ドイツの伝説的GKカーン氏が来日! GKになったキッカケは「おじいちゃんを失望させたくないから」2018.12.01 15:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽ドイツ代表としても活躍し、バイエルンやカールスルーエなどでも活躍したオリバー・カーン氏が来日。11月30日に都内で「Bundesliga Experience Toky 2018」としてメディアブリーフィングに参加した。

▽現役時代には、2002年の日韓ワールドカップで、GKとして初めてワールドカップの最優秀選手賞を受賞し、GKとしての一時代を築いたカーン氏。今回の来日では、明治安田生命J1リーグ最終節の川崎フロンターレvsジュビロ磐田を観戦するなど、精力的な活動を行う。

▽今回のメディアブリーフィングでは、スカパー!のブンデスリーガ実況でもおなじみの西岡明彦さんとトークショーを行い、ブンデスリーガについてや日本人選手について、さらにはGK論などを熱く語った。
(C)CWS Brains,LTD.

──2002年のワールドカップの活躍が記憶に残っていますが、それ以降日本や東京を訪れたことはありますか

「数年前に訪れました。2002年のワールドカップは私も印象的でした。友人やファンの方もいたので、遊びに来ていました」

──日本の印象はいかがですか?

「ミュンヘンに比べると、ここは雪が降っていないのですごく居心地がいいです(笑)。空港に到着した時から日本と言う国は好きだ。何と言っても歓迎されて嬉しい」

──今回の日本滞在で楽しみにしていることは

「ブンデスリーガで20年プレーしていたので、その代表として来日した目的は色々あります。ブンデスリーガ代表という以外でも、『GoalPlay』というものを日本で広めることも楽しみです」
(C)CWS Brains,LTD.

──日本人選手はブンデスリーガで多く活躍しています。現状の人気や日本人選手の活躍はどう見ているか

「ドルトムントの香川選手やフランクフルトの長谷部選手は凄く注目を浴びている。1部リーグでは7人の選手がプレーしているが、日本の育成システムというのも充実しているのを感じているし、クオリティも上がっていると感じている。2部でも数人活躍しているので、そこにも注目している」

──日本人選手が海外に渡るときにブンデスリーガに行くケースが多いが、ブンデスリーガで活躍するために必要な能力は

「ブンデスリーガだけでなくヨーロッパでプレーするにはということだが、日本人とドイツ人はメンタリティが似ている。練習に対しての練習量や努力がしっかりと性格が似ていると思う」

「ただ、メンタリティが似ていても、練習量などを増やすだけではなく、クオリティも必要となる。そのバランスを常に持っていなければいけない」

──30代からベテランまで監督がいて、試合中にシステムが変更されるなど、監督にも魅力があると思うが

「コーチングに関しても、たくさんの種類があり、キャラクターがあるので選手に影響が出ている。ブンデスリーガは選手だけでなく監督の育成にも取り組んでいる。色々な指導の方法があるのも、クオリティに繋がっているだろう」
(C)CWS Brains,LTD.

──GKとして一時代を築いて来ましたが、どういったキッカケでGKになったのか

「元々フィールドプレーヤーだったが、おじいちゃんにGKのユニフォームをプレゼントしてもらった。もらったのは、ゼップ・マイヤーのものだった。それをもらってから、おじいちゃんを失望させたくないということで、そこからGKとしてプレーを続けた」

──現在ではマヌエル・ノイアーやマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンなどドイツは良いGKが多いがその理由はどこにあると思うか

「伝説的なGKが多く生まれてきた理由は、トニー・トゥレク、ゼップ・マイヤー、ハラルト・シューマッハーなどが模範となっていることだ。それを見て、なりたいと思うことがある」

「ドイツ人の性質というものも合っていると思うし、ディシプリンもGKに合っていると思う。だから、ノイアーや若手もレジェンドを見ていることが繋がっていると思う」

──日本にも良いGKが多く出て来たが、ヨーロッパに行くのはMFやFWが多い。子供たちにGKになりたいと思わせるには

「GKになるためには色々な特殊能力が現在は必要となっている。昔と今はGKの感覚が違う。今は色々なスキルが求められている」

「元々、ゴールキーパーと呼ばれていたが、最近はゴールプレーヤーと呼ばれるようになっている。キーパーではなく、11人目のフィールドの選手という意味もある。だから、色々な能力を学ぶ必要があり、ポジションとしては多彩で技術的に難しいポジションだ」

「そして試合を左右するポジションでもある。そのため、メンタリティも鍛える必要があり、育成に力を入れる必要があると思う」

──今回の来日には『GoalPlay』というものも目的としてあると思いますが

「『GoalPlay』は2015年に立ち上げたものだ。当初立ち上げた理由は、ドイツのGKの90%はGKとしてのトレーニングを受けていないことが多かった。そのところを見て、ミッションとしてゴールキーパーではなくゴールプレーヤーを育てるには、トレーナーを育てなくてはいけないというのがあった」

「『GoalPlayAcademy』を立ち上げて、色々なクラブと協力して来た。他国でも色々なことをやっているため、それをグローバル化したいと思っている」

──日本人選手がブンデスリーガでゴールプレーヤーになる可能性はあると思うか

「もちろんそうだ。日本人選手がゴールプレーヤーになる可能性はあるだろう。ただ、特殊なトレーニングをする必要はあると思う」

「技術を含め、特別なトレーニングはスポーツ科学などを利用し、ピンポイントでできることが可能となっている」

「もう1つは若手選手だ。活躍している選手は30前後となるが、今後はもっと若手選手を中心に新しい技術を使った育成をしていかなければいけない」
(C)CWS Brains,LTD.

──カーン氏のこの先のビジョンは

「2008年に引退してからはサッカーに携わっている。『GoalPlay』以外にも色々なものを立ち上げており、それを発展させていきたいと考えている」

「今も藻でレーションをやっている。サッカーの専門家としても活躍していきたい」

──指導者というよりもマネジメントの方で活躍をしたいか

「選手育成も楽しいが、それをメインにするというよりは、アイデアを提供したり、ビジネス思考で携わりたい」

──ブンデスリーガは日本でも人気が高まっている。日本のブンデスリーガファンへメッセージを

「ブンデスリーガは世界基準で見てもレベルが高いので、是非見ていただきたい。戦術やトップのスター選手もたくさんいて、サッカーの魅力もあるので期待してほしい」

「レヴァンドフスキやロッベン、香川などもいる。色々な国からブンデスリーガに来て活躍している選手も多い」

「バイエルンで活躍して来て、長い間バイエルンが強いと言われて来たが、ドルトムントが頑張っている。そこも面白いところではないかと思う」
コメント
関連ニュース
thumb

ザネと交渉中だ! バイエルン会長が関心認める

バイエルンの会長を務めるウリ・ヘーネス会長がマンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネ(23)の関心を認めた。ドイツ『Sueddeutsche Zeitung』が報じた。 2016年夏にシャルケから加入したザネ。シティがイングランド史上初の国内3冠を成し遂げた今シーズンは公式戦47試合16得点18アシストをマークしたが、イングランド代表FWラヒーム・スターリングやポルトガル代表MFベルナルド・シウバに次ぐ3番手の序列に甘んじて、途中出場も少なくなかった。 その状況を受け、ザネを巡っては今夏の移籍報道が加熱。クラブも退団を容認する姿勢だという。そこで移籍先として挙がったのがバイエルンだ。今シーズン限りで退団する元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)と元フランス代表MFフランク・リベリ(36)の後釜として、ザネを注視している模様だ。 そうしたなか、ヘーネス会長が「我々は彼と交渉に入っている」と述べ、ザネ獲得に向けた動きを認めたとのこと。シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は以前、ザネの残留希望を口にしているが、去就はいかに。 2019.05.24 09:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ハメス、どこに行く? 移籍先候補に挙がるクラブは…

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に対して、複数クラブの競合が予想されているという。イギリス『ミラー』が報じた。 今シーズン終了後にレアル・マドリーとバイエルンの2年間にわたるレンタル契約が失効するハメス。ドイツ『スカイ』によれば、6月15日まで有効な4200万ユーロ(約51億6000万円)の買取オプションを保有するバイエルンはいまだ決断を下していないが、ハメスはすでに退団を決めた模様だ。 そのハメスはレアル・マドリー復帰を希望しているが、今夏のチーム刷新が指摘されるジネディーヌ・ジダン監督は一時政権時と同様、構想外に。そのため、ハメスは今夏のさらなる移籍が決定的な様相で、レアル・マドリーもその移籍金を補強資金に充てる道筋をつけているとのことだ。 そうなれば、気になるのがハメスの移籍先だ。リバプールやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルのプレミアリーグ勢が興味を示しているが、ユベントスやパリ・サンジェルマン(PSG)も動向を注視しているとされており、争奪戦の様相を呈しているとみられる。 2019.05.24 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安律、ロッベンのフローニンヘン復帰の噂に言及「一緒にプレーしたい気持ちはありますけど…」

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律が、元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の同クラブ復帰の可能性について言及した。 昨夏にガンバ大阪からフローニンヘンに加入して以来、センセーショナルな活躍を続ける堂安。公式戦10ゴール4アシストを記録し、完全移籍を勝ち取ると、今シーズンも5ゴール3アシストを記録した。また、2018年9月にデビューを飾った日本代表でもキャップ数はすでに13。日本の若きアタッカーとして、期待を集めている。 フローニンヘンでは現在、今シーズン限りでバイエルンを退団することが決まっているロッベンの帰還の噂が浮上している。しかし、同選手と同じポジションの堂安は、「一緒にプレーしたい気持ちはあります」と共演を希望をするも、冗談交じりに出場機会の減少を心配した。 「僕が説明しなくてもいいくらい本当に偉大なプレーヤーであることは間違いないので、僕が今から何かを言うのは必要ないと思っています」 「もちろん、一緒にプレーしたい気持ちはありますけど、彼が(フローニンヘンに)帰ってきたら僕が試合に出られなくなる可能性があるので、止めときます(笑)」 <div id="cws_ad"><script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19kqgy081wx091lrmqiiqaogba" async></script> </div> 2019.05.23 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ハメスが退団決意 DFBポカール決勝後にも決定か

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)は今夏移籍の様相だ。 今シーズン終了後にレアル・マドリーとバイエルンの2年間にわたるレンタル契約が失効するハメス。6月15日まで有効な4200万ユーロ(約51億6000万円)の買取オプションを保有するバイエルンだが、いまだ決断を下していない状況だ。 ドイツ『スカイ』によれば、そのバイエルンは25日に行われるDFBポカール決勝のRBライプツィヒ戦後に決断に行使しない決断を下す可能性が高く、ハメス自身も既に退団を希望。この一戦がバイエルンでのラストゲームとなるという。 そのハメスは今夏、レアル・マドリーに戻ることになるが、ジネディーヌ・ジダン監督の下で出場機会に恵まれなかった過去が…。したがって、一旦レアル・マドリーに戻ってから再び新天地を探すことなるとみられる。 なお、去就注目のハメスを巡っては現在、ユベントスのほか、レアル・マドリー時代の恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督が率いるナポリが関心。だが、現時点で具体的なオファーは届いていない模様だ。 2019.05.23 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リベリが前人未到のブンデス9回制覇! バイエルンラストシーズンで有終の美

バイエルンの元フランス代表FWフランク・リベリが前人未到のブンデスリーガ9度優勝を成し遂げた。 バイエルンは18日、ブンデスリーガ最終節でフランクフルトと対戦し、5-1で勝利した。この結果、バイエルンの7連覇達成が決定した。 この試合で注目を集めたのが、リベリとMFアリエン・ロッベン。両者は今季限りでの退団が決まっており、この試合がバイエルンでのブンデスリーガ最後の試合となった。そしてリベリとロッベンはこの試合でそれぞれ1ゴールを記録。メモリアル試合に花を添えた。 両ベテランの活躍もあり優勝トロフィーを手にしたバイエルン。これでリベリは個人的にブンデスリーガを9回制覇し、史上最多の優勝回数を誇る選手となった。 フランス『フランス・フットボール』によれば、これまでにバスティアン・シュバインシュタイガーやオリバー・カーン、フィリップ・ラーム、メーメット・ショルなど、バイエルンのレジェンドたちが8度の優勝で並んでいたが、今回でリベリが一つ抜け出し、ブンデス優勝回数で単独トップに立った。 また、リベリはブンデスリーガのほかにも、DFBポカールを5回、DFLリーガポカール1回、ドイツ・スーパーカップ5回、チャンピオンズリーグ1回、UEFAスーパーカップ1回、クラブ・ワールドカップ1回と計23個のトロフィーを獲得しており、これはカーン氏に並ぶ数字。今シーズン、バイエルンがDFBポカール決勝でライプツィヒを倒し優勝すれば、バイエルンでのトータルの優勝回数でもリベリは単独トップに立つことになる。 2007年に加入し、幾多のトロフィーをもたらしてきたレジェンド・リベリ。果たして彼は今後どのような未来を描くのだろうか。 2019.05.19 04:00 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース