クロアチアとの最終戦に向けたイングランド代表メンバー発表、代表引退試合のルーニーが招集《UEFAネーションズリーグ》2018.11.09 00:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドサッカー連盟(FA)は8日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19と国際親善試合に向けたイングランド代表メンバー28名を発表した。

▽先月行われたUNL2戦目のクロアチア代表戦を0-0で引き分け、同3戦目のスペイン代表戦を3-2と制して1勝1分け1敗の2位に付けるイングランドは、最終戦のクロアチア戦に向けて、FWハリー・ケイン(トッテナム)やFWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)、DFジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)ら主力を招集。

▽そして、今季のプレミアリーグで6ゴールを挙げているFWカラム・ウィルソン(ボーンマス)が初招集された一方、DFハリー・マグワイア(レスター・シティ)が負傷のため招集外となっている。

▽また、代表通算歴代2位の119試合に出場し、歴代トップの53得点をマークして2016年11月のスコットランド代表戦を最後にイングランド代表としての活動から退いたFWウェイン・ルーニー(DCユナイテッド)が招集された。ルーニーは15日に聖地ウェンブリーで行われるアメリカ代表との国際親善試合が代表引退試合となる見込みだ。

▽イングランドは15日にアメリカ戦を、18日にホームでUNL最終戦のクロアチア戦を戦う。今回発表されたメンバー28名は以下の通り。

◆イングランド代表メンバー28名
GK
ジョーダン・ピックフォード(エバートン)
ジャック・バトランド(ストーク・シティ)
アレックス・マッカーシー(サウサンプトン)
マルクス・ベティネリ(フルアム)

DF
レウィス・ダンク(トッテナム)
マイケル・キーン(エバートン)
ジョー・ゴメス(リバプール)
トレント・アレキサンダー=アーノルド(リバプール)
ベン・チルウェル(レスター・シティ)
キーラン・トリッピアー(トッテナム)
カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)
ルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)

MF
ロス・バークリー(チェルシー)
ルベン・ロフタス=チーク(チェルシー)
ファビアン・デルフ(マンチェスター・シティ)
デレ・アリ(トッテナム)
エリック・ダイアー(トッテナム)
ハリー・ウィンクス(トッテナム)
ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)
ジェイドン・サンチョ(ドルトムント/ドイツ)

FW
ハリー・ケイン(トッテナム)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
ダニー・ウェルベック(アーセナル)
カラム・ウィルソン(ボーンマス)
ウェイン・ルーニー(DCユナイテッド)
コメント
関連ニュース
thumb

「人種差別」にNO! ハリー・ケインが姿勢示す

トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインが人種差別行為に「ノー」を突きつけた。イギリス『テレグラフ』が報じた。 今月の代表ウィークでユーロ2020予選を戦ったイングランド代表。その間に行われた2試合を全勝で飾ったが、25日のモンテネグロ代表戦で差別的なヤジを受けたトッテナムのDFダニー・ローズをはじめ、マンチェスター・シティのFWラヒーム・スターリング、チェルシーのFWカラム・ハドソン=オドイも被害を受けたとみられる。 大英帝国勲章(MBE)の授与式に出席したハリー・ケインは同会終了後、自身のチームメイトを襲ったそうした人種差別被害について次のように言及。再び人種差別を受けた場合、チームメイトにピッチから去るよう自ら先導する考えを明かした。 「ひどく、容認できない。僕ら選手たちはこの件にうまく対応したよ。プロフェッショナルに振るまい、自分たちのすべきことに集中して、ベストを尽くした」 「正しい行動をすることはそれぞれにかかっている。フットボールだけでなく、人生のいかなる部分においても、あれは到底受け入れられないからだ」 「僕はチームメイトを支持する。僕らはチームであり、全選手を支える。あんなことが二度と起こらないことを願う。また起きたら、僕は彼らを先導する」 2019.03.30 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ケインが大英帝国勲章授与式に出席「自分と家族にとって非常に誇らしい日」

トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン(25)が、28日にイギリスのバッキンガム宮殿で行われた大英帝国勲章授与式に出席した。 ケインは、昨年6月に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)でイングランド代表キャプテンとしてチームを引っ張りベスト4進出に貢献。また、個人でも6ゴールを挙げて大会得点王を獲得。イングランド代表では、1986年大会のギャリー・リネカー氏以来32年ぶりの快挙となった。 この功績が認められた昨年12月に大英帝国勲章第5位にあたるMBEを受勲したケインは、今回バッキンガム宮殿で行われた大英帝国勲章授与式に出席した。 授与式後、ケインは自身のツイッターで「自分自身と僕の家族にとって非常に誇らしい日となった。イングランド代表のチームメイトとコーチングスタッフには本当に感謝している」と、受勲の喜びを語った。 また、ロシアW杯でイングランド代表を28年ぶりのベスト4へ導いたガレス・サウスゲート監督(48)も、大英帝国勲章の第4位にあたるOBEを受勲している。 2019.03.29 01:20 Fri
twitterfacebook
thumb

差別問題の根本解決模索へ! サウスゲート「制裁は無価値だ」

イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督が、差別的行為とその制裁について持論を語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 イングランド代表は25日、ユーロ2020予選・グループB第2節でモンテネグロ代表とアウェイで対戦し、5-1で快勝。しかし、残念なことに、その試合では一部のモンテネグロサポーターによる差別的な行為が行われ、後味の悪さが残った。 ラヒーム・スターリングやダニー・ローズ、カラム・ハドソン=オドイといった選手たちが人種差別の対象となっており、欧州サッカー連盟(UEFA)に報告がいくことに。モンテネグロ代表や差別を行った人々に対しての、制裁が議論されている。 試合後にも怒りを露わにしていたサウスゲート監督は、根本解決に向けて「教育」が重要だと主張。制裁の効果に疑問を呈し、加害者を「導く」必要があると語った。 「人々を教育することを補助するのでなければ、制裁は無価値だ」 「私の子供たちは、人々がどこで生まれ、何語を話し、どんな色かなんて少しも考えない」 「古い人間たちに影響されただけの若者たちは無実だ。だから、私たちは今の教育が誰にとっても正しいものなのか、確かめなくてはならない」 「国内では同じことが起きている。前にも言ったが、今夜(モンテネグロで)起きたことだけを批判するわけじゃない。私たちの国も同じ問題を抱えているんだ。私たちも無関係じゃない」 「クラブを制裁することは出来る。だが、(制裁では)やりたいと思った一人や二人は止まらない」 「だから、私たちが若者を教育していくということを明確にしなくてはならない。(代表チームは)若者たちとの良い機会もあるし、可能な限り幅広く導いていかなければならない」 「彼ら(イングランド代表の選手)は物事が適切に対処される、あるいは違いが生まれるとは信じておらず、(差別の)一件を報告したくないという選手さえもいた。だから、私は彼らの感じていることを意識して話すようにしている」 「正しい道を見付けるのは不可能なことだ。いつものように話す必要はあるが、制裁について語り合うことは出来ない。正しい制裁とは何だろう? 想い処罰だろうか? スタジアム締め出し? 何が正当な違いを生むのだろうか? 」 2019.03.27 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

スターリングの眠りは深し! デレ・アリの再三の邪魔にも屈せず

マンチェスター・シティとイングランド代表で好調を維持するFWラヒーム・スターリングだが、その好調の秘訣は“睡眠”にあるのかもしれない。 現在、イングランド代表に招集中のスターリングは25日に行われたユーロ2020予選グループA第2節のモンテネグロ代表戦でも1ゴール1アシストの活躍を披露し、チームの5-1の大勝に大きく貢献した。 そのモンテネグロとのアウェイゲームに向けた飛行機移動の際には代表のチームメートであるトッテナムMFデレ・アリとの微笑ましいやり取りがあった。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 デレ・アリは24日、自身の公式SNSを通じて機内で眠っているスターリングへのイタズラの様子を短い動画で投稿した。 その動画ではブランケットに包まれて気持ちよさそうに眠るスターリングの後方でニヤニヤしたデレ・アリの姿が。そして、同選手は自身の人差し指を舐めてスターリングの左耳に突き刺す暴挙に。 しかし、指を細かく動かしながら耳の穴をくすぐるものの、スターリングは一向に目を覚まさず。これを受けてデレ・アリは今度は中指を舐めて同じイタズラを敢行も、スターリングは微動だにせず。そのため、デレ・アリがアプローチを変えて鼻をつまみにかかると、ようやくスターリングは目を覚ました。 お世辞にも衛生的とは言えない耳の穴に自身の舐めた指を入れるデレ・アリのスターリング愛も見事だが、あれだけ耳をイタズラされても起きないスターリングの睡眠の質の高さも見事だ。 ◆デレ・アリの暴挙にも微動だにせず https://twitter.com/goal/status/1110227338778673153 2019.03.26 13:23 Tue
twitterfacebook
thumb

人種差別チャント、ハドソン=オドイにライター投擲…サウスゲートが怒り

イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督が、差別的なサポーターたちへの怒りを露わにしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 イングランド代表は25日、ユーロ2020予選・グループB第2節でモンテネグロ代表とアウェイで対戦し、5-1で快勝。先日の第1節チェコ代表戦での5-0での勝利に続き、気分の良い勝利となった。 しかし、試合の中では、モンテネグロの一部のファンが気分の良くない行為でイングランドの選手たちを愚弄。試合の後半に差別的なチャントが歌われ、18歳にして頭角を現しているカラム・ハドソン=オドイにはライターが投げつけられた。 試合後、サウスゲート監督は差別的な行為に対しての怒りを隠さず。モンテネグロファンの言動を報告すると宣言し、選手たちを保護する姿勢を強く示した。 「モンテネグロのウルトラスが陣取っている場所近くにあるノーススタンドで、数名のカメラマンたちと話をした。彼らは、後半を通して差別的なチャントやモンキーチャントが一貫して歌われていたと言っていたよ。ハドソン=オドイもライターを投げつけられて、それをFAのスタッフに渡したと言っていた」 「ダニー・ローズは試合後、気分が悪くなってしまって、メディアに口を開きたがらなかった。彼のイングランドのシャツが更衣室の床でくしゃくしゃにされたままになっていたよ。それにモンテネグロの選手たちからシャツ交換の要求が沢山あったけど、それも拒否していた。起こったことに対して、明らかに腹を立てていたからね」 「あれは完全に受け入れられない。最も重要なことは、選手たちが私たちから保護されていると感じることだ。(差別行為を)確実に報告するだろう。私たちに出来ることは、彼らのために存在し、彼らが望む何らかのサポートをしていくことだ」 2019.03.26 12:50 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース