乾不出場のベティス、ミラン圧倒もドローでGS突破はお預け《EL》2018.11.09 07:07 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループF第4節、ベティスvsミランが8日に行われ、1-1で引き分けた。ベティスのMF乾貴士はベンチ入りも出場機会はなかった。▽前節アウェイでのミラン戦を2-1と勝利して首位に浮上したベティス(勝ち点7)は、ホアキンやテージョ、カナレスといった面々が先発し、乾はベンチスタートとなった。

▽一方、2位に転落したミラン(勝ち点6)は、スソやチャルハノール、クトローネが先発し、直近の試合で腰を負傷したイグアインは欠場となった。

▽共に[3-4-2-1]で臨んだ一戦。立ち上がりからポゼッションしたベティスは12分に先制する。バイタルエリアでパスを細かくつないで、ボックス左のフィルポが上げたクロスをゴール前のロ・セルソが左足ボレーで蹴り込んだ。

▽ロ・セルソのEL3試合連続ゴールで先制したベティスがその後もミランをパスワークで圧倒すると、21分に追加点のチャンス。左サイドを崩してフィルポのクロスをサナブリアがダイレクトで合わせたシュートがわずかに枠の右に外れた。

▽ハーフタイムにかけてもベティスが試合を支配してミランに何もさせず、1点をリードしたまま前半を終えた。

▽迎えた後半もベティスが主導権を握っていたが、59分にCKの流れからミランがこの試合初めてゴールに迫る。ルーズボールを拾ったボックス右角のスソが枠の左上を捉えるコントロールシュートを放ってGKパウ・ロペスを脅かした。

▽そして62分、ボックス右角で得たFKからミランが同点とする。スソが味方に合わせたインスウィングのボールが誰にも触らずゴール左へ決まった。

▽その後、ボリーニが枠内シュートを浴びせるなどミランが勢い付く中、流れの悪いベティスはホアキンに代えてグアルダードを投入。

▽ここからベティスが盛り返し、互角の攻防が続いた中、83分にミランにアクシデント。ケシエと激しく衝突したムサッキオがプレー続行不可能となり、ロマニョーリが投入された。

▽終盤はベティスが勝ち越しゴールに迫ったが、GKレイナの好守もあって1-1で終了。ベティスが首位をキープしたものの、今節でのグループステージ突破はお預けとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

ゴンサロ・ゲデスのミドル弾2発のバレンシアがベティスに逃げ切り勝利で4位ヘタフェを追走《リーガエスパニョーラ》

バレンシアは21日、リーガエスパニョーラ第33節でベティスとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。 同日の試合でセビージャに勝利し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内に浮上した4位ヘタフェを暫定5ポイント差で追う6位バレンシア(勝ち点49)が、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を狙う9位ベティス(勝ち点43)のホームに乗り込んだ一戦。 3日前に行われ、2-0で勝利したEL準々決勝2ndレグのビジャレアル戦のスタメンから5選手を変更したバレンシアは、ゴサンロ・ゲデスとサンティ・ミナの2トップで臨んだ。 フラットな[4-4-2]の3ラインを敷くバレンシアがベティスにボールを持たせる展開で推移していった中、24分にピンチ。CKの流れからマンディに決定的なヘディングシュートを許してしまった。 そして30分にはアクシデント。チェリシェフがドリブルを仕掛けたところで右ヒザを負傷し、プレー続行不可能となってしまった。代わってロドリゴ・モレノを投入したバレンシアはハーフタイムにかけてもチャンスを作れずにいたが、前半終了間際の45分に個人技で先制する。 ボックス手前左でパスを受けたゲデスが中に切れ込み、中央からミドルシュート。これがゴール左隅に決まった。 ワンチャンスを生かしてリードしたバレンシアは迎えた後半開始4分に加点する。決めたのはまたしてもゲデス。CKの流れからボックス手前左でパスを受けたゲデスが右足を振り抜くとゴール左にミドルシュートが決まった。 2点をリードしたバレンシアが自陣に引いてベティスの攻撃を受け止めていた中、終盤の78分にCKの流れでガブリエウのハンドを取られてPKを献上する。これをロ・セルソに決められて1点差に詰め寄られたバレンシアは、82分にロドリゴ・モレノに2枚目のイエローカードが出されて10人での戦いを強いられる。 終盤にかけてベティスの攻勢を受けたバレンシアだったが、何とか逃げ切って勝利。4位ヘタフェとの2ポイント差を維持している。 2019.04.22 05:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ベティスがPSGのアルゼンチン代表MFロ・セルソの買取OPを行使

レアル・ベティスは16日、パリ・サンジェルマン(PSG)からレンタル移籍中のアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)に関して、買い取りオプションを行使することを発表した。なお、契約期間は2023年までとなる。 ロ・セルソは、ロサリオから2016年7月にPSGへと完全移籍。2018年8月からベティスへとレンタル移籍をしていた。 PSGではリーグ・アンで38試合に出場し4ゴール7アシスト、チャンピオンズリーグでも7試合に出場し2アシストを記録するなど一定の出場機会を得ていた。 今シーズン加入したベティスでは、リーガエスパニョーラで27試合に出場し8ゴール3アシスト、ヨーロッパリーグでも7試合に出場し5ゴール1アシストと結果を残しており、チーム内得点王に立っている。 2019.04.16 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

点の取り合いとなったデルビ・セビジャーノはセビージャに軍配! 暫定で4位浮上!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第31節、セビージャとベティスによるデルビ・セビジャーノが13日に行われ、3-2でセビージャが勝利した。 セビリアの街を二分する両クラブによる一戦。現在、5位で来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内を目指すセビージャ(勝ち点49)と、9位でCL権獲得も視界にとらえているベティス(勝ち点43)が激突。 ホアキン・カパロスが暫定監督を務めるようになって以降、リーグ戦4試合で3勝を挙げているセビージャ。連勝中のチームのスタメンは前節のバジャドリー戦から4選手変更された。 一方のベティスは前節にリーグ戦4試合ぶりの白星を手にした。スタメンは前節のビジャレアル戦から2選手変更。バルトラとテージョに代わり、シドネイとフィルポが先発に名を連ねた。 大歓声の中キックオフを迎えたデルビ・セビジャーノ。早速2分にベティスのウィリアム・カルバーリョが味方のスルーパスからゴール前に飛び出し会場を沸かせたが、ここはオフサイド。 ホームのセビージャのファーストシュートは15分。ボックスの外からバネガが狙ったが相手に当たって枠を外れた。その直後、CKで相手陣内に攻め込んでいたセビージャだったが、相手のプレッシャーもありヘスス・ナバスが一度最終ラインからGKに戻したところ、そのパスが弱くなりヘセに奪われてしまう。慌てて出てきたGKバシリクも躱され絶体絶命のピンチだったが、ヘスス・ナバスが懸命に戻り寸前のところでシュートを止めた。 ピンチの後にはチャンスあり。迎えた26分、セビージャは右サイドからサラビアが上げたインスイングのクロスをムニルが頭で合わせてネットを揺らした。 セビージャは30分にも、右サイドから仕掛けたイェデルがサラビアとのワンツーでゴール前に侵攻。GKと一対一になったが、シュートは好セーブに遭った。リードしてから主導権を握ったセビージャだったが、追加点は生まれることなく後半へ。 試合折り返し、ギア全開で入ったベティスはロ・セルソがボックス左に侵入しシュートを放ったが、GKの正面。53分にはカウンターからヘセにチャンス。GKと一対一になったがDFが寄せてきたこともありシュートコースを限定されゴールならず。 だが迎えた55分、ベティスがついに同点に追いつく。左サイドでパスを受けたジュニオル・フィルポがグラウンダーでマイナスのクロスを供給。ニアに飛び込んだヘセがこれをスルーすると、時間差でボックスに入ってきたロ・セルソがゴール正面から叩き込み試合を振り出しに戻した。 しかしその4分後、自陣でボールを奪ったセビージャはカウンターで左サイドを突破。ボックス左に侵入したイェデルのクロスをサラビアが押し込んですぐに勝ち越した。 さらにその5分後、ボックス手前でフリーでボールを持ったフランコ・バスケスのミドルシュートがゴール右上に突き刺さりリードを2点に広げた。 窮地に立たされたベティスはエメルソンとヘセを下げてホアキンとロレンを投入。セビージャもムニルとフランコ・バスケスの得点者2人とバネガ下げて、プロメス、A・ビダル、ログを投入した。 76分にベティスは途中出場のロレンがカウンターからチャンスを迎えたが、シュートは惜しくも枠の左に。その後、ベティスは最後の交代枠としてテージョを投入。その5分後の82分、テージョが魅せた。 ロ・セルソが倒されボックス手前左の位置で獲得したFK。これをテージョが見事に直接決めて、スコアは2-3に。 しかし、試合はここで終了。同点まであと一歩のところまできたベティスだったが、試合は3-2でセビージャが勝利。3連勝で暫定4位に浮上した。 2019.04.14 05:48 Sun
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第32節プレビュー】ヨーロッパ争うセビージャ・ダービー! CL第2戦控えるバルサは最下位ウエスカ戦

先週末に行われた第31節では今季のタイトルレースを左右するアトレティコ・マドリーとの頂上決戦を制したバルセロナが2連覇に大前進。注目のトップ4&ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いではMF柴崎岳を擁するヘタフェが4試合ぶりの勝利で4位を死守。また、アラベス、バレンシアの取りこぼしを生かしたセビージャが5位に浮上している。 優勝争いがほぼ決着したことで俄然注目が集まるトップ4&ヨーロッパリーグ(EL)出場権争い。今節では5位のセビージャ(勝ち点49)と、9位のベティス(勝ち点43)によるセビージャ・ダービーが開催される。 前節、バジャドリー相手に2-0の快勝を収めたセビージャは2連勝で一気に5位に浮上。ただ、今節からはベティス、勝ち点1差で追うヘタフェとの連戦を控えており、この2試合が来季のCL出場権獲得に向けた大きな関門となる。また、バジャドリー戦後には暫定指揮官のホアキン・カパロス監督が白血病を患っていることを公表しており、サンチェス・ピスファンで行われる今回のダービーでは同監督を勇気づける意味でも勝利がほしい。注目は2試合連続クリーンシート中の守備陣と、2戦連発中のMFロケ・メサの活躍だ。 一方、直近6試合を2勝3敗1分けと取りこぼしが目立つベティスは前節のビジャレアル戦をしぶとく2-1で制して4試合ぶりの白星を挙げたものの、課題の得点力不足に加え、4試合連続失点中と攻守両面でピリッとしない。現在、ヘタフェとの勝ち点差が「7」に開いていることもあり、逆転でのトップ4フィニッシュに向けては無敗且つ勝ち点3を積み上げていく必要がある。セビージャ同様に次節はバレンシアとの直接対決を控えており、今回のダービー勝利をキッカケにラストスパートをかけたい。直近3試合ではいずれも得点者が中盤の選手ということもあり、ストライカーの奮起に期待したい。 アトレティコとの大一番を制し連覇を大きく引き寄せた首位のバルセロナ(勝ち点73)は、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)でも敵地でのマンチェスター・ユナイテッド戦を1-0で競り勝ち、4年ぶりのベスト4進出に向けて好位置に付ける。16日にカンプ・ノウでの2ndレグを控える中で戦う今節は最下位ウエスカとのアウェイゲームに臨む。したがって、ユナイテッド戦で鼻から流血したエースFWメッシやMFブスケッツ、DFピケら主力を遠征メンバー外にする可能性が高い。その中で好調を維持するFWマウコムやMFアレーニャ、DFユムティティ、負傷明けからの試運転を図るMFデンベレらに出場機会が与えられそうだ。 今季もバルセロナの後塵を拝することが決定的なマドリードの2強は、ここから意地の2位争いに挑む。バルセロナ戦での敗戦からバウンスバックを目指すアトレティコ(勝ち点62)は、前回対戦で敗れている16位のセルタとホームで対戦。バルセロナ戦において主審への侮辱発言で8試合の出場停止処分を科されたFWジエゴ・コスタを欠く中、エースFWアスパスの復帰以降復調を見せる曲者に勝ち切ることができるか。 そのアトレティコを勝ち点2差で追う3位のレアル・マドリー(勝ち点60)は前節エイバル相手に低調なパフォーマンスに終始も、FWベンゼマのドブレーテの活躍により2-1で逆転勝利。連勝を目指す今節は11位のレガネスとの自治州ダービーに臨む。エイバル戦後にジダン監督が「モチベーションをキープすることは難しい」と語ったように、現時点でアトレティコより上の順位に行くこと以外にモチベーションはないが、来季に向けた礎を築くうえでもこれ以上の取りこぼしは許されない。 その他のトップ4&ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いでは、前節公式戦の無敗が17試合でストップした6位のバレンシア(勝ち点46)が15位のレバンテとバレンシア・ダービーに挑む。ELでのビジャレアル戦に続きダービー2連戦となるが、何とか勝ち点3を手にしたい。連勝で4位死守を目指すヘタフェは残留圏内ギリギリの17位バジャドリーと、MF乾貴士を擁する7位のアラベス(勝ち点45)は、13位のエスパニョールを相手に4戦ぶりの白星を狙う。 《リーガエスパニョーラ第31節》 ▽4/13(土) 《20:00》 エスパニョール vs アラベス 《23:15》 ウエスカ vs バルセロナ 《25:30》 アトレティコ・マドリー vs セルタ 《27:45》 セビージャ vs ベティス ▽4/14(日) 《19:00》 バジャドリー vs ヘタフェ 《21:00》 ビルバオ vs ラージョ 《23:15》 レアル・ソシエダ vs エイバル 《25:30》 ジローナ vs ビジャレアル 《27:45》 バレンシア vs レバンテ ▽4/15(月) 《28:00》 レガネス vs レアル・マドリー 2019.04.13 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー&バルサ噂のロ・セルソ「知らない。僕には関係ない」

パリ・サンジェルマン(PSG)から期限付き移籍でベティスに加入しているアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(22)が、ビッククラブへの移籍について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 母国のロサリオ・セントラル出身であるロ・セルソは、足元の技術に加え、パスセンスが光るトップ下を主戦場とするレフティーだ。2016年夏にPSGに加入すると、昨シーズンは公式戦48試合で6ゴール7アシストと躍動。今シーズンはベティスに期限付き移籍し、公式戦37試合で12ゴール4アシストと好パフォーマンスを披露している。 このセンセーショナルな活躍を見せるロ・セルソに関して、各紙はレアル・マドリーやバルセロナ、マンチェスター・シティ、トッテナムなど複数クラブからの関心を報道。そんな中、ロ・セルソは『フランス・フットボール』のインタビューに応じ、ベティスでの満足感を口にしている。 「移籍の噂について考えることは良くない」 「多くの試合が残っているし、僕たちは少し大きな事(EL権争い)に取り組んでいる。だから、僕はここでベストを尽くすことに集中している」 「(レアル・マドリーとバルセロナが)僕とのサインを求めてきているかどうかなんて、知らないよ。(交渉事は)僕には関係ないことなんだ」 「僕はただ、フットボールがしたいだけなんだ。それこそが幸せだよ」 「まさに今、僕はレアル・ベティスにいて、ここで楽しんでいる」 「明日に何が起こるか分からない。僕はこのことについては考えないし、今を楽しむよ。物事が動くのは早いからね」 2019.03.27 15:58 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース