スポルティング、元アヤックス指揮官のカイザー氏を新指揮官に招へい2018.11.10 13:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スポルティング・リスボンは9日、オランダ人指揮官のマルセル・カイザー氏(49)の新指揮官就任を発表した。契約期間は2021年6月30日までとなる。

▽今月2日に今夏就任したジョゼ・ペセイロ前監督(58)との契約を解消したスポルティングは、その後任に元アヤックスの指揮官であるカイザー氏を招へいすることになった。

▽現役時代にアヤックスやカンブールで活躍したカイザー氏は、2007年から監督キャリアをスタート。古巣カンブールで指揮を執ると、2016年夏にはアヤックスのリザーブチームの指揮官に就任。

▽現在、同クラブの主力で活躍するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトらを育て上げた手腕が評価され、翌年にピーター・ボス監督の退任に伴い、トップチームの指揮官に昇格も成績不振とクラブ内部の権力争いに巻き込まれる形でシーズン途中に解任されていた。その後、直近まではUAEのアル・ジャジーラで指揮を執っていた。

▽なお、スポルティングはプリメイラ・リーガ第9節終了時点で首位ポルトと勝ち点2差の3位に位置し、ヨーロッパリーグ(EL)ではグループE第4節終了時点でアーセナルに次ぐ2位に付けている。
コメント
関連ニュース
thumb

スポルティングがアトレティコからビエットを完全移籍で獲得

スポルティング・リスボンは14日、アトレティコ・マドリーのアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエット(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は750万ユーロ(約9億2000万円)となっている。 2014-15シーズンにビジャレアルでリーグ戦12ゴールを挙げてブレイクしたストライカーのビエットは、2015年夏に2000万ユーロでアトレティコに加入。しかし、以降は低調なパフォーマンスが続き、セビージャやバレンシア、フルアムへレンタルに出されていた。 今季はフルアムでプレミアリーグ20試合の出場でわずか1ゴールに終わり、チームも降格していた。 2019.05.15 03:24 Wed
twitterfacebook
thumb

スポルティング、昨季フリーでアトレティコに加入したジェウソン・マルティンスの移籍金2250万ユーロを回収

スポルティング・リスボンは14日、昨季フリーでアトレティコ・マドリーに加入していたポルトガル代表FWジェウソン・マルティンス(24)の移籍金2250万ユーロ(約27億6000万円)を受け取ることで、アトレティコと合意したことを発表した。 ジェウソン・マルティンスは昨夏、アトレティコとの交渉がまとまらないことを受けて、スポルティングとの契約を一方的に破棄し、フリーとなって加入していた。 しかし、スポルティング側はこの契約破棄が無効として、アトレティコに契約解除金の1億ユーロを求めていた。今回、この額からは大幅に減額されたが、一定の移籍金を得ることに成功している。 スポルティングでは昨夏、ジェウソン・マルティンスの他、GKルイ・パトリシオ、MFウィリアム・カルバーリョらがフリーでの退団を求めてクラブを離れていたが、いずれも移籍金が支払われていた。 2019.05.15 03:12 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、フェルナンジーニョ&シルバ後継者にポルトガルの逸材2人を指名?

マンチェスター・シティが、スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)と、ベンフィカに所属するポルトガル代表MFジョアン・フェリックス(19)の両獲りを目指す可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 シティの中盤では現在、ブラジル代表MFフェルナンジーニョが34歳、元スペイン代表MFダビド・シルバが33歳を迎え、年齢を考慮する時期に突入。そのため、同クラブは後釜探しに奔走している。 最近、同メディアは、シティがフェルナンジーニョの後継者として関心を寄せているスポルティングのブルーノ・フェルナンデスと移籍金5000万ポンド(約72億5000万円)から6000万ポンド(約87億円)の間で、合意に迫っていることを報道。同選手自身もシティ加入に前向きのようで移籍に近づいていることが伝えられている。 そして今回伝えられるところによると、シティはブルーノ・フェルナンデスとの交渉がまとまり次第、ベンフィカの逸材であるフェリックスをシルバの後継者として、獲得に動く可能性があるようだ。 フェリックスは、ポルトガル国内でユベントスに所属する同国のスターFWクリスティアーノ・ロナウド以来の同国サッカー界最大の天才と評されている。今シーズンはここまで公式戦41試合18ゴール11アシストを記録している。 一方、獲得に迫るブルーノ・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入。今シーズンの公式戦50試合で31ゴール17アシストと圧巻のパフォーマンスを披露している。 2019.05.08 11:20 Wed
twitterfacebook
thumb

フェルナンジーニョの後釜確保へ…シティがB・フェルナンデス獲得に前進?

マンチェスター・シティが、スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)の獲得に近づいているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 母国ボアヴィスタ出身のブルーノ・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入。今シーズンの公式戦50試合で31ゴール17アシストと圧巻のパフォーマンスを披露している。 契約が2020年6月までとなっているブラジル代表MFフェルナンジーニョ(34)の後釜として関心を寄せてきたシティだが、移籍金5000万ポンド(約72億5000万円)から6000万ポンド(約87億円)の間で、合意に迫っている模様。ブルーノ・フェルナンデス自身も加入に前向きのようだ。 昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)にも出場したポルトガル期待の司令塔ブルーノ・フェルナンデス。果たして今夏、シティ入りなるか。 2019.05.07 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

シティが中盤の強化を考慮 注目株のB・フェルナンデスに関心か

マンチェスター・シティが、スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)に関心を寄せているようだ。ポルトガル『A Bola』の情報をもとにイギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 シティの中盤では、MFフェルナンジーニョとMFダビド・シルバが33歳を迎え、年齢を考慮する時期に突入。また、負傷しがちなMFケビン・デ・ブライネ、去就が不透明のMFイルカイ・ギュンドアンと不確定要素が多いことから、MFを1人獲得することを検討しているという。 そして、ブルーノ・フェルナンデス獲得に向け、シティはスポルティングのスポーツディレクターを務めるウーゴ・ヴィアナ氏と会談を行う模様。移籍金として5000万ユーロ~7000万ユーロ(約62億5000万円~約87億6000万円)を用意しているようだ。 シティは同選手の争奪戦を避けるため、今シーズンが終了する前に手を打つ作戦をとる模様だ。 2017年にスポルティングへ加入したブルーノ・フェルナンデス。高精度のテクニックに加え、モビリティにも優れる攻撃的MFは、今シーズンの公式戦49試合で28ゴール16アシストと圧巻のパフォーマンスを披露している。 2019.05.01 20:30 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース