ハメス1G1A! コロンビアがアメリカとのシーソーゲーム制す《国際親善試合》2018.10.12 10:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コロンビア代表は12日、国際親善試合アメリカ代表戦に臨み、4-2で勝利した。▽アルトゥロ・レジェス暫定監督の指揮が続くコロンビアは、ベストメンバーを揃えて試合をスタート。2トップをファルカオ、バッカが務め、中盤にハメス・ロドリゲスらを起用する[4-4-2]の布陣を採用した。

▽一方のアメリカは、トップ下にグリーン、サイドハーフにウェアらを配置。ウッドが最前線に構える[4-2-3-1]の形で試合に入った。

▽立ち上がりから優勢に試合を運ぶコロンビアに対し、アメリカはややハードな守備でゴールを死守。序盤は決め手を欠く展開が続く。

▽しかし36分、コロンビアのエースが独力で均衡を崩す。ボックス右でボールを持ったハメス・ロドリゲスは、細かいタッチでアメリカDFを翻弄し左足を振り抜く。すると、鋭い回転のかかったシュートがゴール左上隅を射抜いた。

▽コロンビアが1-0でリードして迎えた後半、アメリカが早々に巻き返す。50分、左サイドからクロスが上がると駆け上がったあコスタが右足でボレーシュートを放つ。これがネットを揺らし、スコアを同点とした。

▽さらに53分、コロンビアが再びリードを奪おうと前がかりになったところでアメリカのカウンターが発動。左サイドのウェアからのラストパスにウッドが反応し、スコアを2-1とする。

▽それでも、直後の56分に今度はコロンビアが決定機を掴む。右サイドでのスローインから深い位置まで侵攻したアリアスが、中央にグラウンダーのボールを折り返す。反応したバッカが確実に決め切り、再び同点に。

▽その後もしばらく一進一退の攻防が続き、再び試合が動いたのは74分。コロンビアのカウンターの場面で、右サイドでボールを持ったキンテロがボックス手前中央にスルーパスを送る。ハーフウェイライン付近から駆け上がっていたファルカオがダイレクトで合わせ、スコアを3-2とする。

▽そして80分、ハメス・ロドリゲスがボックス右でボールを保持。山なりのクロスがファーに供給されると、途中出場のM・ボルハがバイシクルシュートでリードを広げた。

▽結局、試合は4-2のスコアで終了。打ち合いを制したコロンビアは17日に国際親善試合コスタリカ代表戦を、敗れたアメリカはペルー代表戦を戦う。
コメント
関連ニュース
thumb

クリンスマンの息子でU-23アメリカ代表GKジョナサンがザンクト・ガレンへ移籍!「ヨーロッパリーグ出場に貢献したい」

スイス・スーパーリーグのザンクト・ガレンは18日、ヘルタ・ベルリンからU-23アメリカ代表GKジョナサン・クリンスマン(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までの2年間となる。 ドイツ代表のエースとして活躍し、ヨーロッパのビッグクラブでも活躍したユルゲン・クリンスマン氏を父に持つジョナサンは、カリフォルニア大学在学中に参加したヘルタ・ベルリンのトライアウトで見事合格を勝ち取り、2017年7月に加入。しかし、トップチームでの出場はヨーロッパリーグの1試合に留まり、セカンドチームのヘルタ・ベルリンⅡでセカンドチームでのプレーが続いた。 また、アメリカとドイツの二重国籍を持つジョナサンは、世代別のアメリカ代表としてプレー。2017年5月に行われたU-20ワールドカップにもU-20アメリカ代表の正守護神として出場し、ベスト8入りに貢献していた。 ザンクト・ガレン移籍の決まったジョナサンは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしてる。 「ヘルタ・ベルリンでの2年間は僕を大きく成長させ、目標を明確にすることができた。ザンクト・ガレンでは、できるだけ早く先発の座を勝ち取り、チームのヨーロッパリーグ出場に貢献したいと思ってるよ。また、アメリカ代表として東京オリンピックの出場を勝ち取ることも僕の目標だね」 2019.06.19 00:40 Wed
twitterfacebook
thumb

GS連勝のアメリカとスウェーデンが順当に決勝トーナメント進出を決める!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019グループF第2節のアメリカ女子代表vsチリ女子代表が16日に行われ、3-0でアメリカが勝利した。 初戦のタイ代表戦を13-0で圧勝したアメリカと、スウェーデン女子代表に0-2で敗戦したチリによる一戦。立ち上がりから地力で勝るアメリカが主導権を握ると12分、ボックス中央で相手のクリアに反応したロイドが左足のボレーシュートをゴール右に突き刺した。 先制を許したチリは22分、中盤で獲得したFKからソトがゴール前にロングパスを供給。これに抜け出したしたカーラ・ゲレロがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ピンチを凌いだアメリカは直後に反撃に出る。25分、ティアナの右CKからニアのジョンストンがバックヘッドでゴールネットを揺らすと、35分にも右CKからロイドがヘディングシュートを叩き込んだ。 後半に入ってもチリを圧倒するアメリカは、62分にロイドのパスをボックス左で受けたジェシカが右足を振り抜くが、これは右ポストに弾かれる。65分には、右サイドを突破したピューのクロスをゴール前のジェシカが頭で合わせると、ゴール左に逸れたボールをファーサイドのプレスがヘディングシュートで狙ったが、これはGKエンドラーのファインセーブに阻まれた。 アメリカは80分、セットプレーの混戦でロイドがボックス内でフランシスカ・ララに倒されると、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)検証の結果、PKを獲得。しかし、ロイドのPKはゴール左に外れた。結局、試合はそのまま3-0でアメリカが勝利した。 また、同日に行われたグループFもう一試合のスウェーデン女子代表vsタイ女子代表は、5-1でスウェーデンが勝利した。立ち上がりの6分にセンブラントのゴールで先制したスウェーデンは、19分にアスラニ、42分にロルフォがゴールネットを揺らし、3点のリードで試合を折り返す。 後半に入っても主導権を握るスウェーデンは、81分にエリクソンの左クロスからフルティングがヘディングシュートを突き刺して4点目。後半アディショナルタイム1分にタイのソングンに1点を返されたスウェーデンだが、アディショナルタイム6分にルベンソンがPKを沈め、試合は5-1で終了のホイッスル。 この結果、グループステージ連勝を飾ったアメリカとスウェーデンのグループステージ突破が決定。両チームは20日に首位通過をかけて最終節で激突する。 2019.06.17 02:52 Mon
twitterfacebook
thumb

モーガン5発、合計13発の王者・アメリカがタイを粉砕《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019グループF第1節のアメリカ女子代表vsタイ女子代表が11日に行われ、13-0でアメリカが勝利した。 ディフェンディングチャンピンとして大会に臨むアメリカは、エースのFWアレックス・モーガンやMFカーリー・ロイドら主力選手が出場。すると、衝撃のゴールショーを繰り広げた。 先制点は12分、ボックス内右に仕掛けたロイドからのクロスを、モーガンがヘディングで合わせてネットを揺らす。20分にはローズ・ラベルがボックス手前から左足を振り抜くと、ゴール左隅に決まり追加点。32分にはボックス手前のFKから、最後はリンジー・ホランが詰めて3点目を奪う。 前半は3点のリードを得たアメリカだったが、後半にその攻撃陣が爆発する。 50分、サマンサ・メウィスが強烈なシュートをたたき込むと、53分にはFKを繋いでモーガンが追加点。54分にはメウィスが2点目を奪うと、56分にはラベルもこの試合2点目を奪い、一気にリードを7点とする。 その後も選手交代をしながら攻撃の手を緩めないアメリカは、74分にモーガンがハットトリックとなるゴールを決めると、79分にミーガン・ラピノー、81分にモーガン、85分にマロリー・プー、87分にモーガンがこの試合5点目を記録。そして、アディショナルタイム2分にはカーリー・ロイドが締めのゴールを決め、終わってみれば13-0の圧勝で初戦を勝利した。 その他、グループEのニュージーランド女子代表vsオランダ女子代表は0-1でオランダが勝利、グループFのチリ女子代表vsスウェーデン女子代表は0-2で勝利している。 アメリカ女子代表 13-0 タイ女子代表 【アメリカ】 モーガン(前12) ラベル(前20) ホラン(前32) メウィス(後5) モーガン(後8) メウィス(後9) ラベル(後11) モーガン(後29) ラピノー(後34) モーガン(後36) プー(後40) モーガン(後42) ロイド(後45+2) 2019.06.12 09:40 Wed
twitterfacebook
thumb

打ち合いを制したアメリカが優勝候補フランスを撃破し3大会連続のベスト8進出!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯) 2019決勝トーナメント1回戦のU-20フランス代表vsU-20アメリカ代表が4日に行われ、2-3でアメリカが勝利した。 グループEを3連勝で首位通過したフランスと、グループDを2勝1敗で2位通過したアメリカの一戦。 立ち上がりはフランスがボールを保持しながら攻撃を組み立てるが、先に試合を動かしたのはアメリカ。25分、ドリブルで持ち上がったレデズマのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したソトがボックス左から侵入し、ゴール右隅へシュートを流し込んだ。 先制を許したフランスは、37分に決定機。右サイドを抜け出したバジラのクロスをファーサイドの味方が頭で折り返すと、ゴール左手前で収めたグイリが反転からラストパス。これをゴール前に走り込んだキュイサンスが左足で合わせたが、シュートは右ポストに弾かれた。 同点のチャンスを逃したフランスだったが41分、ディアビのスルーパスでボックス右から侵入したグイリが飛び出したGKの脇を抜くシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 1-1で迎えた後半、先に試合を動かしたのはフランス。55分、右サイドからドリブルで仕掛けたディアビが強引な突破でボックス右深くまで侵入。ディアビのシュートは右ポストに弾かれたが、こぼれ球に反応したアリウィのシュートがゴール中央に突き刺さった。 逆転を許したアメリカは、63分にデ・ラ・フエンテとレデズマを下げてユーレシーズ・ラネスとレニックスを投入。すると74分、ペナルティアーク手前でボールを受けたウェアのパスでゴール前に抜け出したソトがゴールネットを揺らし、再び試合を振り出しに戻す。 追いついたアメリカは、83分にもバイタルエリア右からデストが強烈なミドルシュートを放つと、相手GKの弾いたボールをゴール左から走り込んだレニックスが押し込み、勝ち越しに成功。 結局、これが決勝点となり3-2でアメリカが勝利。3大会連続のベスト8進出を決めたアメリカは、準々決勝で南米王者のU-20エクアドル代表と対戦する。 2019.06.05 03:05 Wed
twitterfacebook
thumb

2連勝のウクライナが突破! アメリカはナイジェリア撃破で初勝利!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯) 2019・グループD第2節の2試合が27日に行われ、U-20カタール代表vs U-20ウクライナ代表は0-1でウクライナが勝利し、決勝トーナメント進出を決めている。 初戦のU-20ナイジェリア代表戦を0-4と完敗したカタールと、初戦のU-20アメリカ代表戦を2-1と競り勝ったウクライナの一戦。 カタールがボールを持ち、ウクライナガカウンターを狙う展開で推移した試合だったが、前半は互いに決定機なくゴールレスで終了した。 それでも迎えた後半からウクライナが攻勢に出ると、59分にCKの流れからポポフがヘディングシュートを叩き込んで先制した。 その後も主導権を握ったウクライナがカタールに何もさせずに時間を進める中、85分に退場者を出したカタールを尻目にウクライナが1-0で勝利。2連勝でグループステージ突破を決めている。 また、もう一試合のU-20アメリカ代表vsU-20ナイジェリア代表は2-0でアメリカが勝利した。 初戦のU-20ウクライナ代表戦を1-2と競り負けたアメリカと、初戦のU-20カタール代表戦を4-0と快勝したナイジェリアの一戦。 試合は負けられないアメリカが立ち上がりから仕掛ける流れとなると、17分にメンデスのミドルシュートがバーを直撃した。そして直後の右CKからソトがヘディングシュートを決めてアメリカが先制した。 続く21分にはウェアがスルーパスに抜け出してボックス左に侵入。GKと一対一となったが、GKの好守に阻止された。 前半終盤にかけてはナイジェリアが盛り返し、39分にオコンがボレーシュートでGKを強襲すれば、41分にはマイケルのミドルシュートがバーを直撃した。 それでも1点をリードして迎えた後半開始30秒、アメリカに追加点が生まれる。スルーパスに抜け出してボックス左に侵入したソトがGKとの一対一を制した。 ソトのこの試合2ゴール目でリードを広げたアメリカは64分にPKを献上しかけるも、VARの末にオフサイドがあったとしてPKが取り消しとなり救われた。 結局、終盤にかけてはナイジェリアの反撃を許さずに時間を進めたアメリカが2-0で勝利。今大会初勝利を飾っている。 2019.05.28 05:41 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース