トリノ、18歳FWミリコと2023年6月まで契約延長! 今季プリマヴェーラで8戦12発中2018.11.15 16:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トリノは14日、U-19イタリア代表FWヴィンツェンツォ・ミリコ(18)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。

▽2011年7月にユベントスアカデミーからトリノアカデミーに移籍したミリコ。左ウイングを主戦場とし、今シーズンのイタリアのプリマヴェーラ1部では、現在8試合12ゴール1アシストを記録している。チームは現在リーグ4位、自身は得点ランキング2位につけている。
コメント
関連ニュース
thumb

ザザ、トリノとの5年契約明かす「トリノのプロジェクトを信じている気持ちの表われだ」

バレンシアから買い取り義務付きのレンタル移籍でトリノに加入しているイタリア代表FWシモーネ・ザザ(27)が、トリノと5年間の契約を結んだことを明かした。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 昨季バレンシアでリーグ戦33試合に出場し13ゴールを記録するなど、輝きを取り戻したザザはは昨夏にトリノへ買取義務付きのレンタル移籍で加入。しかし、今季トリノではセリエA27試合の出場でわずか4ゴールに留まっており、買い取り後に放出されるのではと噂されていた。 しかし、12日に行われたセリエA第36節のサッスオーロ戦で49分から出場したザザは、81分に同点ゴールを記録し、チームの逆転勝利に貢献した。ホーム最終戦で自身の価値を示したザザは、『トゥットスポルト』のインタビューで去就について次のようにコメントした。 「僕はトリノでもっとうまくやろうと思っていたが、今シーズンはあまり上手くいかなかったね」 「だけど、あきらめていないし来年もここでプレーしたいと思っている。僕はトリノと5年間の契約にサインしたんだ。それは僕がトリノのプロジェクトを信じている気持ちの表われだ。だから、来季も僕はここにいるよ」 2019.05.14 01:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ダービーで“スペルガの悲劇”の犠牲者侮辱のサポーターに5年間のスタジアム入場禁止処分

ユベントスが先日の“デルビー・デッラ・モーレ”で“スペルガの悲劇”の犠牲者を侮辱したサポーターに対して、5年間のスタジアム入場禁止処分を科した。イタリア『スポルト・メディアセット』が伝えている。 “スペルガの悲劇”は、1949年5月4日にイタリアのトリノ郊外の丘陵地、スペルガの丘で起きた航空機墜落事故。乗員、乗客31名全員が犠牲となり、その死亡者の中にはトリノの選手18名とチームスタッフ5名が含まれていた。 そして、今年5月3日に行われたユベントスvsトリノの“デルビー・デッラ・モーレ”では、試合翌日に事故から70年という節目を迎えることもあり、普段の年以上に厳かな雰囲気が保たれていた。 しかし、同試合では1人のユベントスサポーターが事故犠牲者を侮辱する振る舞いを見せていた姿が中継カメラによって捉えられていた。 これを受けてユベントスは地元当局と協力しながら当該サポーターを特定。そして、同サポーターに対して5年間のスタジアム入場禁止処分を科すことになった。 2019.05.08 17:09 Wed
twitterfacebook
thumb

王者ユベントス、2戦連続のC・ロナウド弾でトリノ・ダービーをドローに持ち込む《セリエA》

セリエA第35節のユベントスvsトリノのトリノ・ダービーが3日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 すでにリーグ8連覇を決めているユベントス、ホームにクラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場を目指す6位トリノ(勝ち点56)を迎えたダービーマッチ。前節インテルとの“イタリア・ダービー”をドローで終えたユベントスは、その試合から先発を2人変更。アレックス・サンドロとジャンに代えてケアンとスピナッツォーラを先発で起用した。 一方、前節ミランとのシックスポインターを2-0と快勝したトリノは、その一戦から先発を1人変更。モレッティに代えてブレメルを3バックの一角で起用した。 立ち上がりからボールを保持するユベントスは7分、キエッリーニのロングパスをオールエリア付近まで駆け上がったベルナルデスキが左足ボレーで合わせたが、これは枠の上に外れた。 対するトリノは18分、相手のスローインが乱れると敵陣ボックス左でピャニッチからボールを奪ったルキッチがコントロールショットをゴール右に突き刺した。 先制を許したユベントスもすぐに反撃。19分、ボックス内でボールを受けたC・ロナウドが巧みなコントロールでのボールキープから浮き球のパスを供給。ボックス左のマテュイディが左足の強烈なボレーシュートを放ったが、これはGKシリグがセーブ。さらに22分にも、ペナルティアーク手前でパスを受けたC・ロナウドがロングシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の右へ逸れた。 ハーフタイムにかけてもユベントスがボールを保持する時間が続いが、同点ゴールは生まれず。トリノの1点リードで前半を終えた。 迎えた後半、ユベントスは61分に決定機。左サイドからドリブルで持ち上がったスピナッツォーラがカットインでボックス内まで切り込み右足を振り抜いたが、このシュートは枠の左に外れた。 一進一退の展開が続く中、ユベントスは78分にクアドラードを下げてマテウス・ペレイラを投入。すると83分、左サイドとドリブルで突破したスピナッツォーラのクロスをゴール前のC・ロナウドがヘディングシュートを叩き込み、待望の同点ゴールを奪った。 逆転勝利に向けて攻撃のギアを上げたいユベントスだったが、最後まで勝ち越し点は生まれず。トリノ・ダービーは勝ち点1を分け合う結果となった。 2019.05.04 05:36 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランとのCL出場権争いを快勝で制したトリノが5位浮上! 敗れたミランはCL圏外転落…《セリエA》

セリエA第34節、トリノvsミランが28日に行われ、2-0でトリノが快勝した。 前節パルマ戦を引き分けに持ち込まれたチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内ぎりぎりに位置する4位ミラン(勝ち点56)は、5位アタランタに勝ち点で並ばれてしまった。そして4日前に行われたコッパ・イタリア準決勝のラツィオ戦では0-1と敗戦し、決勝進出を逃した。まずい流れが続く中、トリノに敗れればCL圏外転落となる中、ラツィオ戦のスタメンから6選手を変更。負傷明けのパケタが先発となった一方、ピョンテクをベンチスタートとし、4バックに戻した。 戦力的に乏しいながらCL出場権争いを展開しているトリノに対し、クトローネを最前線に配す[4-3-3]で臨んだミランは、押し込まれる立ち上がりを強いられた。ハイプレスをかけてくるトリノに苦戦するミランはなかなか前線にボールを入れられない中、30分にスソがGKを強襲するシュートを浴びせた。 その後も運動量の落ちないトリノ相手に、ペースを握れないミランは39分にCKの流れからベロッティに枠内シュートを打たれる。 劣勢のミランは44分に決定機。クトローネのポストプレーからゴールエリア左に侵入したチャルハノールがシュート。だが、GKシリグの好守に阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半もトリノが圧力をかける展開が続くと、56分にボックス内のイッツォがケシエに押し倒されてPKを獲得。これをベロッティが決めてトリノが先制した。 追う展開となったミランはスソとパケタに代えてピョンテクとボリーニを投入した。すると67分、FKからバカヨコのヘディングシュートがバーを直撃。 そして、同点に追いつけなかったミランは69分、トリノに加点された。ルーズボールに反応したボックス左のベレンゲルが右足を強振すると、強烈なボレーシュートがGKドンナルンマの手を弾いて枠の右に突き刺さった。 苦しいミランは80分にバカヨコがヘディングシュートでゴールに迫るもGKシリグの好守に阻まれると、82分に終戦した。キャプテンのロマニョーリがグイダ審判に対して判定の不服を意味する拍手をし、一発退場となった。 終盤にかけては10人のミランに反撃の余地は残っておらず、0-2で完敗。CL圏外の6位に転落し、明日アタランタが勝ち点を積み上げると7位まで後退することとなった。一方、勝利したトリノは5位に浮上し、4位ローマを2ポイント差で追走している。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=k4mzi33s4561dxynlem1f0gw" async></script> </div> 2019.04.29 05:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第34節プレビュー】残り5試合! 激しさを増すCL権争いではトリノvsミランの直接対決開催!

前節ユベントスの8連覇が決まったセリエA。残り5試合となった中、最注目は4位までに与えられるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いだ。4位ミランから8位ラツィオまでわずか4ポイント差の中に5チームがひしめく熾烈な争いが繰り広げられている。迎える第35節では4位ミラン(勝ち点56)vs7位トリノ(勝ち点53)の直接対決が日曜のナイトゲームに行われる。 前節パルマ戦では終盤のブルーノ・アウベスのFK弾により引き分けに持ち込まれたミラン。この結果、ナポリに勝利したアタランタに勝ち点で並ばれてしまった。仮にトリノに敗れるようだと直接対決の結果で下回るため、順位が逆転となってしまう大一番となる。水曜に行われたコッパ・イタリアではラツィオに敗れ、今季の残された目標がCL出場権獲得に絞られた中、何とか勝利して4位を死守したいところだ。 一方、他上位クラブに比べ戦力的に乏しいながら大善戦でCL出場権争いに食い込んでいるトリノ。後半戦に入ってからわずか2敗と好調を持続するチームは、ミランとのシックスポインターを制して夢のCL出場へ近づけるか。 続いてローマに引き分けて3位を堅守したインテル(勝ち点61)。4位ミランとの5ポイント差を維持したチームは今節、優勝を決めたユベントスとのイタリア・ダービーをホームで戦う。モチベーションのない相手に対し、ダービーを制して3位をしっかりと堅守したい。 そして、トリノ同様に大善戦が際立つ5位アタランタ(勝ち点56)は、月曜に17位ウディネーゼ(勝ち点33)とのホーム戦に臨む。前節ナポリ戦ではイリチッチの投入で劣勢を撥ね退け、見事な逆転勝利を飾った。コッパ・イタリア決勝に勝ち上がってさらに勢いを得た上、ミランとトリノが潰し合う中、残留を争うウディネーゼを下して一気に4位浮上を狙いたいところだ。 エル・シャーラウィの一撃を守り切れずインテルに引き分けた6位ローマ(勝ち点55)は、ミランとの1ポイント差を維持した中、土曜に10位カリアリ(勝ち点40)とのホーム戦に臨む。インテル戦では守備が機能してチーム状態が上がりつつあることを示した中、残留を確実としている相手に取りこぼしせず、後続にプレッシャーをかけたいところだ。 最後に降格が決まっていたキエーボにミリンコビッチ=サビッチの退場が響き、痛恨の敗戦を喫した8位ラツィオ(勝ち点52)は、9位サンプドリアとのアウェイ戦に臨む。コッパ・イタリアでは決勝に進出して悪い流れを断ち切った中、難所ルイジ・フェラリスでの試合となるが、ここで敗れればいよいよCL出場権獲得が厳しくなるだけに勝利が求められる一戦となる。 ◆セリエA第34節 ▽4/27(土) 《22:00》 ボローニャ - エンポリ 《25:00》 ローマ - カリアリ 《27:30》 インテル - ユベントス ▽4/28(日) 《19:30》 フロジノーネ - ナポリ 《22:00》 キエーボ - パルマ SPAL - ジェノア 《25:00》 サンプドリア - ラツィオ 《27:30》 トリノ - ミラン ▽4/29(月) 《26:00》 アタランタ - ウディネーゼ 《28:00》 フィオレンティーナ - サッスオーロ 2019.04.26 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース