仙台、成立学園高の長身CB照山颯人の加入内定を発表2018.10.10 15:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ベガルタ仙台は10日、成立学園高校のDF照山颯人(18)の来季加入内定を発表した。▽照山は柏レイソルユースから成立学園高校に進学。182㎝の長身センターバックで、今年はキャプテンを務めている。プロの舞台が目標だったと語る照山はクラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「プロの舞台で活躍することが幼いころからの目標だったので、そのスタートラインに立てることになり、とてもうれしいです。内定をいただいたことに満足することなく、1日でも早くベガルタ仙台の勝利に貢献できる選手になるために日々全力でがんばります。応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

道渕の値千金ヘッドで仙台が今期アウェイ初勝利!《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節の松本山雅FCvsベガルタ仙台が15日にサンプロ アルウィンで行われ、1-0で仙台が勝利した。 12位・松本(勝ち点16)は、前節清水エスパルス戦ではレアンドロ・ペレイラのゴールで幸先良く先制するも、直後に追いつかれ1-1の引き分けに終わった。今節ではコパ・アメリカ招集の為、前田が不在の中、永井が先発起用された。 一方の16位・仙台(勝ち点13)は、前節上位の名古屋グランパスを相手に3-1で快勝。この試合で後半に2得点を挙げたエース長沢の連発弾に期待が懸かる。こちらは前線の吉尾に代わり石原直樹がリーグ戦では約3ヵ月ぶりのスタメンとなった。 両チーム併せてのファーストシュートは4分、松本がゴール前でワンツーで繋ぐ中からレアンドロ・ペレイラがミドルを放つが枠上に大きく外れた。 9分に松本にアクシデント。橋内が競り合いの中でヒザ付近を痛めプレー続行が不可能になり無念の交代。エドゥアルドが入り橋内が居た3バックの左にそのまま投入。キャプテンマークはGK守田に託した。 その後も低いブロックラインから手数をかけずにロングボールを送りカウンターを狙う松本と、ポゼッションをしながら両サイドの関口、道渕を中心にサイドから中央の長沢へとクロスを入れて攻め込む仙台という構図が続く中、先制は36分、右サイドからのクロスが流れた所を永戸が拾い再び中央へクロス、それをゴール前でフリーで待っていた道渕がヘッドで流し込みアウェイの仙台が先制。 後半開始早々47分の仙台、道渕の突破からのクロスを石原直樹がシュートを放つもGK守田がセーブ、その直後のCKではショートコーナーから長沢が難しい体勢からヘッドを放つも惜しくもポストを外れた。 仙台が前半よりも引いた事もあり、ボールを保持できるようになった松本。しかしそこから仙台守備陣をこじ開けるまでには至らない時間が続く。そうした状況を打開しようと70分、レアンドロ・ペレイラに代わり長身の高崎を投入する。 ホームで負けられない松本は同点へ向け執念を見せるが、86分に高崎の落としに合わせた塚川がボレーもゴール右に外れ万事休す。粘り強い守備が光った仙台が1-0の完封で今季アウェイ初勝利を飾った。一方、得点力不足が深刻な松本はリーグ戦7度目の完封負けを喫した。 2019.06.15 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

宮城凱旋も冷静なシュミット・ダニエル「みんな俺よりも他の人が…」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は7日、9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われるキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表戦に向け、トレーニングを実施した。 5日のトリニダード・トバゴ代表戦で先発フル出場したベガルタ仙台GKシュミット・ダニエルは、現在はクラブの本拠地がある宮城に凱旋中。地元の声援もある中で、冷静に自分のパフォーマンスを分析。また、初の試みとなった3バックについて、先日は大分トリニータと比較したが、今回も新システムについて言及している。 ◆GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台) ──トリニダード・トバコ代表戦を振り返って 「前回の先発に満足していない。ずっとこれからも出続けられるように練習から存在感を出していかないといけないので、声とか表現力、プレーで残りの2日頑張りたいです」 ──表現力で言うと川島永嗣選手はどう思っている? 「迫力もあるし雰囲気もある。そういうところを盗むためにこういう場に来ているので自分もそういうところを意識できればと思います。練習するだけでシュートのレベルが違いますし、毎日楽しいです」 ──地元の声援は 「みんな俺よりももっと見たい人がいるんだと思いますけど(笑)。他の人を見て刺激を受けて欲しいし、いずれ自分も一番見たい選手になれるように頑張りたいです」 ──大分との比較について 「守備的なのか攻撃的なのかという違いかなと。代表はもちろんどちらも目指していると思いますけど、センターバックも攻撃に参加するという意味で(比較した)。ウイングバックが相手のサイドバックの裏を取るぐらい高い位置でポジショニングできれば。2年前の浦和のような」 2019.06.07 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台FWジャーメイン良が左足首のケガで全治3カ月

ベガルタ仙台は7日、FWジャーメイン良(24)の負傷について報告した。 クラブによると、ジャーメイン良は5日に行われた手術で左足舟状骨疲労骨折および左足足関節内遊離体と診断され、全治にはおよそ3カ月かかる見込みとのこと。 同選手は今季の明治安田生命J1リーグで、ここまで先発8試合を含む12試合に出場し1ゴールを記録している。 2019.06.07 15:13 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台、飯尾竜太朗に第一子の長女誕生

ベガルタ仙台は5日、MF飯尾竜太朗(28)に第一子となる長女が5月27日に誕生したことを発表した。 飯尾はV・ファーレン長崎から今シーズン加入。ここまで明治安田生命J1リーグで出番がない。第一子誕生を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「無事に女の子を産んでくれた妻と、元気な産声を聞かせてくれた娘に本当に感謝しています。はじめて抱擁した時の感動、感謝を忘れずに、これからも家族とベガルタ仙台の勝利のためにがんばっていきます。今後も応援よろしくお願いいたします」 仙台は現在、J1リーグ4勝1分け9敗の16位。15日に行われる次節、12位に位置する松本山雅FCのホームに乗り込む。 2019.06.05 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

長沢が全得点に絡む大活躍! 仙台、名古屋撃破で降格圏脱出へ大きな白星!《J1》

明治安田生命J1リーグ第14節のベガルタ仙台vs名古屋グランパスが1日にユアテックスタジアム仙台で行われ、3-1で仙台が勝利した。 ここまで3勝1分け9敗で最下位に沈む仙台(勝ち点10)と、7勝3分け3敗で4位につける名古屋(勝ち点24)が対戦した。前節、清水エスパルスとの打ち合いに3-4で敗れ、連敗を喫した仙台は、その一戦から先発メンバーを5人変更。出場停止のハモン・ロペス、トゥーロン国際大会に出場するU-22日本代表に招集されている椎橋の他、大岩、常田、石原に代えて平岡、シマオ・マテ、富田、関口、道渕を起用した。 一方、前節の松本山雅FC戦を0-1で敗れ、2試合勝利なしで順位も4位まで落としている名古屋は、松本戦から先発メンバーを2人変更。ガブリエル・シャビエルと赤崎に代えて前田とマテウスを起用した。引き続きジョーは欠場となった。 19日に行われるYBCルヴァンカップ・プレーオフステージでも対戦する両者。今節の対戦では、共に白星で仕切り直したいところ。そんな一戦は、ホームチームのゴールで早い時間帯に試合が動く。6分、敵陣中央右でパスを受けた道渕がボックス右手前に持ち運び、グラウンダーのシュート性のクロスを供給。これを中央の長沢が身体を張り、走り込んだ吉尾が右足でランゲラックの股を抜き、ゴールネットを揺らした。 先制した仙台は、これを機に素早い出足と球際の強さで相手を上回り、主導権を握る。しかし、バイタルエリアに侵攻してからのプレーに勿体ないミスも多く、チャンスを作り出すことができない。 すると名古屋は27分、ここまでの流れを無視するかのような強烈なミドルシュートで試合を振り出しに戻す。左サイドからのクロスのこぼれ球を前田がボックス右にでキープし、ボックス手前にパス。これをマテウスが豪快に左足を振り抜くと、アウトサイドカーブがかかったボールが右ポストに直撃し、ゴールに吸い込まれた。 同点に追いついた名古屋はこのゴールで徐々に勢いが増す。35分、右サイドでボールを持った前田がドリブルを開始し、細かなタッチでカットインし、ボックス右手前から左足シュート。これはクロスバーの上に外れる。その後も前半終盤は名古屋が仙台を押し込んだが、スコアは動かず、1-1で試合を折り返した。 後半に入ると、逆転を目指す名古屋が攻勢を強める。48分、右サイドでボールを持った前田が中央に切れ込み、左足でクロス。絶妙なタイミングでゴール前に抜け出した和泉が頭で合わせるも、ジャストミートできず、枠を捉えることはできない。 その後は仙台が細かなパスワークでゴール前まで迫るなど応戦し、両者の攻防は激しさを増す。そんな中、名古屋は73分、同点ゴールを決めたマテウスがボックス左手前から再び強烈なミドルシュートを放つ。しかし、GKシュミット・ダニエルが好セーブを披露し、一歩も譲らない。 するとその1分後、仙台が一瞬の隙を突いて勝ち越しに成功する。ボックス内への縦パスはカットされたが、そのこぼれ球に反応した松下が左足でシュート。これはGKランゲラックに弾かれるも、このこぼれ球を長沢が落ち着いて流し込んだ。 名古屋相手に再びスコアで上回った仙台。連敗脱出を決定づけるゴールが欲しい中、82分に相手のミスからダメ押しゴールを奪う。相手のビルドアップからGKランゲラックにパスが渡ると、長沢がチェイス。すると、ダイレクトで味方に繋ごうとしたGKランゲラックのパスをカットし、そのまま一対一を制して、スコアを3-1とした。 大きな追加点を奪った仙台はその後、最後まで攻勢を続けて名古屋に反撃を許さず。3-1で勝利して、最下位脱出に向けて貴重な勝ち点3を獲得した。一方の名古屋は、今シーズン初の連敗を喫している。 2019.06.01 15:59 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース