元イングランド代表MFジョー・コールが現役引退! チェルシーやハマーズで活躍2018.11.13 19:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イングランド代表MFジョー・コール(37)が13日に現役引退を発表した。イギリス『BBC』が伝えている。

▽2016年からUSLプロフェッショナルリーグ(アメリカ2部)に所属するタンパベイ・ローディーズでプレーし、今季からアシスタントコーチも兼任していたコールだが、同クラブでのシーズン終了をもってスパイクを脱ぐ決断をした。

「すべての夢を叶えることができた。今後の20年間がこれまでプロとしてやってきたこれまでの20年間と同じように特別なものとなることを願っているよ」

「チェルシーで獲得したトロフィーは僕にとって本当に特別なものだ。それらの思い出は自分と共に永遠に生き続けるはずだ。そして、プロフットボーラーになれたことは本当に名誉なことだった」

「すべてのプロキャリアを通じて多くの重要な瞬間があった。そのひとつはウェストハムの若手時代だね」

「キャリアの終盤に差し掛かっていたベテランプレーヤーが“すべてのゲームを楽しめ。そうしないとキャリアはあっという間に過ぎて大事な瞬間を見逃してしまうぞ”って言われたんだ」

「彼の言葉は正しかったよ。そういった言葉は昔も今でさえも響くものだと思うよ。プロフットボーラーになれたことは本当に名誉なことだったし、僕は彼からのアドバイスを聞きながら毎日努力してきたんだ」

「ファンとしてはテクニックのある往年のプレーヤーを見ることが好きだったんだ。そういったプレーヤーたちからインスピレーションを受けた」

「スタンドに座ってそういったプレーヤーがプレーするところを見るのは僕にとって特別なものだった。そして、それを自分がプレーヤーとして再現しようとしていたんだ。僕のプレーを長年見守ってくれたファンや多くの人たちにそういう気持ちを与えることができていたとしたら嬉しいな」

▽ロンドンで生まれ育ったコールはウェストハムのアカデミーに在籍。1998-99シーズンに17歳でトップチームデビューを果たすと、以降は“ネクスト・ガッザ”の愛称に相応しい卓越した足下の技術と攻撃センスを武器にすぐさま主力に定着。4年後には名門ハマーズの若きキャプテンを務めた。

▽その後、2003年にハマーズの2部降格に伴い、ロマン・アブラモヴィッチ体制1年目のチェルシーに完全移籍を果たすと、その翌年に指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下、右ウイングの主力としてチームのプレミアリーグ2連覇に貢献した。

▽2009-10シーズン終了後にチェルシーを退団したコールは、リバプールやリール(レンタル)、ウェストハム、アストン・ビラ、コヴェントリー・シティと幾つかのクラブを渡り歩いた後、2016年から大西洋を渡り、タンパベイ・ローディーズに加入し、現役引退までプレーした。

▽また、2001年にデビューを飾ったイングランド代表では通算56試合に出場し10ゴールを記録。2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会と3大会連続でワールドカップにも出場した。
コメント
関連ニュース
thumb

負傷中のケインやウィンクスが招集! イングランド代表メンバー発表《UEFAネーションズリーグ》

FA(イングランドサッカー連盟)は16日、6月に行われるUEFAネーションズリーグに向けたイングランド代表メンバー27名を発表した。 ガレス・サウスゲイト監督は、負傷中のFWハリー・ケインとMFハリー・ウィンクス(いずれもトッテナム)を招集。その他、FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)やMFジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)ら主力を招集。また、MFネイサン・レドモンド(サウサンプトン)が約2年ぶりに復帰している。一方でMFロフタス=チークが負傷で招集外となっている。 UNLで準決勝に進出しているイングランドは6月6日にオランダ代表戦を戦い、9日に3位決定戦か決勝でポルトガル代表戦かスイス代表戦を戦う。今回発表された代表メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆イングランド代表メンバー27名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ジョーダン・ピックフォード</span>(エバートン) <span style="font-weight:700;">ジャック・バトランド</span>(ストーク・シティ) <span style="font-weight:700;">トム・ヒートン</span>(バーンリー) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マイケル・キーン</span>(エバートン) <span style="font-weight:700;">トレント・アレキサンダー=アーノルド</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">ジョー・ゴメス</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">ベン・チルウェル</span>(レスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ハリー・マグワイア</span>(レスター・シティ) <span style="font-weight:700;">キーラン・トリッピアー</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ダニー・ローズ</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">カイル・ウォーカー</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ジョン・ストーンズ</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ファビアン・デルフ</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ネイサン・レドモンド</span>(サウサンプトン) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・ウォード=プラウズ</span>(サウサンプトン) <span style="font-weight:700;">デクラン・ライス</span>(ウェストハム) <span style="font-weight:700;">ロス・バークリー</span>(チェルシー) <span style="font-weight:700;">ジェシー・リンガード</span>(マンチェスター・ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">ハリー・ウィンクス</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">デレ・アリ</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">エリック・ダイアー</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ジョーダン・ヘンダーソン</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ジェイドン・サンチョ</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ハリー・ケイン</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ラヒーム・スターリング</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">マーカス・ラッシュフォード</span>(マンチェスター・ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">カラム・ウィルソン</span>(ボーンマス) 2019.05.16 22:47 Thu
twitterfacebook
thumb

デイビッド・ベッカム、“ながら運転”で免停&罰金処分

元イングランド代表のスター選手であるデイビッド・ベッカム氏(44)に対して、処罰が下った。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ベッカム氏は昨年11月、ロンドン市内で推定10万ポンド(約1億4000万円)の高級車ベントレーを運転中、自身のヒザ上で携帯電話を使用する姿が多数の通行人に目撃。先月に起訴された。 グレーのスーツ姿に身を包み、ロンドンの裁判所に出廷したベッカム氏は9日、法廷で潔く自身の罪を認め、罰金750ポンド(約10万円)を納付したという。 ベッカム氏は過去2度にわたるスピード違反の前歴があり、今回の“ながら運転”で6ポイントの違反点数が加算され、6カ月間の免停処分が決まった。 2019.05.10 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

スターリングへの人種差別チャントで処分のモンテネグロ、無観客試合と罰金の制裁

モンテネグロ・サッカー協会(FSCG)は26日、6月7日に行われるユーロ2020予選3戦目のコソボ代表戦が無観客で行われることと、2万ユーロ(約250万円)の罰金処分を受けたことを発表した。 モンテネグロでは3月25日にホームで行われたイングランド代表戦(1-5でモンテネグロが敗戦)でイングランド代表FWラヒーム・スターリングに対し、サポーターが人種差別チャンスを行っていた。 モンテネグロ代表を率いるリュビシャ・トゥムバコヴィッチ監督は試合後、自国サポーターからの人種差別的なチャントは聞こえなかったと主張していたが、被害を受けたスターリングやイングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督の訴えがUEFA(欧州サッカー連盟)に通る格好となった。 2019.04.27 00:40 Sat
twitterfacebook
thumb

「人種差別」にNO! ハリー・ケインが姿勢示す

トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインが人種差別行為に「ノー」を突きつけた。イギリス『テレグラフ』が報じた。 今月の代表ウィークでユーロ2020予選を戦ったイングランド代表。その間に行われた2試合を全勝で飾ったが、25日のモンテネグロ代表戦で差別的なヤジを受けたトッテナムのDFダニー・ローズをはじめ、マンチェスター・シティのFWラヒーム・スターリング、チェルシーのFWカラム・ハドソン=オドイも被害を受けたとみられる。 大英帝国勲章(MBE)の授与式に出席したハリー・ケインは同会終了後、自身のチームメイトを襲ったそうした人種差別被害について次のように言及。再び人種差別を受けた場合、チームメイトにピッチから去るよう自ら先導する考えを明かした。 「ひどく、容認できない。僕ら選手たちはこの件にうまく対応したよ。プロフェッショナルに振るまい、自分たちのすべきことに集中して、ベストを尽くした」 「正しい行動をすることはそれぞれにかかっている。フットボールだけでなく、人生のいかなる部分においても、あれは到底受け入れられないからだ」 「僕はチームメイトを支持する。僕らはチームであり、全選手を支える。あんなことが二度と起こらないことを願う。また起きたら、僕は彼らを先導する」 2019.03.30 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ケインが大英帝国勲章授与式に出席「自分と家族にとって非常に誇らしい日」

トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン(25)が、28日にイギリスのバッキンガム宮殿で行われた大英帝国勲章授与式に出席した。 ケインは、昨年6月に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)でイングランド代表キャプテンとしてチームを引っ張りベスト4進出に貢献。また、個人でも6ゴールを挙げて大会得点王を獲得。イングランド代表では、1986年大会のギャリー・リネカー氏以来32年ぶりの快挙となった。 この功績が認められた昨年12月に大英帝国勲章第5位にあたるMBEを受勲したケインは、今回バッキンガム宮殿で行われた大英帝国勲章授与式に出席した。 授与式後、ケインは自身のツイッターで「自分自身と僕の家族にとって非常に誇らしい日となった。イングランド代表のチームメイトとコーチングスタッフには本当に感謝している」と、受勲の喜びを語った。 また、ロシアW杯でイングランド代表を28年ぶりのベスト4へ導いたガレス・サウスゲート監督(48)も、大英帝国勲章の第4位にあたるOBEを受勲している。 2019.03.29 01:20 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース