長友佑都、吉田麻也のキャプテン就任に「長谷部さんの後はなかなか大変だと思う(笑)」《キリンチャレンジカップ》2018.10.11 20:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽日本代表は11日、12日のキリンチャレンジカップのパナマ代表戦に向けたトレーニングを行った。▽ロシア・ワールドカップ後、森保一監督下では初めての招集となったDF長友佑都は、同様に初招集の吉田麻也のキャプテン就任について質問され、笑いを交えながらも、サポートしていくことを語った。

◆DF長友佑都(ガラタサライ)

──若手とベテラン組の融合がテーマになっているが、どうなるのが理想か

「経験を継承していくとよく言われますが、継承という言葉があまり好きじゃなくて。伝えるだけで去っていくよりも、ともに新しい日本代表を創造していくという気持ちがあります」

「若い選手たちと残っていきたいなと。新しい日本代表、新しいものを作っていきたいという強い気持ちがありますね」

──吉田麻也選手が長谷部誠選手のキャプテンを引き継ぐことにどのような印象を持っているか

「長谷部さんの後のキャプテンはなかなか大変でしょうけどね(笑)。キャプテンの概念というものを長谷部さんが変えたような気がします。とにかく整ってる(笑)、真面目が全て、真面目が正義という概念を作ったので、吉田さんにそれがあるのかと言われるとちょっと?ですけど(笑)。彼なりのキャプテンシー見せてくれたらなと。僕もそれをできる限りサポートして行けたらなとは思います」

──どういうサポートを?

「背負いすぎたりする部分もあると思うので、長谷部さんみたいなキャプテン像を自分も作っていこうという気持ちがあるかもしれませんけど、吉田は吉田なので、彼のユーモアな部分やおちゃらけた部分のような良さを引き出しながら、キャラを浸透させたいなと」

「若手もまだわからないところがあるとでしょうし、『吉田さんちょっと怖いのかな』とか思ってるかもしれないし、そこは僕らがキャラを引き出したいなと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

レーティング:エクアドル代表 1-1 日本代表《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。 </div> ▽日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190625_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">cCWS Brains, LTD.<hr></div><span style="font-size:0.8em;">※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし</span> GK 1 川島永嗣 5.0 23分にはパスミスなどいくつかヒヤリとする場面が。ファインセーブも報われず。 DF 19 岩田智輝 5.0 攻撃意識を持ち続けたが、エクアドルのフィジカルに苦戦。失点シーンでの目測ミスは残念。 5 植田直通 5.5 序盤は良い縦パスを供給も、相手が攻勢を強めると競り負けるなど不安定さを感じさせた。それでも要所は締めて及第点 16 冨安健洋 5.5 26分のパスミス含めこの日のビルドアップはやや低調。警告を受けてから強くプレスに行けなくなったが、後半は落ち着いた対応で改善。 2 杉岡大暉 5.0 連戦の疲れを露呈。動きに精彩を欠き、失点シーンでも位置取りの悪さから簡単にクロスを許す。 MF 4 板倉滉 5.5 この日は入りから落ち着いたプレーを披露し、ウルグアイ戦から挽回。危機察知も良く、パスの意識も前を向いていた。 (→9 前田大然 -) 7 柴崎岳 6.0 大会通じて攻守に気の利いたポジショニングとパス捌きでチームを助け続けた。頭部負傷も関係なし。 11 三好康児 5.5 消えた時間帯はあり、前回よりも決定的な仕事はできなかったが、周囲とのコンビネーションで攻撃をスムーズに。守備意識も良かった。 (→20 安部裕葵 -) 10 中島翔哉 6.0 持ち過ぎる場面が減少し、バイタルエリアでドリブルやパスで嫌な存在となり先制点も奪取。ワイドのポジションを意識する必要はありそう 21 久保建英 6.5 相手に強く警戒された中でも抜群の攻撃性能を見せつけた。チャンスメイクし続けたが、それを決めきれる人がいなかった。 FW 18 岡崎慎司 6.0 絶妙な抜け出しから先制点を呼び込む。持ち味の献身性を発揮し、チームを助ける。 (→13 上田綺世 5.0) 久保からパスを引き出すなど、動き出しやポジショニングはやはりピカイチ。ただ、この日もシュートが枠に飛ばなかった 監督 森保一 5.0 攻撃陣にカード3枚を使うも成就せず。采配には疑問を感じる点も、南米勢に2分けと奮闘。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 久保建英(日本代表) 激しくマークされ苦しむ時間はあれど、ラストパスで決定機を何度も作ったほか、先制点でも起点になるなど、常に攻撃の中心に。今夏からのスペイン再挑戦に期待を抱かせた。 エクアドル 1-1 日本 【エクアドル】 メナ(前35) 【日本】 中島翔哉(前15) 2019.06.25 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

中島翔哉のゴールで先制も、その後の決定機を逸した日本はまたしても勝利ならず…敗退決定《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。 ここまで2連敗のエクアドルは、エネル・バレンシアを3試合連続で起用。一方で、アントニオ・バレンシアはベンチスタート。[4-3-3]のシステムで臨んだ。 対する日本は、ウルグアイ代表戦のメンバーを中心に[4-2-3-1]を採用。ウルグアイ戦からは1名を変更し、安部裕葵に代えて、久保建英を起用した。 日本は右サイドの三好を起点に、トップ下に入った久保を上手く使いエクアドル陣内に攻める。 最初に決定機を作ったのはエクアドル。12分、パスミスを奪ったE・バレンシアがボックス手前から右足一閃。強烈なシュートが飛ぶも、枠を大きく外れていく。 日本は13分、中盤でパスを受けた久保がドリブルを仕掛けると、プレスをかけられながらも中島へパス。中島はそのままボックス外からシュートも、枠を外す。 さらに15分、久保のパスを受けた中島がスルーパス。抜け出した岡崎には届かないものの、GKのクリアボールを拾った中島が無人のゴールへ蹴り込む。しかし、このプレーは岡崎がオフサイドと判定。一旦はゴールが取り消されるが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によるチェックが入り、判定が覆され日本のゴールが認められた。 23分、日本は後方でボールを回していると、GK川島から冨安へのパスをメナがカット。中央でフリーのE・バレンシアへパスが渡り、ダイレクトシュートを放つも、力なく川島がキャッチして事なきを得る。 35分、右サイドからのクロスが流れるとアルボレダが強烈シュート。GK川島が横っ飛びでセーブするも、こぼれ球をメナが押し込み、エクアドルが同点に追いつく。 同点に追いつかれた日本は37分、ボックス内右で三好からのパスを受けた久保が左足一閃。枠を捉えたシュートは、GKアレクサンデル・ドミンゲスがなんとかセーブする。 40分に日本はビッグチャンス。縦パスを受けた久保がハーフウェイライン付近でダイレクトで出すと、走り出した中島が受けドリブル開始。中央をフリーで持ち上がりループシュートを狙うも、枠を捉えられない。 前半アディショナルタイムには右サイドでボールを受けた久保がカットインしながらパス。パスを受けた三好がボックス手前からミドルシュートも枠を捉えられない。 エクアドルは後半開始からメンデスに代えてプレシアードを投入。日本は同じ11人で後半に臨んだ。 前半は右サイドからの崩しが多かったエクアドルだが、左に入ったプレシアードを使った左サイドからの攻撃を多く仕掛ける。 日本は柴崎が相手選手と接触し頭部から出血。一旦ピッチを離れるも、止血して再びピッチに復帰する。 日本は65分、柴崎のパスを受けた久保がドリブルを仕掛けると、中島を狙ったパス。パスはカットされるも、その前にファウルを取られFKを獲得する。そのFKから中島が早いクロスを送ると、植田がヘッドで合わせるも、鋭いシュートはGKに阻まれる。 日本はセットプレーの際に岡崎を下げて上田を投入。67分には、久保がドリブルで仕掛けると上田へ絶妙なパス。ボックス内でシュート態勢に入るも、相手にブロックされてしまう。69分には杉岡が左サイドからアーリークロスを送ると、上田がフリーで抜けるも、ダイレクトシュートは枠に飛ばない。 76分、中島のボールロストからエクアドルがカウンター。ボックス手前でパスを受けたE・バレンシアがドリブルを仕掛けシュートフェイント。冨安、柴崎を滑らせるも、最後は冨安がなんとか対応する。 日本は80分、左サイドで久保がパスを受けると、前線へ浮き球のパス。DFの頭上を越えたボールに上田が反応するも、GKが一歩先にキャッチする。 なんとか1点が欲しい日本は82分、三好に代えて安部を投入。エクアドルはロマリオ・イバーラに代えてA・バレンシアを投入する。 すると86分、日本は相手のFKからボールを奪うと、上田、久保とつなぎ、最後は中島へ。中島がボックス内左からグラウンダーのシュートもGKがセーブする。攻勢を強めたい日本は、88分に板倉に代えて前田を投入。前線の選手を増やし、勝負をかける。 すると90分、久保の縦パスを受けた前田がフリーでシュートもGKがセーブ。こぼれ球を上田がボックス内からシュートも、枠を捉えられない。 アディショナルタイム2分には、左サイドを仕掛けると、E・バレンシアのパスを受けたプレシアードがボックス内からシュート。しかし、これは枠を外れ事なきを得る。 アディショナルタイム4分には冨安の守備からカウンター。中島が左の久保へ展開すると、久保のグラウンダーの折り返しに対し、ボックス中央で中島がフリーでシュート。こぼれ球を久保が押し込むも、オフサイドを取られノーゴールとなる。 最後にエクアドルはボックス付近でFKを獲得するも、オフサイドの判定。そのまま試合は終了し1-1のドロー。日本はコパ・アメリカ初勝利を逃すとともに、今大会から去ることが決定。一方のエクアドルも、グループ最下位で大会を終えた。 エクアドル代表 1-1 日本代表 【エクアドル】 メナ(前35) 【日本】 中島翔哉(前15) 2019.06.25 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

エクアドル戦の先発発表! 久保がスタメンに復帰!《コパ・アメリカ》

本日25日の8時にキックオフを迎えるコパ・アメリカ2019のグループC最終節、エクアドル代表戦に臨む日本代表のスターティングメンバーが発表された。 4日前に行われた2戦目のウルグアイ代表戦を2-2と引き分ける善戦を見せ、1分け1敗とした日本は勝利すれば決勝トーナメント進出となる中、ウルグアイ戦のスタメンから1選手を変更。MF安部裕葵に代えてMF久保建英が先発に戻った。 システムはこれまでの2戦同様に[4-2-3-1]を採用する見込みだ。エクアドル代表戦のスタメンは以下の通り。 ◆vsエクアドル 日本代表スタメン GK 1 川島永嗣 DF 2 杉岡大暉 5 植田直通 16 冨安健洋 19 岩田智輝 MF 4 板倉滉 7 柴崎岳 10 中島翔哉 11 三好康児 21久保建英 FW 18 岡崎慎司 2019.06.25 06:50 Tue
twitterfacebook
thumb

【日本代表プレビュー】コパ初白星でベスト8へ! チャレンジと結果を《コパ・アメリカ/エクアドルvs日本》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われる。 チリ代表に初戦で0-4と大敗、第2戦のウルグアイ代表戦は2-2のドローに終わっている日本。第3戦のエクアドル戦では、グループステージ突破の可能性を残しており、勝てば問答無用で次のラウンドに勝ち進むことができる。 “チャレンジ”と“成長”がテーマとなっている今回のコパ・アメリカだが、“結果”を残すことで先が見える状況を生かせるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ベスト8を懸けた激闘へ</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190624_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>日本と対戦するエクアドルだが、得失点差で順位こそ差があるものの、勝ち点差は「1」。各グループ3位のうち、2位につけるパラグアイは勝ち点2のため、エクアドルも勝利すれば、ベスト8進出が決定する状況だ。 エクアドルは初戦のウルグアイ戦で4-0と大敗。2戦目のチリ戦も1-2で落としている。ここまで連敗のエクアドルだが、前述の通り日本に勝てば3位でベスト8に進出する。しっかりと、日本を倒しにくるはずだ。 エクアドルは組織としての力はさほど高くないものの、個の能力は非常に高いものを誇っている。特にスピードに長けている選手が多く、フィジカル面も強いため、この勝負を挑まれると日本としては苦しい戦いになるだろう。 しかし、この2試合では個の勝負で負けたチリ戦、個の勝負で叩けたウルグアイ戦とどちらも体験しているだけに、力負けすることなく戦ってもらいたい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_copa" terget="_blank">コパ・アメリカはDAZN独占!<br />今なら2カ月無料!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆百戦錬磨のバレンシア</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190624_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>エクアドルの代表的な選手といえば、マンチェスター・ユナイテッドでプレーするアントニオ・バレンシアだろう。クラブではウイングからサイドバックまでこなすサイドのスペシャリストだが、エクアドル代表においては攻撃的なポジションを任されている。 初戦のウルグアイ戦では先発フル出場、2戦目のチリ戦ではベンチスタートとなり途中出場を果たしている。日本戦では先発する可能性が高いが、世界トップレベルでプレーしているバレンシアを抑えるのは簡単なことではない。 また、ウェストハムやエバートンでもプレー経験があり、現在はメキシコのティグレスでプレーしているエネル・バレンシアも要注意だ。2試合連続でフル出場しているE・バレンシアだが、ここまではノーゴールと不発。日本戦で鬱憤を晴らしに来る可能性は高い。 アレクシス・サンチェス、エドゥアルド・バルガスのチリコンビにはやられた植田直通(セルクル・ブルージュ)と冨安健洋(シント=トロイデン)のセンターバックコンビだが、ルイス・スアレス、エディンソン・カバーニのウルグアイコンビにはやらせなかった。成長を続ける2センターバックがどう対応するかも注目だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆失点を避け勝利を</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190624_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ここまで“チャレンジ”と“成長”を掲げて戦って来た日本代表。森保監督はエクアドル戦に向けて「相手のプレッシャーを回避し、攻撃をしっかり止めつつ、我々の良さを出していきたいと考えています」とコメント。ここまでの2試合と同じ気持ちでエクアドル戦に挑むこととなる。 メンバーを入れ替え、相手のシステムも変わったものの、2試合でゲーム内容は大きく変わった。チリ戦での反省をしっかりと活かし、ウルグアイ戦ではセットプレーから2失点を喫したものの、流れの中では得点を許さなかった。まだまだ足りていない部分はあるものの、チリ戦からウルグアイ戦の間で改善できたものを今回も出せれば、エクアドル戦でも良い戦いができるだろう。 植田は「グループステージを突破する気持ちで勝利を目指しますし、明日は全てをかけて戦うつもりです」と必勝宣言。さらに「攻撃陣が必ず点を取ってくれると信じていますので、僕たちディフェンスは身体を張ってゼロで抑えたいです」と語り、失点を許さずに勝利に備えることを語った。 得失点差や得点数などは関係なく、日本は勝利すればグループステージ突破が決定する。コパ・アメリカでは1999年大会でも未勝利であった日本。コパ・アメリカでの初勝利を記録すれば、ベスト8へ名を連ねることになるだけに、“チャレンジ”と“成長”をテーマにしながらも結果を残してもらいたい。<div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/qq9RKgoOUzk" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆予想フォーメーション</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190624_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:大迫敬介 DF:岩田智輝、植田直通、冨安健洋、杉岡大暉 MF:柴崎岳、松本泰志 MF:三好康児、久保建英、伊藤達哉 FW:上田綺世 監督:森保一 日本代表だが、システムはここまでの2試合と同じ[4-2-3-1]になると予想する。 GKはチリ戦で起用された大迫敬介(サンフレッチェ広島)、ウルグアイ戦で起用された川島永嗣(ストラスブール)が候補となり、パフォーマンスだけを見れば川島が優勢と思える。しかし、日本が勝ち上がった場合はブラジル代表との対戦とな理、大迫の経験という点を考えるとここでプレーさせると予想する。 最終ラインは、2試合連続で先発した植田、冨安、DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)は3試合連続で先発すると予想する。右サイドは、DF原輝綺(サガン鳥栖)がケガから復帰。しかし、ウルグアイ戦で好パフォーマンスを見せたDF岩田智輝(大分トリニータ)を起用すると予想する。右サイドで攻撃にも関与していた岩田は、前線を活性化させる可能性は高い。 ボランチは、チームの柱であるMF柴崎岳(ヘタフェ)が3試合続けて先発だろう。そしてもう1人はMF松本泰志(サンフレッチェ広島)と予想する。守備的なMF中山雄太(スヴォレ)、DF板倉滉(フローニンヘン)はともにチリ戦、ウルグアイ戦で起用されたが、パフォーマンスは満足いくものではなかった。試合勘のなさも影響したと思われるが、相手のジャブにひるんだ印象が否めない。松本は試合をコントロールできることに加え、ボランチでのプレー経験は2人よりも馴染み深い。柴崎とともに、攻撃で機能する可能性は高く、勝利が欲しい日本としては起用もありだろう。 2列目は、ウルグアイ戦で2ゴールと大活躍のMF三好康児(横浜F・マリノス)を右、MF伊藤達哉(ハンブルガーSV)を左に先発と予想する。三好は好パフォーマンスの継続を期待。ボックス付近でボールを持たせた時の上手さは健在だった。そして左は伊藤と予想。MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)が先発する可能性も高いが、キリンチャレンジカップでも出場を続けており、疲労が蓄積されている可能性もある。ここまで出場がない伊藤のフレッシュさと、個人技で勝負できる部分で起用されると予想する。 そしてトップ下にはMF久保建英(レアル・マドリー)が先発に復帰すると予想する。チリ戦で見せた輝きから一転、ウルグアイ戦では途中出場も冴えるプレーは見られなかった。もともと途中出場で流れを変えるタイプではなく、先発して試合の中でリズムを作っていくタイプ。再び輝きを放ち、チリ戦の悔しさを晴らしてもらいたい。 そして、1トップに入るのはFW上田綺世(法政大学)と予想する。チリ戦では悔しい思いをし、ウルグアイ戦では途中出場で役割を果たした。カバーニ、スアレスのプレーをベンチから見ていた上田には体の使い方やポジションどりで学べたことも多いはず。どちらの特徴も持っている上田にここまで足りていないのはシュート精度。先発した暁には枠に飛ばすシュートで日本をベスト8に導いてもらいたい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_copa" terget="_blank">コパ・アメリカはDAZN独占!<br />今なら2カ月無料!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆一大決戦。冷静かつ大胆に戦えるか</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190624_100_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>コパ・アメリカで4試合以上プレーするためには、勝利すれば良いというこの上ないわかりやすい状況を迎えた。これもウルグアイ戦で撃ち合いながらも、勝ち点を奪ったことが大きく影響している。 攻守でカギを握る柴崎は「相手の出方やポジショニングを試合のなかで見極めて、隙をついていきたい」と語り、三好は「うまくポジションを取って相手をかわしながら、どこで仕掛けるのか常に狙っていきたい」とエクアドル戦を見据える。 この先の戦いに繋げるか、それともここで大会を去るか。“チャレンジ”と“成長”をテーマとするのであれば、ここで勝たない手はない。 森保監督は「プレー判断を早くし、タフに粘り強く戦い抜きます」と語り、姿勢は変えない方針。ピッチ上で選手がいかに判断し、勝ちに来る相手にどう対応するかがポイントとなる。 今までの2チームと比べると実力は劣るエクアドルだが、勝利に向けた気持ちは最も強い可能性が高い。日本はグループステージ最後にして、最大のチャレンジができるか。最終戦エクアドル代表戦は、25日(火)8時にキックオフを迎える。 2019.06.25 00:15 Tue
twitterfacebook
thumb

エクアドル対策へ…三好康児「意識の共有が大事」《コパ・アメリカ》

日本代表は日本時間25日、コパ・アメリカ2019グループC第3節でエクアドル代表と対戦する。 2試合を終えて1分け1敗で3位につける森保ジャパン(勝ち点1)。すでに終了した他グループの結果、勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる中、同じく勝利でのグループステージ突破を目指す4位・エクアドル(勝ち点0)と対戦する。 そんな大事な一戦を前に、MF三好康児(横浜F・マリノス)がDAZNでのインタビューに応対。エクアドルは個人での速い攻撃が特徴だと語り、「意識の共有が大事」だと主張した。 ◆MF三好康児(横浜F・マリノス) 「組織で動いてくるというよりは、個人で速い攻撃というのが特徴だと思います。そこは相手にボールを蹴らせない部分、特にルーズなボールをそのままゴールにつなげてくるようなシーンを作ってくると思うので、前線からの守備としてはできるだけ蹴らせない部分と、チームとして行くのか行かないのかというところの意識の共有というのは大事かなと思っています」 <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1hwaqu72yj77h1muzjgtb1vd3h" async></script> 2019.06.24 21:47 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース