セルタで監督交代! モハメド解任で前ナント指揮官ミゲル・カルドソ招へい2018.11.13 16:37 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルタは12日、アントニオ・モハメド監督(48)の解任を発表。また、後任として今季途中までナントを率いていたミゲル・カルドソ氏(46)を招へいしたことを伝えている。

▽昨季を13位で終えたセルタはフアン・カルロス・ウンスエ前監督との契約を更新せず。そして今夏、インデペンディエンテやティフアナ、クラブ・アメリカなど母国アルゼンチンとメキシコの強豪クラブの指揮官を歴任してきたモハメド監督(写真左)を新指揮官に招へいした。

▽モハメド監督新体制ではリーガエスパニョーラ第3節でアトレティコ・マドリーを破るなど上々のスタートを切ったが、以降リーグ戦6戦未勝利と失速。さらに、直近のレアル・マドリー戦で2-4の大敗を喫するなど、直近も公式戦3戦未勝利という状況が続き、クラブは監督交代に踏み切った。

▽一方、2004年から母国ポルトガルで指導者のキャリアをスタートしたカルドソ氏(写真右)は昨季、ポルトガル1部のリオ・アヴェで初めて監督に就任すると、監督挑戦1年目でチームをクラブ史上最高位タイの5位に導く卓越した手腕を発揮。そして、クラウディオ・ラニエリ氏の後任として今季からナントの指揮官に就任も、開幕から1勝4敗3分けの19位に低迷。先月初めに解任されていた。

▽なお、開幕12試合で3勝4敗5分けの14位に位置するセルタは代表ウィーク明けの第13節でレアル・ソシエダと対戦する予定だ。
コメント
関連ニュース
thumb

残留を目指すセルタ、王者バルサを下し残留へ大きく前進!《リーガエスパニョーラ》

バルセロナは4日、リーガエスパニョーラ第36節でセルタと対戦し、0-2で敗戦した。 すでにリーグ連覇を決めた首位のバルセロナ(勝ち点83)が、リーガ残留を目指す15位セルタ(勝ち点37)のホームに乗り込んだ一戦。 ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのリバプール戦を行ったバルセロナは、その試合から先発メンバー全員を変更。GKにシレッセン、最終ラインは右からムサ・ワゲ、トディボ、ユムティティ、ヴェルメーレン。中盤はアンカーにアルトゥール、インサイドにアレーニャ、リキ・プッチを配置。3トップは右からデンベレ、K・ボアテング、マルコムと並べた。 7日のCL準決勝2ndレグに向けて主力温存で臨んだバルセロナだが、試合開始早々にアクシデント。プレー中に右モモ裏を痛めたデンベレがプレー続行不可能となり、6分にバルサB所属のコリャードが緊急投入を余儀なくされた。 デンベレの負傷交代で嫌な空気が漂い始めるバルセロナは、得意のパスワークで切り崩しにかかるが、崩しの策を欠き、効果的な攻めができない。 攻めあぐねが著しいバルセロナは41分、敵陣でボールを奪ったリキ・プッチがボックス右深くまで切り込みマイナスの折り返しを供給。オーバーラップしたムサ・ワゲがボックス右からシュートを放ったが、これはGKブランコの好守に阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半は、先にチャンスを作ったのはホームのセルタ。50分、ブファルの左CKを走り込んだカブラルがヘディングシュート。れはGKシレッセンに弾かれたが、ゴール前のアラウホが押し込み、ゴールネットを揺らした。 待望の先制点と思われたセルタだが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、アラウホのポジションがオフサイドと判定され、このゴールは取り消された。 VARに助けられたバルセロナは、62分にアルトゥールを下げてビダルを投入。さらに66分にトディボが右モモ裏を痛めるアクシデントでピッチを離れると、交代選手の準備ができるまで10人での戦いを選択。しかし、これが裏目に出る。 68分、セルタは右サイドでボールを受けたブデブスが早いタイミングでクロスを入れると、ニアに走り込んだマキシ・ゴメスが倒れ込みながら右足のボレーシュートでゴールネットを揺らした。 先制を許したバルセロナは、87分にもワンツーを狙ったマキシ・ゴメスのパスがボックス内のムサ・ワゲの手に当たると、VARの末にPKを献上。このPKをアスパスにゴール右へ決められた。 結局、試合はそのまま0-2で終了。主力温存のバルセロナに勝利したセルタが、リーガ残留に向けて大きく前進した。 2019.05.05 05:42 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールに悲報…セルタに朗報! バルセロナがセルタ戦遠征メンバー発表

バルセロナは3日、翌日にアウェイで行われるリーガエスパニョーラ第36節セルタ戦に向けた遠征メンバーを発表した。 前節、レバンテを破って2年連続26度目のリーガエスパニョーラ制覇を決めたバルセロナは、1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのリバプール戦も3-0のスコアで先勝。 だが、昨季のCL準々決勝でローマ相手に手痛い敵地での完敗を喫して敗退となったバルセロナは、7日に行われるアンフィールドでの2ndレグに向けて細心の注意を払ったようだ。 今回、セルタ戦に向けて発表された遠征メンバーでは累積警告で出場停止のMFセルヒオ・ブスケッツ、MFイバン・ラキティッチの2選手を始め、エースFWリオネル・メッシやFWルイス・スアレスなど主力が揃って遠征メンバー外に。 リバプールとの1stレグで先発したメンバーで招集されたのは、MFフィリペ・コウチーニョ、MFアルトゥーロ・ビダル、DFクレマン・ラングレの3選手のみに。代わって多くのカンテラーノが招集されることになった。 ホームでの奇跡の逆転突破を目指すリバプールにとっては悲報ともとれる知らせとなった。一方、降格圏と勝ち点2差の15位に低迷する対戦相手のセルタにとっては朗報と言えるはずだ。今回発表された招集メンバーは以下の通り。 ◆バルセロナ招集メンバー <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">イェスパー・シレッセン</span> <span style="font-weight:700;">イグナシオ・ペーニャ</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ネウソン・セメド</span> <span style="font-weight:700;">ジャン=クレール・トディボ</span> <span style="font-weight:700;">クレマン・ラングレ</span> <span style="font-weight:700;">ジェイソン・ムリージョ</span> <span style="font-weight:700;">サミュエル・ユムティティ</span> <span style="font-weight:700;">トーマス・ヴェルメーレン</span> <span style="font-weight:700;">ムサ・ワゲ</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フィリペ・コウチーニョ</span> <span style="font-weight:700;">アルトゥール</span> <span style="font-weight:700;">ウスマーヌ・デンベレ</span> <span style="font-weight:700;">アルトゥーロ・ビダル</span> <span style="font-weight:700;">カルレス・アレーニャ</span> <span style="font-weight:700;">リキ・プッチ</span> <span style="font-weight:700;">アレックス・コジャード</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">マウコム</span> <span style="font-weight:700;">ケヴィン=プリンス・ボアテング</span> 2019.05.04 19:03 Sat
twitterfacebook
thumb

残留争い真っ只中のセルタがアスパスと2023年まで契約延長!

セルタは17日、スペイン代表FWイアゴ・アスパス(31)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 セルタの下部組織出身であるストライカーのアスパスは、2007-08シーズンにトップチームデビュー。これまでセルタで公式戦328試合に出場して137ゴール30アシストを記録。過去2シーズン、リーガエスパニョーラで14ゴール、22ゴールを挙げ、いずれもスペイン人におけるシーズン最多得点者(サラ賞)に輝いていた。そして今季もふくらはぎの負傷で長期離脱がありながら15ゴールを挙げ、スペイン人最多得点者となっている。 セルタは降格圏の18位バジャドリーと1ポイント差の17位に位置。残留を争っている中でチームの絶対的得点源と契約延長に至った格好だ。 2019.04.17 23:05 Wed
twitterfacebook
thumb

グリーズマンのゴラッソでセルタを下したアトレティコ、バルサとの勝ち点差を縮める《リーガエスパニョーラ》

アトレティコ・マドリーは13日、リーガエスパニョーラ第32節でセルタと対戦し、2-0で勝利した。 バルセロナを勝ち点差11で追う2位アトレティコ。直接対決となった前節は0-2で敗れて優勝は絶望的に。その試合で主審に暴言を吐いて退場となったジエゴ・コスタは8試合の出場停止処分が確定。それでもわずかな望みにかけて戦う今節は、バルセロナ戦からスタメンを4選手変更した。 まずは2分、アトレティコがサウールがあいさつ代わりのシュートでGKを強襲。7分と9分にはグリーズマンが立て続けにシュートを放ったがゴールならず。 守っては守護神オブラクが魅せる。18分、ボックス左に侵入したセルタのマキシ・ゴメスのシュートがDFの足に当たりコースが変わるも素晴らしい反応ではじき返す。さらにそのこぼれ球をブデブスに畳みかけられるが、すぐに体勢を立て直し右手一本でかき出した。 背後にオブラクという心強い存在のお陰でアトレティコは徐々に自分たちのペースに持ち込んでいく。6割を超える支配率の中でビトロやグリーズマンがゴールに迫る。 すると42分、コレアとのワンツーで中央突破を試みたビトロが倒されボックス手前絶好の位置でFKを獲得。これをグリーズマンがゴール左上隅へ一直線に豪快なシュートを決めて、アトレティコがリードを得て試合を折り返した。 後半は前半よりも守備に力を入れたアトレティコがボールを保持する展開となったことで、互いにチャンスの少ない内容に。そんな中、アトレティコは62分にビトロを下げてモラタを投入。するとこれが功を奏す。 75分、自陣でボールを奪い返したアトレティコは中央を縦に繋ぎ、グリーズマンからハーフウェイラインを走り抜けるモラタにパスが送られる。このパスでGKと一対一になったモラタはルベン・ブランコを躱して無人のゴールへシュートを流し込み、アトレティコに2点目をもたらした。 後半アディショナルタイムには18歳のビクトル・モジェホを投入する余裕を見せたアトレティコがきっちり試合を締めて勝利。同節で引き分けたバルセロナとの勝ち点差を「9」に縮めた。 2019.04.14 03:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ナバス、マルセロ、イスコ先発で初陣勝利…ジダン、冷遇されていた選手起用に言及「全員を頼りにしている」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、2度目の初陣を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 マドリーは16日、リーガエスパニョーラ第28節でセルタと対戦。9か月ぶりに古巣復帰となったジダン監督の初陣にGKケイロル・ナバス、DFマルセロ、MFイスコと今シーズンのここまで苦しい時間を過ごした選手たちが先発した。すると62分にイスコがこれまでのうっ憤を晴らす先制点を記録し、MFガレス・ベイルも追加点を奪って2-0で勝利した。 試合後、白星スタートを切ったジダン監督は喜びをあらわに。また、これまで出場機会を失っていた選手たちを一斉に起用したことについても言及した。 「前半は難しいものだった。ただ、それは普通のことだ。後半も難しいものではあったが、選手たちが一生懸命プレーした。私はとても幸せだ。勝つことが最も重要なことだからね。ただ、試合終盤は本当に良かったと思っている。感触はとても良い。我々は結果を求めていた」 「(ケイロル・ナバスの起用について)私はクルトワが好きだ。彼は偉大なGKであることを証明している。ただ、ケイロルにも重要だということを感じて欲しい。彼はこれまで成し遂げてきたことを忘れてはならない。あまりプレーしていなかったが、プレーすべきだよ」 「ここにいる選手全員がそうだ。これまでしてきたことを忘れることはできない。全員を頼りにしている。クルトワ、レギロン、ケイロル、マルセロ、イスコ、全員が素晴らしい選手たちだ」 「マルセロ、ケイロルも同じだよ。クルトワ、レギロン、イスコにポジションを渡した選手に問題があるということではない。私がやりたいことはすべての選手を復活させることだ」 2019.03.17 09:30 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース