元アルゼンチン代表DFニコラス・ブルディッソが現役引退! ボカやインテル、ローマで活躍2018.10.10 22:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元アルゼンチン代表DFニコラス・ブルディッソ(37)が10日、自身の公式『インスタグラム(@nicolasburdisso_official)』で現役引退を発表した。▽昨シーズン限りでトリノを退団したブルディッソには、先日に第3センターバックのルーマニア代表DFヴラド・キリケシュがヒザ前十字じん帯断裂で長期離脱を強いられていたナポリが関心を示していたが、同選手は最終的にスパイクを脱ぐ決断をした。

▽1999年10月10日にボカ・ジュニアーズで18歳でのプロデビューを飾ったブルディッソは、ちょうどそれから19年後の2018年10月10日に、ボカ・ジュニアーズとアルゼンチン代表のアイドル、ディエゴ・マラドーナ氏と抱擁している写真と共に現役引退のコメントを発表した。

「デビュー19周年を迎えたこの日にフットボーラーとしての自分の冒険が終わりを迎えたことを発表する」

「この道を自分と共に歩み続けてくれた神、家族、チーム、プレーヤー、コーチ。とりわけ、ファンたちに感謝の気持ちを伝えたい」

「フットボールは自分を毎日、幸せにし人間として成長させてくれる大事なツールだった。それは今後も続いていくと思う。今は本当に誇り高く満ち足りた気持ちなんだ。僕は子供の頃に夢見たすべてを叶えることができたんだ」

▽1999年に南米屈指の名将カルロス・ビアンチ監督の下、母国の名門ボカ・ジュニアーズでプロキャリアをスタートしたブルディッソは、2004年にインテルに完全移籍で加入。

▽しかし、“カルチョポリ”の影響もあってセリエA5連覇の黄金期を過ごしたインテルでは思うように出場機会を得られず、2009年にローマへレンタル移籍で加入。その後、完全移籍を果たした同選手は2014年まで主力として活躍。そして、ジェノアを経て昨年からトリノでプレーしていた。

▽前述のインテル時代に4度のセリエA制覇に2度のコッパ・イタリア制覇、ボカ・ジュニアーズ時代に2度のアルゼンチンリーグ制覇、2度のトヨタカップ制覇など、クラブキャリアを通じて多くのタイトルを獲得してきた。

▽2003年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)、2010年南アフリカW杯の2大会に出場するなど、通算49試合に出場し2ゴールを記録。また、2001年のFIFA U-20W杯、2004年のアテネ・オリンピックと世代別代表時代に優勝を果たした。
コメント
関連ニュース
thumb

ソシエダ、ジローナから今季リーガ9ゴールのMFポルトゥを獲得

レアル・ソシエダは18日、ジローナのスペイン人MFポルトゥ(28)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 バレンシアの下部組織で育った攻撃的MFのポルトゥは、2014年夏に移籍したアルバセテで頭角を現し、2016年夏からジローナでプレー。ジローナでは公式戦115試合に出場して29ゴール17アシストを記録。今季はリーガエスパニョーラで34試合に出場し、9ゴール3アシストをマークする活躍を見せていた。 ソシエダは今夏、ドルトムントからスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサク(19)を獲得している。 2019.06.19 03:46 Wed
twitterfacebook
thumb

アラベス、ソショーからカメルーン代表MFフックスを獲得

アラベスは18日、カメルーン代表MFジャンド・フックス(21)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。 フランスで育ったセントラルMFのフックスは、2015年5月にソショーでプロデビュー。ソショーでは公式戦116試合の出場で5ゴール7アシストを記録。今季はリーグ・ドゥで22試合に出場し、2ゴール2アシストをマークしていた。 世代別の代表ではU-20フランス代表まで招集されていたが、2018年11月に出身地でルーツのあるカメルーン代表に選出されている。 2019.06.19 00:41 Wed
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、U-21スイス代表FWバルガスを獲得

アウグスブルクは18日、ルツェルンのU-21スイス代表FWルベン・バルガス(20)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 2015年からルツェルンでプレーするウインガーのバルガスは、2017年8月にトップチームデビュー。ルツェルンでは公式戦58試合の出場で12ゴール13アシストを記録。今季はスイス・スーパーリーグで31試合に出場し、8ゴール8アシストをマークしていた。 アンダー世代の代表では2018年10月にU-21スイス代表に選出され、これまで3試合に出場している。 2019.06.18 23:56 Tue
twitterfacebook
thumb

エスパニョール、FWアルバロ・バスケスとの契約を解除

エスパニョールは18日、スペイン人FWアルバロ・バスケス(28)との契約を解消したことを発表した。 2005年からエスパニョールの下部組織でプレーし、2010年9月にトップチームデビューを果たしたストライカーのアルバロ・バスケス。ヘタフェやスウォンジーなどでもプレーした中、エスパニョールでは公式戦80試合に出場し、17ゴールを記録したが、徐々に出場機会を減らし、2017-18シーズン後半からジムナスティック・タラゴナにレンタル移籍していた。 そして今季はリーガエスパニョーラ2部のジムナスティックで公式戦32試合の出場で10ゴールを記録していた。 2019.06.18 23:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルト、ファブレと新規契約締結…2021年6月まで

ドルトムントは18日、ルシアン・ファブレ監督(61)との契約延長を正式発表した。延長期間は1年。2021年6月まで指揮を執ることになる。 スイス人指導者のファブレ監督は、ニース監督を経て、2018年5月からドルトムントを指揮。ブンデスリーガ開幕15戦負けなしの好スタートを切ったが、徐々に失速して2位に終わり、チャンピオンズリーグ(CL)でもベスト16で散った。 ただ、ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は、ファブレ監督の手腕を評価。近日中にも契約延長の見通しであることを明かしている状況だった。 そのドルトムントは今夏、ベルギー代表MFトルガン・アザール(26)や、ドイツ代表DFニコ・シュルツ(26)、同代表MFユリアン・ブラント(23)、U-19デンマーク代表FWマグヌス・カーストルップ(18)を獲得している。 2019.06.18 22:10 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース