カーン氏が『GoalPlay』GKクリニックに参加! GKの難しさを語る「毎日課題が生まれる」2018.12.02 18:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽ドイツ代表としても活躍し、バイエルンやカールスルーエなどでも活躍したオリバー・カーン氏が来日。2日、都内でゴールキーパークリニックを行なった。

▽今回のゴールキーパークリニックは、カーン氏が立ち上げた『GoalPlay』の一環として行われ、選ばれた中高生が約2時間にわたって様々なトレーニングを行なった。
(C)CWS Brains,LTD.

▽3つのセクションに分かれて行われたトレーニングでは、主に1対1の対応をトレーニング。間合いの詰め方や、手を出す位置、体の向きなど、実戦で使える細かい技術も指導された。
(C)CWS Brains,LTD.

▽また、セービング技術以外にも、足を使ったトレーニングを実施。1対1で相手を抜くゲーム形式のトレーニングも行われた。

▽クリニック終了後、カーン氏はメディアの取材に応対。日本人のレベルやGK論について語った。
(C)CWS Brains,LTD.

──日本の子供たちを見ていかがでしたか?

「高いポテンシャルには驚いた。すごくレベルが高い。色々な地域でやってきたが、好印象を持っている」

「責任感が必要なポジションだが、すごくたくさんトレーニングする必要がある。そういった点で、レベルが高いと感じた」

「GKによって試合の結果は左右される。フィジカル面、体だけでなくメンタル面も含めて鍛えていくことが大事だと思います」

──1対1のトレーニングメニューが多かったが

「今日は1対1のメニューが多かった理由は、1つはピッチだ。大きくボールを蹴ることができなかった。あとは足でたくさん捌く練習をすることも大事だ」

──GKにおいて最も重要なことは

「たくさんある。概念としては、今と昔のGKの感覚が違う。昔はゴールキーパーだったが、今はゴールプレーヤーだ。11人目の選手として考えている」

「モダンなゴールプレーヤーだが、技術面に関しては多く学ばなくてはいけなく、ハードルも高くなっている」

──今日見ていて感じた改善点やアドバイスがあれば

「改善点はいつもある。年齢で言っても36、7になっても、毎日どうやったら自分が日々上達できるかを考えていた」

「GKというポジションは本当に難しいポジションだ。毎日練習などに課題が生まれてくる」

「クロスをキャッチしたり、1対1のシチュエーション、セービング、ジャンプ…テクニックも必要だ。毎日毎日、違う部分を改善できると思う」

──現役時代はアグレッシブなプレーや感情を出して居たが、ピッチ内外での切り替えなどはどうしていたか

「全く一緒だ(笑)まぁ、それは冗談だが、複数のキャラクターがある。1つはアスリートとしてだ。プライベートは全く違うキャラクターだ」
コメント
関連ニュース
thumb

リベリが前人未到のブンデス9回制覇! バイエルンラストシーズンで有終の美

バイエルンの元フランス代表FWフランク・リベリが前人未到のブンデスリーガ9度優勝を成し遂げた。 バイエルンは18日、ブンデスリーガ最終節でフランクフルトと対戦し、5-1で勝利した。この結果、バイエルンの7連覇達成が決定した。 この試合で注目を集めたのが、リベリとMFアリエン・ロッベン。両者は今季限りでの退団が決まっており、この試合がバイエルンでのブンデスリーガ最後の試合となった。そしてリベリとロッベンはこの試合でそれぞれ1ゴールを記録。メモリアル試合に花を添えた。 両ベテランの活躍もあり優勝トロフィーを手にしたバイエルン。これでリベリは個人的にブンデスリーガを9回制覇し、史上最多の優勝回数を誇る選手となった。 フランス『フランス・フットボール』によれば、これまでにバスティアン・シュバインシュタイガーやオリバー・カーン、フィリップ・ラーム、メーメット・ショルなど、バイエルンのレジェンドたちが8度の優勝で並んでいたが、今回でリベリが一つ抜け出し、ブンデス優勝回数で単独トップに立った。 また、リベリはブンデスリーガのほかにも、DFBポカールを5回、DFLリーガポカール1回、ドイツ・スーパーカップ5回、チャンピオンズリーグ1回、UEFAスーパーカップ1回、クラブ・ワールドカップ1回と計23個のトロフィーを獲得しており、これはカーン氏に並ぶ数字。今シーズン、バイエルンがDFBポカール決勝でライプツィヒを倒し優勝すれば、バイエルンでのトータルの優勝回数でもリベリは単独トップに立つことになる。 2007年に加入し、幾多のトロフィーをもたらしてきたレジェンド・リベリ。果たして彼は今後どのような未来を描くのだろうか。 2019.05.19 04:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンを7連覇に導いたコバチ監督が続投を明言!

バイエルンを率いるニコ・コバチ監督(47)が18日、来季以降も指揮を執ることを明言した。 コバチ監督はブンデスリーガ最終節でフランクフルトを下してバイエルンをブンデス7連覇に導いた。2021年まで契約を結んでいるコバチ監督だが、チャンピオンズリーグでは8シーズンぶりにベスト16敗退に終わったこともあって元レアル・マドリー監督のフレン・ロペテギ氏やアヤックスのエリク・テン・ハグ監督らが後任候補に挙がるなど、監督交代が報じられていた。 しかしコバチ監督は試合後、「来季も指揮を執ると確信しているよ。私はあなたの持っていない情報を知っている」とコメントし、解任報道を一蹴した。 リーグ7連覇を達成したバイエルンは、25日に国内2冠を懸けてライプツィヒとDFBポカール決勝を戦う。 2019.05.19 02:09 Sun
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキが22ゴールで2年連続4度目のブンデス得点王に

2018-19シーズンのブンデスリーガの全日程が18日に終了し、バイエルンの7連覇で幕を閉じた。得点王は22ゴールを決め、バイエルンの優勝に貢献したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキとなっている。レヴァンドフスキは2年連続4度目の得点王となった。 レヴァンドフスキに続いたのは18ゴールを決めたドルトムントのスペイン代表FWパコ・アルカセル。3位の17ゴールには5選手が名を連ね、MFマルコ・ロイス(ドルトムント)、FWルカ・ヨビッチ(フランクフルト)、MFカイ・ハフェルツ(レバークーゼン)、FWヴォウト・ヴェグホルスト(ヴォルフスブルク)、FWアンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)となっている。 2019.05.19 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンが7連覇達成! 退団のリベリ&ロッベンも惜別ゴール! 長谷部フル出場のフランクフルトは7位転落もEL出場権獲得《ブンデスリーガ》

バイエルンは18日、ブンデスリーガ最終節でフランクフルトをホームに迎え、5-1で圧勝し、7連覇を達成した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 前節ライプツィヒ戦をゴールレスドローで終えた首位バイエルン(勝ち点75)は、勝ち点2差の2位ドルトムントとの得失点差が17あることから、引き分けても7連覇が決まる状況の中、リーグ戦5試合勝利なくチャンピンズリーグ(CL)出場圏外の6位に転落したフランクフルト(勝ち点54)と対戦した。 長谷部が3バックの中央に入ったフランクフルトに対し、バイエルンは開始4分にあっさり先制する。レヴァンドフスキのポストプレーからミュラーのスルーパスでボックス中央のスペースに侵入したコマンがダイレクトでゴール右にシュートを流し込んだ。 その後も圧倒するバイエルンは9分にアラバがミドルシュートで追加点に迫るも、GKトラップの好守に阻止される。さらに13分、ボックス内にドリブルで侵入したレヴァンドフスキが決定的なシュートを放ったが、ここもGKトラップのファインセーブに阻まれた。 そして26分にはニャブリがペナルティアーク中央から左足ミドルを叩き込んで追加点が入ったかに思われたが、VARの末にレヴァンドフスキにオフサイドがあったとしてゴールが取り消しとなった。 引き続き圧倒するバイエルンは32分、スルーパスに抜け出たミュラーボックス内からスライディングシュートを浴びせるも、GKトラップに三度好守で阻止され、1点のリードで前半を終えた。 しかし、後半からデ・グズマンに代えてアラーを投入したフランクフルトが50分、同点に追いつく。コスティッチの左CKからファーサイドのヒンテレッガーのシュートはバーを叩くも、ルーズボールをアラーが押し込んだ。 それでも、バイエルンが3分後に突き放す。ミュラーのミドルシュートをGKトラップが弾くと、ルーズボールをアラバが詰めた。 そして58分、ボックス左で仕掛けたレナト・サンチェスがDFをかわしてゴールに蹴り込み、決定的な3点目を奪って勝利を確信したバイエルンは、今季をもってクラブを退団するリベリを投入。 さらにロッベンも投入して祝勝ムードのバイエルンが余裕をもって試合を進めていくと、72分にリベリがゴールを決めた。左サイドでドリブルを仕掛けたリベリがボックス内に侵入してDF2人の間を抜き、飛び出してきたGKをあざ笑うチップキックシュートを流し込んだ。 そして78分にはロッベンも惜別ゴールを決める。レヴァンドフスキの浮き球パスをボックス左に抜け出したアラバが丁寧に落とすとゴール前でフリーのロッベンが押し込んだ。 このまま5-1で圧勝したバイエルンが7連覇を達成。一方、敗れたフランクフルトは7位に転落したが、辛くもヨーロッパリーグ出場権を獲得した。 2019.05.19 00:42 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス最終節プレビュー】バイエルン、引き分け以上で7連覇濃厚! 逆転優勝に懸けるドルトムントはCL出場懸かるボルシアMGと対戦

前節はバイエルンがライプツィヒに引き分け、ドルトムントがデュッセルドルフに勝利したことで7連覇は最終節にお預けとなった。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではフランクフルトが敗れて6位に後退。ボルシアMGがCL圏内の4位に浮上し、レバークーゼンが同勝ち点で追走している。そして日本人が所属するハノーファーとニュルンベルクの降格が決まった。土曜22:30一斉キックオフとなる最終節、バイエルンはフランクフルトと、ドルトムントはボルシアMGと対戦する。 前節ライプツィヒ戦を微妙なVARの判定によってゴレツカのゴールを取り消され、ゴールレスドローに終わった首位バイエルン(勝ち点75)。それでも、2ポイント差のドルトムントとの得失点差が17あることから、ホームで行われる最終節のフランクフルト戦を引き分けても7連覇がほぼ確実な情勢となっている。ヨーロッパリーグ決勝進出を逃し、CL出場圏内からも脱落して意気消沈している6位フランクフルト(勝ち点54)に対して、負けなければ優勝という条件の中、ホームで確実に優勝を決められるか。 一方、控えGKヒッツのミスもあって10人となったデュッセルドルフに苦戦しつつも勝利した2位ドルトムント(勝ち点73)は、勝利した上でバイエルンが敗戦することが逆転優勝の条件となる。ただ、対戦相手はCL出場権獲得に意気上がる4位のボルシアMG(勝ち点55)。しかもアウェイでの試合となり、かなりの苦戦が予想されるが、出場停止が明けるロイスの活躍で何とか逆転優勝の望みに懸けたい。 CL出場権争いではボルシアMGと同勝ち点で並ぶレバークーゼンにも注目だ。前節シャルケ戦を圧倒しながらも引き分けて4位浮上を逃した5位レバークーゼン(勝ち点55)は、10位ヘルタ・ベルリン(勝ち点43)とのアウェイ戦に臨む。ボルシアMGとは得失点差で2下回っているが、ドルトムントと対戦することを考えれば、レバークーゼンは勝利すれば4位滑り込みの可能性が十分にある状況だ。まずはダルダイ監督の勇退以外に何も懸かっていないヘルタに勝利し、吉報を待ちたい。 その他、DFBポカール決勝に勝ち上がっているのがバイエルンとライプツィヒの上位勢であることから、7位までに与えられるEL出場権争いでは、7位ヴォルフスブルク(勝ち点52)、8位ホッフェンハイム(勝ち点51)、そして大迫の9位ブレーメン(勝ち点50)まで可能性がある状況だ。勝利すればEL出場権獲得となるヴォルフスブルクは14位アウグスブルク(勝ち点32)と、ホッフェンハイムは12位マインツ(勝ち点40)と、ブレーメンは3位ライプツィヒ(勝ち点66)とそれぞれ対戦するが、どのような結末を迎えるか。 ◆ブンデスリーガ最終節 ▽5/18(土) 《22:30》 デュッセルドルフ vs ハノーファー ヴォルフスブルク vs アウグスブルク マインツ vs ホッフェンハイム フライブルク vs ニュルンベルク ブレーメン vs ライプツィヒ ヘルタ・ベルリン vs レバークーゼン ボルシアMG vs ドルトムント シャルケ vs シュツットガルト バイエルン vs フランクフルト 2019.05.17 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース