ダビド・ビジャがNYシティ退団! 新天地としてJリーグ濃厚との報道!2018.11.29 04:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティFCは28日、元スペイン代表FWダビド・ビジャ(36)の今季限りでの退団を発表した。

▽なお、MLSに精通するアメリカ人ライターのパブロ・マウアー氏は自身の公式ツイッター『@MLSist』でビジャの新天地が日本になる可能性があると主張している。

▽現時点で具体的なクラブ名は挙がっていないものの、一部メディアはNYシティと同じ『シティ・フットボール・グループ』傘下の横浜F・マリノスの名前を挙げている。

▽故郷のスポルティング・ヒホンでキャリアをスタートしたビジャは、サラゴサ、バレンシアを経て2010年にバルセロナに加入。優れたアジリティと足元の技術、抜群のシュート、オフ・ザ・ボールの精度を武器に万能型ストライカーとしてリーガエスパニョーラやチャンピオンズリーグ(CL)制覇など多くのタイトル獲得に貢献。さらに2013年に加入したアトレティコ・マドリーでは古巣バルセロナを破り、リーガ制覇に貢献した。

▽その後、2015年からMLSに新規参入するNYシティへの加入を決断したビジャは系列クラブのAリーグ所属メルボルン・シティFCでの短期間のレンタル移籍を経て2015シーズンからMLSに初参戦。在籍期間にリーグ戦124試合に出場し80ゴールを記録。2016年にはMLSの最優秀選手賞も獲得していた。今季はプレーオフを含めリーグ戦26試合に出場し15ゴール5アシストの数字を残していた。

▽また、スペイン代表では通算98試合に出場し、歴代最多となる59ゴールを記録。ユーロ2008と2010年南アフリカ・ワールドカップではいずれも得点王に輝き、優勝の立役者の1人となった。

▽スペインサッカー史上最高のストライカーの1人と評されるビジャが、MFアンドレス・イニエスタ、FWフェルナンド・トーレスに続きJリーグに参戦することになるのか…。
コメント
関連ニュース
thumb

バレンシア、MLS移籍を検討か 元同僚ルーニー&イブラにも相談

マンチェスター・ユナイテッドに所属するエクアドル代表MFアントニオ・バレンシア(33)が、アメリカ行きを検討しているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 バレンシアは2009年夏にウィガンからユナイテッドに加入した。在籍10年間で、クラブのシンボルナンバーである背番号「7」を一時継承した他、新たに右サイドバックで新境地を開拓するなど、これまで公式戦339試合25ゴール62アシストを記録。2度のプレミアリーグ制覇やヨーロッパ・リーグ(EL)優勝を経験してきた。 しかし、契約最終年の今シーズンは、パフォーマンスが低下し、プレミアリーグでの出場がわずか6試合に。さらには2月末までに有効だった1年間の契約延長オプションも行使されず、自身も退団をほのめかすツイートを投稿するなど、退団が決定的となっている。 そんなバレンシアがメジャーリーグ・サッカー(MLS)への移籍を考慮しているという。同選手の側近によれば、同リーグのサッカーのクオリティが上昇しており、サッカー面以外でも、アメリカが娘にとっても良い環境になると考えているようだ。 チームこそ明らかとなっていないが、バレンシアはすでに同リーグの複数クラブと接触。本人は3年契約を望んでおり、かつてのチームメイトであるDCユナイテッドの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーやロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチにも相談している模様だ。 なお、同メディアによれば、バレンシアは6月のコパ・アメリカ2019開幕前には決断を下すことになると予想されている。 2019.05.22 16:25 Wed
twitterfacebook
thumb

暴君ぶりを発揮したイブラヒモビッチが2試合の出場停止、何をした?

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、2試合の出場停止と罰金処分を受けた。 イブラヒモビッチは、11日に行われたニューヨーク・シティ戦に先発出場。その試合での暴力行為が問題視されていた。 イブラヒモビッチは0-2とリードを許して迎えた86分、ボックス内でパスを受けると胸トラップでコントロール。飛び出したGKの頭上を越えるシュートを放つもクロスバーに直撃。味方がこぼれ球に詰めるも、ゴールを奪えなかった。 その際、ゴールを守ろうと起き上がった相手GKがイブラヒモビッチに後ろから衝突。不可抗力で当たったものだったが、腹を立てたイブラヒモビッチは首元を掴む行為に出ていた。なお、試合中にはイエローカードをもらうに留まっていた。 この行為は映像でも明らかに確認ができるもの。懲戒委員会はイブラヒモビッチに対し、2試合の出場停止処分を下すとともに、罰金処分を科した。なお罰金額は非公開となっている。 今シーズンはここまでMLSで10試合に出場し9ゴールを記録していたイブラヒモビッチ。19日のコロラド・ラピッズ戦、24日のオーランド・シティ戦を欠場することとなる。 2019.05.18 11:41 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、7月にMLSオールスターズとの対戦が決定!

メジャーリーグ・サッカー(MLS)オールスターズが、アメリカツアーを実施するアトレティコ・マドリーと対戦することが決定した。MLS公式サイトが伝えている。 発表によると、MLSは2018年のオールスター選手を選出し、アトレティコとのフレンドリーマッチを実施。フロリダのオーランド・シティ・スタジアムで現地時間7月31日(日本時間で8月1日)に行われるようだ。 今回の対戦を受けて、アトレティコのエンリケ・セレソ会長は次のようにコメントしている。 「アメリカとカナダは我々のクラブにとって重要な市場であり、MLSオールスターゲームに参戦することは北米のサポーターとのつながりや新たなファンを獲得する絶好の機会だ」 「また、MLSに参戦して以来とても情熱的なサポータを抱え、トップのサッカー都市に成長したオーランドでプレーすることはクラブにとっても素晴らしい経験となるだろう。これはアトレティコにとってエキサイティングな機会だね」 なお、アトレティコは同時期に開催されるインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)にも参加。現地時間7月26日(日本時間7月27日)にイーストラザフォードでレアル・マドリーとの“マドリード・ダービー”を行い、8月10日(日本時間8月10日)にスウェーデンのストックホルムでユベントスとの対戦が予定されている。 2019.05.03 02:25 Fri
twitterfacebook
thumb

アメリカ代表FWアルティドールが2017年テニス全米オープン王者のスティーブンスと婚約

アメリカスポーツ界でビッグカップルが誕生した。メジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFCに所属するアメリカ代表FWジョジー・アルティドール(29)と、2017年の全米オープン王者で女子テニスの世界ランク8位に位置するスローン・スティーブンス(26)が29日に婚約を発表した。 なお、共に幼少期にフロリダ州で育った2人は幼馴染で2016年から交際をスタートしていた。 ニューヨーク・レッドブルズでプロキャリアをスタートしたアルティドールは、屈強なフイジカルと決定力を武器とするアメリカ屈指のストライカー。ヨーロッパではビジャレアル、ハル・シティ、サンダーランドで思うような結果を残せなかったものの、AZ時代の2011-12シーズンには16ゴール、翌2012-13シーズンには23ゴールを挙げる活躍を見せていた。 また、2015年に加入した現所属先のトロントでは2017年のMLSカップでMVPを獲得する活躍でMLSカップ制覇に大きく貢献している。 2007年にデビューを飾ったアメリカ代表ではここまで通算110試合に出場し、歴代3位の41ゴールを記録。29歳という年齢を考えれば、クリント・デンプシー、ランドン・ドノバンの持つ歴代1位の57ゴールという数字を更新する可能性も十分にある。 一方、アメリカ人テニスプレーヤーのスティーブンスは、2017年の全米オープンで自身初のグランドスラム制覇を経験。また、昨年の全仏オープンでは準優勝を果たすなど、過去には世界ランク3位まで上り詰めた実力者だ。 なお、サッカー選手とテニスプレーヤーのカップルといえば、シカゴ・ファイアーに所属する元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーと、セルビア人テニスプレーヤーのアナ・イバノビッチ(すでに引退)が有名だ。 2019.04.30 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

怖っ! イブラが試合中に脅迫的暴言、相手DFは謝罪拒絶

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの言動が話題だ。イギリス『talkSPORT』が報じた。 イブラヒモビッチは28日に行われたメジャーリーグサッカー(MLS)第9節のソルトレーク・シティ戦に先発。1-1の78分に左サイドからのクロスを左足で決勝弾に結びつけ、白星をもたらした。 だが、そうした活躍よりも大きな注目を集めたのが、かつてマンチェスター・シティでもプレーしたソルトレーク・シティのイングランド人DFネダム・オヌオハとのバトルだ。 キックオフから両者の肉弾戦が際立つなか、60分にイブラヒモビッチがオヌオハを引きずり倒してイエローカード。すぐさま詰め寄ってきたオヌオハと一触即発の状態に発展した。 その数分後、勝ち越しを許したイブラヒモビッチは78分に勝ち越し弾を挙げると、興奮冷めやらぬまま遺恨を残すオヌオハの元へ。鬼の形相で何らかの言葉を浴びせ、挑発した。 だが、両者の逸話はこれで終わらず…。試合後に相手更衣室を訪れたイブラヒモビッチは我を取り戻して、オヌオハに詫びたが、これを突っぱね返されてしまったというのだ。 なお、オヌオハはその一件について、次のように言及。試合中にイブラヒモビッチから浴びせられた言葉を明かすとともに、謝罪を受け入れない意思を表明した。 「彼は試合後、謝りに来た。60分のファウル時に『お前をケガさせてやる!』って僕を脅してきたからだ。あんなことをする奴が“MLSの顔”だと言い張る男だなんてね。納得できないよ。彼の謝罪を受け入れるつもりはない。受け入れないよ」 2019.04.30 14:30 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース