チェルシー、EFLカップで古巣凱旋のランパード監督の“ある要求”を拒否する意向2018.10.10 13:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティを率いるフランク・ランパード監督は、今月31日に行われるEFLカップ(カラバオカップ)4回戦で古巣チェルシーと初対戦する。だが、この一戦に向けた“ある要求”が拒否される可能性が高いようだ。▽今季からダービーで監督キャリアをスタートしたランパード監督は、前回ラウンドではチェルシー時代に指導を受けたジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスター・ユナイテッドと対戦。要塞オールド・トラフォードで堂々とした戦いぶりを見せると、最終的にPK戦で勝利し恩師相手にジャイアントキリングを達成した。

▽そして、先月末に行われた組み合わせ抽選の結果、今度はプレーヤーとして多くの時間を過ごしタイトルを獲得してきたチェルシーとの対戦が決定した。

▽スーパーフランキーの愛称で知られ、同クラブのレジェンド中のレジェンドであるランパード監督は、この対戦を前に古巣側に“ある要求”を行っているという。しかし、チェルシー側はこのお願いを固辞する可能性が高いようだ。

▽イギリス『Standard Sport』によると、ランパード監督は今季レンタル中のU-21イングランド代表MFメイソン・マウント(写真左)、同DFフィカヨ・トモリ(写真右)の2選手を、今回のEFLカップで起用したいと保有元のチェルシー側に要求したという。だが、現時点でチェルシー側はレジェンドからの要求を拒否する意向のようだ。

▽この一件に関してランパード監督は古巣の意向を尊重したいと語っている。

「彼ら(マウントとトモリ)のキャリアとって、チェルシー戦に出ることは大きな成長に繋がるかもしれない。ただ、チェルシーにしてみれば、我々と同様に勝利が求められるゲームだ」

「私はその結果がどうなるとしても、彼らの決断を尊重したい」

▽レジェンドからのお願いに加え、レンタル中の2選手の成長を考えれば、起用に許可を出したいチェルシーだが、そこは勝負の世界、敵に塩を送ることは難しいかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

レーティング:チェルシー 0-0(PK:3-4) マンチェスター・シティ《EFLカップ》

EFLカップ決勝戦のチェルシーvsマンチェスター・シティが24日に、ウェンブリー・スタジアムで行われ、0-0で迎えたPK戦の末、シティが大会2連覇を果たした。超WSの採点の寸評は以下の通り。 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190225_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケパ 5.5 安定したパフォーマンスもさることながら、延長戦のビッグセーブが光った。PK戦では1本止めるも… DF 28 アスピリクエタ 5.5 最後まで運動量を落とさず、延長戦までらしさ抜群の安定感を見せた 2 リュディガー 6.0 鋭い読みと運動量でピンチを防いだ 30 D・ルイス 5.5 前半の内にイエローカード。それ以外でも雑なプレーはあったが攻撃のアクセントにもなっていた。PK戦では痛恨の失敗 33 エメルソン・パルミエリ 5.5 5回のタックルを成功させるなど守備に貢献 MF 7 カンテ 6.5 積極的に前から圧力をかけた。後半には見事なスライディングタックルでピンチを刈り取った 5 ジョルジーニョ 4.5 サッリ監督の申し子はこの日も沈黙。PK戦では一人目でいきなりの失敗 8 バークリー 5.0 積極的にボールに絡んだがプレーの質があまり良くなかった (→ロフタス=チーク 5.0) 一度見事なターンを見せて決定機を演出 FW 11 ペドロ 5.5 豊富な運動量で攻守で目立った (→ハドソン=オドイ 5.0) 積極的にドリブルを仕掛けた 10 アザール 6.5 この試合もチェルシーの攻撃はアザール頼みに。ドリブルで敵陣を切り裂き、何度も好機を演出 22 ウィリアン 5.5 左サイドで攻守に貢献した (→イグアイン 4.5) 途中出場も何もできず 監督 サッリ 5.0 後半以降は互角以上の戦いを見せた。前回の6失点大敗の悔しさはなんとか晴らせたか ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190225_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 6.0 難しいタスクはなく及第点。PK戦ではジョルジーニョのキックを止めて優勝に貢献 DF 2 ウォーカー 5.0 アザールに裏を突かれる場面が散見された 30 オタメンディ 6.5 後半の守勢の中でも冷静な守備で無失点に 14 ラポルテ 5.5 前半のみの出場となったが、アザールやウィリアンの動きにしっかり対応していた (→コンパニ 5.5) 後半頭からの出場で、キャプテンとして後方から味方を鼓舞 35 ジンチェンコ 6.0 左サイドの攻撃に厚みをもたらした。前半には才能を感じさせるスーパークロスも MF 17 デ・ブライネ 6.0 シティの攻撃の中心。変幻自在のパスでチェルシーの穴を探した (→ザネ 5.0) 途中出場もアクセントを加えられず 25 フェルナンジーニョ 6.0 押し込んだ前半は高いボール回収能力で攻撃をサポート。ネガティブトランジションを素早く、相手に自由を与えなかった (→ダニーロ 5.0) 後退してフェルナンジーニョと比べたらやや存在感が欠けていた印象 21 シルバ 5.5 ピッチを自由に動いてあらゆる場面に顔を出した (→ギュンドアン 5.5) 交代後は中盤の底で試合をコントロール FW 20 ベルナルド・シウバ 6.5 キレのある動きで攻撃を牽引。左サイドを支配 10 アグエロ 5.5 4本のシュートを放つも得点は奪えず 7 スターリング 6.0 こちらはシュートこそなかったもののドリブルでの仕掛けは相手の脅威となった 監督 グアルディオラ 6.5 手早い好対策で試合をコントロール。前回のようにはいかなかったが、今季まず一冠を手にした ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! オタメンディ(マンチェスター・シティ) 劣勢となった試合終盤に頼れる守備リーダーに。アザールのドリブルにも対応し、無失点に抑えた チェルシー 0-0(PK:3-4) マンチェスター・シティ 2019.02.25 04:36 Mon
twitterfacebook
thumb

120分間の死闘の末、PK戦を制したシティがチェルシーを破り大会2連覇!!《EFLカップ》

EFLカップ決勝戦のチェルシーvsマンチェスター・シティが24日に、ウェンブリー・スタジアムで行われ、0-0で迎えたPK戦の末、シティが大会2連覇を果たした。 3回戦でリバプール、準決勝でトッテナムを下して、優勝した2014-15シーズン以来の決勝に勝ち進んだチェルシーと、決勝まで相手に恵まれた前回王者シティによる決勝戦。 昨年末から続く不調から、ピッチ外での周囲の雑音が目立つチェルシー。今年に入って、アーセナルに0-2、ボーンマスに0-4、シティに0-6、マンチェスター・ユナイテッドに0-2で敗れ、サッリ監督は窮地に立たされている。とりわけ、6失点と屈辱的な大敗を味わされたシティは絶対に負けられない相手。そのシティ相手に今回はアザールをトップに据えるゼロトップを採用した。 一方、シティは相変わらずだ。前述のチェルシー戦でリーグ戦3連勝とした王者は、直近のチャンピオンズリーグのシャルケ戦では、2点のビハインドを背負った後半戦に3得点を挙げて逆転勝利。劣勢の状況から一気にベスト8進出に前進した。4冠の可能性を残すシティ。そのうちのひとつを目指す決戦に向けて、前回の対戦からスタメンを2選手変更。ストーンズに代わりオタメンディ、ギュンドアンの代わりにシルバを起用した。 試合は互いにインテンシティの高い入りを見せる。サイドから崩しにかかるシティに対し、チェルシーは10分にダビド・ルイスが送ったロングボールの先にいたのはカンテ。相手と競り合った際に、ボールがラポルテの手に当たったように見えたが、主審は笛を吹かなかった。 時間が経つにつれて主導権は徐々にシティのものに。20分の時点で、ポゼッションは7割超え。ベルナルド・シウバやスターリングのアジリティを生かしたサイド攻撃に、チェルシーは守勢に回る。 28分に、シティは左サイドからパスを繋いで最後はボックス手前からアグエロがフィニッシュ。だが、このシュートはGKケパが余裕でセーブ。その後もシティの多彩な攻撃に対し、チェルシーが紙一重で耐える展開が続く。 前半終了間際のシティのCKの場面では、一度撥ね返されたボールをジンチェンコが拾うと、左サイドからボックス右へドンピシャのレーザーパス。その先にいたオタメンディが滑り込みながらなんとか合わせたが、シュートに威力はなくGKにキャッチされた。 ゴールレスで迎えた後半、54分に一瞬の隙を突いたアザールが味方のパスから最終ラインの裏に抜け出しボックス左に侵入するも、オタメンディの対応に遭いシュートを打てず。対してシティは56分に、CKの流れからアグエロがネットを揺らしたが、オタメンディのパスを受けた場所がオフサイドポジションだったためゴールは認められなかった。 粘り強くシティの猛攻を凌ぐチェルシーに66分に大チャンス。自陣にいたウィリアンから最前線のアザールに鋭いスルーパスが通ると、ドリブルでボックス左深くまで侵入したアザールはオタメンディを躱してマイナスのクロスを供給。ここにカンテが走り込んだが、勢いをつけすぎたか、シュートは大きく枠を越えていった。 このあたりからペースはチェルシーに。リュディガーを中心とする守備陣の懸命な働きを援護に、攻撃陣も奮起。76分には、敵陣中央でボールを持ったアザールがドリブルで前進し、ボックス右のペドロにパス。ペドロはゴール前に折り返したが、ジンチェンコに引っかかってしまった。 その後、79分に両チームが動いた。チェルシーはペドロを下げてハドソン=オドイ、シティはシルバを下げてギュンドアンを投入。後半最初にラポルテを下げてコンパニを投入していたシティはこれで2人目の交代となった。さらに、86分にはデ・ブライネに代わってザネがピッチへ、これで3つの交代枠を使い切った。 チェルシーの流れが続く中、89分にシティがカウンターを発動。スターリングが一人猛然とドリブルで駆け上がるところを、チェルシーはジョルジーニョがカード覚悟のショルダーチャージ。ジョルジーニョにはイエローカードが提示された。 試合は90分で決着つかず延長戦へ。延長前半に向けて、4枚目の交代枠でフェルナンジーニョを下げてダニーロを投入したシティに対し、チェルシーは延長前半6分にウィリアンを下げてイグアインを投入。3枚目の交代カードを切った。 延長前半はチェルシーが押し気味に進めた。アザールを中心にフレッシュなハドソン=オドイやロフタス=チークが攻撃に絡む。ジョルジーニョもシュートを狙ったが、枠の外からゴール左上を狙ったシュートは左に逸れた。 延長戦も後半に入った20分、ドリブルでボックス右を崩したスターリングの折り返しをアグエロが至近距離から押し込んだが、GKケパが片足でビッグセーブ。試合はこのままPK戦へ突入する。 先攻のチェルシーは一人目のジョルジーニョが止められ早くも窮地に。しかし、シティの3本目、ザネのシュートを完全に読み切ったケパが見事にブロック。これでイーブンとなる。しかし、チェルシーは4人目のダビド・ルイスが右ポストに当ててしまい万事休す。最後はスターリングが決めて。シティがPK戦を制し、大会2連覇を果たした。 2019.02.25 04:35 Mon
twitterfacebook
thumb

満身創痍のスパーズにチェルシーがPK戦の末に逆転突破! シティの待つ決勝に進出!《EFLカップ》

EFLカップ準決勝2ndレグ、チェルシーvsトッテナムが24日に行われ、2-1でチェルシーが勝利した。この結果、2戦合計スコアで2-2となり、PK戦の末に4-2としたチェルシーが決勝進出を果たしている。 8日に行われた1stレグではトッテナムが1-0で先勝していた一戦。チェルシーは0-2で完敗した直近のアーセナル戦のスタメンから3選手を変更。ウィリアン、コバチッチ、マルコス・アロンソに代えてジルー、バークリー、エメルソン・パルミエリを起用した。前日に獲得が決まったイグアインは登録が間に合わなかった。 一方、フルアムにラストプレー弾で劇的勝利を収めたトッテナムは、フルアム戦のスタメンから5選手を変更。GKロリスやD・サンチェス、負傷したデレ・アリらに代えて、B・デイビスやオーリエ、負傷明けのムサ・シソコを起用した。 立ち上がりから逆転突破のためにはゴールが必要なチェルシーがハイプレスをかけていく。テンション高く試合に入ったチェルシーが圧力をかける中、27分に先制した。CKの流れからルーズボールをペナルティアーク右のカンテが右足でミートしたシュートが相手DFに微かに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。 2戦合計スコアで試合を振り出しに戻された劣勢のトッテナムは、負傷したB・デイビスがプレー続行不可能となって33分にローズとの交代を強いられてしまう。 そして38分、勢いそのままチェルシーが2戦合計スコアで逆転する。ペドロのパスをボックス右で受けたアスピリクエタがクロスを入れると、ゴール前のアザールがダイレクトで合わせたシュートがネットを揺らした。 追加タイム3分にはアザールがボックス内で後方からアルデルヴァイレルトにタックルを受けるもノーファウルの判定となり、前半は2-0で終了した。 すると迎えた後半開始5分、トッテナムが同点ゴールを奪う。ローズの鋭い左クロスにジョレンテが難しい体勢からヘッドをゴールに叩き込んだ。 失点後、チェルシーはジルーとアザールがボックス内から決定的なシュートを浴びせるも、前者はGKにセーブされ、後者はわずかに枠を捉えきれなかった。 チェルシーが押し込む流れが続く中、76分にペドロに代えてウィリアンを投入。対するトッテナムは負傷明けのムサ・シソコが再度負傷してしまうアクシデントに見舞われ、交代枠を使い切ってしまう。 180分では決着がつかず、PK戦に突入した試合は、トッテナムの3番手キッカーを務めたE・ダイアーが枠の上に外し、4番手のルーカス・モウラがGKケパに止められ、チェルシーが4-2で勝利。マンチェスター・シティの待つ決勝に進出している。 2019.01.25 06:58 Fri
twitterfacebook
thumb

アグエロ弾でバートンに連勝の前回王者シティが2年連続の決勝進出!《EFLカップ》

マンチェスター・シティは23日、EFLカップ(カラバオカップ)準決勝2ndレグでフットボールリーグ1(イングランド3部)に所属するバートンと対戦し、1-0で勝利した。この結果、2戦合計10-0でシティが2年連続の決勝進出を決めた。 9日にホームで行われた1stレグを9-0の圧勝で勝利したシティは、直近に行われたハダースフィールド戦からアグエロ、デ・ブルイネ、ダニーロ以外の先発8人を変更。GKはムリッチ、最終ラインは右からダニーロ、サンドレル、エリック・ガルシア、ジンチェンコ。アンカーにはデルフ、インサイドにデ・ブライネ、フォーデンを配置。3トップは右からマフレズ、アグエロ、ポブダを並べた。 前回対戦同様にボールポゼッションでバートンを圧倒するシティは26分、デ・ブルイネの絶妙なスルーパスをボックス右で受けたマフレズがタメを作ってマイナスに折り返すと、走り込んだアグエロが右足でゴールに流し込んだ。 先制したシティは36分にも、セットプレーからゴールエリア左に走り込んだエリック・ガルシアがバートンゴールに迫ったが、バランスを崩したシュートは力なく相手GKにキャッチされた。 迎えた後半、リードするシティは54分に決定機。敵陣でボールを奪ったダニーロがドリブルで右サイドを持ち上がりクロス。これにデルフが飛び込んだが、足元に入りすぎたボールは、相手GKのブロックに阻まれた。 その後、シティは63分にアグエロとデ・ブルイネを下げてガブリエウ・ジェズスとメンディを、67分にジンチェンコを下げてF・エンメチャを投入し3枚の交代カードを使い切る。 すると、シティに一瞬の隙から大ピンチを招く。70分、サンドレルが自陣ボックス手前でボールを奪われると、ボイスにゴール前まで侵攻されたが、シュートは飛び出したGKムリッチが体を張ったブロック。さらにこぼれ球をミラーに流し込まれたが、これもラインぎりぎりでエリック・ガルシアが掻き出した。 結局、試合はそのまま1-0で終了。前回王者のシティが、2戦合計10-0と圧勝し2年連続の決勝進出を決めた。 2019.01.24 06:43 Thu
twitterfacebook
thumb

シティがG・ジェズスの4発含む9Gで3部のバートンを蹂躙! 決勝進出を確実に《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグ、マンチェスター・シティvsバートンが9日に行われ、9-0でシティが圧勝した。 準々決勝でレスター・シティにPK戦の末に勝利したシティは、7-0で圧勝した3日前のFAカップ3回戦ロザラム戦のスタメンから4選手を変更。スターリングやGKエデルソン、ストーンズらに代えてシルバやザネらを起用した。 準々決勝でミドルズブラに1-0で勝利した3部所属のバートンに対し、[4-3-3]で臨んだシティはGKにムリッチ、4バックに右からウォーカー、エリック・ガルシア、オタメンディ、ジンチェンコ、中盤アンカーにギュンドアン、インサイドにデ・ブライネとシルバ、3トップに右からマフレズ、ガブリエウ・ジェズス、ザネと並べた。 そのシティが立ち上がりから攻勢に出ると、5分にあっさり先制する。ボックス手前左からのシルバのクロスをデ・ブライネがヘッドで押し込んだ。 その後、12分にサイド攻撃で揺さぶられてピンチを迎えたシティだったが、ボックス右でフリーのハーネスのシュートは枠を外れて助かった。 すると30分から立て続けにシティにゴールが生まれる。まずはガブリエウ・ジェズス。ギュンドアンの浮き球パスでボックス右深くまでえぐったザネの折り返しをヘディングで押し込んだ。 さらに34分、ギュンドアンの浮き球パスをボックス左で受けたシルバのラストパスをガブリエウ・ジェズスが受けて確実にシュートを決め、3-0とした。止まらないシティは37分、ジンチェンコのループシュートも決まって4-0とし、前半を圧倒して終えた。 迎えた後半、57分にガブリエウ・ジェズスがハットトリックを達成する。ボックス右深くまでえぐってマフレズが上げたクロスをガブリエウ・ジェズスがヘッドで押し込んだ。 余裕のシティはデ・ブライネに代えてフォーデンを投入。それでも攻め手を緩めず、62分にはフォーデンが早速ゴールを決め、続く65分にはガブリエウ・ジェズスがこの試合4点目を挙げて7-0とした。 さらにウォーカーとマフレズにもゴールが生まれたシティが9-0で圧勝。22日に行われる2ndレグを前に決勝進出を確実とした。 2019.01.10 06:40 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース