同時負傷のPSGの2大スター、CLリバプール戦は間に合う見込み2018.11.24 02:37 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督が、ブラジル代表FWネイマールとフランス代表FWキリアン・ムバッペのケガの具合を説明した。▽ネイマールとムバッペは、代表マッチウィークの20日にそれぞれカメルーン代表とウルグアイ代表と対戦し、揃って負傷交代を余儀なくされていた。その後のPSGの発表で、前者は右足内転筋の負傷、後者は右肩のケガが明かされた。

▽そして今回、24日に行われるリーグ・アン第14節のトゥールーズ戦に向けた記者会見に出席したトゥヘル監督は、リスクを避けるためネイマールとムバッペの欠場を報告。一方で、28日のチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節のリバプール戦には間に合う可能性があることも付け加えた。

▽両者は今季、リーグ戦では合わせて21ゴールをマーク。全勝でリーグ・アンの首位を走るPSGの原動力となっているだけに、この2人の欠場の影響が大きくなければいいが…。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG指揮官トゥヘル、グリーズマン獲得に否定的 「我々にとって非現実的」

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督が、一部で獲得報道が出ているアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)に関して言及した。フランス『レキップ』が指揮官の公式会見のコメントを伝えた。 グリーズマンは14日、クラブ公式サイトで「新たな経験、新しい挑戦」を理由に今シーズン終了後の退団を電撃表明。移籍先としてバルセロナが確実視されているが、バイエルンやマンチェスター・シティと共にPSGの関心も取り沙汰されている。 トゥヘル監督は翌日に行われるリーグ・アン第37節のディジョン戦に向けた会見の場でグリーズマンに関する質問を受けると、「非現実的」と獲得の可能性を否定している。 「彼は現時点で世界のどのチームのためにもプレーすることができる。しかし、彼は我々にとって非現実的である。いずれにせよ我々は守備強化に集中することから始めるべきである」 2019.05.17 23:06 Fri
twitterfacebook
thumb

41歳ブッフォンにPSGから延長オファー! 本人認める

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)がクラブからの新契約打診を明かした。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 昨夏にユベントスから1年契約+1年の延長オプションで加入したブッフォン。フランス代表GKアルフォンス・アレオラとの併用のなかで、公式戦24試合に出場しているが、延長交渉に進展がなく、今シーズン終了後の退団どころか、引退の可能性さえも取り沙汰されている状況だった。 渦中のブッフォンは『Sky Uno』で注目を集める去就について問われると、PSGから延長オファーが届いたことを認め、42歳となる来シーズンの現役続行に含みを持たせた。 「クラブが契約延長を提案してくれた。本当に幸せだよ。数日中に彼らと会って、プロジェクトを吟味する。僕らがともに前進することが正しいのかどうかを見極めるよ」 9回のスクデット獲得や、4回のコッパ・イタリア優勝に貢献したユベントス時代の多大なる功績もあり、現フットボール界でも一線を画す存在として輝き続けるブッフォン。来シーズンも現役を続けるのか。今後の動向も大いに注目だ。 2019.05.17 13:55 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGとユナイテッドがレヴァンドフスキ獲得に動く!

パリ・サンジェルマン(PSG)とマンチェスター・ユナイテッドがバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(30)の獲得に動いているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 今夏の移籍市場でウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、ベルギー代表FWロメル・ルカクとセンターフォワードを務める主力に退団の可能性が浮上しているPSGとユナイテッドの両クラブ。 そして、その金満2クラブが獲得候補に挙げているのが、今季ここまでリーグ戦22ゴールを挙げて2年連続得点王獲得が濃厚なバイエルンのエースストライカーのようだ。 『キッカー』が伝えるところによれば、バイエルンはエースの慰留に向けて2022年までの新契約をオファーしているものの、交渉は停滞しているという。そして、そこに目を付けたのが、前述の2クラブだという。 なお、以前からスペインでのプレー希望を公言していたレヴァンドフスキは、昨夏にレアル・マドリー行きに迫っていたが、結局移籍は実現せず。そのため、現時点ではバイエルン残留を含めて様々な選択肢を考慮しているかもしれない。 2019.05.16 20:17 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド退団のエレーラ、新天地PSGで倍以上の給与ゲットか

今夏のマンチェスター・ユナイテッド退団が決定したスペイン代表MFアンデル・エレーラ(29)。イギリス『デイリー・メール』によれば、移籍先として有力なパリ・サンジェルマン(PSG)に、選手としての評価をより得て加入する見通しだという。 2014年夏にビルバオから加わり、公式戦通算189試合20得点27アシストを記録したエレーラ。闘志溢れるコンダクターとして、2016-17シーズンにクラブ年間最優秀選手賞に輝き、ヨーロッパリーグなど計4つのタイトルに貢献した。 だが、今シーズンが契約最終年のエレーラは、ユナイテッドと長らく延長交渉が続いたが、最終的に破談。そして、11日にクラブ公式サイトを通じてファンに別れのメッセージを投じるとともに、退団を表明した。 そのエレーラは、新天地として確実視されるPSGで週給30万ポンド(約4200万円)を受け取る模様。この額はユナイテッドで受けた週給13万ポンド(約1800万円)の倍以上であり、より高く評価されてのパリ行きになるとみられる。 近年の活躍ぶりを受け、今回の退団発表でユナイテッドファンからの別れを惜しむ声も少なくないエレーラ。この報道が事実であれば、PSG行きの決断はプロフェッショナルを貫いた末の当然の成り行きだったといえるだろう。 2019.05.16 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGとユナイテッドがミラン守護神に興味か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、ミランに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(20)の獲得に興味を示しているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『La Repubblica』の情報をもとに伝えている。 ロッソネロの絶対的守護神として君臨するドンナルンマ。20歳ながらミランでの公式戦160試合以上に出場しており、今季もリーグ戦34試合でフル出場中だ。 しかし、伝えられるところによると、ミランは再びファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触する恐れがあり、今夏に主力選手を放出する可能性があるという。そんな中、PSGは、ドンナルンマのの獲得を画策しており、すでに5000万ユーロ(約61億円)の移籍金を準備しているようだ。 その一方でイタリア『Calciomercato.com』は、PSGが巨額オファーを準備しているスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)の後釜としてマンチェスター・ユナイテッドがドンナルンマの獲得に興味を示していると報じている。 2019.05.16 02:45 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース