諸刃の剣になりかねない「外国人枠拡大」と「ホームグロウン制度」/六川亨の日本サッカー見聞録2018.11.22 18:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽Jリーグは11月20日の定例理事会で、来シーズンから1チーム5人以内だった外国籍選手の登録制限を撤廃し、J1は5人、J2とJ3は4人と出場枠の拡大を決めた。これまでの外国籍選手の出場枠は、3人プラスAFC(アジア・サッカー連盟)加盟協会の選手1人が上限で、Jリーグと提携する東南アジア諸国(タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタール、オーストラリア)の選手は外国籍選手から除外していた。▽Jリーグの村井チェアマンは今夏のロシアW杯を観戦し、ヨーロッパでプレーする大半の選手が5大リーグで活躍しているため、「制限の撤廃」を訴えてきた。しかしJFA(日本サッカー協会)やJクラブの反対により、「枠の拡大」で今後の「撤廃」に含みを持たせた。

▽Jリーグとしては、神戸がポドルスキやイニエスタを獲得して観客動員やSNS等の会員を飛躍的に伸ばしたように、DAZN(ダ・ゾーン)との巨額放映権を原資に、優秀な外国籍選手を招いてチーム間の競争を激化することで、日本人選手のレベル向上により代表チームの強化につながると期待している。

▽ヨーロッパの5大リーグでプレーするような選手がJ1リーグに増えることは、Jリーグへの注目度も高まり、観客増にもつながるため歓迎したい。しかしながら、今シーズンもGKやCBは190cm超の韓国人選手を始めとする外国籍選手に占められていて、なかなか日本人選手が育っていないという現状もある。

▽日本人の平均身長はそう簡単に伸びず、身体能力の優れた選手は野球を選択するなど厳しい現実もある。ともすれば、今回の「規制緩和」がその傾向に拍車をかけかねない危惧も残る。

▽そのためにJリーグは、各クラブに自前の育成選手を保有するよう「ホームグロウン制度」も来シーズンから導入することを決めた。12歳~21歳の間に3シーズンか36ヶ月以上同じクラブに所属するなどの「生え抜き選手」をJ1は2人以上保有しなければならない。そして21年からはその数を増やす方針で、J2とJ3は22年から1人以上となる。

▽制度そのものは素晴らしいと思うが、こちらにも予想される弊害がある。例えば今年のルヴァン杯で優勝し、MVPも獲得した湘南の杉岡大暉は、中学時代の3年間をFC東京U-15深川でプレーした。しかしボランチやCBには岡崎慎と鈴木喜丈らライバルがいたためU-18への昇格を果たせなかった。そこで杉岡は高校時代の3年間を市立船橋高校で過ごしてプレーに磨きをかけ、湘南では押しも押されもしないレギュラーとなった。これはこれで成功例の1つである。

▽FC東京は杉岡のU-18への昇格を見送ったものの、もしも「ホームグロウン制度」のために引き続きFC東京が保有したとして、J1でレギュラーを取れていたのかどうか。本来は、クラブとしてプロ契約をする意思のない選手を、「ホームグロウン制度」を守るためだけに登録するようなことがあれば、それは選手本人にとってもクラブにとっても不幸な出来事と言わざるを得ないだろう。

▽趣旨そのものは素晴らしいが、諸刃の剣となりかねない「外国籍選手の出場枠拡大」であり「ホームグロウン制度」と言えよう。
【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。
コメント
関連ニュース
thumb

レアル移籍で久保は東京五輪に出場できない?/六川亨の日本サッカー見聞録

現在ブラジルで開催中のコパ・アメリカだが、テレビ中継しているのはインターネットのDAZNだけ。放映権を取得する時点で選手を招集するのに強制力がなく、海外組はオフシーズン、国内組はJ1リーグの真っ最中ということもあり、東京五輪候補が主力になるだろうとの予測のもと、NHKを始め民放各社は手を上げなかった。 フタを開けてみれば、U-20W杯に出ると思われていた久保建英と安部裕葵が呼ばれ、なおかつ久保はレアル・マドリーに移籍が決まったため、がぜん注目度が急上昇。放映権を見送ったNHKを始め民放各社は地団駄を踏んでいるかもしれない。 本来、日本代表の試合は広く日本国民に見てもらうため、無料での視聴がJFA(日本サッカー協会)の務めだろう。その義務を怠ったそしりは免れないが、DAZNが手を上げなければ試合そのものを視聴できなかった可能性もあっただけに、今回は致し方ないといったところか。 といったところで本題に入ろう。チリ戦では新聞各紙をはじめネットでも久保のプレーを賞賛する記事が多かった。試合は0-4の完敗だっただけに、ポジティブな要素が久保しかなかったのは頷ける。ただし、チリ戦後の記事を読んで気になったこともある。 「久保を東京五輪の中心選手に」といった論調だ。 久保のレアル移籍に関し、所属元のFC東京の大金直樹社長は「6月4日で契約は切れているため、移籍交渉にはまったく関与していません」と明言していた。久保サイドとレアルが直接交渉したことになる。 そこでブラジル在住で、古くからサッカーダイジェストに寄稿していたフリージャーナリストの沢田啓明氏が興味深い記事を書いた。スペインのマルカ紙はレアルと密接な関係があり、同紙の記者が練習場に来たので直撃したところ、次のようなことが判明した。 「バルセロナは年俸がBチームの選手として上限の3050万円で、最初の2年間はBチーム」に対し、「レアルは手取りで年俸約1億5千万円、税金を含めると総額2億4千万円の5年契約を提示し、Bチームでプレーするのは1年間」というものだ。 今夏、7月中旬にバルセロナとチェルシーが来日し、神戸や川崎Fなどとフレンドリーマッチを行う。同様にレアルはアメリカツアーを実施し、久保のレアル合流はこのアメリカツアーが有力視されている。 そこで来夏の東京五輪である。サッカー競技は開会式の2日前の7月22日に開幕戦を迎え、8月8日が決勝戦となっている。今年に当てはめるならレアルのアメリカツアー(7月21日から27日にかけてバイエルン・ミュンヘン、アーセナル、アトレチコ・マドリーと対戦)とモロに被っているのだ。 バルセロナなら2年間はBチームのため、久保の東京五輪出場を認めたかもしれないが、レアルなら、来年の7月はトップチームに昇格し、ポジション争いをしなければならない重要な時期だ。 そこで東京五輪に出場することをレアルが許すかどうか。また久保自身がトップチームに昇格しながらチームから離脱するかどうかは、はなはだ疑問だ。 田嶋幸三JFA会長は「東京五輪は男女とも金メダルを狙う」と公言しているものの、久保の移籍に関して関塚隆技術委員長がレアルと東京五輪の出場に向けて交渉したとは考えにくい。これが、もしもFC東京が移籍交渉に絡んでいれば、その可能性はほんの数パーセントだがあったかもしれない。 また久保自身がレアルに対して東京五輪への出場を移籍条件に含めたかというと、その可能性はゼロだろう。今年2月の沖縄キャンプを取材した際に、久保にU-20ポーランドW杯の抱負を聞いたところ、「まだ選ばれていないのでお答えできません」という返事だった。 仮定の質問には答えない。なぜなら選ばれなかったら恥をかく――それが久保流のプライドでもあるからだ。 このため久保を中心とした五輪のチーム作りはリスクを伴う。それは3年前のリオ五輪で久保裕也を招集できなかった前例からも明らかで、同じことは海外組の堂安律や冨安健洋にも当てはまる。 最強チームを作りたくても作れない状況に陥りかねないのが東京五輪の男子チームと言える。関塚技術委員長がどうネゴシエイトするのか、責任は重大である。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.06.21 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

久保のレアル移籍報道/六川亨の日本サッカー見聞録

やっとと言うか、ようやく久保建英の海外移籍に進展が見られそうだ。今日の午前中、共同通信が、久保がレアル・マドリーと5年契約で年俸2億円超などの条件面で合意したと報じた。 かつて下部組織でプレーしたバルセロナは、当初から条件面で久保サイドとは開きがあり、獲得レースから身を引いていた。そこで急浮上したのがレアルでありパリSGだった。久保自身はかつて過ごした、言葉もわかるスペインへの移籍を希望していたそうだ。 しかしトップチームでのプレーを希望したため、バルセロナとは決別せざるを得なかった。それもそうだろう。いくら才能があっても、実績はゼロに近い。これが、もしもポーランドで開催中のU-20W杯に久保が出場し、優勝に導くなど大活躍すれば話は違ったかもしれない。 久保の出場を訴えながらも聞き入れられなかったU-20日本代表の影山雅永監督にすれば、グループリーグでイタリアから勝利を奪えず、グループリーグ2位で勝ち進んだ韓国にラウンド16で敗れ、その韓国が初の決勝戦に進出しただけに“慚愧”の思いだろう。 ただ、その他の報道によると当初は3部リーグにあたるレアルBチームからのスタートが濃厚だという。そこで結果を残し、1部中位クラブへのレンタル移籍でも実績を残せば、晴れて“白い巨人”の一員になれるかもしれない。 レアルへの移籍で、これから開幕するコパ・アメリカでも久保は多くの注目を集めるだろう。6月9日のキリンチャレンジ杯のエルサルバドル戦で代表デビューを飾り、華麗なステップでマーカーをかわしてシュートを放ったり、フリックで中島翔哉の決定機を演出したりするなど、デビュー戦とは思えないレベルの高いプレーを見せた。 そんな久保をエルサルバドルのカルロス・デロスコボス監督は「非常に興味深いと思う。若くして代表にデビューしたのは、とてもいい選手だからだ。18歳で代表チームにデビューしたのは、とても成熟した選手だからだと思う」と印象を語っていた。 エルサルバドル戦では、久保と同じ時間帯に中島も交代で投入された。ドリブラーとして、代表でも海外移籍でも実績のある中島だったが、より輝いて見えたのは久保の方だった。 その理由を富山の監督を務めていたときに中島を、FC東京U-23の監督時には中島と久保を指導した安間貴義FC東京コーチは「スタートポジションの違い」と説明する。 「翔哉(中島)は左サイドでワイドに開き、足下にパスを受けてからドリブル突破を始めます。建英(久保)は、右サイドはもちろん、トップ下でも左サイドでもプレーできます。そして足下だけでなく、スペースにパスを要求するときもあります。ボールの引き出し方が豊富なため、自然と味方からのパスが多くなり、翔哉より目立って見えたのでしょう。これで堂安君が刺激を受けたら面白くなりますね」 17日のチリ戦からスタートするコパ・アメリカに堂安律は選出されていないが、久保と中島がどんなプレーを見せるのか。そしてFC東京はいつ久保のレアル移籍を発表するのか。久保から目の離せない1週間になりそうだ。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.06.14 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

久保がメンバー外ならU-20W杯に出して欲しかった/六川亨の日本サッカー見聞録

トリニダード・トバゴを迎えてのキリンチャレンジ杯は0-0のスコアレスドローに終わった。森保一が監督に就任して15戦目で採用した3バックによる[3-4-3]システムは、それなりに見どころがあった。 しかし前後半を通じて25本のシュートを放ち、8度の決定機を迎えながら、シュートに正確性を欠き、相手GKマービン・フィリップの神がかったようなビッグセーブにゴールを割ることはできなかった。 そしてこの試合の一番の焦点であった久保建英は、スタメンはおろかベンチにはいることすらできなかった。もともと国際Aマッチの登録メンバーは23名である。しかし今回、森保監督は27名の選手を招集した。 そしてスタートリストに名を連ねたのは、過去にサムライ・ブルーの一員として出場経験のある23名だった。 今シーズンの出場が1試合だけのGK川島永嗣(ストラスブール)と、今季は無得点のFW岡崎慎司(レスター・シティ)がベンチ外になったのは、コンディションの確認とコパ・アメリカ要員だからだろう。そして初招集で、同じくコパ・アメリカ要員の久保と中山雄太もスタートリストから漏れた。 18歳(招集時は17歳)で代表入りし、世間の注目を集めている久保がベンチ外になったことを、森保監督は次のように説明した。 「メディアに期待されていると思うし、試合をごらんになっている皆さんも久保が出ることを期待されているのはひしひしと感じています。クラブでの活躍と今回招集してA代表でできると思ったので、ピッチの上に立たせてあげたいと思っています」と最初は期待を持たせた。 しかし、「18歳になったばかりなのと、シーズンを通してチームを牽引し、今は移籍報道でプレッシャーがかかっているなか、緊張を緩めながら先に進んだ方がいい。チームの状況次第ですが、このまま成長し続けてくれれば間違いなくA代表でプレーできます。彼の成長と、彼だけでなく選手は日本の宝だから、彼らを見ながらベストの選択をしたいと思っています」と、トリニダード・トバゴ戦だけでなく、9日に宮城で開催されるエルサルバドル戦でも構想外であることを示唆した。 「覆水盆に返らず」--ではないが、キリンチャレンジ杯で起用する予定がないのだったら、ポーランドで開催中のU-20W杯に久保を出場させて欲しかった。 もしも久保がチームにいたら、グループリーグ最終戦のイタリアに勝って1位で突破していたかもしれないし、決勝トーナメント1回戦の韓国戦でも前半で勝負を決めていたかもしれない。もしかしたらベスト4以上の可能性もあったのではないかと思うと残念でならない。 もともとFC東京の長谷川健太監督は久保と田川亨介に関してU-20W杯に2人を送り出す気でいた。 逆読みすると、もしも久保をU-20W杯に招集したら5月12日にチームに合流してポーランドへ移動すると、J1リーグの試合は3試合の欠場を余儀なくされる。そこでJFA(日本サッカー協会)はFC東京への配慮からJ1リーグ出場を優先し、リーグ戦が中断期間に入るキリンチャレンジ杯に招集した可能性もある。 コパ・アメリカに関しては、久保の海外移籍の話が現実味を帯びており、その後のリーグ戦への影響もない。そうした複雑な裏事情があったのかもしれないが、すでにU-20日本代表は負けてしまったため、「覆水盆に返らず」である。 ただ、6日の練習ではトリニダード・トバゴ戦に出場しなかったメンバーがハーフコートでのゲーム形式の練習中に、シャドー候補の香川真司が練習を途中で切り上げ、トレーナーとともにロッカーへ戻った。彼の代わりに練習に参加したのが久保だったので、今後の香川のコンディション次第では久保の途中出場もあるかもしれない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.06.07 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

6月はイベントが目白押しだが今後は整理する必要も/六川亨の日本サッカー見聞録

影山雅永監督率いるU-20日本代表が、ポーランドで開催中のU-20W杯で「死の組」と言われたグループBを1勝2分けの2位で通過し、2017年の韓国大会に続きベスト16進出を決めた。 前回大会は“飛び級”で久保建英や田川亨介らが招集されたものの、第2戦のウルグアイ戦でエースの小川航基が負傷。1勝1分け1敗ながら3位でグループリーグを突破した。しかしラウンド16で準優勝したベネズエラに延長戦の末0-1で敗れて敗退を余儀なくされた。 今回のチームには久保が不在だが、初戦で南米王者のエクアドルと1-1で引き分けると、北中米2位のメキシコに3-0と快勝。そして昨夜は欧州2位のイタリアとスコアレスドローだったが、PKやGKとの1対1を確実に決めておけば首位通過も可能だった。 ただ、首位通過だとA/C/Dの3位と対戦と組み合わせには恵まれるものの、試合が6月2日のため中3日でのゲームになる。しかし2位のため試合は6月4日と中5日の余裕がある。イタリア戦では田川がGKと1対1の場面で負傷し、斉藤光毅もドリブル突破を仕掛けた際に左肩を負傷して交代を余儀なくされた。 これまでの連戦と続出した負傷者を考慮すれば、中5日のインターバルは日本にとってアドバンテージになる。 2年前の大会に比べ、試合を重ねるごとに日本は戦術理解度が浸透し、対戦相手の攻撃に臨機応変に判断して対処していた。失点はGKのパンチングが田川の顔面をヒットして失ったOGだけで、実質無失点に近い。イタリア戦でも後半は相手の猛攻にさらされたが、GK若原智哉が好セーブでゴールを死守した。 さてラウンド16の対戦相手はグループFの2位で、現在は韓国だが、3位のポルトガルとは同勝点で、得失点差でリードを保っている。しかし最終戦の相手は韓国が2戦全勝のアルゼンチン、ポルトガルは2戦全敗の南アフリカだけに、最終戦で順位が入れ替わる可能性も大だ。 ポルトガルは欧州1位の強豪だが、アジア勢はU-19アジア選手権のサウジアラビアと3位のカタールが2戦全敗で早々とグループリーグ敗退が決定。もしも韓国が2位だとアジア勢同士のつぶし合いになるだけに、できればポルトガルと対戦したいところだ。 そして6月に入ればトゥーロン国際大会とキリンチャレンジ杯が始まり、中旬からはコパ・アメリカも開幕する。さらに女子のW杯と主要なイベントが目白押しだ。現在ポーランドで取材中の知人記者は、決勝まで残り、ポルトガルで開催されるリスボン杯(6月4日~15日。U-18日本代表が参加)を取材してからブラジル入りと長期ツアーを計画している猛者もいる。 ただ、こうして簡単に紹介しただけでもかなりハードな6月で。先週23日のJリーグの理事会で、ある理事から「スケジュールが過密なので、今後はコパ・アメリカも含めて出場する大会を整理したらどうか」という提案が出されたのも当然だろう。 <hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.05.30 19:20 Thu
twitterfacebook
thumb

キリン杯とコパの日本代表が決定/六川亨の日本サッカー見聞録

6月5日と9日のキリンチャレンジ杯に臨む日本代表27名と、6月17日から始まるコパ・アメリカの代表23名が発表された。 選手の拘束力があるキリンチャレンジ杯は、大迫勇也や長友佑都らロシアW杯のメンバー10人に、今年1月のアジア杯からは権田修一、冨安健洋、堂安律、中島翔哉らに加え、新たに中山雄太、久保建英ら3名が加わった。 総勢27名の大所帯になった理由について森保一監督は「選手のコンディションにより、リーグ戦が終わって間の空いた選手もいれば、活動を見られない選手もいたので呼んだ」と述べた。 注目の久保建英については「チームで見せているパフォーマンスがいいのと、チームの中でも存在感を発揮している。2試合連続してゴールを決め、チームを勝たせる仕事をしている。求めるところはクラブと変わらない。攻撃のアクセントになり、緩急をつけて相手ゴールに迫っているので、代表でもその力を発揮して欲しい」と高く評価していた。 その久保がコパ・アメリカの代表にも招集されたのは正直意外だった。FC東京の長谷川監督がよく出したものだと思う。恐らく控えには大森晃太郎、ナ・サンホらがいるからだろう。 さてコパ・アメリカに臨む日本代表である。会見の冒頭で森保監督が「まずコパ・アメリカに参加するにあたって、派遣義務のない大会のなか、Jのみなさん、大学の皆さんにはシーズン中に戦力がダウンするなか、選手を派遣していただき、われわれに協力していただけることに感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。 23名のメンバーには初代表の選手が13人もおり、東京五輪世代が18人もいる。五輪のエントリーメンバーは18名だから、今回のコパ・アメリカ組が東京五輪のベースになるのは間違いないだろう。 森保監督も「まずは東京五輪世代の選手を多く選出させていただきました。その点では、私がA代表の監督をし、東京五輪の監督をしており、2つのグループをラージグループとして見ています。今回2つの大会があるなかで、どうA代表のラージグループとしてレベルアップさせることができるかを考えて、このメンバーになりました」と選考理由を明かした。 従って今回の選考は、コパ・アメリカというより、東京五輪のためではないだろうか。だからこそJクラブも協力せざるを得なかったのではないか。その点を関塚隆技術委員長に質問したところ、「このメンバーは森保監督以下のスタッフが兼任でやられているなかで、拘束力のない大会での派遣に関してA代表として戦いますが、来年の五輪への戦力というご理解は大きかったのかなというふうに思っています」と正直に語っていた。 和を重んじる日本人が「地元開催の五輪で金メダルを取るため」と言われれば断ることは難しい。ただJFA(日本サッカー協会)が配慮した節も見られる。それはフィールドプレーヤーが各クラブとも1名に限定していることだ。やはりリーグ戦の期間中ということで、JFAも譲歩したのだろう。 キリンチャレンジ杯に招集されなかった安部裕葵(鹿島)、同じくトゥーロン国際大会に招集されなかった上田綺世(法政大)も順当にコパ・アメリカでの選出となった。 森保監督は4-2-3-1を基本フォーメーションにするが、キリンチャレンジ杯では久保、南野、中島の2列目がどんなハーモニーを奏でるのか楽しみだし、コパ・アメリカなら右サイドの久保と松本泰志(広島)、渡辺皓太(東京V)、左サイドは安部と中島の競争となるが、そうなるとトップ下の候補がいなくなるだけに、中島がトップ下を務める可能性もあるかもしれない。 まずはキリンチャレンジ杯で新戦力の融合具合を確認しつつ、コパ・アメリカでは誰が台頭してくるのかを楽しみに待ちたい。 6月上旬にはカタールW杯のアジア1次予選が行われ、9月からは日本などシード国の出場する2次予選がスタートする。W杯予選に向けて選手層の充実と戦術の浸透度を図る6月の2大会とも言える。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.05.24 21:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース