メッシやアグエロ不在のアルゼンチン、ディバラが3Gに絡む活躍でイラクに快勝《国際親善試合》2018.10.12 06:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルゼンチン代表は11日、国際親善試合でイラク代表とサウジアラビアで対戦し、4-0で快勝した。▽スカローニ暫定体制のアルゼンチンはメッシやアグエロ、ディ・マリアらが招集外となっている中、ディバラやL・マルディネスらが先発となった。

▽中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]を採用したアルゼンチンは、2トップにディバラとL・マルティネス、トップ下にフランコ・バスケス、右にメサ、左にデ・パウル、アンカーにパレデスを配置した。

▽そのアルゼンチンは右サイドに流れるディバラを起点に打開を図ると、18分に先制する。ディバラのパスを受けた左サイドのアクーニャのクロスをL・マルティネスがヘディングシュートで流し込んだ。

▽さらに24分、アクーニャがミドルシュートで追加点に迫ったアルゼンチンは、迎えた後半開始4分にディバラのコントロールシュートでゴールに近づくと、54分に突き放す。ディバラの仕掛けからパスを受けたボックス左のR・ペレイラのシュートが決まった。

▽余裕のアルゼンチンは82分、ディバラの右CKからニアのサルビオがヘッドで逸らし、ファーサイドのペッゼッラがヘッドで押し込んで3-0とすると、追加タイムにはセルヴィのドリブルシュートも決まって4-0と圧勝した。

▽快勝したアルゼンチンは16日にブラジル代表と対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

伏兵R・マルティネスの活躍でコロンビアが攻撃陣不発のアルゼンチンに勝利!《コパ・アメリカ》

コパ・アメリカ2019グループB第1節、アルゼンチン代表vsコロンビア代表が日本時間16日に行われ、0-2でコロンビアが勝利した。 パラグアイ代表とカタール代表が同居しているグループB。突破候補筆頭のアルゼンチンとコロンビアが初戦で激突した。 [4-3-3]を採用したアルゼンチンはGKにアルマーニ、4バックにサラビア、ペッゼッラ、オタメンディ、タグリアフィコ、中盤アンカーにグイド・ロドリゲス、インサイドにロ・セルソとパレデス、3トップに右からメッシ、アグエロ、ディ・マリアと並べた。 対するコロンビアも[4-3-3]を採用し、GKにオスピナ、4バックにメディーナ、ミナ、D・サンチェス、テシージョ、中盤アンカーにバリオス、インサイドにクアドラードとウリベ、3トップに右からハメス・ロドリゲス、ファルカオ、ムリエルと並べた。 立ち上がりから球際の激しい展開で推移した中、コロンビアにアクシデント。ムリエルが相手選手との接触で足を負傷し、14分にR・マルティネスとの交代を強いられた。 それでも16分、コロンビアに最初の決定機。ファルカオのポストプレーから代わって入ったボックス右のR・マルティネスが際どいシュートを浴びせたが、DFにブロックされた。 その後も中盤での局地戦が続き、メッシとハメス・ロドリゲスが自由にボールを持てない状況となった中、互いにシュートシーンを生み出せない膠着状態に陥った。 ハーフタイムにかけては、ややコロンビアが押し気味に試合を進めたものの、前半のうちにゴールは生まれず後半へ折り返した。 迎えた後半からディ・マリアに代えてデ・パウルを投入したアルゼンチンは、開始1分にパレデスが際どいミドルシュートを浴びせる。そのアルゼンチンがポゼッションを高める展開で立ち上がっていくと、59分に決定機。CKの流れからボックス手前右のパレデスがシュート。強烈だったが、GKオスピナの守備範囲だった。 さらに66分にも決定機。CKの流れからオタメンディがヘディングシュート。だが、GKオスピナにファインセーブで止められる。さらにルーズボールをメッシが頭で押し込みにかかるもシュートは枠を捉えきれなかった。 すると72分、劣勢のコロンビアが後半最初のチャンスを生かして先制する。左サイドからカットインしたR・マルティネスがボックス内に侵入してゴール右に突き刺した。 ファインゴールを喫し、追う展開となったアルゼンチンはアグエロに代えてマティアス・スアレスを投入。しかし86分、コロンビアが勝負を決定付ける。R・マルティネスのスルーパスを左サイド高い位置で受けたレルマの折り返しを、途中出場のD・サパタがボレーで押し込んだ。 このまま2-0で勝利したコロンビアが白星発進。2戦目はカタールと対戦する。対する黒星発進となったアルゼンチンはパラグアイと対戦する。 2019.06.16 08:59 Sun
twitterfacebook
thumb

2連勝のイングランドが決勝T進出! 守護神奮闘のアルゼンチンは2戦未勝利《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019グループD第2節、イングランド女子代表vsアルゼンチン女子代表が14日に行われ、1-0でイングランドが勝利した。 初戦のスコットランド女子代表戦を2-1と勝利したイングランドと、なでしこジャパンに0-0と引き分けたアルゼンチンによる一戦。 立ち上がりからイングランドが押し込む展開で推移する中、27分にPKを獲得した。ミードの落としを受けたグリーンウッドがボックス左でブラボーに倒された。しかし、キッカーのパリスのシュートはGKコレアのビッグセーブに阻まれ、先制のチャンスを逸してしまう。 さらに41分にもイングランドに決定機。しかし、ボックス左からミードの放ったシュートは再びGKコレアのファインセーブに阻まれる。 イングランドが攻勢をかけながらゴールレスで迎えた後半、開始6分に決定機。セットプレーの流れからボックス中央のパリスがボレーシュート。だが、GKコレアの三度のファインセーブに阻止された。 さらに56分、テイラーのゴール至近距離からのヘディングシュートはGKコレアの正面を突いてしまった。それでも61分、イングランドがゴールをこじ開ける。ボックス左からのミードのダイレクトクロスをゴール前のテイラーが押し込んだ。 先制後もイングランドがハーフコートゲームを展開。追加点に迫るチャンスこそなかったものの、アルゼンチンの反撃を一切許さずに1-0で勝利。2連勝でグループステージ突破を決めた。 なお、最終節にイングランドと対戦するなでしこジャパンは引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる状況となった。 2019.06.15 05:56 Sat
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表、ウディネーゼ守護神ムッソを追加招集

アルゼンチンサッカー協会(AFA)は14日、ウディネーゼのGKファン・ムッソをコパ・アメリカを戦うアルゼンチン代表メンバーに追加招集したことを発表した。 アルゼンチン代表ではボカ・ジュニアーズのGKエステバン・アンドラーダがトレーニング中にヒザを痛め、代表から離脱することが決まった。 ムッソは今季のセリエAで29試合に出場し、7度のクリーンシートを達成。降格の危機にあったチームを救い、ウディネーゼを残留に導いていた。 アルゼンチンは日本時間16日早朝に初陣のコロンビア代表戦を控える。 2019.06.15 00:35 Sat
twitterfacebook
thumb

キレ抜群のメッシ2発! アルゼンチンがニカラグアに5発圧勝《国際親善試合》

アルゼンチン代表は日本時間8日に行われた国際親善試合でニカラグア代表を国内に迎え撃ち、5-1と快勝した。 過去2大会のコパ・アメリカ決勝で準決勝に終わったアルゼンチン。1993年大会以来の南米制覇に向け、FIFAランキング129位のニカラグアとの調整試合に挑んだ。 先発したメッシはキレキレのパフォーマンスを披露する。37分にボックス右から中央に向かうドリブルで4人の守備網を切り崩して左足シュートで先制点。続く38分、アグエロがボックス右深くから右足で狙ったシュートのこぼれ球を押し込み、この試合2点目をマークする。 そのメッシをハーフタイムにお役御免としたアルゼンチンはラウタロ・マルティネスが63分と73分にゴール。81分にもロベルト・ペレイラがチーム5点目を決め、勝負を決した。その後、1失点したアルゼンチンだが、5-1で快勝。上々の状態でコパ・アメリカの戦いに臨む。 アルゼンチンはコパ・アメリカのグループステージでコロンビア代表、パラグアイ代表。カタール代表と同居。コロンビア(15日)、パラグアイ(19日)、カタール(23日)の順で対戦する。 アルゼンチン代表 5-1 ニカラグア代表 【アルゼンチン】 メッシ(前37) メッシ(前38) L・マルティネス(後18) L・マルティネス(後28) R・ペレイラ(後36) 【ニカラグア】 ベレッラ(後45+1[PK]) 2019.06.08 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

同僚想いのアグエロ、“メッシ”のためにコパ・アメリカ制覇を!

マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロがコパ・アメリカへ向けて意気込んだ。『FOX Sports』が報じた。 アグエロは、シティのエースとして今シーズンも活躍。プレミアリーグで33試合に出場し21ゴールを記録すると、チームのプレミアリーグ連覇に貢献。さらに、EFLカップ、FAカップの優勝にも貢献し、史上初となる国内3冠を達成していた。 そんなアグエロは、14日に開幕するコパ・アメリカに臨むアルゼンチン代表に招集。国際大会の優勝候補に挙げられていながらもタイトルを獲得できていない状況だが、今回の大会に懸ける思いは強い。 アグエロは、『FOX Sports』のアルゼンチン版に対してコメント。同僚であり、世界最高の選手と言われながらも代表でのタイトルに無縁なバルセロナFWリオネル・メッシのために優勝したいと語った。 「僕は、僕のためよりもメッシのためにチャンピオンになることを願っている。上手くいけば、ある日それは起こるだろう」 「それは彼の夢であり、みんなの夢でもある。僕は自分に身の程を思い知らせた。そして、僕はメッシがコパ・アメリカを勝ち取るため、最善を尽くしたい」 「メッシがここに来るには長い時間がたった。そして彼は苦しんでいる。僕も苦しんでいる」 「僕たちは彼が何をもたらしてくれるかを分かっている。そして残りは精神的に失敗しない準備をしなくてはならない」 アルゼンチンは、2015年のチリ大会、2016年のコパ・アメリカ・センテナリオで2大会連続決勝に進出。しかし、どちらの決勝もチリ代表の前に敗れ準優勝に終わり、アグエロはおろか、メッシもアルゼンチン代表としてのタイトルとは無縁に終わっていた。 また、メッシはロシア・ワールドカップ以来、アルゼンチン代表の活動に参加したのは3月の1試合のみ。今回もメッシからの報告がなかったため、コパ・アメリカのメンバーから外れたかと心配したと明かした。 「電話がなかった時、僕は彼がそこにいるかどうかという疑いがあった。レオ(・メッシ)は、4月に僕に電話をしてきた。招集されたとね」 「僕はとても幸せだったよ。これが最後の大会になるかはわからない。僕たちはアルゼンチン代表とともに何かを獲得したいんだ」 「僕たちは多くのプレッシャーがアルゼンチンにはあると知っている。それが短い大会であるため、少しのミスでも敗退する」 「悪い試合することはできない。シティでやっているのと同じように、僕はプレーすることにトライする」 2019.06.07 11:45 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース