「自分が良いプレーを出すために大事なこと」10番・中島翔哉、“楽しむ”哲学を強調《キリンチャレンジカップ》2018.10.11 20:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽日本代表は11日、翌12日に行われるキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に向けて試合会場となる新潟市のデンカビッグスワンスタジアムでトレーニングを行った。▽トレーニング終了後、先月に続いて10番を背負うこととなったポルティモネンセのMF中島翔哉がメディア陣による囲み取材に応対。楽しむことを強調し、それが自身の良さを引き出すために大事なことだと主張した。

◆MF中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
──コスタリカ戦に続き、10番を背負うことになったが
「10番はすごく好きな番号です。23番も好きですけど、そのような番号をつけることができてすごく嬉しいです」

──何か責任みたいなものは感じるか
「背番号でサッカーをする訳ではないですけど、今まで10番を背負ってきた選手には良い選手がたくさんいます。しっかりと責任は理解しているつもりですけど、ただ楽しくプレーがしたいです」

──若い頃から10番を着けてきたと思うが、このチームで着けることに何か意味合いはあるか
「今まで10番を着けてきましたけど、それぞれのチームで自分らしくやってきただけだと思います。今までもそうでしたけど、本当にチームメイトに恵まれています。自分の良さを引き出してくれる選手がたくさんいるので、自然に楽しくサッカーができるかなと思います」

──今回はロシア・ワールドカップに出場した選手と、リオデジャネイロオリンピックに出場した選手たちの融合したような形だが、やりやすさは感じるか
「リオ五輪の時にプレーした選手は、そレよりも下の年代からプレーしている選手たちもいます。当然やりやすさはあります。自分たちより上の年代のロシアW杯に出場した選手たちもすごく経験があり、一緒に練習している期間は短いですけど、それはあまり問題にならないかなと思っています」

──ファンも前回のコスタリカ戦のような観ていて楽しいドリブルやパスを期待していると思うが
「試合に出たらまずは自分が楽しくプレーすることも大事ですし、チームのみんなも前回そのようにプレーして、みんなが喜んでくれたと思います。チームのやり方をしっかりと頭に入れながらですけど、サッカーなのでまずは楽しんで、そしてホームなのでしっかりと勝てるようにしたいです」

──今回はFW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)が最前線にいるが
「経験があって前でキープできる選手です。ゴール前の駆け引きもすごく上手だと思います。ポルティモネンセにもジャクソン(・マルティネス)とかがいて、そういう選手たちと自分は相性が良いので、やりやすいんじゃないかなと思います。ただ、誰とやっても楽しくプレーはできると思います」

──リーグ戦ではスポルティング相手に活躍して国内で注目を浴びたりしているが、代表に還元していきたいものは
「スポルティング戦はポルティモネンセがなかなか勝てていない中で、ああいう強いチームに勝てたので良かったです。またこっちはこっちで、チームもメンバーもやり方も違うので、そこはしっかりと頭に入れて、試合になれば自信を持って、楽しんで勝利ができればいいなと思います」

──楽しむという哲学はいつ頃自分のベースになったか
「サッカーを始めたのも楽しくて始めましたし、それからずっとだと思います。楽しんでプレーすることによって良いプレーが出せることが自分の場合は多いです。それがチームの勝利につながるので、そこは自分にとって大事なことだと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

2022年カタールW杯、48カ国開催へ前進 UAEが協力表明

UAE、クウェート、オマーンが、2022年カタール・ワールドカップ(W杯)の共催に協力する姿勢を見せている。マレーシア『TheStar』が報じた。 国際サッカー連盟(FIFA)は、アメリカ・メキシコ・カナダの共催が予定されている2026年W杯から出場国枠を48カ国に増加させることを、昨年4月に発表。しかし、同連盟のジャンニ・インファンティーノ会長はその計画を前倒しにする意向を示しており、2022年カタールW杯からの出場国増加が協議されてきた。 差し当たり実現に向けての障害とされてきたのは、カタールと周辺国家の緊張関係だ。単一国家での参加国拡大は困難と目されているが、サウジアラビアやUAEなどアラブ諸外国はイランとの対立の中でカタールとの国交も断絶。多くの空路が閉ざされ、カタールがW杯開催に向けて周辺国に協力を求めるのは困難とされてきた。 しかし、UAEのスポーツ大臣は26日、カタールが協力を求めるのであれば2022年W杯の共催に手を貸す可能性があるとコメント。クウェート、オマーンも中立に近い立場にあり、課題が全て解消されたわけではないが、大きな前進を見せた。 なお、FIFAは来月にカタールW杯を32カ国開催か48カ国拡大開催かの決定を下す見通し。もし48カ国開催となれば、アジアからの出場国枠が4.5枠から8.5枠に増加する可能性が、以前にインファンティーノ会長により示唆されている。 2019.02.27 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

カタールW杯出場国枠拡大に暗雲…アジア杯で記者にUAE入国許可下りず

国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長の掲げるワールドカップ(W杯)出場国拡大前倒し案に、暗雲が立ち込めている。スペイン『アス』が報じた。 FIFAは、アメリカ、カナダ、メキシコによる3ヵ国共催の2026年W杯から、出場国を32ヵ国から48ヶ国に増加させることを決定している。さらに、インファンティーノ会長がこの計画を前倒しにし、2022年のカタールW杯から48ヵ国に枠を拡大する方針であることが、これまでに報じられてきた。また、単独での開催は難しく、そのためには近隣諸国の協力が不可欠であることも繰り返し語っている。 しかし、『アス』によれば、アジアカップの為に入国を希望したカタール人ジャーナリスト5名をUAE当局が拒否。カタール人たちは2017年に中東を中心とした諸国から国交断絶措置を受けて以来、ビザの取得に苦労し続けており、UAEへの直行便も封鎖されている。今回のアジア杯取材を目的とした5名のジャーナリストたちはクウェートを経由したそうだが、空港で27時間の拘束を受けた後、入国許可を得られずにドーハへ送り返された。 もちろん、カタールの代表団と同国サッカー連盟のサウード・アル・モハナディ氏は入国を許された。しかし、今回の対応を考えれば、カタールがW杯共催を他国に持ち掛けることは、困難だと言えるかもしれない。 2019.01.05 19:45 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表、大会直前の国内キャンプに筑波大MF三笘薫&順大FW旗手怜央ら6選手が参加!《アジアカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、26日から30日まで行われる日本代表のトレーニングキャンプにて6選手がトレーニングパートナーとして参加することを発表した。 ▽今回トレーニングパートナーを務めるのは、MF三笘薫(筑波大学)、FW旗手怜央(順天堂大学)、FW上田綺世(法政大学)、MF伊藤洋輝(ジュビロ磐田)、DF菅原由勢(名古屋グランパスU-18)、DF小林友希(ヴィッセル神戸U-18)の6選手。 ▽日本代表は今回のキャンプを経て、来年1月5日から2月1日にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む。2大会ぶり優勝を目指し、まずはグループステージで1月9日(水)にトルクメニスタン代表と、1月13日(日)にオマーン代表と、1月17日(木)にウズベキスタン代表と対戦する。 2018.12.25 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

森保一監督、トレーニングパートナーの招集を明言「日本代表選手以外で話している」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽会見には日本サッカー協会の関塚隆技術委員長と、森保一監督が出席。両者は挨拶終了後、メディア陣からの質疑に応対し、コーチやトレーニングパートナーなどの編成や同大会を通して成長させたいことについて明かした。 ──コーチに齋藤俊秀コーチが11月に引き続き名前があります。11月は暫定的な位置づけだったと思うが、これからこのままA代表でやってもらう意向なのか。 関塚技術委員長「来年度に向けて以前もお話ししていた通り、今森保監督が兼任ということで日本代表と東京五輪代表の活動に対してコーチを増員するというところで、齋藤コーチをこの大会から加えることにしました。そのあとの一回一回の振り分けはチーム森保にお任せしています。そこに関しては、森保監督の狙いとするところでの編成になると思います」 森保「私がA代表と東京五輪代表を見させていただいている中、A代表と東京五輪代表のスタッフを動かしていくということで、やっていくことは話の中で確認をとりながらやってきています。これからも基本的にですが、その状況や活動を見てスタッフはA代表と東京五輪代表で動きながらやっていけたらと思います。大切なのは、両方の活動の中でまずチームがうまく動くこと、選手が思い切り良くプレーできること、チームファーストやプレーヤーズファーストで我々スタッフの編成をしていきたいと思っています」 ──これまで柔軟な対応力や試合を読む力を掲げてきたが、1試合1試合成長しながら結果を掴みたいという中で、このメンバーで一番成長させたい部分は 「やはり結果にこだわっていくということは、私も選手に言っていますし、選手もこだわりを持ってキリンチャレンジカップでもやってくれていると思っています。今回の試合もどこが成長ではなく、勝つために我々が試合や練習の中で、オフ・ザ・ピッチの時間の中で結果を出すためにどうやって過ごしたらいいか、どういう準備をしていったらいいかをみんなで考えながらやっていければと思っています」 「今柔軟な対応力をとおっしゃってましたが、まさにそういうところは今度の試合でも試合の流れをチームでピッチ内の選手が掴みながら修正していく対応していく、臨機応変にやってもらえるようにまずは色々なことを想定しながら最善の準備をしていくということをトレーニングの中でやっていきたいと思います」 「全ての部分でチーム力としては上げていかなくてはいけません。我々が強くなればなるほど、結果がついてくると思いますので、そう思ってやっていきたいです」 ──前回、前々回の大会ではトレーニングパートナーがいたが、今後招集する予定はあるか。また、招集する場合はどのような選考基準で選ぶか 「今関塚技術委員長にはお話をさせていただいています。アジアカップに向かうまでの国内キャンプの中で海外から帰ってくる選手、国内でプレーしていた選手もコンディション等々、その時にどうなっているのか、想定と違う場合も考えられるので、その時により良い効果のトレーニングを発揮するためにトレーニングパートナーとして選手をお願いしますということで、日本代表選手以外で話をしています。それがどこの選手かというのは決まっていません。今お応えできるのはトレーニングパートナーをお願いしているということだけで、おそらく数名の選手が秋津での国内キャンプに来てもらうことになると思います」 2018.12.12 16:34 Wed
twitterfacebook
thumb

森保一監督、対アジアとの戦い方に言及「キルギス戦でのトライが生きてくる」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽会見には日本サッカー協会の関塚隆技術委員長と、森保一監督が出席。森保監督は挨拶終了後、メディア陣からの質疑に応対し、戦略的な部分やアジアでの戦いについて明かした。 ──アジアカップでの戦略について。1位通過だとドバイに行ったり、2位通過だとアブダビに戻るなど、移動面で考慮しなくてはいけない点がいくつかあるが、ロシア・ワールドカップの時のようにそういうことも考えていかなくてはいけないか 「スケジュールを見てみると7試合を戦っていこうという時に、グループリーグを1位突破するのか、2位突破するのか。移動等を含めると2位突破の方が移動が楽で、コンディション作りもより良いものになるのではないかというのは皆さんが思っているように私も確認しています」 「しかしながら、1試合1試合勝ちにこだわって戦っていこうという気持ちでいます。まずは移動の条件がどうであれ、1位抜けして、1試合1試合勝利を目指して戦っていきたいと思います。ただ、結果はその時になってみないとわからないので、その時にどうなっているかで考えていきたいと思います」 「まずはタイトルを取るということとチームが成長することを考えていく中で、1試合1試合勝ちにこだわっていきたいと思います」 ──若い選手も多いチームだが、アジアタイトルを取れたとすればそれがチームにどのような影響を与えるか。そしてアジアならではの戦いの難しさがあり、これまでの戦いとは変わってきそうな部分で選手に強調していきたい部分は 「まずはこのメンバーで経験の浅い選手たちがこのアジアカップを戦うということ、そして目標としているアジアでタイトルを取れることは、今後の日本代表にとって自信となる、次にレベルアップできることになると思います」 「今回選んだ選手たちだけが日本代表だとは思っていません。もっと候補の中には、日本代表としてプレーしてもおかしくない、枠がもっと多ければより多くの同じレベルの選手を連れて行っていると思います。今回招集できなかった選手たちにもこのメンバーが良い戦いをすることで、いろいろな刺激になって日本サッカー全体のレベルアップや刺激になると思っています」 「アジアの戦いとして、まずはこれまで私が監督をさせていただいたキリンチャレンジカップの中でもアジアがどうこうではなく、すでに11月のベネズエラ戦などでは9月、10月の日本代表の試合を見てかなり研究してきているなというのは感じています。アジアカップの中では、9、10、11月のキリンチャレンジカップで戦ったチームでの戦いや個人の部分は分析・研究・対策をされるのかなと思っていますので、これまで以上のことをやる意気込みで準備をしていかなければ難しい戦いになるのかなと思います」 「元々難しい戦い、厳しい戦いになってくると思っていますので、そこは覚悟して臨みたいと思います。アジアの戦いの中での対策は、もちろん相手が我々を研究してやってくる、そこを乗り越えていかなくてはいけない部分はあります。我々が力をつけて強ければアジアであっても世界であっても、対等に戦い勝利できると思っています。そういう意味でも11月のキルギス戦を戦った時に、相手が引いてきた中でもそこを崩すことを選手たちがトライしてくれました。相手に合わせるだけでなく、試合を通して、選手たちがその試合で成長するためにインテンシティ高く戦っていくということをトライしてくれました。それはアジアカップでも生きてくると思います」 2018.12.12 16:33 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース