バラック氏がレーブ続投に疑問 「多くの人たちと同様に驚いた」2018.10.12 14:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドイツ代表のレジェンドの1人であるミヒャエル・バラック氏は、ロシア・ワールドカップ(W杯)の惨敗にも関わらず、ヨアヒム・レーブ監督が続投したことを疑問に感じているようだ。ドイツ『Deutsche Welle』で語った。▽2006年のドイツW杯終了後に、ユルゲン・クリスマン前監督の後を継いでヘッドコーチから昇格する形で新指揮官に就任したレーブ監督。これまで2014年のブラジルW杯での優勝や、2008年のユーロ準優勝など輝かしい成績を残してきた。

▽その一方で、連覇が期待されたロシアW杯ではグループステージ敗退を味わい、長期体制ゆえのマンネリ化を指摘する声も挙がっており、今年7月に2022年カタールW杯までの続投が発表された際には疑問の声も多く上がっていた。

▽そして、ドイツ代表のレジェンド、バラック氏もレーブ監督の続投に疑問を持つ1人のようだ。

「多くの人たちと同様に、私自身も驚いた。続投が決まるなんてね」

「彼は長い間、監督を務めてきた。ただそれだけ長くやっていくならば、いつかはそれがうまく機能しなくなるときがくるというものだ」

「確かにワールドカップで優勝したプレーヤーたちへ信頼を置くことは驚くことではない。しかし、ロシアでは高いレベルで力を発揮できていないプレーヤーが何人も見受けられた」

「そもそも大会前の時点で、いくつかのポジションに関しては問題があったことは明らかだった。だからこそ、レーブが今後に向けて本当に正しい人選であるのか、上層部はしっかりと判断をするべきだったと思う」

「すでに続投が既定路線という中で、これから分析を行う、など言うべきではない。それは分析とは呼ばない」
コメント
関連ニュース
thumb

リヒター全ゴールに絡んだ前大会王者ドイツが快勝発進! 注目ヨビッチ低調のセルビアは完敗…《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権のグループB第1節、U-21ドイツ代表vsU-21デンマーク代表が17日に行われ、ドイツが3-1で勝利した。 大会連覇を目指すドイツが、今大会初戦でデンマークと対峙したこの一戦。優勝候補のドイツは、ザネやハフェルツ、ヴェルナー、ブラントら一部フル代表組が招集外となったものの、ターやダフード、クロステルマンらフル代表経験者がこの初戦で先発を飾った。 共に[4-3-3]の布陣で臨んだ中、ボール回しの精度で勝るドイツが徐々にペースを掴んでいく。幾つかの決定機を経て迎えた28分、ボックス右でDFを背負ったM・エッゲシュタインが丁寧に落としたボールをリヒターが相手DFの股間を抜く左足のシュートでゴール左に流し込んだ。 ドイツの1点リードで折り返した中、後半立ち上がりはスコブの個人技を生かしてデンマークが押し込む入りを見せる。だが、52分には相手セットプレーの流れからクリアボールの処理をもたついたDFペデルソンからボールを奪ったリヒターがそのままボックス付近まで運んでカットインから見事なニアへのシュートを流し込み、ドイツに2点目が生まれた。 これで完全に流れを掴んだドイツは65分、自陣深くからのロングカウンターを発動。ハーフウェイライン付近でボールを受けたリヒターが体勢を崩しながらも左のスペースに走り込むワルドシュミットにラストパスを通すと、ワルドシュミットがボックス内で冷静にGKとの一対一を制し決定的な3点目を奪った。 何とか1点を返したいデンマークは73分に相手DFのハンドで得たPKをキッカーのスコブが決めて反撃の狼煙を上げる。しかし、この失点にも崩れる様子を見せないドイツは選手交代を行いながら危なげなく試合を締めくくり、3-1でタイムアップ。 リヒターの全ゴールに絡む活躍で快勝のドイツが連覇に向けて幸先の良いスタートを見せた。 また、同日行われたグループB第1節のもう1試合、U-21セルビア代表vsU-21オーストリア代表は、オーストリアが0-2で勝利した。 先日にレアル・マドリー加入が発表されたFWヨビッチ、フィオレンティーナDFミレンコビッチ、ベンフィカMFジブコビッチ、マルセイユMFラドンジッチと好タレントを要するセルビアの優位が伝えられたこの試合。 しかし、蓋を開けてみれば、予選プレーオフを勝ち上がってきたオーストリアが序盤から試合の主導権を握る。 RBザルツブルクでコンビを組むシュラーガーとヴォルフの阿吽の呼吸を生かして再三良い形の攻撃を仕掛けたオーストリアは、37分にボックス内でホルバートの放ったシュートが右ポストを叩くと、この跳ね返りをヴォルフが押し込む。当初、オフサイドの判定もビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ゴールが認められた。 注目のヨビッチが全く存在感を放てず、後半も左サイドのラドンジッチの個人技以外に攻め手がないセルビア。これに対して前半同様に試合をコントロールするオーストリアは、前線4人の鮮やかな連携から鋭いカウンターを繰り出して相手GKラドゥノビッチのビッグセーブを強いる。 その後、75分にはヴォルフに対して危険な後方からのアフターチャージを見舞ったDFヨバノビッチに対して、VARの検証の結果、レッドカードが掲示される。オーストリアはこのプレーで重傷を負ったヴォルフがプレー続行不可能となるアクシデントに見舞われるが、78分にホルバートの見事な直接FKが決まって追加点を奪取。 試合終盤にかけてはいら立ちを募らせるセルビア側に多くのカードが掲示される荒れ模様の展開となったが、数的優位のオーストリアが2-0のスコアで試合をクローズ。この結果、グループBはドイツとオーストリアが白星スタートを飾ることになった。 2019.06.18 05:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ゴールレスドローの中国とスペインが揃って決勝T進出! ドイツはGS全勝で首位通過!!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019グループB最終節の中国女子代表vsスペイン女子代表が17日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 共に1勝1敗の勝ち点3でグループ2位通過を争う中国とスペインの一戦。立ち上がりからポゼッションで中国を上回るスペインは9分、マリオナの左クロスにルシア・ガルシアが飛び込んだが、シュートはゴール右に外れた。 膠着状態が続く中、スペインは39分にトレシジャの右クロスからエルモソがヘディングシュートを狙ったが、ゴール右隅を捉えたボールは相手GKにセーブされた。 後半に入っても主導権はスペインが握る。しかし、相手ボックス付近でのラストパスやフィニッシュの精度を欠く。それでもスペインは83分、ギハーロのミドルシュートで中国ゴールに迫ると、85分にもエルモソに決定機が訪れたが、シュートは共に相手GKの好セーブに阻まれた。 結局、試合はそのまま0-0で終了。この結果、勝ち点を4に伸ばした両チームが決勝トーナメント進出を決めた。 また、同時刻開催の南アフリカ共和国女子代表vsドイツ女子代表は0-4でドイツが圧勝した。試合は決勝トーナメント進出を決めているドイツが立ち上がりから攻勢に出ると、14分にヴェレーナの右CKからロイポルツがヘディングシュートを流し込み、先制に成功する。 勢いづくドイツは、29分にも相手GKのミスからデェブリツがゴールネットを揺らすと、40分にはグヴィンの右クロスからポップがヘディングシュートを突き刺した。 後半に入っても攻撃の手を緩めないドイツは58分、中盤からのFKをゴール前に走り込んだマリーナがヘディングシュート。相手GKの弾いたボールが右ポストに当たると、こぼれ球に反応したマグルが押し込み、試合を決定づける4点目。 結局、試合はドイツが4-0で勝利。グループステージ3連勝のドイツが、グループB首位通過を決めている。 ◆グループB順位表 [勝ち点/試合数/得失点] 1.ドイツ[9/3/6]※ 2.スペイン[4/3/1]※ 3.中国[4/3/0]※ 4.南アフリカ[0/3/-7] ※が決勝トーナメント進出 2019.06.18 03:00 Tue
twitterfacebook
thumb

開催国フランスが粘るノルウェーを下し連勝! ドイツもスペインに勝利し連勝《女子W杯》

12日、女子ワールドカップ(W杯)2019のグループステージ第2節が行われ、開催国のフランス女子代表は2-1でノルウェー女子代表に勝利。2連勝を記録した。 開幕戦で韓国女子代表を2-0で下したフランスと、ナイジェリア女子代表に2-0で勝利したノルウェーの一戦。試合は立ち上がりから互いに攻勢に出る展開となる。 互いに相手ゴールに迫る展開もゴールレスで迎えた後半、46分にフランスが先制する。ボックス左に展開するとアメル・マイリのクロスを走り込んだヴァレリー・ゴービンがボックス中央でダイレクトで合わせ、フランスが先制する。 先制を許したノルウェーは54分、パスを繋いで崩すと、ボックス左でスルーパスを受けたイサベル・ヘルロヴセンがグラウンダーのクロス。イージーなボールだったが、ワンディ・ルナールがクリアしようと蹴るとこれがオウンゴールとなり、ノルウェーがラッキーな形で同点に追いつく。 追いつかれたフランスだったが72分、クロスの流れたボールを拾ったマリオン・トレントがイングリッド・シルスタ・エンゲンに蹴られてボックス内で倒れ込むことに。このシーンでは、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が適用され、主審のビビアナ・シュタインハウスさんが映像を確認。これがファウルと認められ、フランスがPKを獲得するとウジェニー・ル・ソマーが落ち着いてゴール左に決め、フランスが勝ち越し。そのまま逃げ切り、2-1で見事に2連勝を達成した。 その他、グループAのもう1試合はナイジェリアが2-0で韓国を下し1勝1敗となり、韓国の敗退が決定。グループBのドイツ女子代表vsスペイン女子代表は1-0でドイツが勝利し2連勝を飾った。 フランス女子代表 2-1 ノルウェー女子代表 【フランス】 ゴービン(後1) ル・ソマー(後27)[PK] 【ノルウェー】 オウンゴール(後9) 2019.06.13 10:25 Thu
twitterfacebook
thumb

無慈悲ドイツが圧巻8発で3連勝! 首位の北アイルランドを追走《ユーロ2020予選》

ドイツ代表は11日、ユーロ2020予選グループC第4節でエストニア代表をホームに迎え、8-0で圧勝した。 3日前に行われたベラルーシ代表戦を2-0と勝利し2連勝スタートとしたドイツは、ベラルーシ戦のスタメンから2選手を変更。ターとクロステルマンに代えてゴレツカとケーラーを起用した。 2連敗スタートのエストニアに対し、[4-3-3]を採用したドイツはGKにノイアー、4バックに右からケーラー、ギンター、ジューレ、N・シュルツ、中盤アンカーにキミッヒ、インサイドにギュンドアンとゴレツカ、3トップはザネ、ロイス、ニャブリが流動的にポジションを取る形となった。 立ち上がりから攻勢に出たドイツは10分にあっさり先制する。ギュンドアンのパスを右サイド高い位置で受けたケーラーがダイレクトでクロスを折り返すと、ロイスが押し込んだ。 先制後もハーフコートゲームを続けたドイツは17分に加点する。ギュンドアンの浮き球パスをボックス左で受けたザネの折り返しをニャブリが押し込んだ。 その後も攻め手を緩めないドイツは20分、ボックス右のキミッヒのクロスをゴレツカがヘディングで流し込んで3-0。さらに26分、ゴレツカが得たPKをギュンドアンが決めて4-0とすると、37分にはロイスの直接FKが決まって5-0とし、前半で勝負を決めた。 後半に入ってN・シュルツ、ゴレツカをお役御免としたドイツは62分に6点目を挙げる。ボックス左からのハルステンベルクのクロスをニャブリが押し込んだ。 終盤にかけても容赦のないドイツは79分、ドラクスラーのスルーパスをヴェルナーが決めると、88分にはザネも決めて8-0。圧勝で3連勝スタートとしている。 ◆11日開催グループC第4節その他の試合結果 ベラルーシ 0-1 北アイルランド ◆グループC順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.北アイルランド[12/4/5] 2.ドイツ[9/3/11] 3.オランダ[3/2/3] 4.エストニア[0/4/-11] 5.ベラルーシ[0/4/-8] 2019.06.12 06:05 Wed
twitterfacebook
thumb

エジル、ドイツ代表引退の原因となったトルコ大統領が結婚式に出席

アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジル(30)が7日、トルコのイスタンブールでアミーネ・グルゼ(26)と結婚式を挙げ、既報通りトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が付添人として出席した。 エルドアン大統領は対立者を厳しく取り締まり、軍、警察、裁判官を解任させるなど、独裁的な政治手法が国内外から多く批判される人物だ。 一方、トルコにルーツを持つエジルだが、生まれ育ったドイツでフル代表になる選択をしていた。しかし、そのエジルはロシア・ワールドカップ(W杯)前の昨年5月にロンドンを訪れたエルドアン大統領にエバートンのトルコ代表FWジェンク・トスン、マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンと共に面会。その際に撮られた記念写真が公となったことで、反エルドアン大統領派のドイツ国民やドイツサッカー連盟(DFB)から非難を浴びた。 結局、ヨアヒム・レーブ監督は多くの批判を浴びたエジルとギュンドアンをロシアW杯に招集も、エジルは惨敗となった同大会後に、「民族差別と軽蔑を感じ、これ以上ドイツ代表でプレーしない」と、DFB幹部らを非難すると共に代表引退を発表していた。 この代表引退によってエルドアン大統領との距離をさらに縮めたエジルは、2014年度のミス・トルコに輝いたアミーネさんとの結婚式に同大統領を招待することになった。 すでにドイツ代表とは無関係のエジルだが、エルドアン大統領との蜜月の関係は、現役引退後を含め今後のドイツでの活動に大きな影響を与えることになりそうだ。 なお、エルドアン大統領の出席で物議を醸す結婚式となった中、エジルとアミーネ夫妻は、今後1000人の子供たちの手術代を負担するチャリティー活動の計画を発表している。 2019.06.09 16:18 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース