シャフタール、重鎮MFマルロスと2021年まで契約延長!2018.11.30 00:02 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シャフタールは29日、ウクライナ代表MFマルロス(30)と2021年まで契約を延長したことを発表した。

▽ブラジル出身の小柄なレフティーのマルロスは、2014年7月にメタリストからシャフタールへ移籍。卓越したテクニックと正確な左足のキックを有しており、ここまで公式戦183試合に出場し52ゴールを記録。今シーズンはここまで公式戦15試合に出場し6ゴールを挙げている。

▽2017年10月に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選のコソボ代表戦ではブラジル出身選手として史上2人目の帰化選手としてウクライナ代表デビューを飾っている。
コメント
関連ニュース
thumb

長谷部がボランチでフル出場のフランクフルト、シャフタールの追撃を振り切ってベスト16へ《EL》

フランクフルトは21日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32・2ndレグでシャフタールとホームで対戦し、4-1で勝利した。この結果、2戦合計スコアを6-3としたフランクフルトがベスト16に進出した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 先週行われた1stレグでは10人の相手に2-2と引き分けたフランクフルトは、長谷部をボランチで起用した。 フランクフルトがポゼッションする入りとなった中、ゴールが必要なシャフタールがプレスをかけてこないため、静かな序盤となった。 それでも23分、フランクフルトが最初のチャンスをモノにする。右サイドを抜け出したダ・コスタのグラウンダークロスをヨビッチがダイレクトで合わせてネットを揺らした。 さらに26分、ローデのボレーシュートがボックス内のマトビィエンコのハンドを誘ってPKを獲得。このPKをアラーが決めてリードを広げた ハーフタイムにかけてもフランクフルトがペースを握ったまま前半を終えた。 延長戦に持ち込むには2点が必要なシャフタールが後半から前がかってきた中、フランクフルトは59分にヨビッチがボックス左に侵入して決定的なシュートを浴びせた。 しかし63分、フランクフルトは1点差に詰め寄られる。ボックス左深くへの侵入を許したイスマイリのクロスをジュニオール・モラエスに押し込まれた。 さらに71分、マルロスのボックス手前右からの強烈なシュートがバーを叩き、フランクフルトはひやりとさせられる。 劣勢のフランクフルトはヨビッチに代えてレビッチを投入。しかし、シャフタールの攻勢が続くと、79分にはタイソンのヘディングシュートがバーを直撃した。 すると80分、助かったフランクフルトが勝負を決定付ける。カウンターに転じ、コスティッチのスルーパスをボックス左で受けたアラーがGKとの一対一を制した。 その後、レビッチのミドルシュートも決まって4-1としたフランクフルトが勝利。強豪シャフタールを下してベスト16に進出している。 2019.02.22 04:57 Fri
twitterfacebook
thumb

「君はプレーする」、長谷部誠が前日会見でポジションを問われ「出るかどうかさえ…」と回答も監督が起用明言

フランクフルトのMF長谷部誠が、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのシャフタール・ドネツク戦を前に記者会見に出席した。クラブ公式サイトが伝えた。 フランクフルトは、14日に行われたアウェイでの1stレグで2度のリードを生かせずに2-2のドロー。しかしながら、アウェイゴール2つを奪い、ホームでの2ndレグに臨む。 アディ・ヒュッター監督とともに試合前の会見に出席した長谷部は、対戦相手のシャフタールについて聞かれ「シャフタール・ドネツクは、特に攻撃面で優れたクオリティを出している。タイソンはとても優れた選手で、スピードもあり、テクニック溢れるフットボールをし得ている」と攻撃陣を警戒した。 一方で「しかし、攻撃陣の4人全員が強く、僕たちは彼だけにフォーカスするのを間違えてはいけない。僕たちは、一貫して相手に対して任務を遂行しなくてはいけない。2-2は危険な結果。個人的には1点を先に奪うか、他のゴールを願います」と語り、ブラジル人FWタイソンだけに集中することは危険だと分析した。 また、ボランチでの起用が見込まれている件について問われると、「まず、僕が最初からプレーするかどうかさえわかりません」と回答。すると、隣にいたヒュッター監督が笑いながら、「君はプレーする」と出場を明かした。その後、長谷部は真面目に「僕は常にあらゆるポジションに備える必要があります。プロとしての仕事は、監督がどこで起用しても、一貫したパフォーマンスを維持することです」と語り、ボランチでの出場については名言を避けたものの、万全の態勢で臨むと意気込んだ。 ホームでの2ndレグについては「素晴らしい雰囲気になるでしょう。僕たちは、このサポートにお返ししなければいけないし、次のラウンドに進みたいと示している。パフォーマンスを見ただけで、すぐにアドレナリンが湧いてきました」とコメント。また、味方とのコミュニケーションについては3バックの相棒を例に出し、「例えば、DFマルティン・ヒンテレッガー(オーストリア人)はドイツ語、DFエヴァン・エンディカ(フランス人)とは英語でコミュニケーションを取ります」とコメントした。 長谷部誠が出場予定のELラウンド32の2ndレグ、シャフタール・ドネツク戦は、21日(木)の26時55分にキックオフを迎える。 2019.02.21 10:37 Thu
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、10人のシャフタールに2度のリード守れず敵地でドロー《EL》

フランクフルトは14日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグでシャフタールとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ラツィオやマルセイユらが同居したグループHを首位で通過したフランクフルトは、長谷部が3バックの中央で先発となった。 マンチェスター・シティやリヨン、ホッフェンハイムが同居したチャンピオンズリーグ(CL)・グループFで3位となったシャフタールに対し、フランクフルトが7分に先制する。左サイド低い位置からのFKをファーサイドのヒンテレッガーがヘディングで叩き込んだ。 しかし、直後にフランクフルトはPKを献上する。ボックス内でエンディカがジュニオール・モラエスを倒したプレーがファウルとなった。これをマルロスに決められたフランクフルトだったが、直後にステパネンコに2枚目のイエローカードが提示され、フランクフルトは数的優位となった。 数的優位となったフランクフルトが試合をコントロールする中、41分にガシノビッチがミドルシュートでGKを強襲し、シャフタールに圧力をかけてハーフタイムに入った。 1-1で迎えた後半、開始2分にフランクフルトはコスティッチがポスト直撃のシュートを浴びせると、50分に勝ち越した。ヨビッチの右クロスをファーサイドのコスティッチがボレーで流し込んだ。 60分にもレビッチの直接FKでゴールに迫ったフランクフルトは、62分にイスマイリーに決定的なシュートを許すも、GKトラップがファインセーブで凌ぐ。 しかし67分、ボックス左でスルーパスを受けたタイソンにシュートを決められ、同点に持ち込まれた。 それでも2-2で試合を終わらせ、来週ホームで行われる2ndレグに向けてアドバンテージを得ている。 2019.02.15 07:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ゼニト、シャフタール一筋のDFラキツキを完全移籍で獲得!

ゼニトは28日、シャフタールからウクライナ代表DFヤロスラフ・ラキツキ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年半となる。 13歳でシャフタールの下部組織に加入したラキツキは2009年にトップチームデビュー。以降、最終ラインの主力として公式戦326試合に出場し14ゴールを記録。さらに、在籍期間には7度のリーグ戦、6度の国内カップ制覇に貢献していた。 また、ウクライナ代表としては通算54試合に出場し4ゴールを記録。ユーロ2012、ユーロ2016にも出場していた。 2019.01.29 23:20 Tue
twitterfacebook
thumb

先制許すもエースFWフェキル弾でドローのリヨンが7季ぶりの決勝T進出!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループF最終節、シャフタールvsリヨンが12日に行われ、1-1のドローに終わった。 ▽決勝トーナメント進出が懸かる3位のシャフタール(勝ち点5)と2位のリヨンによる直接対決。前節、最下位のホッフェンハイム(勝ち点3)相手にキャプテンのタイソンの劇的決勝弾で競り勝ったシャフタールはリヨンをホームに迎えるこの一戦で勝利できれば、2年連続の決勝トーナメント進出を決められる。 ▽対するリヨンはコルネの2ゴールで2度のリードを得るも、マンチェスター・シティ(勝ち点10)に2度追いつかれてしまい、勝ち点1奪取にとどまった。それでも、今回の試合では引き分け以上で自力での決勝トーナメント進出、勝利且つシティがホッフェンハイムに敗れた場合、逆転での首位通過も可能だ。 ▽気温氷点下11度という極寒のウクライナでのナイトゲーム開催となった大一番。試合は環境面での適応に分があるホームチームがボールの主導権を掴むが、前線の個人能力を生かしたアウェイチームが最初の決定機を作る。19分、アワールのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したベルトラン・トラオレがGKと一対一になるが、ここは相手GKピアトフのビッグセーブに阻まれる。 ▽すると、このピンチを凌いだシャフタールは22分、ボックス付近でのタイソン、マルロスのキープからボックス左に走り込むイスマイリにボールが繋がる。そして、イスマイリの丁寧なワンタッチパスをゴール前で受けたッジュニオール・モラエスがゴール右隅へ流し込んだ。 ▽この失点によりこのままでは3位敗退となるリヨンは一気に攻勢を強めていく。28分にはトラオレの突破からテテに決定機もシュートを枠に飛ばせない。直後の31分には再びアワールのスルーパスに抜け出したトラオレがボックス内で左足を振り抜くが、これも枠を外れる。その後も右サイドのトラオレを起点に幾度かチャンスを作るが、再三の決定的なシュートが相手GKピアトフに阻まれ、前半はホームチームの1点リードで終了した。 ▽迎えた後半もシャフタールを完全に押し込むリヨンだったが、前半同様に最後の場面で精度を欠きなかなかゴールをこじ開けることができない。しかし、諦めずに攻勢を続けると、頼れるエースがゴールをもたらす。 ▽65分、ボックス右に抜け出してボールを受けたデパイが相手DF2枚を引き付けてボールキープ。そこからマイナスに折り返すと、中央のフェキルが冷静に利き足の左に持ち替えて放ったシュートがゴール左上隅に決まった。 ▽この同点ゴールによって再び1点が必要となったシャフタールだったが、前半から続く劣勢の状況を撥ね返せず、相手の猛攻を耐えるばかりの状況が続く。流れを変えたいフォンセカ監督は次々と攻撃的なカードを切っていくと、82分に後半最大の決定機。マイコンのスルーパスに抜け出したイスマイリがゴール左から左足のシュートを狙うが、ここは果敢に詰めたGKアントニー・ロペスに阻まれ、万事休す。 ▽引き分けでも勝ち抜けが決まる状況のアウェイゲームで終始攻撃的なスタイルで相手を圧倒したリヨンが首位通過こそシティに譲ったものの、7シーズンぶりの決勝トーナメント進出。敗れたシャフタールは3位敗退でEL決勝トーナメントに回ることになった。 2018.12.13 07:15 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース