ウクライナ相手にホームでドローのイタリアが泥沼の5試合未勝利…《国際親善試合》2018.10.11 05:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のイタリア代表vsウクライナ代表が10日にルイジ・フェラリスで行われ、1-1の引き分けに終わった。▽先月行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)でポーランド代表に引き分け、ポルトガル代表に敗れたイタリア。ザザやロマニョーリ、クトローネなど負傷者が続出する中、マンチーニ監督は[4-3-3]の布陣を採用。GKはドンナルンマ、4バックは右からフロレンツィ、ボヌッチ、キエッリーニ、ビラギ。中盤はアンカーにジョルジーニョ、インサイドハーフにヴェッラッティ、バレッラ。3トップは右からベルナルデスキ、インシーニェ、キエーザと並べた。

▽一方、先月行われたUNLで2連勝スタートを切ったウクライナは、GKピアトフやコノプリャンカ、ジンチェンコらをスタメンで起用した。

▽試合は地力で勝るイタリアが立ち上がりから押し込むと、5分にボックス右手前でボールを受けたベルナルデスキが反転からシュート。さらに7分には、右サイドを突破したヴェッラッティのクロスをボックス中央のボヌッチがボレーシュートで合わせたが、共にGKピアトフの好セーブに防がれた。

▽その後も攻勢に試合を進めるイタリアだが、ボックス付近までボールを運べるものの粘り強く守る相手を前になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。

▽対するウクライナは、前半終了間際の45分にチャンス。ボックス右手までパスを受けたマルロスが、巧みな反転で相手DFを2人かわすと、ボックス内まで持ち込みシュート。しかし、これはGKドンナルンマが正面で難なくキャッチした。

▽ゴールレスで迎えた後半、ウクライナはマルロスを下げてツィガンコフを投入。しかし、先にスコアを動かしたのはイタリアだった。55分、右サイドからボックス手前までカットインしたベルナルデスキがミドルシュート。ゴール手前でワンバウンドしたボールはGKピアトフの手を弾き、そのままゴールに吸い込まれた。

▽先制を許したウクライナだが、セットプレーから同点ゴールを奪う。62分、右CKをファーサイドのブルダが頭で落とすと、ボックス中央で待つマリノフスキーがゴール右隅にボレーシュートを突き刺した。

▽同点に追いついたウクライナは、71分にも決定機。コノプリャンカがバイタルエリア左で倒されてFKを獲得すると、マリノフスキーの直接FKがクロスバーを直撃。さらにこぼれ球を拾ったカラヴァイェフの右クロスからステパネンコがヘディングシュートを放ったが、これはGKドンナルンマの左手に阻まれた。

▽その後、ペッレグリーニやベラルディらを投入し猛攻に出たイタリアだが、最後まで追加点を上げられず試合は1-1で終了。マンチーニ体制の2勝目を目指したイタリアだが、格下相手に引き分け5試合未勝利となった。
コメント
関連ニュース
thumb

開催国イタリアがベルギーに快勝もベスト4進出は他力に…《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権2019グループA最終節、U-21ベルギー代表vsU-21イタリア代表が22日に行われ、1-3でイタリアが快勝した。 3日前の試合でU-21スペイン代表に敗れて2連敗となり敗退の決まった最下位ベルギーと、U-21ポーランド代表に敗れて1勝1敗となった2位イタリアの一戦。 開催国のイタリアはミーティングに遅刻したケアンとザニオーロが先発を外れ、3トップに右からキエーザ、クトローネ、ペッレグリーニを並べた。そのイタリアが立ち上がりから押し込むと、7分に決定機。左サイドからのペッゼッラの完璧なクロスに対し、ダイビングヘッドで飛び込んだバレッラのシュートは枠を外してしまう。 すると10分にピンチ。ディフェンスライン裏に抜け出したルケバキオにGK強襲のシュートを浴びせられた。 その後、17分にマンドラゴーラの左足ミドルでゴールに迫ったイタリアだったが、守備を固めるベルギー相手に攻めあぐねる展開が続いた。しかし前半終了間際の44分に先制ゴールをこじ開ける。左クロスのルーズボールをボックス右のバレッラがボレーシュートを浴びせてGKを強襲すると、ルーズボールを再びバレッラが左足でねじ込んだ。 イタリアが1点をリードして迎えた後半、53分に加点する。ペッレグリーニの左サイドからのクロスをクトローネが巧みなヘディングシュートで流し込んだ。 その後も攻め立てるイタリアは65分にクトローネのポストプレーからロカテッリが決定的なシュートを浴びせれば、67分にはスローインの流れからマンドラゴーラがGKを強襲する強烈なシュートを浴びせた。 しかし79分、ボックス手前左からヴェルスハーレンのミドルシュートがゴール右に決まってベルギーに1点を返される。 終盤の89分、ボックス左でパスを受けたキエーザがゴール右に決めて3-1と快勝したイタリアだったが、スペインがポーランドに5-0と勝利したことで、3チーム間の当該得失点により2位で終了。他2グループの2位チームの結果にベスト4進出が委ねられる状況となった。 ◆グループA順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.スペイン[6/3/4] 2.イタリア[6/3/3] 3.ポーランド[6/3/-3] 4.ベルギー[0/3/-4] 2019.06.23 06:16 Sun
twitterfacebook
thumb

U-21イタリア代表に激震… ミーティング遅刻のケアンとザニオーロが運命のベルギー戦欠場へ《U-21欧州選手権》

U-21イタリア代表に激震が走った。22日に行われるU-21欧州選手権2019グループA最終節のU-21ベルギー代表戦にFWモイゼ・ケアン(ユベントス)とMFニコロ・ザニオーロ(ローマ)の両主軸が欠場することになったようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ホテルで同部屋のケアンとザニオーロは今大会中、度々インスタグラムに歌や踊っている姿を投稿。そしてベルギー戦に向けたミーティングに遅刻していた。これがルイジ・ディ・ビアージョ監督の逆鱗に触れ、ベルギー戦で起用しないことを決めたようだ。 仮にイタリアがベスト4進出を果たせば、両選手が復帰する可能性があるようだが、グループステージ最終節を前に2連勝のU-21ポーランド代表を追うイタリアは、1勝1敗でU-21スペイン代表に並んでいる中、両主軸を欠いてベルギーに勝利し、東京五輪出場権の得られるベスト4進出を果たせるか。 2019.06.23 01:16 Sun
twitterfacebook
thumb

堅守ポーランドが開催国イタリアを一撃で撃破! 連勝のポーランドは五輪出場に大前進!《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権2019グループA第2節、U-21イタリア代表vsU-21ポーランド代表が19日に行われ、0-1でポーランドが勝利した。 初戦のU-21スペイン代表戦を3-1と逆転勝利したイタリアと、U-21ベルギー代表戦を3-2と勝利したポーランドの一戦。 開催国のイタリアはケアンとザニオーロがベンチスタートとなり、キエーザやバレッラ、ペッレグリーニらが初戦に続き先発。ベンチスタートだったクトローネがスタメンとなった。対するポーランドはコフナツキやシマンスキが先発となった。 立ち上がりからキエーザを起点に攻勢に出たイタリアがポーランドを自陣に張り付ける中、21分にはキエーザの突破を起点にボックス内のペッレグリーニがシュート。だが、枠を捉えきれなかった。 続く27分には右クロスを受けたゴールエリア左のキエーザがシュート。しかし、GKグラバラのセーブに阻まれた。さらに31分には決定機。キエーザがボックス左からマイナスに折り返し、マンドラゴーラがシュート。だが、枠の右に外してしまった。 キエーザが攻撃を牽引するイタリアだったが、40分にポーランドがワンチャンスを生かして先制した。FKの流れからルーズボールをボックス内のビエリクが左足ボレー。これが枠の左を捉えた。 44分にボックス右で仕掛けたオルソリーニがカットインからシュートを決めたイタリアだったが、VARの末にオフサイドを取られてノーゴールに。前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半、オルソリーニに代えてケアンをそのまま右ウイングに投入したイタリアは、52分に決定機。しかし、ボックス左に走り込んだキエーザが後方からのロングフィードにボレーで合わせたシュートはGKの守備範囲に飛んでしまった。 攻勢を続けるイタリアは57分にマンドラゴーラに代えてトナーリを投入。すると63分にはそのトナーリが際どいミドルシュートを浴びせた。 しかし、これ以降は自陣に引くポーランドを崩せない状況が続く。そんな中75分、ペッレグリーニのミドルシュートが左ポストに直撃した。 終盤、DFを削ってザニオーロを投入したイタリアだったが、ポーランドの守備を攻略できずに痛い敗戦。1勝1敗となった。一方、連勝としたポーランドはベスト4進出に大きく近づき、東京五輪出場に前進している。 2019.06.20 05:55 Thu
twitterfacebook
thumb

マルタのPK弾でイタリアを下したブラジルが決勝T進出! オーストラリアもカーの4発で大勝《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019グループC最終節のイタリア女子代表vsブラジル女子代表が18日に行われ、0-1でブラジルが勝利した。 グループステージ連勝で決勝トーナメント進出を決めているイタリアと、引き分け以上で決勝トーナメント進出の決まるブラジルの一戦。試合は5分、イタリアは中央を持ち上がったジャチンティのパスを左で受けたボナンセアがカットインでボックス手前まで切り込みシュート。しかし、これはGKが弾き出した。 対するブラジルは17分、マルタの左CKをニアに走り込んだデビーニャが巧みなヒールキックで合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 膠着状態が続く中、イタリアは29分に決定機。中盤からのロングパスをボックス手前のガリがバックヘッドで繋ぐと、ゴール前に抜け出したジレッリが巧みなボールコントロールで相手DFをかわし、ゴール左にシュートを流し込んだ。しかし、これはジレッリのポジションでオフサイドが取られ、ノーゴールとなった。 さらにイタリアは、40分にもグアンニの右クロスをゴール前に走り込んだボナンセアが左足ボレーで合わせたが、これは相手GKの正面を突いた。 ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはブラジル。52分、ボックス左手前でタイーザが倒されFKを獲得すると、アンドレシーニャが直接FKで狙ったが、これはクロスバーに弾かれた。 一進一退の攻防が続く中、72分に試合が動く。ドリブルで仕掛けたデビーニャがボックス内でリナリに倒され、ブラジルがPKを獲得。このPKをマルタがゴール右隅に沈めた。 結局、このゴールが決勝点となり1-0でブラジルが勝利した。 また、同時刻開催のジャマイカ女子代表vsオーストラリア女子代表は1-4でオーストラリアが勝利した。試合が動いたのは11分、オーストラリアはギールニクのアーリークロスをサマンサ・カーがヘディングでゴール左に流し込んだ。 先制したオーストラリアは、42分にもボックス右角付近でボールを受けたゴリーの右クロスからサマンサ・カーがヘディングシュートを突き刺し、追加点。 2点のリードを許したジャマイカだが、後半開始早々に反撃する。49分、ショーのスルーパスでボックス内に抜け出したソラウンが飛び出したGKを冷静にかわし、シュートをゴール右隅に流し込んだ。 1点返されたオーストラリアだが69分、ボックス右深くまでドリブルで切り込んだラソのクロスが相手DFに当たると、こぼれ球をゴール前で拾ったサマンサ・カーが冷静にゴール左隅へシュートを沈め、ハットトリックを達成した。 オーストラリアは、83分にもサマンサ・カーがこの試合4点目を挙げて、4-1と大勝した。 この結果、勝ち点6で並んだイタリア、ブラジル、オーストラリアの決勝トーナメント進出が決定。得失点差で2チームを上回ったイタリアが首位通過、同得失点ながら総得点でブラジルを上回ったオーストラリアが2位通過、ブラジルが3位通過となった。 ◆グループC順位表 [勝ち点/試合数/得失点] 1.イタリア[6/3/5]※ 2.オーストラリア[6/3/3]※総得点8 3.ブラジル[6/3/3]※総得点5 4.ジャマイカ[0/2/-8] ※が決勝トーナメント進出 2019.06.19 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

キエーザ2発などで逆転の開催国イタリアが優勝候補スペインに勝利!《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権が16日にイタリアとサンマリノで開幕。グループA第1節のU-21イタリア代表vsU-21スペイン代表は、イタリアが3-1で逆転勝利した。 2020年東京オリンピックの出場枠4つが懸かることもあり、日本でも注目を集める今大会。予選を突破した12チームが3グループに分かれて争う今大会のレギュレーションでは、グループ首位3チームと、グループ2位の成績最上位の1チームが準決勝進出と共に東京五輪の出場権を得ることになる。なお、今大会の出場資格は1996年1月1日以降に生まれた選手となる。 下馬評の低いポーランドとベルギーの2チームと同居したグループAにおいて、開催国イタリアと前大会準優勝のスペインの本命2チームによる、重要な今回の初戦。 開催国として今大会に高いモチベーションを見せるイタリアは、ペッレグリーニ、バレッラ、ザニオーロ、キエーザ、ケアンとフル代表でもプレーする逸材たちを先発で起用。 対するスペインはファビアン・ルイス、ダニ・セバージョス、バジェホ、オヤルサバル、ソレール、マジョラルなど、リーガエスパニョーラで主力を張るタレントを起用してきた。 ケアン、キエーザの2トップの下にザニオーロを配した[4-3-1-2]で臨んだイタリアに対して、スペインは最前線にマジョラル、2列目にオヤルサバル、セバージョス、ソレールを並べた[4-2-3-1]の布陣でスタートする。 開始直後からボールの主導権を握ったスペインは9分、元ベティスコンビで早々にゴールをこじ開ける。ボックス手前左でファビアンからパスを受けたセバージョスが短く右に持ち出して対面のバレッラを外して右足を振り抜くと、絶妙なコントロールシュートがゴール右上隅に突き刺さった。 幸先良く先制に成功したスペインは的確なポジショニング、技術を生かして相手のプレスをいなす質の高いビルドアップでペースを掴む。さらに、アタッキングサードではトップ下で自由に振る舞うセバージョスが足下のテクニックと創造性を武器に良いアクセントを付ける。 一方、なかなかプレスがハマらないイタリアはザニオーロを右、キエーザを左のウイングに置く[4-1-4-1]の並びに変更。守備時のマッチアップを明確にして守備から少しずつリズムを掴む。 すると36分、右サイドでのスローインの流れからバレッラが左サイドに張るキエーザにミドルレンジのパスを通す。ここから快足を飛ばしてボックス内に侵入したキエーザが、クロス決め打ちのまずい対応を見せたGKウナイ・シモンが空けたニアに左足アウトにかけた見事なシュートを突き刺し、こちらもゴラッソで試合を振り出しに戻す。 その後、競り合いの場面で頭部を打っていたザニオーロが脳震盪かピッチに倒れ込み、40分過ぎにオルソリーニとの交代を強いられるアクシデントに見舞われたが、前半はそのまま1-1で終了した。 迎えた後半、スペインは前半に足を痛めていたファビアンを下げてメリノをハーフタイム明けに投入。しかし、前半終盤からの流れを受けて立ち上がりはイタリアが押し込む。その中で互いにキエーザ、ソレールと相手ゴールに迫る場面も作った。 徐々に試合がこう着していく中、イタリアは60分にケアンを下げてクトローネを投入。すると、この選手交代が逆転ゴールをもたらす。64分、ボックス内でDFバジェホを相手にクトローネが粘ってボールがゴール前にこぼれると、これにいち早く反応したキエーザが冷静に無人のゴールへ蹴り込んだ。 ディ・ビアージョ監督の采配的中のイタリアは完全に流れを掴むと、スペインにボールを持たれるものの決定的な仕事はさせず。逆に、当初の狙い通りのカウンターが機能。79分にはボックス内でペッレグリーニがソレールに後ろから押し倒されると、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、PKが与えられる。これをペッレグリーニが冷静に決めて点差を2点に広げる。 何とか追いつきたいスペインはフォルナルス、ラファ・ミルと続けて攻撃的なカードを切っていくが、完全に守りに入ったイタリア守備を攻略することはできず。キエーザの2ゴールの活躍などでスペインに逆転の開催国イタリアが今大会を白星発進。 この結果、グループAはイタリアと、ベルギーを3-2で下したポーランドが初戦を飾っている。 2019.06.17 06:10 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース