金沢GK原田直樹に第一子となる長女が誕生「金沢のゴールと妻と子どもを守っていけるよう」2018.10.12 12:09 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ツエーゲン金沢は12日、GK原田直樹に第一子となる長女が誕生したことを発表した。▽クラブ公式サイトによると、長女は7日に誕生。原田は、以下のように喜びのコメントを伝えている。

◆GK原田直樹
「私事ですが、この度10月7日に第一子(長女)が誕生しました! 頑張ってくれた妻と子どもには本当に感謝しています。金沢のゴールと妻と子どもを守っていけるよう精進していきます。これからも応援よろしくお願いします!!」

▽広島県出身の原田は2014年に金沢でプロとしてのキャリアをスタート。今シーズンは出場機会を得られていないものの、昨年12月初めに一般女性との入籍を報告していた。
コメント
関連ニュース
thumb

チームは過去最高成績もFW小松蓮が悔しさ露わに「出る機会も少なくて」《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-23チリ代表、U-19ポルトガル代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、過去最高の準優勝という結果で大会を終えた。 FW小松蓮(ツエーゲン金沢)が成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。出場機会に恵まれなかった悔しさを露わにした。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆FW小松蓮(ツエーゲン金沢) ──大会を振り返って 「自分としては試合に出る機会も少なくて悔しい大会でした」 ──肌で感じた世界との差とは 「個人個人のレベルが高い選手が多かったです。こういった経験ができたことは、自分のサッカー人生において大きなものになりました」 ──コパ・アメリカで同世代が出場することについて 「どれだけやれるか楽しみです。それだけです」 2019.06.17 22:34 Mon
twitterfacebook
thumb

金沢FW大石竜平がプロA契約締結! 今季16試合で3ゴール

ツエーゲン金沢は6日、FW大石竜平(22)とのプロA契約締結を発表した。5月26日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節のモンテディオ山形戦で締結条件を満たした。 静岡県出身の大石は、国士舘大学から2019年に金沢へ加入。ルーキーイヤーながらここまでの全16試合(先発11)に出場し、3ゴールを決めている。 その大石はプロA契約締結を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「A契約になれたことをとても嬉しく思います。ここで満足することなく上だけを見て、これからもチームのために全力でプレーしていきたいと思っています」 2019.06.06 18:52 Thu
twitterfacebook
thumb

相模原DF辻尾真二が33歳で現役引退 古巣金沢のアンバサダーに

SC相模原は18日、DF辻尾真二(33)の現役引退および同クラブアンバサダー就任を発表した。 辻尾は中央大学を卒業後、清水エスパルス、サンフレッチェ広島、大分トリニータを渡り歩き、2014年からツエーゲン金沢でプレー。2017年から相模原に活躍の場を求め、昨年は明治安田生命J3リーグ29試合2得点を記録した。引退を受け、相模原と金沢の公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆SC相模原 「この度、私事ではございますが2018シーズンをもちまして現役を引退する事を決めました。プロサッカー選手として11年間プレーしてきました。 幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になる事が出来て、11年間という現役生活は本当に幸せでした」 「プロになり5つのクラブでプレーさせて頂きました。清水エスパルス、サンフレッチェ広島、大分トリニーツエーゲン金沢、SC相模原、全てのクラブのサポーター、スポンサー、クラブ関係者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有難うございました」 「そして4歳からサッカーを始めて大学まで指導して下さった指導者の方々、サッカーの技術はもちろん人間として大きく成長する事が出来ました。僕の為を思い丁寧に、熱く、時に厳しく指導して頂き本当に有難うございました」 「最後になりますが、これまで大きな怪我もなく丈夫な身体に育ててくれた両親、決して順風満帆とは言えない選手生活を日々側で献身的に支え、僕の幸せを僕以上に祈ってくれる妻、いつも笑顔で活力を与えてくれる娘に本当に感謝しています。有難う」 「今後につきましてはサッカーに携わる仕事をしていくので、違った立場からサッカー界に少しでも貢献出来るようにまた一から勉強したいと思います。本当に有難うございました!」 ◆ツエーゲン金沢 「ツエーゲン金沢サポーターの皆様、お久しぶりです! この度2018シーズンで現役を引退し、今シーズンよりツエーゲン金沢クラブアンバサダーに就任させて頂く事になりました。2014年、チームが中々決まらない時に拾って頂いたのはツエーゲン金沢でした。2014年から2016年までプレーさせて頂きJ3優勝、J2での快進撃、そして残留争いと様々な経験をする事が出来ました」 「2年前に退団して再び声を掛けて頂きツエーゲン金沢の為に働ける事、非常に嬉しく思います。もうフリーキックでクラブに貢献する事は出来ませんが、違った立場からツエーゲン金沢の発展、J1昇格の為、そして選手がより良い環境でプレー出来るように身を粉にして働きたいと思います。宜しくお願い致します。 2019.01.18 11:10 Fri
twitterfacebook
thumb

金沢、松本から東京五輪世代のFW小松蓮を育成型期限付き移籍で獲得

ツエーゲン金沢は10日、松本山雅FCからFW小松蓮(20)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年1月31日まで。同期間中、松本との公式戦に出場できない 東京オリンピック世代の小松は、2018年に産業能率大学から松本へ入団。昨シーズンは公式戦での出場はなかった。 金沢加入が決まった小松は両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ツエーゲン金沢 「はじめまして、松本山雅FCから移籍してきました小松蓮です。プロ1年目で味わった悔しさを忘れず、死に物狂いで日々取り組み、結果を出してツエーゲン金沢の力になれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします!!」 ◆松本山雅FC 「このたび、ツエーゲン金沢に期限付き移籍することになりまし」 「育った地・松本を離れての挑戦で初めての事ばかりだと思いますが、色々な事を吸収して成長した姿をまた見ていただけるよう頑張ってきたいと思います! 「少しでも応援していただけると嬉しいです」 2019.01.10 15:36 Thu
twitterfacebook
thumb

金沢2選手が移籍 谷口遼弥はJAPANサッカーカレッジへ、野田紘史はラインメール青森に

ツエーゲン金沢は9日、FW谷口遼弥(19)とDF野田紘史(32)の移籍を発表した。 金沢下部組織出身の谷口は今シーズンからJAPANサッカーカレッジに期限付き移籍。2018年にトップチーム昇格を果たしたが、デビューイヤーは出番がなかった。 野田は今年からラインメール青森(JFL)へ。浦和レッズ、ファジアーノ岡山、V・ファーレン長崎、ヴァンフォーレ甲府を渡り歩き、2015年途中から金沢に活躍の場を移し、2018年は出番がなかった。 2019.01.09 14:35 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース