好調リールに新たな助っ人! 元フランス代表FWアネルカがアカデミーでストライカー指導へ2018.11.07 23:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてアーセナルやチェルシーで活躍した元フランス代表FWニコラ・アネルカ氏(39)が、リールのアカデミーでパートタイムのストライカーコーチを務めるようだ。同クラブを率いるクリストフ・ガルティエ監督がフランス『レキップ』で認めた。▽現役時代にパリ・サンジェルマンやアーセナル、レアル・マドリー、チェルシー、マンチェスター・シティなど錚々たるビッグクラブでプレーしたアネルカ氏。2015年にインド・スーパーリーグのムンバイ・シティでプレイング・マネージャーを退任した後、2017年からはオランダのローダJCでコンサルタントを務めていた。

▽ガルティエ監督はそのアネルカ氏がクラブのアカデミーでストライカーコーチを務める見込みであることを明かした。

「彼は我々のトレーニングセンターで彼の豊富な経験やストライカーとしてのスキルを若手プレーヤーにもたらすことになる」

「彼はジェラール・ロペス(会長)と懇意にしており、私とルイス・カンポス(SD)はその可能性に関して話し合っている。ニコラはこの仕事を心から望んでおり、自分にスポットライトが当たることを望んでいない。彼は自身の経験や専門的な知識を若者に伝えたがっているが、現時点でプロフェッショナルレベルでの仕事は望んでいない」

「ただし、現時点で公式な動きはない。ルイスと私はニコラと契約に関する話し合いは行っていないが、仮に契約が締結されれば、彼はトレーニングに関わることになる。ただ、フルタイムで働くことはないはずだ」

▽なお、昨季は残留争いを強いられたリールだが、今季はリーグ・アン第12節終了時点で8勝3敗1分けの戦績で3位に躍進している。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、FWニコラ・ペペ獲得へリールと交渉スタートか?

マンチェスター・ユナイテッドがリールに所属するコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)の獲得に向けて交渉を開始したようだ。イギリス『デイリー・レコード』が伝えている。 昨シーズン、リールの1部残留に貢献したペペは、今シーズンにセンターフォワードから本職の右ウイングに固定され、圧倒的なスプリント能力、ドリブルテクニックを武器に躍動。ここまでリーグ戦36試合に出場し20ゴール11アシストの圧巻の数字を記録している。 この活躍にペペの評価は急上昇しており、今夏の移籍市場では一躍注目株に。現時点でバイエルン、ユナイテッド、パリ・サンジェルマン、アーセナル、チェルシー、バルセロナらが関心を示している。 すでにリールのジェラール・ロペス会長が今夏の退団の可能性を認めているペペに関して、プレミアリーグの移籍市場に精通するイングランド人ジャーナリスト、ダンカン・キャッスルズ氏は、ユナイテッドが同選手獲得に向けてリール側に公式な問い合わせを行ったと報じている。 また、ペペの有力な新天地とされるバイエルンが、マンチェスター・シティのドイツ代表MFレロイ・ザネ獲得に動いていることを理由に、ユナイテッドにも獲得のチャンスがあると見ているようだ。 2019.05.15 14:21 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季、アビスパ福岡でプレーしたFWトゥーリオ・デ・メロが現役引退! 福岡退団の経緯も語る

昨季アビスパ福岡でプレーしていたブラジル人FWトゥーリオ・デ・メロ(34)が7日、元所属先のリールの公式サイトで現役引退を発表した。 トゥーリオ・デ・メロは「自身にとって最も重要だった」、リールで現役引退を発表した。 「リールは僕のキャリアにおいて最も重要なクラブだった。だから、引退を決断した際に一番初めに伝えたかったんだ」 「今が適切な時期だと思っている。そして、自分のキャリアに誇りを持っているよ」 「ただ、自分の身体が上げる声に耳を傾ける必要があった。仮に、無理にプレーを続ければ、引退後の生活でもケガに苦しむことになると思ったんだ」 「だから、僕は健康なうちにキャリアを終えることを決めた。子供たちとの生活を楽しみたいし、僕にはこれから様々な生活が待っているからね」 さらに、トゥーリオ・デ・メロは福岡でのキャリアに関しても以下のように振り返っている。 「新しい経験をしたいと思っていたんだ。アジア、特に、以前からその文化に魅了されていた日本でね。だから、福岡と契約したんだ」 「それは素晴らしい経験だったし、あそこでの暮らしを愛していたんだ。僕は日本語も学んでいたんだけど、サッカーに関しては異なるメンタリティを感じたよ」 「あそこでは個人のクオリティよりも仕事量自体が評価されていたよ。常に走り続けることを求められたし、年齢に関わらず、18歳も34歳も同じ練習量を求められた。そして、僕はこれ以上プレーできないと感じたんだ」 「僕はこれまで6度もヒザの手術を受けた。そのために自分の中でケガをコントロールする必要があり、日常の中で特別なケアも必要としていた。そういった部分であそこでの文化に自分が適応することは難しいと気付いたんだ。そして、6カ月で契約を解消する決断に至ったんだ」 また、現役引退後のプランに関してはどんな役割を果たすか決めていないもののフットボール界に関わり続けたいと語っている。 「必ずしも指導者になりたいとは思っていないけど、スポーツ部門に関わりたいと思っているよ。ただ、自分自身を焦らせたくないし、仕事を始める前に色んなことを学びたい」 母国ブラジルのアトレチコ・ミネイロでプロキャリアをスタートした193cmの大型ストライカーのトゥーリオ・デ・メロ。デンマークのオールボーでヨーロッパでのキャリアをスタートすると、ル・マン、パレルモを経由して2008年にリールに加入。リールでは控えFWとしてMFエデン・アザールやFWジェルビーニョらと共に2010-11シーズンのリーグ・アン、クープ・ドゥ・フランスの国内2冠達成を経験していた。 その後、バジャドリーでヨーロッパでのキャリアを終えると、2015年からシャペコエンセ、スポルチ・レシフェと母国でプレー。そして、2018年には自身最後のクラブとなった福岡に加入。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで7試合に出場していた。 しかし、昨年6月に長引くケガによるコンデション不調を理由に、引退を視野に入れ、一度自らのサッカーキャリアを見つめ直したいと急遽退団を申し入れ、クラブは慰留を目指していたものの、最終的に同選手の意向をくむ形で契約解除に至っていた。 2019.05.08 15:18 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、リール守護神ミケ・メニャンを買い戻し? 今季リーグ戦33試合で28失点

パリ・サンジェルマン(PSG)が、リールのフランス人GKミケ・メニャン(23)に関心を寄せているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 今季のリーグ優勝を果たしたPSGに次ぐ2位に付けているリールでブレイクを果たしたメニャン。昨シーズンに正GKの座を射止めると、今シーズンはここまでリーグ戦全試合にフル出場し、33試合で28失点、クリーンシート12回という素晴らしい成績を残している。 メニャンはリール加入前はPSGに在籍。2009年から2015年まで所属していたものの、トップチームでのプレーは僅か3試合。それもフレンドリーマッチだった。 リールに移籍した際の移籍金は100万ユーロ以下だったというメニャン。現行契約は2020年までしか残されていないが、以前よりも格段に値上がりしていることは確か。それでもPSGは引退報道のあるGKジャンルイジ・ブッフォンやGKアルフォンス・アレオラに代わる守護神を探しているという。 2019.04.26 21:37 Fri
twitterfacebook
thumb

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.43“フランス版「バルサ」”若き日のアザール/リール[2010-11]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。 <div style="position: relative;margin: 2em 0;padding: 25px 10px 7px;border: solid 2px #FFC107;"><span style="position: absolute;display: inline-block;top: -2px;left: -2px;padding: 0 9px;height: 25px;line-height: 25px;vertical-align: middle;font-size: 17px;background: #FFC107;color: #ffffff;font-weight: bold;">vol.43</span><p style="margin: 0; padding: 0;font-weight:800">2010-2011シーズン/リール 〜フランス版“バルサ”〜</p></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/2010-11liile.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div><div style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">監督:ルディ・ガルシア(47) 獲得タイトル:リーグ・アン 攻撃力9:★★★★★★★★★☆ 守備力7:★★★★★★★☆☆☆ タレント7:★★★★★★★☆☆☆ 連係7:★★★★★★★☆☆☆ 選手層6:★★★★★★☆☆☆☆ </p></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">57年ぶりの栄冠</div> 2000年代のリーグ・アンは、7連覇を達成したリヨンが絶対王者として君臨していた。しかし、その強さが終焉を迎えると、2008-09シーズンにボルドー、2009-10シーズンにマルセイユと、シーズン毎に王者が入れ替わる本命なしの状況となった。そして迎えた2010-11シーズン、覇権を奪ったのは古豪・リールだった。 2008年夏にルディ・ガルシア監督(現マルセイユ監督)を招へいしたリールは、アザールやジェルビーニョといった才能溢れるアタッカーを擁して攻撃的なサッカーを展開。ガルシア監督2年目のシーズンにリーグ最多の72得点を挙げて4位でフィニッシュすると、翌シーズンは守備の安定を図って優勝にまい進した。 第14節に首位の座に躍り出たリールは、そのまま優勝戦線を引っ張る存在となる。第32節で首位の座をマルセイユに奪われたが、1週間で奪い返すと、第35節のサンテチェンヌ戦を2-1で勝利して優勝決定。古豪・リールが57年ぶりのリーグ・アン制覇を成し遂げた。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">フランス版“バルサ”</div> 2シーズン連続(2009-10シーズンと2010-2011シーズン)でリーグ最多の得点数を記録したチームは、“フランス版バルサ”と称されるほど、攻撃において魅力を有した。その中で個性的な選手をうまくまとめたガルシア監督の手腕は、称賛されるべきものだった。 守備の中心は、元フランス代表の守護神・ランドローとラミ。特に、ディフェンスリーダーを担ったラミはフィジカルを生かした守備でレ・ブルーに名を連ねる存在となる。また、右サイドバックのドビュッシーは果敢な攻撃参加を披露して得点にも絡むプレーも披露した。 中盤はフィルター能力に優れるマブバをアンカーに置き、インサイドハーフにバルモンとキャバイエを起用。パスセンスに溢れる前者と、飛び出しやミドルシュートが持ち味の後者が攻守に存在感を放った。 そして、攻撃のキーマンは20歳のアザールと23歳のジェルビーニョという両翼。スピード溢れるドリブルで相手の守備を切り裂いた彼らは、アザールが7ゴール11アシスト、ジェルビーニョが15ゴール11アシストという素晴らしい数字を残した。そして、最前線のムサ・ソウはナントでの不遇を乗り越え、25得点をマークして得点王に輝いた。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピックアップ・プレイヤー</div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">FWエデン・アザール(20)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/hazardpc.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2007年にリールの下部組織からトップチームデビューを果たしたアザールは、すぐさまその才能を遺憾なく発揮した。2008-09シーズンと2009-10シーズンにリーグ・アンの年間最優秀若手選手賞を受賞すると、リーグ制覇を成し遂げた2010-2011シーズンはリーグMVPに選出。抜群のスピードとキレのあるドリブルで攻撃を牽引し、リールに57年ぶりの優勝をもたらした。 2019.04.24 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

補強禁止のチェルシー、アザール後釜にペペを指名か 102億円準備

チェルシーが、リールに所属するコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 昨シーズン、リールの1部残留に貢献したペペは、今シーズンにはセンターフォワードから本職の右ウイングに固定され、圧倒的なスプリント能力、ドリブルテクニックを武器に躍動。ここまでリーグ戦32試合に出場し19ゴール11アシストの圧巻の数字を記録している。 そのペペにチェルシーが関心を示しているようだ。同クラブは現在、ベルギー代表MFエデン・アザール(28)のレアル・マドリー移籍が盛んに報じられている。選手本人もマドリー移籍が夢と公言していることもあり、近く三者合意の可能性があるとも指摘されているほどだ。 そのためチェルシーは、リールでブレイクを果たしたペペをアザールの後釜と見据えているという。だが、チェルシーは今後2度(2019年夏、2020年冬)の移籍期間での補強禁止が命じられている。現在は処分軽減もしくは保留に動いており、これが通れば、同選手に7000万ポンド(約102億円)を投じる準備ができているという。 とはいえ、ペペにはバイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)、アーセナル、インテルなどのビッククラブが関心を示している。 また、リールのジェラール・ロペス会長は「間違いなく彼はここを去るはずだ。彼に付けられた市場価値はすでに我々がどうにもできない価格帯に移ってしまっている」と今夏の移籍を容認している。 2019.04.17 22:21 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース