ベティスがソシエダ下しリーグ7戦ぶり無失点勝利! 乾は出場せず《リーガエスパニョーラ》2018.12.02 21:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベティスは2日、リーガエスパニョーラ第14節でレアル・ソシエダをホームに迎え、1-0で勝利。日本代表MF乾貴士は起用されなかった。▽前節のビジャレアル戦を1-2で落としたベティスと連勝中のソシエダによる一戦。ベティスは、直近のヨーロッパリーグ(EL)オリンピアコス戦からスタメンを5名変更し、ホアキンやロラン、グアルダードらを起用した。乾は公式戦6試合連続でのベンチスタートとなった。

▽試合の立ち上がりは、ベティスがポゼッションで大きく上回り主導権を握るが、ソシエダも落ち着いた守備で危険なゾーンに鍵をかける。14分には、ソシエダがカウンターで左サイドからのFKを獲得。それでも、オヤルサバルが蹴った絶妙なクロスをDFモレーノが頭で捉える直前にGKパウ・ロペスがキャッチし、均衡は破られない。

▽16分、ベティスにアクシデントが発生。グアルダードが足を痛めてプレーを続けられず。数分間1人少ない状態でのプレーを強いられた後、19分にブデブスが投入された。

▽お互いに決定機に欠くこの試合、32分にはベティスがボックス手前右でFKを獲得し、ロ・セルソが直接狙う。大きく枠を越えたが、これがこの試合のファーストシュートとなった。

▽徐々にギアを上げてきたベティスは直後の33分に右CKを獲得。ショートコーナーからホアキンがクロスを供給すると、ニアのW・カルバーリョが頭で逸らす。ファーに走り込んだフィルポがワントラップして左足のシュートを放ち、この試合最初の枠内シュートが先制点となる。

▽反撃に出るソシエダは40分にカウンターを発動させ、サンドロ・ラミレスがボックス右に侵攻して右足を強振。しかし、ボールを真正面に捉えたGKパウ・ロペスに弾き出されて得点にはならない。

▽1点を追う展開で後半を開始させたソシエダは、60分にスルトゥサに代えてメリノを投入。より攻撃的な選手の起用で巻き返しを図る。すると、直後の61分にカウンターからボックス中央のオヤルサバルが右足を振り抜くが、ミートできず。GKパウ・ロペスが難なく処理した。

▽ややポゼッションの落ちてきたベティスは、67分にホアキンに代えてフレッシュなテージョを起用。W・カルバーリョを中心に試合を落ち着かせつつ、追加点を目指していく。

▽その後、72分に連続して放たれたサンドロ・ラミレスとウィリアン・ジョゼのボックス内からのシュートをGKパウ・ロペスが立て続けにファインセーブ。攻勢に出るソシエダをギリギリのところで押し止める。

▽逃げ切りたいベティスは、終盤の84分にロレンに代えてハビ・ガルシアを投入。守備的なオプションを採用して試合を締めに入る。

▽すると、ベティスが1-0のリードを守り抜いて試合が終了。この結果、ベティスはリーグ7試合ぶりに無失点で勝利した。一方のソシエダは3連勝を逃し4試合ぶりの敗北を喫している。
コメント
関連ニュース
thumb

退団濃厚ナバスは好守連発もベイル出場なし…マドリー、ベティスに敗戦で最悪のシーズンを終える《リーガエスパニョーラ》

レアル・マドリーは19日、リーガエスパニョーラ最終節でベティスと対戦し、0-2で敗れた。 すでに3位が確定しているマドリーは、最後尾に今シーズン限りでの退団が濃厚となっているGKケイロル・ナバスが4試合ぶりにスタメン復帰。3トップはセンターにベンゼマ、両ウイングにディアスとヴィニシウスを据えた。 勝利でシーズンを締めくくりたいマドリーだったが、試合はベティスペースで進んでいく。28分、バルトラに敵陣中央左サイドからボックス中央手前に侵攻され、シュートを許す。しかし、ここはケイロル・ナバスがはじき出した。 ピンチを招いたマドリーは34分、オーバーラップでボックス右外を駆け上がってきたヴァランがクロスを入れる。F・ゲレーロのクリアミスを拾ったベンゼマがボックス中央から狙うも、左ポストに嫌われた。 ゴールレスで試合を折り返したマドリーは、後半立ち上がりからゴール前に迫るが、ボックス内での精度を欠き、シュートを放つことができない。57分にはマルセロのパスに抜け出したヴィニシウスが、ボックス内でDFを1人かわし、GKパウ・ロペスとの一対一の局面を迎える。しかし、決めることはできず、千載一遇のチャンスを逃した。 マドリーは攻めあぐねていると一瞬の隙を突かれてしまう。62分、ボックス左外からグアルダードにクロスを許すと、ファーサイドのロレンに押し込まれてしまい、先制点を献上した。 失点後も覇気がないマドリー。67分のロ・セルソのシュートはGKケイロル・ナバスがビックセーブで防いだ。しかし、75分にロ・セルソのタメからカルバーニョにボックス左を侵攻されてしまうと、最後はゴール前のヘセ・ロドリゲスに左足で恩返し弾を浴びた。 2点ビハインドとなり、苦しくなったマドリーは、最後の交代カードとしてベンゼマに代えてL・バスケスを投入。今シーズン限りでの退団が濃厚なベイルに出場機会は訪れなかった。 その後もマドリーは、ベティスゴールを脅かすことができず、0-2で試合終了。シーズン12敗目を喫し、21世紀で最悪のシーズンを連敗で終わっている。 2019.05.19 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

3連敗で10位後退のベティス、セティエン監督続投を声明で発表

ベティスは26日、キケ・セティエン監督の続投を公式サイトで発表した。 ベティスは現在、リーガエスパニョーラで3連敗中。セビージャとのダービーを敗れて以降、24日に行われた直近のレバンテ戦を0-4と惨敗し、10位まで後退してヨーロッパリーグ(EL)出場権争いから完全に脱落していた。 セティエン監督の解任が報じられていた中、ベティスは「この状況を改善するためにあらゆる手段を講じている。多くの会議を行い、その結果、現体制を変更しないことを決定した。シーズンが終了した後、今季を評価し、適切な判断を下したい」と声明を発表し、セティエン監督の続投を表明した。 ラス・パルマスで手腕を評価されたセティエン監督は、昨季ベティスの監督に就任。パスサッカーを標榜し、6位でシーズンを終え、チームをEL出場に導いていた。 ベティスは29日、リーガエスパニョーラ第35節でエスパニョールをホームに迎える。 2019.04.26 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴンサロ・ゲデスのミドル弾2発のバレンシアがベティスに逃げ切り勝利で4位ヘタフェを追走《リーガエスパニョーラ》

バレンシアは21日、リーガエスパニョーラ第33節でベティスとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。 同日の試合でセビージャに勝利し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内に浮上した4位ヘタフェを暫定5ポイント差で追う6位バレンシア(勝ち点49)が、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を狙う9位ベティス(勝ち点43)のホームに乗り込んだ一戦。 3日前に行われ、2-0で勝利したEL準々決勝2ndレグのビジャレアル戦のスタメンから5選手を変更したバレンシアは、ゴサンロ・ゲデスとサンティ・ミナの2トップで臨んだ。 フラットな[4-4-2]の3ラインを敷くバレンシアがベティスにボールを持たせる展開で推移していった中、24分にピンチ。CKの流れからマンディに決定的なヘディングシュートを許してしまった。 そして30分にはアクシデント。チェリシェフがドリブルを仕掛けたところで右ヒザを負傷し、プレー続行不可能となってしまった。代わってロドリゴ・モレノを投入したバレンシアはハーフタイムにかけてもチャンスを作れずにいたが、前半終了間際の45分に個人技で先制する。 ボックス手前左でパスを受けたゲデスが中に切れ込み、中央からミドルシュート。これがゴール左隅に決まった。 ワンチャンスを生かしてリードしたバレンシアは迎えた後半開始4分に加点する。決めたのはまたしてもゲデス。CKの流れからボックス手前左でパスを受けたゲデスが右足を振り抜くとゴール左にミドルシュートが決まった。 2点をリードしたバレンシアが自陣に引いてベティスの攻撃を受け止めていた中、終盤の78分にCKの流れでガブリエウのハンドを取られてPKを献上する。これをロ・セルソに決められて1点差に詰め寄られたバレンシアは、82分にロドリゴ・モレノに2枚目のイエローカードが出されて10人での戦いを強いられる。 終盤にかけてベティスの攻勢を受けたバレンシアだったが、何とか逃げ切って勝利。4位ヘタフェとの2ポイント差を維持している。 2019.04.22 05:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ベティスがPSGのアルゼンチン代表MFロ・セルソの買取OPを行使

レアル・ベティスは16日、パリ・サンジェルマン(PSG)からレンタル移籍中のアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)に関して、買い取りオプションを行使することを発表した。なお、契約期間は2023年までとなる。 ロ・セルソは、ロサリオから2016年7月にPSGへと完全移籍。2018年8月からベティスへとレンタル移籍をしていた。 PSGではリーグ・アンで38試合に出場し4ゴール7アシスト、チャンピオンズリーグでも7試合に出場し2アシストを記録するなど一定の出場機会を得ていた。 今シーズン加入したベティスでは、リーガエスパニョーラで27試合に出場し8ゴール3アシスト、ヨーロッパリーグでも7試合に出場し5ゴール1アシストと結果を残しており、チーム内得点王に立っている。 2019.04.16 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

点の取り合いとなったデルビ・セビジャーノはセビージャに軍配! 暫定で4位浮上!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第31節、セビージャとベティスによるデルビ・セビジャーノが13日に行われ、3-2でセビージャが勝利した。 セビリアの街を二分する両クラブによる一戦。現在、5位で来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内を目指すセビージャ(勝ち点49)と、9位でCL権獲得も視界にとらえているベティス(勝ち点43)が激突。 ホアキン・カパロスが暫定監督を務めるようになって以降、リーグ戦4試合で3勝を挙げているセビージャ。連勝中のチームのスタメンは前節のバジャドリー戦から4選手変更された。 一方のベティスは前節にリーグ戦4試合ぶりの白星を手にした。スタメンは前節のビジャレアル戦から2選手変更。バルトラとテージョに代わり、シドネイとフィルポが先発に名を連ねた。 大歓声の中キックオフを迎えたデルビ・セビジャーノ。早速2分にベティスのウィリアム・カルバーリョが味方のスルーパスからゴール前に飛び出し会場を沸かせたが、ここはオフサイド。 ホームのセビージャのファーストシュートは15分。ボックスの外からバネガが狙ったが相手に当たって枠を外れた。その直後、CKで相手陣内に攻め込んでいたセビージャだったが、相手のプレッシャーもありヘスス・ナバスが一度最終ラインからGKに戻したところ、そのパスが弱くなりヘセに奪われてしまう。慌てて出てきたGKバシリクも躱され絶体絶命のピンチだったが、ヘスス・ナバスが懸命に戻り寸前のところでシュートを止めた。 ピンチの後にはチャンスあり。迎えた26分、セビージャは右サイドからサラビアが上げたインスイングのクロスをムニルが頭で合わせてネットを揺らした。 セビージャは30分にも、右サイドから仕掛けたイェデルがサラビアとのワンツーでゴール前に侵攻。GKと一対一になったが、シュートは好セーブに遭った。リードしてから主導権を握ったセビージャだったが、追加点は生まれることなく後半へ。 試合折り返し、ギア全開で入ったベティスはロ・セルソがボックス左に侵入しシュートを放ったが、GKの正面。53分にはカウンターからヘセにチャンス。GKと一対一になったがDFが寄せてきたこともありシュートコースを限定されゴールならず。 だが迎えた55分、ベティスがついに同点に追いつく。左サイドでパスを受けたジュニオル・フィルポがグラウンダーでマイナスのクロスを供給。ニアに飛び込んだヘセがこれをスルーすると、時間差でボックスに入ってきたロ・セルソがゴール正面から叩き込み試合を振り出しに戻した。 しかしその4分後、自陣でボールを奪ったセビージャはカウンターで左サイドを突破。ボックス左に侵入したイェデルのクロスをサラビアが押し込んですぐに勝ち越した。 さらにその5分後、ボックス手前でフリーでボールを持ったフランコ・バスケスのミドルシュートがゴール右上に突き刺さりリードを2点に広げた。 窮地に立たされたベティスはエメルソンとヘセを下げてホアキンとロレンを投入。セビージャもムニルとフランコ・バスケスの得点者2人とバネガ下げて、プロメス、A・ビダル、ログを投入した。 76分にベティスは途中出場のロレンがカウンターからチャンスを迎えたが、シュートは惜しくも枠の左に。その後、ベティスは最後の交代枠としてテージョを投入。その5分後の82分、テージョが魅せた。 ロ・セルソが倒されボックス手前左の位置で獲得したFK。これをテージョが見事に直接決めて、スコアは2-3に。 しかし、試合はここで終了。同点まであと一歩のところまできたベティスだったが、試合は3-2でセビージャが勝利。3連勝で暫定4位に浮上した。 2019.04.14 05:48 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース