ゴールデンボーイ賞最終候補にムバッペら! 堂安律落選2018.11.02 10:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリア『トゥットスポルト』がゴールデンボーイ賞の最終候補候補20名を発表した。▽『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞選出は、2003年からスタート。欧州でプレーする最も活躍した21歳以下の選手の中から、欧州各国の主要紙記者による投票で12月に受賞者が決まる。

▽同賞のノミネート者は、今年7月に公表の100名から毎月20名ずつが落選していく方式で絞られ、この11月時点で遂に20名に。フローニンヘンで輝かしい活躍を続けるMF堂安律は20名の候補者から落選した。

▽そのほか、ドルトムントのアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチも選外に。昨年受賞のパリ・サンジェルマンに所属するFWキリアン・ムバッペは最終候補に名を連ねている。

◆ゴールデンボーイ候補20名
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)
ケルビン・アミアン(トゥールーズ)
フセム・アワール(リヨン)
ヨシップ・ブレカロ(ヴォルフスブルク)
パトリック・クトローネ(ミラン)
ダニ・オルモ(ディナモ・ザグレブ)
トム・デイビス(エバートン)
マタイス・デ・リフト(アヤックス)
ディオゴ・ダロト(マンチェスター・ユナイテッド)
エデル・ミリトン(ポルト)
オドソンヌ・エドゥアール(セルティック)
フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)
ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)
アマドゥ・ハイダラ(ザルツブルク)
アクラフ・ハキミ(ドルトムント)
ジョナサン・イコネ(リール)
ジャスティン・クライファート(ローマ)
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
デヨール・ウパメカーノ(RBライプツィヒ)
ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、ロドリ放出なら後釜にラビオ?

アトレティコ・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)の獲得を検討しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 PSGとの契約延長交渉を固辞したことで今シーズン限りでの退団が決定的なラビオ。当初、バルセロナ移籍が有力と見られていたが、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得によって、その可能性が消滅。その後、同胞ジネディーヌ・ジダン監督が率いるレアル・マドリー移籍合意報道も出ていたが、後に撤退報道が伝えられていた。 現在はユナイテッドとユベントスが争奪戦を繰り広げている状況のようだが、アトレティコもそこに加わる模様。スペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)がマンチェスター・シティへ移籍する可能性があり、流出した場合の後釜としてフランス代表MFの獲得へ動き出すという。 2019.05.22 16:32 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、アラン獲得間近? コパ・アメリカ前に締結か

パリ・サンジェルマン(PSG)がナポリに所属するブラジル代表MFアラン(28)獲得に迫っているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 2015年7月にウディネーゼからナポリに加入したアラン。豊富な運動量と非凡なボール奪取能力に加え、シンプルなボール捌きを武器にナポリのダイナモとして、必要不可欠な存在にまで成長した。今シーズンもここまで公式戦47試合1ゴール3アシストを記録している。 そんなアランに対しては、PSGがかねてより関心を寄せている。指揮官のトーマス・トゥヘル監督が獲得を熱望しており、今冬の移籍市場でも獲得を目指していたが、当時は叶わず、ゼニトからアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデスを獲得してカバーしていた。 しかし、フランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)の退団が濃厚となり、レンタル移籍中だったアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)がベティスに完全移籍したPSGは、中盤の強化に向けて引き続きアランに注目。そして今回伝えられるところによると、PSGへの加入が間近に迫っているとのことだ。 同メディアによると、PSGはアラン獲得へ5000万ユーロ(約61億5000万円)のオファーを提示する模様。PSG側は6月のコパ・アメリカ2019開幕前には契約を締結させたい意向のようだ。 一方、アランの退団が現実味を帯びてきているナポリは、すでに後任探しに奔走。フィオレンティーナに所属するフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ(26)とレンヌに所属するフランス人MFバンジャマン・ブリジョー(25)の獲得を狙っていることが伝えられている。 2019.05.22 14:40 Wed
twitterfacebook
thumb

キンペンベがそ径部を手術へ! 復帰はPSGでのプレシーズンに

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表DFプレスネル・キンペンベが23日にそ径部の手術を受けることになった。フランス『レキップ』が伝えている。 直近のリーグ戦2試合を欠場していたキンペンベは、21日に発表されたフランス代表からも落選。ただ、『レキップ』が伝えるところによれば、当初ディディエ・デシャン監督はキンペンベの招集を考えていたものの、以前からそ径部に痛みを抱えていた同選手が根本的な問題を解決するため、シーズン終了のこのタイミングで手術を受けることを希望。これをデシャン監督が受け入れた形のようだ。 なお、23日に手術を受診するキンペンベの復帰時期はPSGのプレシーズントレーニングが開催されるタイミングとなるようだ。 2019.05.22 14:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、移籍示唆のスピーチも…PSGが残留強調「このストーリーは来季も続く」

パリ・サンジェルマン(PSG)がフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)の残留を強調した。 フットボール界のニュー・スターとして、その存在感を高め続けるムバッペ。リーグ・アンでは最終節を残して、ここまで公式戦28試合32ゴール9アシストを記録し、2018-19シーズンのリーグ・アン年間最優秀選手賞と3年連続の年間最優秀若手選手賞に輝いた。 そんな中、その授賞式でムバッペは、「ここで多くのことを学ばせてもらった。次は、その僕がもっと責任を負うべきときなのかもね。その場所がPSGであれば、大きな喜びだけど、新しいプロジェクトを持つ他の場所かもしれない」と移籍をほのめかすようなスピーチを発した。 この発言で周囲を騒がせたムバッペだが、クラブはその後、ツイッター(@PSG_inside)で声明を発表。同選手の残留を明かしている。 「パリ・サンジェルマンとキリアン・ムバッペはこの2年間とても強く結ばれた。そして、このストーリーは来シーズンも続く」 「PSGが創立されてから50年という記念のシーズンに、ヨーロッパのフットボール界に歴史を刻むという野心を共有し、大きな1ページを記すために、共にみんなが役割を果たさなくてはならない」 2019.05.21 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGがカンテに照準変更 魅力的なオファーか

チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ(28)に対して、パリ・サンジェルマン(PSG)が目を光らせているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 今年1月に続いて今夏もエバートンに所属するセネガル代表MFイドリサ・グイエ(29)の獲得挑戦が憶測として浮上しているPSG。だが、依然としてエバートン側に放出の意思がなく、何としてでも守備的MFを獲得したいPSGはターゲットを変更したという。 そこで、新たに挙がったのがカンテだ。昨年11月に新契約締結に至った上、チェルシーが補強禁止処分を受けた状況だけに、実現しがたそうだが、PSGはキャリアの絶頂期にいる28歳の同選手に無視しがたい好オファーを用意している模様だ。 なお、そのPSGはカンテを獲得できなかった場合の次なる手として、ワトフォードに所属するフランス人MFアブドゥライエ・ドゥクレ(26)を注視しているとみられる。 2019.05.20 11:05 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース