C大阪に痛い離脱…ダービーで負傷のDF松田陸が全治5~6週間2018.10.10 16:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽セレッソ大阪は10日、DF松田陸が全治5~6週間と診断されたことを発表した。▽松田は、明治安田生命J1リーグ第29節ガンバ大阪戦に先発出場して負傷。前半早々の14分に途中交代を強いられており、検査の結果、左ハムストリング筋損傷と診断された。

▽大阪府大阪市出身の松田は、2014年にFC東京でプロデビューを飾り、2016年からC大阪でプレー。すぐさまレギュラーを確保しており、今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ全28試合に出場していた。

▽C大阪はJ1第29節終了時点で暫定8位。勝ち点を「41」まで積み上げており、3位の鹿島アントラーズ(勝ち点46)まで勝ち点差5に迫っている中での痛い離脱となった。

▽今後の6週間中に、C大阪はJ1リーグでFC東京(10月20日)、鹿島アントラーズ(10月31日)、名古屋グランパス(11月6日)、川崎フロンターレ(11月10日)との対戦を控えている。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、日本期待の若手2選手を注視か 贔屓紙が報じる

バルセロナが、鹿島アントラーズに所属する日本代表MF安部裕葵(20)とセレッソ大阪への加入が内定している桐光学園のU-20日本代表FW西川潤(17)を注視しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 レアル・マドリーへ移籍が決まった日本代表MF久保建英(18)の獲得に失敗したバルセロナ。しかし、同クラブは、日本市場を狙っており、Bチームでプレー可能な有望な若手選手として、安部と西川を約5カ月以上に渡りモニタリングしているという。 バルセロナは安部に対して、買い取りオプション付きレンタルでの獲得を希望している模様。しかし、鹿島側は移籍金150万ユーロ(約1億8000万円)での売却を望んでいるという。 もう一方の西川は現在17歳。国際サッカー連盟(FIFA)が定める国外移籍の基準を満たしていないことから、18歳になる2020年2月21日以降での獲得を視野に入れているようだ。 2017年に広島県の瀬戸内高校から鹿島に入団した安部は、今シーズンから背番号「10」を継承。ここまで明治安田生命J1リーグ13試合で1ゴールを記録している。また現在、コパ・アメリカに参戦中の日本代表にも選出されており、日本時間18日に行われたグループC第1節のチリ代表戦に途中出場して、A代表デビューを飾ると、21日に行われた第2節のウルグアイ代表戦ではフル出場を果たした。 現役高校生の西川は国内外での争奪戦の末、C大阪入団が内定。今年3月のルヴァンカップではプロデビューを飾っている。また、今月中旬まで行われていたU-20ワールドカップ(W杯)には、U-20日本代表に飛び級で選出され、3試合に出場した。 2019.06.24 22:06 Mon
twitterfacebook
thumb

攻守ガッチリのC大阪、メンデス&水沼のゴールで磐田に完封勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第16節のセレッソ大阪vsジュビロ磐田が22日にヤンマースタジアム長居で行われ、2-0でC大阪が勝利した。 C大阪(勝ち点20)は、ここまで6勝2分け7敗で10位に位置。0-2で完封負けした前節の鹿島アントラーズ戦含めここ5試合で4得点と得点力に課題があるだけに前線の選手の奮起に期待したい。そんな中ロティーナ監督は今節も前節と全く同じスタメンを選択。選ばれた選手たちは指揮官の厚い信頼に応えたいところだ。 一方の磐田(勝ち点14)は、ここまで3勝5分け7敗で16位に位置。前節のガンバ大阪戦では課題だった守備陣は頑張りを見せるも攻撃陣が得点を奪えず0-0のスコアレスドローに終わった。今節のスタメンではエースのロドリゲスが先発に復帰。またディフェンスラインでは森下に代わって新里が起用された。 互いに得点力に課題を持つ両チームの対戦となったが最初のチャンスはC大阪。9分、奥野が中央からドリブル突破で持ち込むと前線に走り込んだブルーノ・メンデスにスルーパス。ワンタッチからシュートに持ち込むが惜しくもGKカミンスキーの正面となり弾かれた。 引き続き攻め込むC大阪は13分、藤田のCKをマテイ・ヨニッチが頭で擦らし、そこに丸橋が合わせてネットを揺らすも惜しくもオフサイドの判定。待望の先制点とはならなかった。 20分のC大阪のカウンター、左サイドの丸橋からのロングパスをブルーノ・メンデスがペナルティエリア付近で受けシュート。一度はGKカミンスキーにセーブされるもこぼれ球を落ち着いてゴールに流し込みホームのC大阪が先制に成功した。 相手に押し込まれなかなかチャンスを作れなかった磐田だが40分、C大坂のCKのこぼれ球を拾うとそのままカウンターへ。サイドで受けた松本のクロスをロドリゲスがヘッドで押し込むもGKキム・ジンヒョンがファインセーブ。惜しいシーンだったがゴールを割ることは出来なかった。 前半攻撃の形を作れなかった磐田の名波監督はハーフタイムで前線のテコ入れを決断する。中山に代えてアダイウトンを入れ、ロドリゲスと個で打開できる2トップを形成。膠着している攻撃の打破を図る。 しかし追加点はC大阪に。50分、左タッチラインから投じられた藤田のロングスローをゴール前に居た水沼が蹴り込み追加点。後半開始早々に大きな追加点を獲得しリードを2点に広げる。 その後も磐田陣内に押し込み続けるC大阪は81分、レアンドロ・デサバトがハーフウェイライン付近から30m近いロングパスを繰り出し、ブルーノ・メンデスが斜めの動き出しから抜け出すもGK正面となり3点目は奪えず。 なんとか反撃をしたい磐田だがなかなか決定的なチャンスを作れない、84分にはFKの素早いリスタートから右サイドの松本が抜け出しシュートを打つもゴールネット右に外れた。 試合はこのまま2-0で終了。C大阪がホームで嬉しい完封勝利を挙げた。一方磐田はリーグ戦5戦勝利無しと、苦しい状況となってしまった。 2019.06.22 21:21 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島が巧者ぶりを発揮! C大阪に2発快勝で暫定3位浮上《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節の鹿島アントラーズvsセレッソ大阪が14日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-0で鹿島が勝利した。 5位・鹿島(勝ち点24)は、第10節から今シーズン初の3連勝を飾り上昇気流に乗るかと思われたが、直近2試合は1分け1敗と停滞気味。嫌な雰囲気を断ち切りたいた今節は、1-1で引き分けたガンバ大阪戦からスタメンを2名変更。大卒ルーキーの名古がリーグ戦初スタメンとなった。 一方の9位・C大阪(勝ち点20)は、シーズン序盤こそ苦しんだが、直近5試合で4勝1敗と調子を上げてきている。今シーズン初の3連勝を目指し、1-0で勝利したサガン鳥栖戦と同じメンバーをピッチに送り出した。 先にチャンスを作ったのはC大阪。10分、丸橋の縦パスを受けた清武がボックス左外からクロス。ファーサイドでボールを受けた水沼がワントラップからシュートを放つも、GKクォン・スンテが立ちはだかった。 攻勢を強めるC大阪は20分にも決定機。敵陣右サイド深くから水沼がインスイングのクロスを供給。GKクォン・スンテが弾いたボールを奥埜が拾いすぐさまパス。フリーでボールを受けたブルーノ・メンデスが右足で狙うも、ゴールライン上で永木にクリアされた。 ここまで守勢だった鹿島は28分、レアンドロのスルーパスに反応したセルジーニョがボックス右外からクロスを供給。ニアサイドに走り込んだレアンドロがヘディングシュートを放ったが、GKキム・ジンヒョンに阻まれた。 C大阪はヒヤリとしたものの42分にもチャンスを迎える。敵陣左サイド中央から丸橋がバイタルエリア左にパス。このボールを受けたブルーノ・メンデスがカットインからシュートを放ったが、枠を捉えることはできなかった。 後半に入ると、前半は劣勢だった鹿島が先にスコアを動かす。49分、レアンドロがボックス内で丸橋に倒されてPKのチャンスを獲得。これをセルジーニョがきっちりと決めて先制に成功する。 前半とは打って変わり鹿島が試合のイニシアチブを握る。そうした中で鹿島は72分、ルーズボールを拾った土居がボックス中央手前へパスを送ると白崎が右足を一閃。これがゴール左に突き刺さり、リードを広げた。 苦しい展開となったC大阪は、76分、ブルーノ・メンデスのパスをボックス左で受けた藤田がループシュート。しかし、このチャンスもGKクォン・スンテに掻き出された。 その後は鹿島がボールを保持し、巧みに時計の針を進めて試合終了。2-0で勝利した鹿島が暫定3位に浮上した。一方のC大阪は3試合ぶりの黒星となった。 2019.06.14 21:18 Fri
twitterfacebook
thumb

J3第22節のYS横浜vsC大阪U-23はニッパツ開催の9月8日17時キックオフに決定

Jリーグは11日、明治安田生命J3リーグ第22節のY.S.C.C.横浜vsセレッソ大阪U-23の試合開催日、キックオフ時刻、開催スタジアムが決定したことを発表した。 今回の決定により同カードは、9月8日(日)の17時キックオフとなり、ニッパツ三ツ沢球技場で開催されることとなった。 ◆明治安田生命J3リーグ第22節 ▽9/8(日) 《17:00》 Y.S.C.C.横浜vsセレッソ大阪U-23 [ニッパツ三ツ沢球技場] 2019.06.11 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

B・メンデスの2戦連発でC大阪が今季2度目の連勝! 鳥栖は金明輝体制初黒星…《J1》

明治安田生命J1リーグ第14節のサガン鳥栖vsセレッソ大阪が1日に駅前不動産スタジアムで行われ、1-0でC大阪が勝利した。 ここまで4勝1分け8敗で14位につける鳥栖(勝ち点13)と、5勝2分け6敗で9位に位置するC大阪(勝ち点17)。前節の鹿島アントラーズ戦を1-0で勝利し、金明輝監督体制移行後、リーグ戦3連勝を飾った鳥栖は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更した。トゥーロン国際大会に出場するU-22日本代表に招集されている松岡に代えて、安在を起用した。 対して、前節のFC東京戦を1-0で勝利して、首位を独走していた相手についに初黒星を食らわせ、大阪ダービー敗戦のショックを払しょくしたC大阪は、FC東京戦と同様のメンバーを先発のピッチに送り出した。藤田は古巣戦となった。 4連勝を目指す鳥栖と、今シーズン2度目の連勝を目指すC大阪。試合はまずC大阪は7分、カウンターから左サイドでパスを受けた清武がボックス左手前からクロス。ファーサイドで水沼が頭で合わせたが、これは枠を捉えきれない。 対する鳥栖は14分、ボックス右外でキープした金崎の落としを安在がダイレクトでクロス。最後は中央の豊田がヘディングシュートを放つも、ミートしきれず、GKキム・ジンヒョンに処理された。 その後は両者、ロングボールを用いて攻撃を仕掛ける展開に。前半終盤にかけては鳥栖がやや押し込む時間帯が続く。しかし、迎えた39分、C大阪がワンチャンスをモノにする。カウンターから清武が持ち上がると、ボックス左にスルーパスを供給。ここに走り込んだ丸橋がGK高丘とDFの間に絶妙なグラウンダーのパスを送り、最後はブルーノ・メンデスが仕留めた。 ブルーノ・メンデスの2試合連続ゴールで先制点を奪ったC大阪は、直後にも水沼がボックス手前から強烈なミドルシュートを放つなど、ペースを引き寄せて試合を折り返した。 後半に入ると、激しい攻防が繰り広げられる。C大阪は52分、左サイドでボールを持った丸橋がボックス手前中央に鋭いパスを送る。これを清武がフリックで水沼に預けてボックス内に侵攻し、リターンパスを蹴り込んでゴールネットを揺らした。しかし、これは清武のオフサイドと判定され、追加点とはならない。 対する鳥栖も54分、左サイドから三丸がアーリークロス。ニアサイドで原川が潰れて、最後は金崎がボックス中央からボレーシュートを放つが、枠を捉えることができない。さらに67分には左サイドからのクロスをファーサイドの金崎が胸トラップから体勢を崩しながらも左足シュート。しかし、左ポストに嫌われてしまう。 追いつきたい鳥栖は82分、小林に代えて原を投入。すると直後、右サイドから原がロングスローでボールをボックス内へ送る。これがボックス中央やや右の金崎に渡り、右足を振り抜くも、ミートしきれず。GKキム・ジンヒョンに正面でキャッチされた。 その後も鳥栖は最後まで攻勢を続け、ゴール前に迫ったが、同点ゴールは生まれず。1-0で勝利したC大阪が今シーズン2度目の連勝を飾った。一方の鳥栖は、連勝が「3」でストップし、金明輝監督体制初の黒星となった。 2019.06.01 17:59 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース