コンデション不良のベイル、スペイン代表との親善試合を欠場2018.10.11 00:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイルは、負傷により11日に行われるスペイン代表との国際親善試合を欠場する見込みだ。イギリス『BBC』が伝えている。▽ベイルは、先月29日に行われたリーガエスパニョーラ第7節のアトレティコ・マドリー戦で内転筋を負傷すると、2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のCSKAモスクワ戦を欠場。先週末に行われたリーガエスパニョーラ第8節のアラベス戦では復帰したが、同試合で再び負傷しヴィニシウスと交代していた。

▽万全のコンディションではないものの、招集を受けていたウェールズ代表に合流したベイルについて同代表を率いるライアン・ギグス監督は、「ベイルには少し筋肉疲労あり、スペイン戦には出場しないだろう」とコメント。

▽また、16日に行われるUEFAネーションズリーグのアイルランド戦についても以下のように語っている。

「数分出場できるかもしれないが、リスクを冒すつもりはない。現時点ではアイルランド戦の出場もフィフティ・フィフティだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ギグス監督の指導力に疑問視…低迷ウェールズで反乱?

ウェールズ代表を率いるライアン・ギグス監督が窮地に立っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ウェールズ代表は現在、ユーロ2020予選の真っ只中にある。だが、ハンガリー、スロバキア、クロアチア、アゼルバイジャンと、さほどきつくないグループEにおいて、3試合を終えた時点で1勝2敗で4位と振るわない。 こうした状況にチーム内ではギグス監督のリーダーシップに疑いを持つものも現れ始めているという。特にクリス・コールマン前監督の下でユーロ2016準決勝まで進んだ10人の選手が顕著だという。 「誰もがライアンの選手としてのキャリアはリスペクトしているが、彼の言葉に対する反応は同じではない」と語るのはチーム関係者。「ウェールズ代表は浮き沈みは激しいものの、選手たちは代表に選ばれることを楽しみにしている。でも現在は違う」と、チームの印象自体悪くなっていることを強調している。 ウェールズ代表は9月7日にアゼルバイジャン代表と対戦する。ここで信頼を取り戻さなければ、ギグス監督の更迭は現実味を帯びてくる。 2019.06.16 15:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ペリシッチの2得点に絡む活躍でウェールズに競り勝ったクロアチアが2勝目を挙げる!《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選グループE第3節のクロアチア代表vsウェールズ代表が8日に行われ、2-1でクロアチアが勝利した。 1勝1敗スタートの4位クロアチアと、白星発進で2位に位置するウェールズの一戦。クロアチアはモドリッチやペリシッチ、コバチッチが先発出場。対するウェールズは、エースのベイルやジョー・アレンに加え、今夏にマンチェスター・ユナイテッド加入が濃厚の新星ダニエル・ジェームズが先発に名を連ねた。 立ち上がりからホームのクロアチアが攻勢に出る中、ウェールズが先にチャンスを迎える。10分、ベイルが中盤から矢のようなロングスローを供給するとボックス手前で受けたウィルソンがシュートを放ったが、これはGKリヴァコビッチの正面を突いた。 ピンチを凌いだクロアチアは16分、中盤でクラマリッチの落としを受けたモドリッチがワンタッチで左のスペースへロングパスを供給すると、これに反応したペリシッチがボックス左から侵入。相手GKとDFを引きつけたペリシッチはゴールエリア付近まで切り込み折り返しを送ると、ゴール前に戻ったジェームズ・ローレンスに当たり、そのままゴールネットを揺らした。 1点を追うウェールズは42分、ダニエル・ジェームズの左クロスをファーサイドのウィルソンがマイナスに折り返すと、走り込んだファルクスがシュート。さらに相手GKの弾いたボールをベン・デイビスが詰めたが、これも相手GKのセーブに阻まれた。 1点リードで前半を終えたクロアチアは、後半開始早々にスコアを動かす。46分、モドリッチのパスで右サイドを抜け出したブレカロがボックス右から切り込みシュート。これをGKヘネシーが弾くと、セカンドボールに反応したコバチッチがボックス手前からシュートを流し込んだ。しかし、このゴールはオフサイドを取られ、ノーゴールとなった。 追加点のチャンスを逃したクロアチアだが48分、ボックス内でパスを受けたクラマリッチはジョー・アレンのスライディングタックルで止められたが、J・ローレンスのクリアをモドリッチがブロック。これがボックス左に流れると、こぼれ球に反応したペリシッチがニアサイドにシュートを突き刺した。 追加点を許したウェールズは55分、ボックス手前で獲得したFKからベイルが相手ゴールを脅かすも、これはゴール左上に外れた。さらに59分には、味方のロングパスで抜け出したベイルに再び決定機が訪れたが、シュートは相手GKのセーブに阻まれた。 ゴールが遠いウェールズだったが、77分に反撃。ボックス右までオーバーラップしたコナー・ロバーツがマイナス折り返しを供給。これをバイタルエリア中央で受けたブルックスが切り返しで相手マークをかわすと、ボックス手前まで切り込みシュート。これがシュートブロックに入ったヴィダの頭に当たり、そのままゴール中央に突き刺さった。 終盤にかけてもウェールズがクロアチアゴールに迫ったが、91分のブルックスのシュートは相手GKに阻まれ、2-1のままタイムアップ。ペリシッチ弾で逃げ切ったクロアチアが、2勝目を挙げグループEの暫定首位に浮上した。 ◆8日開催グループEその他の試合結果 アゼルバイジャン 1-3 ハンガリー ◆グループE順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.ハンガリー[6/3/2] 2.クロアチア[6/3/1] 3.スロバキア[3/2/1] 4.ウェールズ[3/2/0] 5.アゼルバイジャン[0/2/-3] 2019.06.09 00:10 Sun
twitterfacebook
thumb

モドリッチやラキティッチ、ペリシッチらが選出! クロアチアがユーロ予選に向けたメンバー発表!《ユーロ2020予選》

クロアチアサッカー協会(HNS)は20日、6月に行われるユーロ2020予選に向けたクロアチア代表メンバー25名+予備メンバー3名を発表した。 クロアチ代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、MFイバン・ペリシッチ(インテル)、FWアンテ・レビッチ(フランクフルト)など主力が順当に選出した。 3月に行われたユーロ2020予選を1勝1敗スタートとなったクロアチアは、6月8日にウェールズ代表とのホーム戦を行い、同11日に国際親善試合でチュニジア代表とホームで対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ロヴレ・カリニッチ</span>(アストン・ビラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">シモン・スルガ</span>(リエカ) <span style="font-weight:700;">ヨシプ・ポサベツ</span>(ハイドゥク・スプリト)※ <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">カルロ・バルトレツ</span>(ノアシャラン/デンマーク) <span style="font-weight:700;">ダリオ・メルニャク</span>(チャイクル・リゼスポル/トルコ)</span> <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ヴィダ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ドゥイエ・チャレタ=ツァル</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">フィリップ・ベンコビッチ</span>(セルティック/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ボルナ・バリシッチ</span>(レンジャーズ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">デヤン・ロブレン</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ティン・イェドバイ</span>(レバークーゼン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ミレ・シュコリッチ</span>(オシエク)※ <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フィリップ・ブラダリッチ</span>(カリアリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マリオ・パシャリッチ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マテオ・コバチッチ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">マルコ・ログ</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">ニコラ・ヴラシッチ</span>(CSKAモスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ミヨ・ツァクタシュ</span>(ハイドゥク・スプリト)※ <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンテ・レビッチ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ヨシップ・ブレカロ</span>(ヴォルフスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・ペトコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) ※予備メンバー 2019.05.21 03:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェールズがスロバキアにシャットアウト勝利で白星発進!《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選・グループE第2節、ウェールズ代表vsスロバキア代表が24日に行われ、1-0で辛勝した。 クロアチア代表が同居しているグループE。初戦を迎えるウェールズは4日前に行われ、1-0で辛勝した親善試合のトリニダード・トバゴ代表戦を欠場していたベイルやB・デイビス、ジョー・アレンらが先発となった。 一方、3日前に行われた初戦のハンガリー代表戦を2-0と勝利したスロバキアは、ハムシクとシュクリニアルの両主軸が引き続きスタメンとなった。 試合は開始5分に動く。ペカリークのゴール前でのボールロストをカットしたダニエル・ジェームズがペナルティアーク中央から豪快なミドルシュートをゴール左に叩き込んで、ウェールズが先制した。 先制後も縦に早い攻撃で主導権を握るウェールズがゴールに迫ると、21分には左クロスに合わせたブルックスのシュートがわずかに枠の左に外れた。 自陣に引いてカウンターを狙うウェールズは39分に決定機。右サイドから切れ込んだブルックスがDFをかわして左足でシュート。だが、巻いたシュートはわずかに枠の左に外れた。 前半を1点のリードで終えたウェールズは、53分にベイルがヘディングシュートでオンターゲットを記録。 しかし直後の54分、スロバキアに同点のチャンス。スルーパスでボックス左に抜け出したルスナークがGKと一対一に。しかし、シュートはヘネシーの好守に阻まれてしまった。 ひやりとさせられたウェールズは72分、ゴールを決めたダニエル・ジェームズに代えてDFのウィリアムズを投入。逃げ切りを図った中、82分にはジュリシュのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKヘネシーが好守で凌いだ。 終盤にかけても押し込まれたウェールズだったが、1点のリードを保って白星発進としている。 2019.03.25 00:53 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイルを語るウェールズ代表ギグス監督「プレッシャーを取り除きたい」

ウェールズ代表のライアン・ギグス監督が、エースであるFWガレス・ベイルについて語った。イギリス『Four Four Two』が報じた。 ウェールズは、20日にトリニダード・トバゴと国際親善試合を、23日にスロバキア代表とユーロ2020予選を戦う。 この試合でもエースとしての活躍が求められるベイルだが、今シーズンはケガなどにも苦しむ状況に。16日に行われたリーガエスパニョーラ第28節のセルタ戦では、1ゴールを記録すると、2019年に入って初めてフル出場を果たしている。 マドリーでは批判の対象となるなど、苦しい時期を過ごしているベイルだが、ギグス監督は能力を高く評価。今回もゴールを決めてくれると期待を示した一方で、プレッシャーから解放してあげたいとも語った。 「我々全員が、彼がどのような才能を持っているか知っているし、彼がプレーするのであれば、きっとゴールを決めるだろう」 「しかし、同時に彼からプレッシャーを取り除きたいとも思っている。もし彼がプレーできなければ、我々は1人の選手に頼っているのではないと証明できる」 2019.03.20 15:30 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース