本田圭佑が3戦連発弾! 4連勝に導く活躍《Aリーグ》2018.12.01 20:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メルボルン・ビクトリーに所属する元日本代表FW本田圭佑の勢いが新天地オーストラリアで止まらない。メルボルン・ビクトリーは1日にホームで行われたオーストラリア・Aリーグ第6節でウェスタン・シドニー・ワンダラーズと対戦。4-0の勝利を収め、4連勝を飾った。

▽本田が開幕から6戦連続で先発出場した試合は11分に動く。バイタルエリア左の位置から上がったクロスに反応の本田がファーサイドからボックス右深くに侵攻してヘディングシュート。これが勢いよく相手のゴールマウスに突き刺さり、メルボルン・ビクトリーが先制に成功する。

▽本田の3戦連発弾で勢いづくメルボルン・ビクトリーは、続く31分と39分にも加点。3点リードで迎えた後半も本田が攻撃陣の中心を担い、試合を優位に進める。83分には本田がスルーパスからチーム4点目の起点に。快勝したメルボルン・ビクトリーは2位に浮上している。

▽これで、本田自身は開幕から6試合で4得点3アシスト。依然として好調をキープしている。

メルボルン・ビクトリー 4-0 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ
【メルボルン・ビクトリー】
本田圭佑(前11)
バエナ(前31)
バーバルーゼス(前39[PK])
アントニス(後38)
コメント
関連ニュース
thumb

本田圭佑、一矢報いるアシスト…衝撃大敗劇のメルボルン・ビクトリーがリーグ制覇逃す《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑を擁するメルボルン・ビクトリーは12日、オーストラリア・Aリーグ・ファイナルシリーズ準決勝のシドニーFC戦に臨み、1-6で大敗した。 レギュラーシーズン3位でファイナルシリーズに勝ち進み、3日の準々決勝でウェリントン・フェニックス(3位)を退け、準決勝に進出したメルボルン・ビクトリー。決勝進出がかかるシドニーFC(2位)との準決勝に向け、前ラウンドで先制点をアシストした本田は引き続きスタメン入りした。 敵地での一戦に臨んだメルボルン・ビクトリーは3分、左CKからのクロスをGKがこぼすと、カルヴァーに押し込まれて失点。本田を中心に反撃を試みるが、43分にシュートブロックしたボールをボックス左のアレックスに強烈な左足ボレーで叩きこまれ、さらに突き放された。 さらに、前半アディショナルタイム2分にオウンゴールで3失点目を喫したメルボルン・ビクトリーは、63分にPKを献上して4失点目を許すと、68分にも失点。88分にも失点を重ねたなか、本田が後半アディショナルタイムに左サイドからのクロスでトイヴォネンの得点をアシストしたが、ときすでに遅く…。 シドニーFCに惨敗したメルボルン・ビクトリーは準決勝敗退が決定。シドニーFCは、19日に行われるパース・グローリーとのグランド・ファイナル進出を果たした。 なお、今シーズン限りでの退団を口にしている本田は、このシドニーFC戦がメルボルン・ビクトリーの一員としてプレーしたAリーグのラストマッチに。22日にホームで行われるサンフレッチェ広島とのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ最終節が今シーズンの公式戦最終戦となる。 シドニーFC 6-1 メルボルン・ビクトリー 【シドニーFC】 カルヴァー(前3) アレックス(前43) OG(前45+2) ル・フォンドル(後18[PK]) ル・フォンドル(後23) ニンコビッチ(後43) 【メルボルン・ビクトリー】 トイヴォネン(後45+1) 2019.05.12 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

本田、絶妙FKで先制アシスト! メルボルン・Vが3発でシドニーFCが待つ準決勝へ《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは3日、オーストラリア・Aリーグ・ファイナルシリーズ1回戦でウェリントン・フェニックスと対戦し、3-1で勝利した。 レギュラーシーズンが終了し、ファイナルシリーズに突入したAリーグ。上位6チームで行われる同プレーオフでは、3位チームvs6位チーム、4位チームvs5位チームの組み合わせで1回戦を戦い、勝者は準決勝へ。同ステージから上位2チームが登場。3位チームvs6位チームの勝者が2位チームと、4位チームvs5位チームの勝者が1位チームと対戦し、勝者が優勝を決める決勝の舞台に立つことができる。なお、準決勝まではレギュラーシーズンの上位チームのホームで開催され、決勝のみ中立地で行われる。 レギュラーシーズンを3位で終了したメルボルン・Vは、6位のウェリントン・フェニックスをホームに迎えた。レギュラーシーズンの3試合で3分けと互角の戦いを繰り広げた相手だ。この一戦に本田はダイヤモンド型[4-4-2]の右サイドハーフで先発した。 試合は積極的に攻撃を仕掛けてくるウェリントンに苦しめられる立ち上がりに。そんな中、メルボルンVは4分、本田がスルーパスに抜け出し、ボックス右外からクロスを供給。これにカンソバが右足で合わせたが、ミートできない。 その後、メルボルン・Vは再びウェリントンの素早い攻撃に幾度かゴールを脅かされる。しかし、相手のシュートミスにも助けられ、ゴールを許さないでいると、21分に中盤でパスを受けた本田がドリブルで持ち上がる。そのままボックス手前から左足で強烈なシュートを放つも、GKフィリップ・クルトの正面に飛んでしまう。 それでも前半終盤、メルボルン・Vに待望の先制点が。42分、敵陣中央やや右でFKを獲得すると、キッカーの本田がゴール前に絶妙なクロスを供給。これに反応したニーダーマイアーがバックヘッド気味に合わせ、ゴール左上に押し込んだ。 先制して試合を折り返したメルボルン・Vは後半、相手のミスから追加点を奪う。53分、相手のビルドアップからパスミスを誘発すると、ニーダーマイアーがカット。そのままボックス手前に持ち込み、ボックス右にスルーパスを送り、最後はバーバルーゼスがゴールに流し込んだ。 リードを2点に広げたメルボルン・V。しかし、後半半ばに差し掛かったところで、ウェリントンに1点を返される。65分、自陣右サイドでのクロスを許してしまうと、ニアサイドのクリシュナに合わせられ、ゴールネットを揺らされた。 1点差に詰め寄られたメルボルン・Vに少々、嫌な空気が。しかし、71分、カウンターから右サイドでパスを受けたシンが相手最終ラインの背後へスルーパス。相手DFにブロックされ、コースが変わったが、トイヴォネンがボックス右で収めると、やや角度がないところからループシュートでGKをあざ笑い、左サイドネットに突き刺した。 再びリードを広げたメルボルン・Vはその後、ウェリントンの攻撃を抑え、試合終了。メルボルン・Vが3-1で勝利し、準決勝進出を決めた。 そのメルボルン・Vは、10日に行われる準決勝でレギュラーシーズンを2位で終えたシドニーFCと決勝進出を懸けて対戦する。 メルボルン・ビクトリー 3-1 ウェリントン・フェニックス 【メルボルン・V】 ニーダーマイアー(前42) バーバルーゼス(後8) トイヴォネン(後26) 【ウェリントン】 クリシュナ(後20) 2019.05.03 20:58 Fri
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、在籍1年のメルボルン・Vを退団か

メルボルン・ビクトリーに所属する元日本代表MF本田圭佑(32)が今シーズン終了後の退団を口にした。オーストラリア『The Sydney Morning Herald』が報じた。 昨年までパチューカでプレーした本田は、Aリーグ規定の年俸制限がないマーキープレーヤーとして、今シーズン加入。同年にカンボジア代表の実質的指揮官としての二足の草鞋を履きつつ、本業の選手としてもケガと付き合いながらAリーグ18試合7得点6アシストの成績を収め、ファイナルシリーズ進出に貢献している。 以前から2020年の自国開催となる東京オリンピックに日本代表として出場することを目標に掲げる本田。『Fox Sports』のインタビューのなかで今後の去就について次のように語り、新天地を求める可能性を示唆したという。 「来年、どこでプレーするかはまだ決めていない。でも、1年だけの在籍になることはわかっていたので、願うことなら誰も驚かず、がっかりしないでもらいたい」 なお、メルボルン・ビクトリーはレギュラーシーズンを3位でフィニッシュ。3日から上位6チームによるファイナルシリーズが幕を開け、その初戦でウェリントン・フェニックスと激突する。 2019.05.03 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

3位確定済みのメルボルン・V、勝利でファイナルシーズンへ 本田はフル出場《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは27日、オーストラリア・Aリーグ最終節でウェスタン・シドニーと対戦し、1-0で勝利した。本田はフル出場している。 前節、アデレード・ユナイテッドに0-1で敗れるも、レギュラーシーズンでの3位を確定させ、ファイナルシリーズ進出を決めているメルボルン・V(勝ち点48)。最終節では8位・ウェスタン・シドニー(勝ち点24)のホームに乗り込んだ。本田はダイヤモンド型[4-4-2]の右サイドハーフで先発した。 勝利でレギュラーシーズンを締めくくりたいメルボルン・Vは22分に先制点。敵陣中央右でパスを受けたトーマス・デンがアーリークロスを送る。これをボックス中央浅い位置に走り込んだオラ・トイヴォネンが頭で合わせ、ゴール右上に押し込んだ。 その後も攻勢を続けたメルボルン・Vは、オラ・トイヴォネンの先制点を守りきり、1-0で勝利。3位で終えたメルボルン・Vは、5月3日からスタートするファイナルシーズンの初戦で、レギュラーシーズンを6位で終えたチーム(ウェリントン・フェニックスかメルボルン・シティ)と対戦する。 ウェスタン・シドニー 0-1 メルボルン・ビクトリー 【メルボルン・V】 トイヴォネン(前22) 2019.04.27 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が欠場のメルボルン、広州恒大と引き分け今大会初勝ち点《ACL2019》

23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、グループFの第4節、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)vs広州恒大(中国)が行われ、1-1の引き分けに終わった。 勝ち点0の最下位メルボルン・ビクトリーが、勝ち点6でグループ首位の広州恒大をホームに迎えた一戦。メルボルン・ビクトリーは、本田圭佑がメンバー外。一方の広州恒大は、パウリーニョ、タリスカが揃って出場した。 試合はアウェイの広州恒大が先に動かす。24分、メルボルン・ビクトリーのパスミスを奪うと、ショートカウンター。ボックス手前でパスを受けたパウリーニョがドリブルを仕掛けると、ラインぎりぎりでマイナスに折り返したボールを、ファン・ボーウェンが決めて、広州恒大が先制する。 ミスから失点を喫したメルボルン・ビクトリーだったが、すかさず反撃に出る。26分、タリスカが自陣で滑りボールを失うと、アントニスのスルーパスを防ごうとしたコ・ジュンイがスライディング。しかし、これが相手へのパスとなり、ボックス中央でインガムが落ち着いて決めて同点となる。 前半を1-1で折り返すと、後半はメルボルン・ビクトリーが最初に決定機。77分、左サイドを仕掛けると、マイナスのボールをアントニスが右足一閃。強烈なシュートがゴール右上に飛ぶも、わずかに枠を外れる。 広州恒大は78分にすかさず反撃。左サイドを仕掛けると、高いクロスをボックス中央でタリスカがヘッド。しかし、これはGK正面に飛び難なくキャッチ。87分にはFKからのクロスを、パウリーニョが頭で合わせるも、わずかに右に外れてしまう。 結局互いにその後はスコアが動かず、1-1で終了。勝ち点1を分け合う形となった。 メルボルン・ビクトリー 1-1 広州恒大 【メルボルン・ビクトリー】 インガム(前26) 【広州恒大】 ファン・ボーウェン(前24) 2019.04.23 21:03 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース