元オーストリア代表MFイヴァンシッツが35歳で現役引退! 多くの国を渡り歩いた天才MF2018.11.07 23:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元オーストリア代表MFアンドレアス・イヴァンシッツ(35)が現役引退を発表した。同選手が5日に自身のSNSで明かした。▽母国のレジェンド、“アンドレアス・ヘルツォークの再来”と評された天才型の攻撃的MFは19年のキャリアに幕を閉じることに際して以下のようなコメントを残している。

「今日、19年を過ごしてきたプロキャリアを終える決断をした。このスポーツは僕に多くのものを与えてくれた」

「勝利、敗北、情熱、興奮、異なる国の異なるチームに加入すること。だけど、素晴らしいことはいつか終わりを迎えるものなんだ。家族やクラブ、監督やスタッフ、チームメート、そのすべてに大きな感謝を示したい」

「そして、僕のキャリアを通じて常にサポートしてくれたすべてのファンに感謝したい。あなた方はいつでも自分がホームにいることを感じさせてくれたんだ。そのことは生涯忘れない。本当に素晴らしい旅立った。みんな、ありがとう!」

▽母国の名門、ラピド・ウィーンでプロキャリアをスタートしたイヴァンシッツは、その後パナシナイコスやマインツ、レバンテで活躍。その後、メジャーリーグサッカーのシアトル・サウンダーズでのプレーを経て2017年からはビクトリア・プルゼニでプレー。だが、昨季限りで同クラブとの契約が終了した後はフリーの状態が続いていた。

▽また、高精度の左足を生かしたプレースキックを売りとする攻撃的MFは、オーストリア代表として通算69試合に出場して12ゴールを記録。母国オーストリアとポーランドの共催となったユーロ2008本大会でもプレーしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

オーストリアとドローのドイツがGS無敗でベスト4進出! 2位デンマークは得失点差でGS敗退が決定…《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権グループB最終節のU-21オーストリア代表vsU-21ドイツ代表が23日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 グルプステージ2で連勝で首位に立つドイツと、U-21デンマーク代表に勝利して1勝1敗となった3位オーストリアの一戦。大会連覇を狙うドイツは、3日前に行われ大勝したセルビア代表戦と同じスタメンで試合に臨んだ。 序盤は意外にもオーストリアが積極的な入りを見せたが、試合巧者のドイツも堅い守りで主導権を握らせない。膠着状態が続く中、14分にターからのパスをバイタルエリア中央で受けたワルドシュミットが強烈なミドルシュートをゴール右に突き刺し、ドイツが先制した。 先制を許したオーストリアだが、21分に反撃。セットプレーからのクロスに飛び込んだカラジッチが飛び出したGKニューベルとの接触で倒されると、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)検証の結果、オーストリアにPKが与えられる。これをダンソがゴール左隅に決め、オーストリアがすかさず同点に追いついた。 さらにオーストリアは34分、ボックス左深くでボールキープしたシュラーガーのクロスからゴール前のカラジッチが頭で合わせたが、これはGKニューベルが身体に当てるファインセーブで阻まれた。 守護神の好セーブで応えたいドイツは41分、ヘンリクスのスルーパスでボックス左深くまで抜け出したワルドシュミットの折り返しにエツナリが飛び込んだが、これはワルドシュミットのポジションがオフサイドの判定となった。 前半終了間際の46分、オーストリアはフリードルの左クロスをカラジッチがヘディングで合わせたが、このシュートは右ポストに嫌われ、前半は1-1で終了した。 迎えた後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、オーストリアは54分にリュビチッチを下げてバウムガルトナーを投入。対するドイツは56分、ノイハウスとリヒターを下げてセルダーとアミリを投入する2枚替えを敢行した。 すると、この交代で功を奏したのはオーストリア。57分、最終ラインのターにバウムガルトナーがプレッシャーをかけると、ロストボールを拾ったバリッチがゴール前まで持ち上がりシュートを放ったが、これはGKニューベルがファインセーブに阻まれる。 ピンチを凌いだドイツは77分、ボックス左付近で獲得したFKをアミリが直接狙ったが、これはゴール左に外れた。後半アディショナルタイム2分にはワルドシュミットのパスを受けたダフードに決定機が訪れたが、シュートは相手GKがセーブ。 結局、試合はそのまま1-1で終了。グループステージ無敗のドイツがベスト4進出を決めるともに、来年行われる東京五輪出場を決めた。 また、同時刻開催のU-21デンマーク代表vsU-21セルビア代表は、2-0でデンマークが勝利した。試合が動いたのは21分、デンマークはメーレのスルーパスをボックス左で受けたラーセンがゴールエリア左付近まで切り込み、ゴール右サイドネットにシュートを突き刺した。 リードするデンマークは、後半開始早々に追加点を挙げる。51分、ラーセンの右CKをボックス中央のラスムッセンが右足で流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-0でデンマークが勝利。勝ち点を6に伸ばしグループ2位となったデンマークだが、準決勝進出を争うグループA2位のU-21イタリア代表に得失点差「1」届かず、準決勝進出はならなかった。 ◆グループB順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.ドイツ[7/3/7] 2.デンマーク[6/3/2] 3.オーストリア[3/3/0] 4.セルビア[0/3/-9] 2019.06.24 06:10 Mon
twitterfacebook
thumb

リヒター全ゴールに絡んだ前大会王者ドイツが快勝発進! 注目ヨビッチ低調のセルビアは完敗…《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権のグループB第1節、U-21ドイツ代表vsU-21デンマーク代表が17日に行われ、ドイツが3-1で勝利した。 大会連覇を目指すドイツが、今大会初戦でデンマークと対峙したこの一戦。優勝候補のドイツは、ザネやハフェルツ、ヴェルナー、ブラントら一部フル代表組が招集外となったものの、ターやダフード、クロステルマンらフル代表経験者がこの初戦で先発を飾った。 共に[4-3-3]の布陣で臨んだ中、ボール回しの精度で勝るドイツが徐々にペースを掴んでいく。幾つかの決定機を経て迎えた28分、ボックス右でDFを背負ったM・エッゲシュタインが丁寧に落としたボールをリヒターが相手DFの股間を抜く左足のシュートでゴール左に流し込んだ。 ドイツの1点リードで折り返した中、後半立ち上がりはスコブの個人技を生かしてデンマークが押し込む入りを見せる。だが、52分には相手セットプレーの流れからクリアボールの処理をもたついたDFペデルソンからボールを奪ったリヒターがそのままボックス付近まで運んでカットインから見事なニアへのシュートを流し込み、ドイツに2点目が生まれた。 これで完全に流れを掴んだドイツは65分、自陣深くからのロングカウンターを発動。ハーフウェイライン付近でボールを受けたリヒターが体勢を崩しながらも左のスペースに走り込むワルドシュミットにラストパスを通すと、ワルドシュミットがボックス内で冷静にGKとの一対一を制し決定的な3点目を奪った。 何とか1点を返したいデンマークは73分に相手DFのハンドで得たPKをキッカーのスコブが決めて反撃の狼煙を上げる。しかし、この失点にも崩れる様子を見せないドイツは選手交代を行いながら危なげなく試合を締めくくり、3-1でタイムアップ。 リヒターの全ゴールに絡む活躍で快勝のドイツが連覇に向けて幸先の良いスタートを見せた。 また、同日行われたグループB第1節のもう1試合、U-21セルビア代表vsU-21オーストリア代表は、オーストリアが0-2で勝利した。 先日にレアル・マドリー加入が発表されたFWヨビッチ、フィオレンティーナDFミレンコビッチ、ベンフィカMFジブコビッチ、マルセイユMFラドンジッチと好タレントを要するセルビアの優位が伝えられたこの試合。 しかし、蓋を開けてみれば、予選プレーオフを勝ち上がってきたオーストリアが序盤から試合の主導権を握る。 RBザルツブルクでコンビを組むシュラーガーとヴォルフの阿吽の呼吸を生かして再三良い形の攻撃を仕掛けたオーストリアは、37分にボックス内でホルバートの放ったシュートが右ポストを叩くと、この跳ね返りをヴォルフが押し込む。当初、オフサイドの判定もビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ゴールが認められた。 注目のヨビッチが全く存在感を放てず、後半も左サイドのラドンジッチの個人技以外に攻め手がないセルビア。これに対して前半同様に試合をコントロールするオーストリアは、前線4人の鮮やかな連携から鋭いカウンターを繰り出して相手GKラドゥノビッチのビッグセーブを強いる。 その後、75分にはヴォルフに対して危険な後方からのアフターチャージを見舞ったDFヨバノビッチに対して、VARの検証の結果、レッドカードが掲示される。オーストリアはこのプレーで重傷を負ったヴォルフがプレー続行不可能となるアクシデントに見舞われるが、78分にホルバートの見事な直接FKが決まって追加点を奪取。 試合終盤にかけてはいら立ちを募らせるセルビア側に多くのカードが掲示される荒れ模様の展開となったが、数的優位のオーストリアが2-0のスコアで試合をクローズ。この結果、グループBはドイツとオーストリアが白星スタートを飾ることになった。 2019.06.18 05:56 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月6日は、日本キラーと呼ばれた元豪州代表FWのバースデー

◆ティム・ケイヒル 【Profile】 国籍:オーストラリア 誕生日:1979/12/6 クラブチーム:ジャムシェードプルFC(インド) ポジション:FW 身長:180cm 体重:77kg ▽『今日の誕生日は誰だ! 』12月6日は、元オーストラリア代表FWティム・ケイヒルだ。 ▽母国のシドニー・ユナイテッドでキャリアをスタートさせたケイヒルは1997年にイングランドのミルウォールに移籍。すぐにレギュラーとして活躍し出すと2003-04シーズンには当時3部所属ながらFAカップ決勝まで勝ち進んだ。決勝では惜しくもマンチェスター・ユナイテッドに敗れたものの、その活躍もあり翌シーズンにはイングランドの名門・エバートンへの移籍を果たす。 ▽加入初年度となった2004-05シーズンでチーム最多の13得点を挙げ、プレミアリーグ4位フィニッシュに大きく貢献。優勝経験はないものの、9年間過ごしたエバートンで公式戦226試合に出場し56ゴールをマークし、世界に名を知らしめた。その後はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・レッドブルズ、上海申花、杭州緑城を渡り、2016年夏にメルボルン・シティへ移籍。母国凱旋を飾った後、2018シーズン初めのミルウォールFC移籍を経て、現在はジャムシェードプルFCでプレーしている。 ▽日本人が持つティム・ケイヒルの印象と言えばオーストラリア代表での活躍だろう。2004年に代表デビューを飾ってから出場試合数は「100」を超え、日本代表とも激戦を繰り広げてきた。日本との対戦成績は8戦5得点。“日本キラー”とも呼ばれ、南アフリカ・ワールドカップ(W杯)のグループステージでは日本代表相手に2得点を奪い、日本の大事な初戦に土を付けた。“最終兵器”として参戦した2018年のロシアW杯を最後に代表のシャツを脱いだが、サムライブルーサポーターの脳裏には苦い思い出が焼き付いているのではないだろうか。 ※誕生日が同じ主な著名人 エメルソン(サッカー選手/コリンチャンス・パウリスタ) アダイウトン(サッカー選手/ジュビロ磐田) 長野久義(野球選手) 久石譲(音楽家) 保田圭(アイドル/元モーニング娘。) 林遣都(俳優) 栗原類(モデル) 2018.12.06 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、今冬アルナウトビッチ獲得へ72億円用意?!

▽マンチェスター・ユナイテッドが、冬の移籍市場でウェストハムに所属するオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(29)の獲得を目指すようだ。イギリス『ミラー』の報道を基に、イギリス『メトロ』が報じている。 ▽今夏の移籍市場でユナイテッドからの関心が伝えられながらも、ウェストハムに残留したアルナウトビッチ。ウェストハムの要求する移籍金5000万ポンド(約72億4000万円)をユナイテッドが満たさなかったことが、交渉決裂の理由だと伝えられている。 ▽しかし、今回の報道によると、来年1月のアルナウトビッチ獲得に向けてユナイテッドがその5000万ポンドを上回る額の入札を行っているという。出場機会が確保されるのであれば、選手当人が移籍に前向きであるということも伝えられている。 ▽現在ユナイテッドの指揮官を務めているジョゼ・モウリーニョ監督は、インテルで采配を振るっていた頃に、同クラブに所属していたアルナウトビッチを「幼稚なメンタル」とこき下ろしていた。しかし、直近の公式戦11試合で得点のないベルギー代表FWロメル・ルカクのプレッシャーを緩和すべきだと考えており、プレミアリーグ11試合5ゴール1アシストと一定の数字を残すアルナウトビッチに白羽の矢を立てたようだ。 2018.11.25 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ボスニア・HがリーグA昇格、オーストリアにゴールレスドロー《UEFAネーションズリーグ》

▽ボスニア・ヘルツェゴビナ代表は15日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ3の最終戦であるオーストリア代表戦を敵地で戦い、0-0で引き分けた。 ▽引き分け以上で首位が確定し、グループA昇格が決まる首位ボスニア・H(勝ち点9)は、ジェコとピャニッチの両主軸を先発で起用した。 ▽アラバやアルナウトビッチらを先発で起用してきた2位オーストリア(勝ち点3)に対し、自陣に引いて慎重に対応したボスニア・Hは、26分にチャンス。ヴィスチャがGKを強襲するシュートを浴びせ、直後の右CKからヴランジェのヘディングシュートが惜しくも枠の上に外れた。 ▽ハーフタイムにかけても守備を重点にオーストリアの攻撃を凌いだボスニア・Hがゴールレスで前半を終えた。 ▽後半序盤、アルナウトビッチのボレーシュートでゴールを脅かされたボスニア・Hは劣勢の入りを強いられるも、ジェコがミドルシュートで応戦すると、その後は前半同様、守備に重点を置いて凌いでいく。 ▽65分にはボックス左からのズカノビッチのシュートが枠を捉えるも、GKリンドナーの好守に阻まれる。それでも0-0で試合を終わらせたボスニア・Hが首位を確定させ、リーグA昇格を決めている。 2018.11.16 07:07 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース