途中出場ムバッペの活躍でフランスが2点差を追いつきアイスランドにドロー《国際親善試合》2018.10.12 06:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス代表は11日、国際親善試合でアイスランド代表をホームに迎え、2-2で引き分けた。▽5日後にUEFAネーションズリーグ3戦目のドイツ代表戦を控えるフランスは、フラットな[4-4-2]を採用。2トップにグリーズマンとジルー、右サイドにトヴァン、左にデンベレを配し、中盤センターにポグバとエンゾンジを据えた。

▽4日後にUNL3戦目のスイス代表戦を控えるアイスランドに対し、フランスが一方的に敵陣でプレーする展開となると、19分にディーニュの左クロスからグリーズマンのヘディングシュートで先制点に近付いた。

▽その後も22分にポグバのコントロールシュートでゴールに迫ったフランスだったが、30分に一瞬の隙を突かれて先制される。キンペンベのボールロストからビャルナソンにコントロールシュートを決められた。

▽失点を喫したフランスは38分、CKからR・シグルドソンのヘディングシュートが枠を捉えたが、ここはGKロリスがビッグセーブで阻んだ。

▽1点ビハインドで迎えた後半、54分にデンベレの左クロスからグリーズマンのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKハルドルソンのファインセーブに阻止された。

▽すると58分、左CKからニアサイドのアルナソンにヘッドで合わせられたシュートがゴール右上に決まってしまい、フランスは2点を追う展開を強いられる。

▽ムバッペを投入して反撃を狙うフランスは、79分にボックス右に侵入したムバッペがシュートに持ち込んだが、GKにセーブされた。それでも86分、ボックス右で仕掛けたムバッペの鋭いクロスがGKの手を弾いてDFに当たりゴールに吸い込まれた。

▽さらに89分、CKの流れでシグソールソンのハンドを誘ってPKを獲得したフランスは、キッカーのムバッペが決めて何とか2-2の引き分けに持ち込んでいる。
コメント
関連ニュース
thumb

ルーマニアとフランスが思惑通りのドローでベスト4進出&五輪出場! イタリアは敗退…《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権2019グループC最終節、U-21フランス代表vs U-21ルーマニア代表が24日に行われ、0-0で引き分けた。 3日前に行われたU-21クロアチア代表戦を1-0と勝利して2連勝とした2位フランスと、U-21イングランド代表戦を4-2と勝利して2連勝とした首位ルーマニアの一戦。 引き分けで共にベスト4進出と東京五輪出場が決まる両国の試合は、マテタを最前線で起用したフランスが押し込む展開で立ち上がっていくも、ルーマニアもプシュカシュとハジを起点としたカウンターで応戦していく。 互いにアグレッシブな入りとなった中、徐々にルーマニアのカウンターがフランスを脅かす展開に。しかし、決定的なシュートには持ち込めずゴールレスで推移していった。 ハーフタイムにかけては両チームが慎重なボール回しに終始した中、前半を思惑通りのゴールレスで終えた。 迎えた後半、前半同様にフランスが押し込む入りとなったが、やはり決定的なシュートにつなげることはできない。 前半半ば以降もフランスが仕掛ける状況が続くも、ゴール前に迫るシーンは訪れない。そんな中79分、ルーマニアに両チーム通じてこの試合最初の決定機。右サイドからのFKを味方が逸らし、相手DFに当たったボールがゴール方向へ。しかし、わずかに枠を外れた。 終盤にかけては互いにリスクを冒すことなく時間が経過。両チームが思惑通りの引き分けに持ち込み、ルーマニアとフランスがベスト4進出を決めるとともに、東京五輪出場を決めている。 準決勝ではルーマニアがU-21ドイツ代表と、フランスがU-21スペイン代表と、いずれも27日に対戦する。 また、敗退の決まっているU-21クロアチア代表vsU-21イングランド代表は、打ち合いの末に3-3で引き分け、両チーム勝利なく大会を終えている。 ◆グループC順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.ルーマニア[7/3/5] 2.フランス[7/3/2] 3.イングランド[1/3/-3] 4.クロアチア[1/3/-4] 2019.06.25 05:56 Tue
twitterfacebook
thumb

開催国フランス、ブラジルとの120分の激闘制しベスト8進出!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019決勝トーナメント1回戦のフランス女子代表vsブラジル女子代表が23日に行われ、延長戦までもつれ込んだ激闘を2-1で競り勝ったフランスが準々決勝進出を果たした。 グループAを3連勝で首位通過した開催国フランスと、グループCを3位で終え各組3位チームの最上位で決勝トーナメント行きを決めたブラジルによる、優勝候補同士による一戦。 試合は立ち上がりから球際で激しくぶつかり合う見応えのある攻防が続く。ボールポゼッションで勝るブラジルは9分にマルタがファーストシュートを放つなど、完全アウェイの雰囲気の中でも落ち着いた入りを見せる。 一方、スタジアムの後押しに加え、フィジカル面の優位性を生かして縦に速い仕掛けから相手ゴールを目指すフランスは23分、右サイドのディアニのドリブル突破からのクロスに長身のゴーヴァンが飛び込む。GKと交錯しながら肩に当てたボールがゴールネットを揺らす。だが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、GKへのオフェンスファウルを取られてゴールは取り消しとなった。 VAR判定に救われたブラジルは38分にボックス内に抜け出したクリスティアーネが惜しいシュートを放つなど、ハーフタイムにかけて押し返すが、こちらも前半のうちにゴールを奪えなかった。 ゴールレスで折り返した試合は後半立ち上がりに動く。52分、トレントからの縦パスに反応した右サイドのディアニがDFをかわしてGKと最終ラインの間にグラウンダーの高速クロスを入れる。ここで絶妙な動き出しでDFの死角から飛び出したゴーヴァンがワンタッチで合わせ、フランスに先制点が生まれた。 これで一気にフランスペースかに思われたが、ブラジルもすぐさま反撃を見せる。55分にクリスティアーネのヘディングシュートで決定機を作り出すと、63分には左サイドに抜け出したデビーニャのクロスのこぼれ球をボックス中央のタイーザが冷静に流し込む。一度はオフサイドの判定もVARの結果、判定が覆ってゴールが認められた。 1-1の振り出しに戻った試合はここから一進一退の攻防となる。互いに前線の個人技を生かして相手ゴールに迫るが、最後のところで崩し切れず、90分間で決着をつけることはできなかった。 延長戦に入っても拮抗した状況が続く中、延長前半終了間際の105分にはブラジルに絶好機。ロングカウンターから左サイドを独走したデビーニャがゴール前まで切り込んでGKの脇を抜くシュートを放つが、これは決死の戻りを見せたアセイにゴールライン手前で掻き出される。 このスーパークリアで大ピンチを凌いだフランスは延長後半に入った直後の107分、相手陣内右サイドでFKのチャンスを獲得。ここでキッカーのマイリが浮き球で入れたボールをファーでマークを振り切ったキャプテンのアンリが左足のダイレクトシュートで流し込み、フランスに勝ち越しゴールが生まれた。 その後、ブラジルの反撃をチーム一丸の守備で凌ぎ切った開催国フランスが120分間に及ぶ激闘を2-1で制した。そして、ベスト8進出を果たしたフランスは翌日に行われるスペイン女子代表vsアメリカ女子代表の勝者と準々決勝で対戦する。 2019.06.24 06:52 Mon
twitterfacebook
thumb

M・デンベレの決勝弾でフランスが連勝! 連敗のクロアチアは敗退《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権2019グループC第2節、U-21フランス代表vs U-21クロアチア代表が21日に行われ、1-0でフランスが勝利した。 初戦のU-21イングランド代表戦を数的優位を生かして2-1と逆転勝利したフランスと、U-21ルーマニア代表に1-4と完敗したクロアチアの一戦。 フランスは3日前に行われたイングランド戦のスタメンから3選手を変更。元フランス代表DFリリアン・テュラムの息子マルクスがスタメンとなった。 ハリロビッチがベンチスタートとなったクロアチアに対し、フランスが立ち上がりから押し込む展開とする。すると8分、あっさり先制する。レーヌ=アデレードの右クロスをM・デンベレが打点の高いヘッドでシュートを流し込んだ。 その後もフランスが敵陣で試合を進める展開が続いたが、34分にクロアチアに同点のチャンス。ヴラシッチのスルーパスに抜け出したヤコリシュがボックス左からシュート。だが、わずかに枠の右に外れた。ハーフタイムにかけてはこう着状態が続いた中、フランスの1点リードで前半を終えた。 後半もフランスがボールを持って試合を動かす中、クロアチアは63分にブレカロを投入。それでもフランスが試合をコントロールして時間を消化していく。 73分にはグエンドウジを投入し、逃げ切りを図ったフランスは80分にM・デンベレがGKを強襲するシュートを浴びせて牽制。89分にはグエンドウジのスルーパスを起点に、M・デンベレがダイビングヘッドでのシュートを放つも枠を捉えきれない。 それでも1-0で試合を終えたフランスが勝利。連勝で最終節ルーマニアとの頂上対決に臨むことになった。一方、敗れて連敗となったクロアチアは敗退となっている。 2019.06.22 05:53 Sat
twitterfacebook
thumb

PK2本失敗もフランス、10人のイングランドに終盤の2発で逆転勝利!《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権2019グループC第1節、U-21イングランド代表vsU-21フランス代表が18日に行われ、1-2でフランスが勝利した。 優勝候補に挙げられるイングランドとフランスの初戦。イングランドはフォーデンの他、レスター勢のマディソン、グレイ、チョードリーといった面々が先発し、[4-3-3]を採用した。対するフランスはムサ・デンベレの他、ライプツィヒに所属するウパメカーノとコナテのセンターバックコンビが先発、[4-5-1]を採用した。 立ち上がりからボールを保持したイングランドが圧力をかける展開で推移すると、14分に決定機。セセニョンがロングボールに抜け出してボックス右へ侵入。クロスを送ると相手DFのクリアボールが左ポストに直撃した。 続く16分にもグレイの左クロスからソランケが決定的なボレーシュートを浴びせたイングランドが圧倒する展開となるも、24分にPKを献上してしまう。 レーヌ=アデレードのヘディングシュートがクラーク=ソルターの手に当たった。しかし、キッカーのM・デンベレがゴール右を狙ったシュートはGKヘンダーソンにセーブされる。 千載一遇のチャンスを逸したフランスはハーフタイムにかけても劣勢が続いたが、何とかゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、開始早々にM・デンベレが決定的なシュートを浴びせたフランスだったが、前半同様にイングランドがポゼッションを高める展開となっていく。 すると54分、フォーデンが華麗な個人技でゴールをこじ開けた。ドリブルでDF4人程をするすると交わしたフォーデンがボックス中央に侵入。意表を突くグラウンダーのシュートでゴール右に流し込んだ。 さらに54分、セセニョンがネットを揺らすもオフサイドに阻まれたイングランドは62分にPKを献上してしまう。チョードリーが自陣ボックス内のバンバに激しいスライディングタックルを見舞った。このプレーでチョードリーには一発レッドカードを提示され、バンバはプレー続行不可能となって交代を強いられた。 しかし、キッカーのアワールはシュートを右ポストに当ててしまい、再びPKを決めきれなかった。10人となったイングランドに対し、フランスが前がかる展開で終盤は経過していったが、82分のイコネのカットインシュートはGKヘンダーソンのファインセーブに阻まれる。 さらに87分、混戦の中でボックス内のムサ・デンベレがシュートを浴びせるも、ゴールライン前のクラーク=ソルターにブロックされた。それでも89分、フランスが同点弾をこじ開ける、ボックス右でパスを受けたイコネがカットインから左足を振り抜き、シュートをゴール右に蹴り込んだ。 追加タイムもフランスが猛攻を仕掛ける展開となると、95分に逆転弾が生まれた。CKの流れからマテタのヒールシュートがゴールに向かうと、GKヘンダーソンは捕球体勢だったが、その前でワン=ビサカが触ってコースが変わり、ネットが揺れた。 これが決勝点となってフランスが逆転勝利。優勝候補同士の激突は数的優位を生かしたフランスに軍配が上がった。 2019.06.19 05:58 Wed
twitterfacebook
thumb

開催国フランスがGS全勝で首位通過! ノルウェーは韓国に辛勝で2位通過を決める!!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019グループA最終節のナイジェリア女子代表vsフランス女子代表が17日に行われ、0-1でフランスが勝利した。 すでに決勝トーナメント進出を決めているフランスと、引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まるナイジェリアの一戦。試合は立ち上がりからフランスが高いボール支配率で主導権を握るも、アタッキングサードでのプレー精度を欠いてシュートにつなげられない。 フランスは41分、中盤で相手のパスミスを奪ったカスカリーノが右サイドを突破しクロスを供給。しかし、ダイアゴナルに走り込んだゴヴァンにはわずかに合わず。前半はゴールレスで終了した。 後半も主導権を握るフランスは59分、最終ラインからのロングフィードを右サイドで受けたカスカリーノがワンタッチでボックス右まで侵入しマイナスに折り返すと、走り込んだティネイがダイレクトシュートで狙ったが、これは枠を外した。 膠着状態が続く中、フランスは74分に決定機。左クロスに走り込んだアッセイがボックス内でエベレに倒され、PKを獲得。このプレーで2枚目のイエローカードを受けたエベレが退場処分となった。 ルナールのPKは左ポストに弾かれたが、相手GKがシュートの前にゴールライン上から出ていたとしてVARの末に蹴り直しとなる。そして、ルナールが蹴り直しのPKを決めてフランスが先制に成功。結局、これが決勝点となり1-0でフランスがナイジェリアに勝利した。 また、同時刻開催の韓国女子代表vsノルウェー女子代表は1-2でノルウェーが勝利した。試合は開始早々の4分、左CKでのポジション争いでゴール前のスラスドーターがチョ・ソヒョンに倒されてノルウェーがPKを獲得。このPKをハンセンが左隅に決め、ノルウェーが先制した。 リードするノルウェーは、後半開始早々の49分にもボックス右から仕掛けたハンセンがカン・チェリムにタックルで倒されPKを獲得。ヘルロヴセンのPKは相手GKに触られたが、そのままゴール左に決まった。 ノルウェーは78分にヨ・ミンジのゴールで1点を返されたが、試合は2-1のまま終了のホイッスル。2勝目を飾ったノルウェーがグループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。 ◆グループA順位表 [勝ち点/試合数/得失点] 1.フランス[9/3/6]※ 2.ノルウェ―[6/3/3]※ 3.ナイジェリア[3/3/-2] 4.韓国[0/3/-7] ※が決勝トーナメント進出 2019.06.18 06:00 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース