社とするオーナーは、スタジアムとトレーニング場の建設を計画している」とこの先の展開についてもコメントした。

▽現在のパレルモはセリエBで首位に立っている。
コメント
関連ニュース
thumb

湘南、衝撃のノーゴール! 混乱を招いた大誤審にJリーガーも反応

17日、明治安田生命J1リーグ第12節が行われた。埼玉スタジアム2002で行われた浦和レッズvs湘南ベルマーレでは、誰もが目を疑う大誤審が発生。この誤審に、多くのサッカーファンが反応する中、現役Jリーガーも苦言を呈している。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=dfycu4p5mzm61gpql7uerjkpo" async></script> </div> 試合は連敗を止めたいホームの浦和が先手を奪う。22分に長沢和輝が、25分にはアンドリュー・ナバウトが得点し、2点のリードを得る。 そして迎えた31分、問題のシーンが生まれた。 力強いドリブルで仕掛けた梅崎司から、ボックス手前でパスを受けた杉岡大暉がボックス手前で球際を制すと、左足を一閃。シュートは右ポストに当たって跳ね返ると、左サイドネットを揺らした。しかし、次の瞬間、左サイドネットからボールが跳ね返り、ゴールの外へと出る。 浦和のGK西川周作もゴールが決まったと思い、跳ね返ったボールをセンターサークルへとスロー。しかし、山本雄大主審は、ノーゴールと判定し、そのままプレーが続行。思わぬカウンターとなり、浦和が湘南ゴールに迫るが、GK秋元陽太がなんとかセーブした。 プレーが止まると、湘南の選手が猛抗議。曹貴裁監督以下、湘南のコーチや控え選手も入り乱れた猛抗議が行われた。スローで見ても、明らかにボールはゴールに入っており、審判団の誤審は明確。しかし、10分を超える抗議は認められず、2-0で浦和が前半を終えた。 このシーンに関して、試合を見ていた多くのJリーガーがSNS上で反応。誤審が起こることに理解を示しながらも、疑いようのない誤審に苦言を呈していた。 ◆馬場賢治(大分トリニータ) 「浦和vs湘南」 「人間だからミスは絶対あると思う。それも理解してる。ありえない誤審された経験もある」 「でもこれはちょっとありえない」 「みんな1試合に人生かけて戦ってる。大事な大事なチャンスにかけてる 「誤審でしたじゃすまされないよこれは」 ◆田中順也(ヴィッセル神戸) 「どうみてもゴールじゃん こういうの減らそうよ」 ◆成岡翔(藤枝MYFC) 「試合が終わった。湘南の選手に感動しました。素晴らしい」 「選手の立場からするとやはりこの誤審はダメ。許せない」 「でも湘南の戦いがこのモヤモヤを晴らしてくれた。湘南のみなさん、サッカーの素晴らしさを感じさせてくれてありがとうございます」 ◆永石拓海(レノファ山口FC) 「明らかな誤審。西川選手も決められたと、わかってた」 「あそこでノーゴールにすると一番叩かれると思うな」 「レフェリングミスを認めたら試合時間が伸びるだけで済むのに」 ◆三竿雄斗(大分トリニータ) 「でも湘南が勝ったことによっていつものようにうやむやにして終わらせるのはなしでお願いします!^ ^」 ◆三竿健斗(鹿島アントラーズ) 「笑いをこらえきれないくらいひどすぎる。。」 ◆渡邉千真(ガンバ大阪) 「これでノーゴールの判定はありえない。」 なお、試合は2点ビハインドの湘南が後半に猛攻。後半開始から途中出場した菊地俊介が2ゴールを挙げ同点とすると、後半アディショナルタイムに山根視来が劇的な逆転弾を決め、2-3で湘南が勝利を収めた。 2019.05.17 23:18 Fri
twitterfacebook
thumb

かつては期待の星だったベラヒノ、飲酒運転で1000万以上の罰金処分

かつてはイングランド代表の将来を担うとも言わるほどの逸材だった、ストーク・シティのブルンジ代表FWサイード・ベラヒノが、飲酒運転での有罪が確定した。イギリス『BBC』が報じた。 ベラヒノは2月18日の早朝、自身が所有する黒のレンジ・ローバーを運転していた。ロンドンのウェストエンドで警察に止められたベラヒノだったが、その際にアルコール検査を実施。100mlの息に103mgのアルコールが含まれており、法廷限度の35mgの約3倍を記録。飲酒運転で逮捕されていた。 有罪となったベラヒノだが、「死を感じさせたり、深刻な傷害を与えたわけではない」とし、7万5000ポンド(約1050万円)の罰金と、30カ月の運転禁止の処分下された。 なお、ベラヒノは2012年、2015年と過去に2度飲酒運転が発覚。今回が3度目の飲酒運転となった。 2017年にWBAからストーク・シティへと加入したベラヒノ。1年でのプレミアリーグ復帰を目指していたチームでリーグ戦23試合に出場し3ゴール1アシストと主力としてプレーしていた。しかし、この飲酒運転が発覚してからはメンバー外となっていた。 ちなみに、ベラヒノは現在収入がないとのこと。チームから給与の支払いを差し止められており、月に2万ポンド(約280万円)の支出があるようだ。 2019.05.16 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ケガを疑う監督の発言にセビージャFWアンドレ・シウバが反論

セビージャのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(23)が、ホアキン・カパロス監督の主張に反論した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 今シーズン、ミランからレンタル移籍で加入したアンドレ・シウバ。開幕戦でいきなりハットトリックを記録するなど、チームの得点源として期待されていた。 徐々に得点が奪えなくなったものの、レギュラーとしてプレーを続けていたが、シーズン終盤にかけてヒザの負傷により欠場。4月以降は1試合しかプレーしておらず、7試合連続で欠場中となっている。 そんな中、チームを率いるカパロス監督に「ケガの問題を誇張している」と言われてしまったアンドレ・シウバ。しかし、その発言に反論。実際にケガをしており、プレーしたいと語った。 「僕はケガをしたふりをしているのではない。治療を受けている」 「明確な良心があるよ。プレーしたいと思っている。そして、僕にとっての問題は、時間が経過するとともに違和感が増していったということなんだ」 「たぶん、最善の方法で処置を受けられなかった。それを切り分けるために、12月に休まなければならなかった。セビージャは僕を必要とし、僕はプレーしたかったんだ」 400万ユーロ(約4億9000万円)でミランからレンタル移籍しているアンドレ・シウバは、3900万ユーロ(約47億8800万円)の買い取りオプションがついているものの、セビージャが行使するかは不透明だ。 リーガエスパニョーラで27試合に出場し9ゴール2アシスト、ヨーロッパリーグで6試合に出場、コパ・デル・レイでも4試合に出場し2ゴールを記録しているアンドレ・シウバ。モナコ、バレンシア、レスター・シティなどが獲得に興味を示しているが、去就に関しては現時点では何も決まっていない状況だ。 2019.05.15 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「追放しろ!」バルセロナで愚行のリバプールファン、またしても迷惑行為

チャンピオンズリーグ準決勝でバルセロナと対戦したリバプール。アウェイゲームとなった1stレグでは試合前から一部のサポーターがバルセロナの街中で迷惑行為におよんでいたことが問題となっていた。 そんな問題の渦中にいる人物が、再び問題行動を起こしていたことが問題視されている。イギリス『リバプール・エコー』が報じた。 バルセロナでは、観光地として知られるレイアール広場で、ビール売りの男性を後ろから持ち上げ、噴水に落とすという迷惑行為をしていた男。その男が、プレミアリーグ最終節となったウォルバーハンプトン戦前にも問題を起こしていた。 その男は、道路閉鎖の看板の前に立っていた警備員へ後ろから忍び寄ると、そのままズボンを引き下げていた。警備員はパンツを丸出しにされ、男はその場を逃げ去っていた。 『リバプール・エコー』によると、この行為にリバプールファンが激怒。バルセロナでの件も踏まえ、クラブへ迷惑をかけるとし、SNS上で大きな話題に。「リバプールFCに悪名と風評を与える」や「彼が試合から締め出されるように」などというコメントが投稿。「全てのリバプールの試合から彼を追放しよう」とも投稿されていた。 その他にも、「バルセロナの事件で、すでに警察に調査されている。誰かにこんなものをまた記録させるなんて、馬鹿げている。ここで終わりだろう」や「全てのサッカーに関わることを禁ずるべきだ。もし、彼が私のファミリーの一員だったならば、恥ずかしい。フットボールのファンに悪名をつけることになる」など、多くの怒りを買っている状況だ。 なお、リバプールは2つの件をすでに把握しており、現在調査しているとのこと。数週間で制裁が与えられることになるとみられている。 2019.05.15 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

そんなバカな…お騒がせクラブのパレルモ、セリエBで3位も3部に降格処分

セリエB(イタリア2部)は13日、理事会を実施。パレルモをセリエC(3部)に降格させることを決定した。 2016-17シーズンのセリエAで19位となり、セリエBに降格したパレルモ。昨シーズンは昇格プレーオフで敗退し1年での昇格を逃していたが、今シーズンもブレシア、レッチェに続き、3位でリーグ戦を終えていた。 今シーズンも昇格プレーオフからセリエA復帰を目指していたが、シーズン終了後に問題が発覚。かつてのオーナーであったマウリツィオ・ザンパリーニ会長が、自身が設立した会社に売却。この件で、財務管理と管理体制の不備があるとして処分が下され、セリエCへの降格が決定した。 FIGC(イタリアサッカー協会)の裁判所は、「健全な財務管理の原則を回避することを目的とし、現実に忠実ではない方法で会社を健康な財務状態に戻すことを目的とした活動があった」と声明を発表。この行為は2015年から2018年まで継続的に行われていたとのことだ。 これにより、6クラブによって行われる昇格プレーオフの1枠が空いたため、リーグ戦を9位で終えていたペルージャが繰り上げでプレーオフに参加。また、残留プレーオフに進むことが決まっていた15位のベネツィアがセリエB自動残留に。また、自動降格が決まっていたフォッジャが残留プレーオフに臨むこととなった。 なお、フォッジャは今シーズンの勝ち点を6ポイントマイナスされているが、これは17日に最終的な判決が下されるとのこと。結果次第では、下位の順位が変更となる。自動降格はパレルモの他、カルピとパドヴァとなる。 2019.05.14 13:25 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース