エデルソンが同胞のアリソンと比較「彼は一歩先にいる」2018.10.10 15:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティのブラジル代表GKエデルソンが、同胞のリバプールGKアリソン・ベッカーについて「一歩先にいる」とコメントしている。ブラジル『Globo Esporte』のインタビューを、イギリス『デイリー・メール』が伝えている。▽GKにも足元の技術が求められるモダン・フットボールにおいて、エデルソンやアリソンはその先駆けともいえる存在だ。ともにブラジル代表の2人は、それぞれシティとリバプール、同じプレミアリーグで鎬を削りあっている。

▽そんな中、エデルソンがライバル・アリソンについて言及。今夏、ローマから6700万ポンド(約99億円)の移籍金でリバプールに移籍したアリソンは、先のロシア・ワールドカップで全5試合に出場。エデルソンは自身と比較し「彼は一歩先にいる」との見解を示した。

「僕らには似たようなところがいくつもあると思う。彼はリバプールで素晴らしいスタートを切ったね」

「GKというポジションは残酷だ。プレーできるのはたった1人だからね。だけど僕らはともにイングランドでよくやっていると思う。今は彼が一歩先にいるけどね。彼はワールドカップでレギュラーだった。だけどそれは僕が怠けていたということじゃないよ」

▽また、今月行われるサウジアラビア代表戦(12日)とアルゼンチン代表戦(16日)に関して、エデルソンは以下のことを明かしている。

「昨日のトレーニングでチッチ(アデノール・レオナルド・バッチ監督)が僕ら2人を読んで、僕を最初の試合(サウジアラビア戦)、アリソンを次の試合(アルゼンチン戦)で使うことを教えてくれた」

「僕はブラジル代表でプレーする機会を貰えてとてもハッピーだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ブラジル、VAR含む3度のゴール取り消しに泣く…ベネズエラに痛恨ドローで決勝T進出決められず《コパ・アメリカ》

日本時間19日に行われたコパ・アメリカ2019グループA第2節のブラジル代表vsベネズエラ代表は、0-0の引き分けに終わった。 開幕戦となったボリビア代表戦を3-0で勝利し、順調なスタートを切ったホスト国の首位・ブラジル(勝ち点3)。初戦のペルー代表戦でゴールレスドローに終わった2位・ベネズエラ(勝ち点1)戦に向けて、ボリビア戦から先発メンバーを1人変更した。フェルナンジーニョに代えて、大会前のホンジュラス代表との親善試合で負傷していたアルトゥールが今大会初先発を飾った。 勝てば決勝トーナメント進出が決定するブラジルは、序盤から攻勢に。10分、右サイドからダニエウ・アウベスがゴール前にクロス。フィルミノが頭で合わせるが、これは枠を捉えることができない。 徐々にギアを上げるブラジル。15分、バイタルエリアでのフィルミノのポストプレーからアルトゥールとつなぎ、最後はボックス左のネレスがシュートを放つが、惜しくもゴール左外へ。さらに17分には敵陣中央右でセカンドボールを拾ったリシャルリソンがボックス右手前まで持ち込んで右足シュート。これが相手DFの股を抜き、ゴール左を捉えるも、GKファリニェスの好守に阻まれた。 ここまで80パーセント以上のポゼッションを許すベネズエラだが、19分にチャンス。右サイドで粘り強くつなぎ、Y・エレーラがボックス右手前から左足でクロスを送り、中央のロンドンが頭で合わせる。しかし、わずかにゴール左外に外れた。 ヒヤリとする場面を迎えるも、その後は再び主導権を握りながら先制点を狙うブラジル。すると38分、マルキーニョスの縦パスを右サイドで受けたダニエウ・アウベスが縦への仕掛けから低い弾道のクロスを送る。マーカーを振り払ったフィルミノがゴールネットを揺らした。しかし、フィルミノのファウルがとられ、先制点とはならない。 ゴールレスドローで前半を終えると、ブラジルの選手たちに対して、自国民からはブーイング。そのブラジルは後半開始からリシャルリソンを下げて、ガブリエウ・ジェズスを投入する。 ブラジルは57分、後方からのクリアボールをボックス右手前で収めたフィルミノが中央にパス。走り込んだコウチーニョとスイッチし、ガブリエウ・ジェズスが右足で丁寧にゴールを狙ったが、ゴール右に外れた。 ブラジルは直後、前半にイエローカードを貰っていたカゼミロに代えてフェルナンジーニョを投入する。 するとブラジルは60分、フィルミノが左サイドに展開し、自身はボックス左へ。パスを受けたガブリエウ・ジェズスはボックス左手前まで持ち込んでシュート。これは相手DFに弾かれたが、ボックス左でこぼれ球を拾ったフィルミノがゴール前にグラウンダーのパスを送り、走り込んだガブリエウ・ジェズスがプッシュした。ついに先制点かと思われたが、VARで確認後、ガブリエウ・ジェズスの1回目のシュート時にフィルミノがオフサイドポジションにいたとの判定でゴールが取り消される。 ベネズエラを押し込み続けるもゴールがなかなか奪えないブラジルは72分、ネレスを下げて初戦で途中出場からゴールを奪ったエヴェルトンを投入して、交代カード全てを切った。 しかし、攻めあぐねるブラジル。会場内のブーイングは大きくなる。それでも87分、ハーフウェイライン付近左でボールを持ったエヴェルトンがドリブルを開始。2、3人に囲まれながらも奪われずにコウチーニョとのワンツーでベネズエラの包囲網を突破する。ボックス左に侵攻し、ふわりとクロスを送ると、後ろから駆け上がってきたコウチーニョがプッシュした。 今度こそゴールかと思われたが、この日のブラジルは運から見放されていた。VARで確認すると、コウチーニョのシュートは、ゴール前に立っていたオフサイドポジションのフィルミノに当たってゴールへ。3度、ゴールが取り消され、スコアは0-0のまま。 その後、アディショナルタイムが計9分間設けられるも、両者にゴールは生まれず試合終了。ブラジルは痛恨のドローで決勝トーナメント進出は最終節のペルー戦に持ち越されることとなった。一方、ベネズエラは貴重な勝ち点1を獲得し、グループリーグ突破の可能性を広げた。 2019.06.19 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マルタのPK弾でイタリアを下したブラジルが決勝T進出! オーストラリアもカーの4発で大勝《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019グループC最終節のイタリア女子代表vsブラジル女子代表が18日に行われ、0-1でブラジルが勝利した。 グループステージ連勝で決勝トーナメント進出を決めているイタリアと、引き分け以上で決勝トーナメント進出の決まるブラジルの一戦。試合は5分、イタリアは中央を持ち上がったジャチンティのパスを左で受けたボナンセアがカットインでボックス手前まで切り込みシュート。しかし、これはGKが弾き出した。 対するブラジルは17分、マルタの左CKをニアに走り込んだデビーニャが巧みなヒールキックで合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 膠着状態が続く中、イタリアは29分に決定機。中盤からのロングパスをボックス手前のガリがバックヘッドで繋ぐと、ゴール前に抜け出したジレッリが巧みなボールコントロールで相手DFをかわし、ゴール左にシュートを流し込んだ。しかし、これはジレッリのポジションでオフサイドが取られ、ノーゴールとなった。 さらにイタリアは、40分にもグアンニの右クロスをゴール前に走り込んだボナンセアが左足ボレーで合わせたが、これは相手GKの正面を突いた。 ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはブラジル。52分、ボックス左手前でタイーザが倒されFKを獲得すると、アンドレシーニャが直接FKで狙ったが、これはクロスバーに弾かれた。 一進一退の攻防が続く中、72分に試合が動く。ドリブルで仕掛けたデビーニャがボックス内でリナリに倒され、ブラジルがPKを獲得。このPKをマルタがゴール右隅に沈めた。 結局、このゴールが決勝点となり1-0でブラジルが勝利した。 また、同時刻開催のジャマイカ女子代表vsオーストラリア女子代表は1-4でオーストラリアが勝利した。試合が動いたのは11分、オーストラリアはギールニクのアーリークロスをサマンサ・カーがヘディングでゴール左に流し込んだ。 先制したオーストラリアは、42分にもボックス右角付近でボールを受けたゴリーの右クロスからサマンサ・カーがヘディングシュートを突き刺し、追加点。 2点のリードを許したジャマイカだが、後半開始早々に反撃する。49分、ショーのスルーパスでボックス内に抜け出したソラウンが飛び出したGKを冷静にかわし、シュートをゴール右隅に流し込んだ。 1点返されたオーストラリアだが69分、ボックス右深くまでドリブルで切り込んだラソのクロスが相手DFに当たると、こぼれ球をゴール前で拾ったサマンサ・カーが冷静にゴール左隅へシュートを沈め、ハットトリックを達成した。 オーストラリアは、83分にもサマンサ・カーがこの試合4点目を挙げて、4-1と大勝した。 この結果、勝ち点6で並んだイタリア、ブラジル、オーストラリアの決勝トーナメント進出が決定。得失点差で2チームを上回ったイタリアが首位通過、同得失点ながら総得点でブラジルを上回ったオーストラリアが2位通過、ブラジルが3位通過となった。 ◆グループC順位表 [勝ち点/試合数/得失点] 1.イタリア[6/3/5]※ 2.オーストラリア[6/3/3]※総得点8 3.ブラジル[6/3/3]※総得点5 4.ジャマイカ[0/2/-8] ※が決勝トーナメント進出 2019.06.19 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

大会ベストイレブンが発表! 準優勝の日本からは田中、相馬、椎橋の3名が選出!!《トゥーロン国際大会》

フランスで行われた第47回トゥーロン国際大会2019の大会ベストイレブンが、17日に公式サイトで発表された。 自己最高の準優勝で大会を終えたU-22日本代表からは、大会優秀選手3位に選ばれたMF田中碧(川崎フロンターレ)やMF相馬勇紀(名古屋グランパス)、MF椎橋慧也(ベガルタ仙台)の3名が選出。 また、5大会ぶりの優勝を飾ったU-22ブラジル代表からは、最優秀選手賞のMFドウグラス・ルイス(マンチェスター・シティ)や得点王のマテウス・クーニャ(ライプツィヒ)ら最多の6名が選ばれた。その他では、ブレイクスループレーヤーに選出されたU-19ポルトガル代表MFビトール・フェレイラと、最優秀GKに選出されたU-23中国代表GKチェン・ウェイが選ばれている。 ◆第47回トゥーロン国際大会2019ベストイレブン GK チェン・ウェイ(中国) DF エメルソン(ブラジル) リャンコ(ブラジル) 椎橋慧也(日本) 相馬勇紀(日本) MF アントニー(ブラジル) 田中碧(日本) ビトール・フェレイラ(ポルトガル) ドウグラス・ルイス(ブラジル) パウリーニョ(ブラジル) FW マテウス・クーニャ(ブラジル) 2019.06.18 00:45 Tue
twitterfacebook
thumb

U-22日本、激闘の末のPK戦で敗れ準優勝… ブラジルが5大会ぶり9度目の優勝を飾る!《トゥーロン国際大会》

U-22日本代表は15日、第47回トゥーロン国際大会の決勝戦でU-22ブラジル代表と対戦し、1-1で90分が終了。その後行われたPK戦の結果4-5で敗戦した。それでも日本は、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 準決勝のU-22メキシコ代表戦をPK戦の末に勝利した日本は、その試合から先発を4人変更。メキシコ戦ゴールを挙げた相馬勇紀や神谷優太、椎橋慧也、川井歩に代えて小川航基や長沼洋一、田中駿汰、舩木翔が先発で起用された。 [3-4-2-1]のシステムを採用する日本は、最前線に小川、シャドーに岩崎悠人と旗手怜央を配置。中盤は右から長沼、高宇洋、田中碧、舩木と並べ、3バックには大南拓磨、岡崎慎、田中駿汰が起用された。 一方、準決勝でU-21アイルランド代表に快勝したブラジルは、準決勝と同じスタメンを採用。得点ランクトップのFWマテウス・クーニャやレバークーゼンに所属するFWパウリーニョ、マンチェスター・シティが保有権を持つMFドウグラス・ルイスらが先発に名を連ねた。 立ち上がり、ややブラジルにポゼッションを譲った日本は19分に失点を許す。マテウス・クーニャのラストパスを右サイドからダイアゴナルに走り込んだアントニーが日本DFの裏で受けると、ボックス内まで切り込みシュート。右ポストの内側に当たったボールはそのままゴールに吸い込まれた。 反撃に出たい日本だが、ブラジルの素早いファーストプレスに苦しみなかなかチャンスを作らせてもらえない。しかし日本は、相手のミスから試合を振り出しに戻す。39分、自陣からのロングフィードがムリロのクリアミスを誘うと、これをボックス左手前の小川が左足ボレーでゴール右に蹴り込んだ。 迎えた後半、日本は舩木を下げて相馬を同じポジションに投入。一進一退の展開が続く中、日本は57分にピンチ。ブラジルはボックス右まで侵入したアントニーのクロスをゴール前のマテウス・クーニャがヘディングで合わせたが、これはゴール右に外れた。 ピンチを凌いだ日本は59分、長沼のボール奪取からショートカウンターを仕掛けるとパスを受けた小川がボックス右から右足を振り抜いたが、このシュートはGKイバンに阻まれた。 勝ち越しを狙う日本は、66分に岩崎を下げて三笘を投入。さらに77分、ボックス右から縦に仕掛けた際に小川が右足を負傷するアクシデントでプレー続行不可能となり、80分に神谷と交代した。 互いにシュートチャンスがなく膠着状態が続く中、90分に日本に追加点のチャンス。神谷の左CKは相手DFにクリアされた。結局、90分で決着がつかず試合はPK戦に突入。 そのPK戦では、全員が成功したブラジルに対し、日本は5人目の旗手が失敗。PKスコア5-4で勝利したブラジルが、5大会ぶり9回目の優勝を飾った。 U-22日本代表 1-1(PK:4-5) U-22ブラジル代表 【日本】 小川航基(前39) 【ブラジル】 アントニー(前19) 2019.06.16 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ブラジル女子代表のマルタがW杯通算16得点! クローゼに並ぶ大会トップに

ブラジル女子代表のFWマルタ・ビエイラ・ダ・シルバが、偉大な記録に到達した。スペイン『アス』が伝えている。 現在フランスで開催中の女子ワールドカップ。すでにグループDの第2節まで進んでいる状況だが、13日に行われたグループC第2節のオーストラリアvsブラジルで、セレソンエースのマルタは27分にPKでゴールを奪い、大会通算16得点目を記録した。 伝えられるところによると同大会での通算16得点は、男女合わせてトップタイの記録。男子では元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼが2002年の日韓大会から4度出場し、通算16得点を挙げた。 マルタの16得点の内訳は、2003年に3ゴール、2007年に7ゴール、2011年に4ゴール、2015年に1ゴール、そして今大会で1ゴールとなっているため、その記録を更新する可能性は大いにある。また、5回のワールドカップで得点した史上初のフットボーラーとなった。 現在33歳のマルタ。FIFA最優秀選手に6度も輝いたブラジルの英雄から目が離せない。 2019.06.15 15:06 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース