アトレティコ、シメオネ監督と契約延長へ2018.11.15 21:18 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーを指揮するディエゴ・シメオネ監督(48)の契約延長が近づいているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽2011年からアトレティコの監督を務めているシメオネ監督。当初は1年半契約だったが、就任1年目にヨーロッパリーグ(EL)を優勝すると、翌シーズンにはコパ・デル・レイとUEFAスーパーカップの2冠を達成し、2013年3月に4年間の契約延長を勝ち取った。2013-14シーズンにはバルセロナとレアル・マドリーの2強だったリーガエスパニョーラを制するなど、世界有数の名指導者になっている。

▽今回伝えられるところによると、夏から新契約締結に動いていたアトレティコはシメオネ監督に対し、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを上回る年俸を提示した模様。

▽一方で、シメオネ監督側は、契約が残っている場合でも容易に退任ができる条項を盛り込むことを要求しているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

今夏大幅入れ替えのアトレティコ、ロ・セルソに関心か

アトレティコ・マドリーが、ベティスに所属するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)に関心を寄せているようだ。スペイン『Cadena COPE』の情報をもとにイギリス『90min』が報じている フランス代表DFリュカ・エルナンデス、同国代表FWアントワーヌ・グリーズマン、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンらの退団が決定しているアトレティコは、加えてマンチェスター・シティがスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスを7000万ユーロ(約86億3000万円)の契約解除金を満額支払う用意ができていると報じられるなど、来シーズンは大きくメンバーが変わる可能性が高くなっている。 そのため、選手の補強が急務となっている同クラブは、バルセロナやトッテナムも狙っていると言われるロ・セルソの獲得に興味を示しているという。今年4月にパリ・サンジェルマン(PSG)から買い取った同選手の契約解除金は1億ユーロとなっているが、ベティスは最低価格6000万ユーロ(約74億円)から交渉のテーブルに着く構えだという。 母国のロサリオ・セントラル出身であるロ・セルソは、足元の技術に加えパスセンスが光るトップ下を主戦場とするレフティー。2016年夏にPSGに加入すると、昨シーズンは公式戦48試合で6ゴール7アシストを記録。今シーズンはベティスに期限付き移籍し、公式戦46試合で16ゴール6アシストをマークしている。 2019.05.22 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ロドリ放出なら後釜にラビオ?

アトレティコ・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)の獲得を検討しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 PSGとの契約延長交渉を固辞したことで今シーズン限りでの退団が決定的なラビオ。当初、バルセロナ移籍が有力と見られていたが、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得によって、その可能性が消滅。その後、同胞ジネディーヌ・ジダン監督が率いるレアル・マドリー移籍合意報道も出ていたが、後に撤退報道が伝えられていた。 現在はユナイテッドとユベントスが争奪戦を繰り広げている状況のようだが、アトレティコもそこに加わる模様。スペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)がマンチェスター・シティへ移籍する可能性があり、流出した場合の後釜としてフランス代表MFの獲得へ動き出すという。 2019.05.22 16:32 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、レバークーゼンのドイツ代表DFターの獲得に関心

アトレティコ・マドリーがレバークーゼンに所属するドイツ代表DFヨナタン・ター(23)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』がドイツメディアのレポートを引用して伝えた。 今シーズンをもってDFディエゴ・ゴディン、DFリュカ・エルナンデス、DFフアンフランの退団が決定しているアトレティコは最終ラインの補強が急務となっている。一部ではポルトのブラジル代表DFフェリペの獲得が内定しているとの話もあるが、今夏の早いタイミングで補強を完了させたいところだ。 現在、アトレティコはマンチェスター・シティ退団が決定的なアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)と共に、若きドイツ代表センターバックの獲得に動いている模様だ。 192cmの恵まれた体躯とパワー、スピードに長けたアスリート型のセンターバックのターは、2015年にハンブルガーSVから5年契約でレバークーゼンに加入。今シーズンはブンデスリーガ33試合に出場し3ゴールの数字を残していた。また、ドイツ代表では通算5試合に出場している。 昨年2月にレバークーゼンと2023年までの新契約を結んだターだが、2500万~3000万ユーロ(約30億~37億円)程度の金額で獲得可能だという。ただ、同選手に関してはユベントスとミランも関心を示しているとのことだ。 2019.05.21 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、エレーラ後釜にトーマス? 契約解除金を用意か

マンチェスター・ユナイテッドが、アトレティコ・マドリーに所属するガーナ代表MFトーマス・パルティ(25)の獲得に興味を示しているようだ。ガーナ方面の情報をもとにスペイン『アス』が伝えている。 スペイン代表MFアンデル・エレーラの退団が決定しているユナイテッド。オーレ・グンナー・スールシャール監督は、スペイン代表MFの後釜にトーマスの獲得を検討しており、契約解除金である4350万ポンド(約60億9000万円)を支払うことを考慮しているという。また、イギリス『デイリー・メール』によれば、ユナイテッドのコーチ陣が18日のリーガエスパニョーラ最終節のレバンテ戦を視察していたようだ。 しかし、アトレティコを率いるディエゴ・シメオネ監督は最も起用しているトーマスの放出には否定的な様子。さらに、インテルやアーセナルなども関心を寄せていることから争奪戦になる可能性があるようだ。 アトレティコ下部組織出身の同選手は、2015-16シーズンにトップチームへ昇格。高い身体能力やボール奪取能力を武器に、強烈なシュートも兼ね備え、今シーズンは公式戦42試合に出場し、3ゴール6アシストを記録した。 2019.05.21 15:21 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ナポリ接近のトリッピアーに横槍か

アトレティコ・マドリーが、トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)の獲得に動く可能性があるようだ。『フットボール・イタリア』がイタリアのラジオ局『Radio Kiss Kiss Napoli』の情報をもとに伝えている。 2015年6月にバーンリーからトッテナムに加入以降、正確なキック精度と豊富な運動量を武器に主力に定着したトリッピアー。ロシア・ワールドカップ(W杯)でもイングランド代表として印象的なパフォーマンスを見せたが、その後、迎えた今シーズンは守備面でのイージーミスや肝心の攻撃精度を欠く場面も多く、徐々にマウリシオ・ポチェッティーノ監督の信頼を失い始め、今夏の放出候補にも挙がっている。 そんなトリッピアーには、ナポリが強く関心。先日には公式オファーが出されたことやトリッピアーの妻であるシャルロッテさんが、夫のナポリ移籍に向けて子供が通う現地の学校を視察に訪れたことが報じられるなど、合意に近づいているとされる。 しかし、今回伝えられるところによると、アトレティコが強奪を画策している模様。来シーズン、大幅なメンバーを入れ替わりが予想される中、右サイドバックを務めてきた元スペイン代表DFフアンフラン(34)が契約満了による退団が濃厚となっており、その後任として注目しているようだ。 アトレティコは現在、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の退団がすでに決定。他クラブへ売却した際は、契約解除金約1億3000万ユーロ(約159億7000万円)が支払われる予定で、そこで得た資金の一部を投じることで、獲得を目指すようだ。 2019.05.21 14:25 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース