乏しい試合内容も、スポルティングと引き分けたアーセナルがGS突破!ウェルベックが深刻なケガ…《EL》2018.11.09 07:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは8日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第4節でスポルティング・リスボンと対戦し、0-0で引き分けた。この結果、アーセナルのグループステージ突破が決まった。▽今季開幕のマンチェスター・シティとチェルシーとの連敗以降、公式戦14試合無敗のアーセナル。直近のプレミアリーグ第11節のリバプール戦では互角の戦いを見せ、ホームで1-1で引き分けた。ELではここまで3連勝のアーセナル。勝てばグループ突破が決まる今節、リバプール戦からスタメンを9人変更。ジェンキンソンやグエンドウジ、スミス=ロウらが先発に名を連ねた。

▽互いに縦に速いフットボールを展開する両者。その中でも主導権はアーセナルが握っていく。8分に、左サイドバックのジェンキンソンがボックスの外から右足でミドルシュートを狙う。17分にはグエンドウジの右からの折り返しがスポルティングDFマテューの足に当たってゴールに向かうも、コアテスがギリギリのところでクリア。

▽25分にアーセナルはリヒトシュタイナーのクロスにウェルベックが飛び込むもシュートはGKレナン・リベイロの正面。このプレーでガスパールと衝突したウェルベックが続行不可能となり、オーバメヤンとの交代を余儀なくされた。

▽アーセナルは7割を超えるポゼッションを誇るものの、引いて守るスポルティングを前に、中盤のアイデアもなく乏しい内容のまま時間だけが過ぎる。

▽後半開始早々、アーセナルは最終ラインからのロングボールでムヒタリアンが右サイドを侵攻。クロスにオーバメヤンが合わせてシュートを放つ。惜しくも枠に飛ばなかったが、ホームチームがアグレッシブな入りを見せた。

▽さらに58分には、斜めに入ったイウォビがボックス右でパスを受けて後ろに落とす。それをオーバメヤンが狙ったがサイドネット。それでも少しずつアーセナルがゴールに近づいていく。

▽その後は互いに大きなチャンスはなく迎えた89分、味方のパスに反応したムヒタリアンがボックス手前でマテューに倒されFKを獲得。このプレーでマテューは一発退場となってしまった。絶好のチャンスを手にしたアーセナルだったが、このFKをオーバメヤンが大きくふかしてしまう。

▽試合はそのまま終了。互いにクオリティを欠いた試合はゴールレスドロー。グループEのもうひと試合、ヴォルスクラvsカラバフはカラバフが勝利したため、アーセナルはこれでグループステージ突破が決まった。
コメント
関連ニュース
thumb

シメオネ、守護神の残留に「とても重要なこと」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、契約延長をしたスロベニア代表GKヤン・オブラクについて言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2014年にベンフィカから加入して以降、ディエゴ・シメオネ監督率いるロヒ・ブランコスの絶対的守護神に君臨するオブラク。今シーズンもここまでリーガエスパニョーラ33試合に出場し19度のクリーンシートを達成するなど、リーグ最少失点(21失点)の堅守を支えており、4年連続サモラ賞獲得を射程に捉えている。 この活躍に、パリ・サンジェルマン(PSG)やマンチェスター・ユナイテッドが関心を寄せていることが伝えられていた。それでも、オブラクは17日に2023年6月30日まで新契約にサインした。 自身も2月に2022年まで契約延長したシメオネ監督は、チームの中心選手が長くアトレティコにとどまってくれることに喜びを示している。 「去年の(アントワーヌ・)グリーズマンのようにとても重要なことだね。おそらく世界最高のGKが、我々と一緒にいることを決断してくれた」 「オブラクは毎日の仕事でクラブに楽しさを与えてくれている。素晴らしい選手でファンは満足しているし、チームにとっても良いことだよ」 2019.04.24 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ジョアン・ガンペール杯2019での対戦に向けアーセナルと交渉か

バルセロナが、8月に行われるジョアン・ガンペール杯の対戦相手としてアーセナルと交渉しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 毎年プレシーズンの時期に行われるバルセロナ主催のフレンドリーマッチであるジョアン・ガンペール杯。54回目となる今大会は、8月3日か4日にカンプ・ノウで開催される予定になっている。 今回の報道によれば、すでにバルセロナはアーセナルにガンペール杯への出場を要請している模様。しかし、バルセロナは今シーズンのチャンピオンズリーグ優勝の可能性を残しており、アーセナルはヨーロッパリーグ優勝の可能性を残しているため、両クラブがヨーロッパタイトルを獲得した場合は、対戦相手が変更となるようだ。 なお、両クラブがヨーロッパタイトルを獲得した場合、8月14日にトルコのイスタンブールで行われるUEFAスーパーカップ2019で対戦することになる。 2019.04.24 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル氏が推す教え子は? エメリ監督の“将来的”な後任人事に言及

昨シーズンまでアーセナルで指揮を執っていたアーセン・ヴェンゲル氏が、古巣の将来的な監督に教え子を推薦すると語った。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 1996年からアーセナルで指揮を執り、2017-18シーズンを持って退任したヴェンゲル氏。後任人事には、色々な憶測が飛び交った中、ウナイ・エメリ監督が就任した。 エメリ監督の下、新生アーセナルは2018-19シーズンを戦うと、プレミアリーグではシーズン終盤のこの時期でトップ4を争う状況に。また、ヨーロッパリーグでもベスト4に勝ち進むなど、一定の結果を残している。 長期政権後の新監督としては、上々の結果を残しているとも言えるエメリ監督に関しては、クラブ上層部も評価しており、更なる躍進のために今夏の移籍市場では選手獲得資金を用意する予定があると言われている。 そんな中、ヴェンゲル氏は“将来的”な話として、エメリ監督の後任について言及。昨夏もアーセナルの監督就任の候補に挙がっており、チームでもキャプテンを務めていたニースのパトリック・ヴィエラ監督を推した。 「私は、彼がいつの日かアーセナルの監督になるとみている。世界のフットボールに入るには、今は彼が若過ぎると私は考えているからだ」 「彼の人生はクラブのサッカーを通して進んで行くと思う。彼は、知的に辛抱強く自分のキャリアを築いてきたんだ」 「彼は若くしてニューヨークに行った。そして現在はニースに居る。彼は成熟し、その仕事を学ぶのに時間がかかった」 「我々が与えられないものとして、彼はナチュラルなカリスマ性を持っている。優雅であり威厳もある。ニースでは困難な時期を過ごしているが、欠点は見られない。危機に瀕しているときは、監督が目につくものだ」 エメリ政権がどれほど続くのは定かではないが、現状を見る限り一定期間は指揮を執ることになると予想される。ヴェンゲル氏の教え子たちは指導者としての道を歩んでいる人物も多く、黄金期を知る人物が監督に就任する日もそう遠くはないのかもしれない。 2019.04.23 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールとアーセナル、アザール弟を急襲か

リバプールとアーセナルがボルシアMGに所属するベルギー代表MFトルガン・アザール(26)の強奪を画策しているという。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 チェルシーの絶対的エースであるベルギー代表MFエデン・アザールを兄に持つトルガン・アザール。その兄と対照的に、チェルシーで全く出場機会を得られず、2014年夏からボルシアMGに活躍の場を移したが、そこで着実に評価を高め、今や注目株として複数クラブの視線を集める存在に成長を遂げている。 そのトルガン・アザールとボルシアMGの契約は2020年夏まで。先日にボルシアMGから延長交渉の決裂が明らかにされ、最近の報道でドルトムント移籍の見方が強まっているが、そのなかでリバプールとアーセナルが推定3500万ポンド(約50億8000万円)の市場価値を持つ同選手の入札準備を進めている模様だ。 なお、トルガン・アザール自身はドルトムント移籍に心が傾いている様子だが、プレミアリーグ再挑戦と、より多額の賃金を手にできるチャンスが決断を一変させる可能性があるとも…。果たして、トルガン・アザールの決断はいかに。 2019.04.22 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

C・パレスに足元を掬われたアーセナル、ホームで勝ち点得られずトップ4争いは混沌《プレミアリーグ》

アーセナルは21日、プレミアリーグ第35節でクリスタル・パレスと対戦し、2-3で敗れた。 現在勝ち点66で4位に付けているアーセナル。勝てば3位浮上となる今節は、スタメンにジェンキンソンやマヴロパノスといった選手を起用。ラカゼットとオーバメヤンは2トップを組んだ。 ファーストシュートはクリスタル・パレス。5分、プレースキックの名手ミリボイェビッチのFKから、マイアーがボックス左からシュート。さらに12分には左CKからダンがヘディングシュート。序盤にアウェイチームがセットプレーからチャンスを迎えた。 そしてそのクリスタル・パレスが17分に先制に成功する。これもセットプレーからだった。敵陣右サイドでFKを得たイーグルス。ミリボイェビッチが上げたクロスにベンテケが頭で合わせてゴールを奪った。 先制を許したアーセナルはその後、マヴロパノスやラカゼットが何度かトライするも、いずれもゴールには繋がらない。38分に左から上げたクロスがボックス内でワン=ビサカの手に当たったがハンドは取ってもらえず。 逆に43分にはクヤテにボックス左を攻め込まれる大ピンチに。しかし、クヤテの2度のシュートをGKレノが好セーブ連発で凌ぎ切った。 1点ビハインドのアーセナルは、マヴロパノスとジェンキンソンを下げてイウォビとナイルズを投入し後半をスタート。するとこの交代が早速功を奏す。47分、左サイドのイウォビから中でパスを受けたラカゼットがボックス左のスペースにスルーパス。そこに走り込んだエジルがGKのニアにシュートを突き刺し、同点に追いついた。 それから息を吹き返したかに思われたアーセナルだったが、61分に再び失点する。クリスタル・パレスは自陣でのFKでロングボールを送ると、ベンテケが後ろにフリックしたボールに対し、対応が甘くなったムスタフィからザハがボールをかっさらいそのままゴールに流し込んだ。 再び勝ち越したクリスタル・パレスはさらに69分、ミリボイェビッチの右CKをダンが逸らすと、マッカーサーが頭でコースを変えてゴールイン。連続ゴールでリードを2点に広げた。 だがアーセナルも諦めない。77分、右サイドからオーバメヤンがドリブルを開始。数人躱したのちに味方に出したボールが相手に当たってもう一度オーバメヤンが拾う。幸運にもワンツーの様な形で密集地帯を抜け出したオーバメヤンがそのままゴールを決めて、1点差に縮めた。 その後は互いに好機を迎えながらも決め切れず、7分もあった後半アディショナルタイムも過ぎ試合終了。ロンドン・ダービーに敗れたアーセナルは勝ち点を伸ばすことが出来ず、4位停滞となった。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1w8p2x467jt71twzg2d3svlv9" async></script> </div> 2019.04.22 02:07 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース