レアル・マドリーサポに吉報…イスコ&マルセロが戦列復帰!2018.10.10 08:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのサポーターに朗報だ。スペイン代表MFイスコとブラジル代表DFマルセロがチームに完全合流した。▽虫垂炎でチームを離れたイスコと、右足負傷で離脱したマルセロは8日、レアル・マドリーのトレーニングに参加。多くの選手が各国代表に合流した中、代表ウィーク明けの復帰を目指して汗を流したという。

▽現時点でレアル・マドリーから復帰時期など明らかにされていないが、スペイン『マルカ』によれば、代表ウィーク明け初戦の20日に行われるリーガエスパニョーラ第9節のレバンテ戦から復帰の見通しだ。

▽両選手の離脱もあり、直近の公式戦4試合で勝利から遠ざかり、1985年以来の連続無得点記録と攻撃陣も空回りの戦いが続くレアル・マドリー。両選手の戦列復帰による流れ好転に注目が集まる。
コメント
関連ニュース
thumb

アランが言及…加入噂のハメスは“歓迎”、恩師サッリのユーベ就任は“何も思わない”

ブラジル代表MFアランが、ナポリへの加入が噂されているレアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)と先日ユベントスの新指揮官に就任したかつての恩師マウリツィオ・サッリについて言及した。イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 バイエルンの買取オプションの不行使が決定し、レアル・マドリー復帰が既定路線となっているハメス・ロドリゲス。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となっていることから今夏のさらなる移籍が有力視されており、その筆頭にはマドリーやバイエルンで師弟関係にあったカルロ・アンチェロッティ監督率いるナポリが挙がっている。 この噂について問われたアランは、コロンビア代表MFを称賛すると共に、ナポリ加入を歓迎した。 「ハメスはワールドクラスのフットボーラーだ。彼が加入すれば、僕ら全員がナポリで幸せになるだろうね」 また、セリエAでは今シーズン、2015-16シーズンから2017-18シーズンまでナポリを指揮していたサッリ監督がユベントスに就任。かつての恩師がライバルクラブの監督に就いたことに関して、アランは以下のようにコメントしている。 「特に何も思わないよ。彼の決断だ。僕らはそれを尊重しなければならない。僕らはナポリであり、今や彼は敵だ。僕らは彼を倒そうとするだけだよ」 2019.06.24 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウス、ムバッペ加入を待望「彼の将来はレアル・マドリーにある」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)の加入を歓迎している。スペイン『マルカ』がフランス『テレフット』を引用して伝えている。 フットボール界のニュー・スターとして、その存在感を高め続けるムバッペ。リーグ・アンでは29試合33ゴール9アシストを記録し、2018-19シーズンのリーグ・アン年間最優秀選手賞と3年連続の年間最優秀若手選手賞に輝いた。 そのムバッペには長きに渡ってレアル・マドリーが関心。PSGのアル・ケラフィ会長は「彼が来年もPSGにいるかって? 100パーセントではなく、200パーセントと確信している」とコメントしているが、マドリー側は来夏での獲得も視野にスピードスターの確保のチャンスを探り続けている。 マドリーでの将来を期待されるヴィニシウスもムバッペの加入には待ち焦がれている模様。「彼はもうすぐ来ると思う」といずれ同僚になると考えているようだ。 「ムバッペの将来はレアル・マドリーにあるよ」 「彼はもうすぐ来ると思う。レアル・マドリーのファンたちもムバッペの加入を夢見ているよ。マドリーだけでなく、世界中のすべてのファンたちがね」 「彼はたくさんのタイトルを獲得している。僕も彼には敬服するよ。彼がマドリーに来たら、それは本当に素晴らしいよ」 2019.06.24 11:40 Mon
twitterfacebook
thumb

エトーが勧告「サラーはマドリーよりもバルセロナ」

カタールSCに所属する元カメルーン代表FWサミュエル・エトーが、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(27)にバルセロナ移籍を促している。イギリス『BBC』が伝えた。 2017年の夏にリバプールに加入して以降、ここまで公式戦104試合で71ゴールを記録しているサラー。2018-19シーズンには、クラブをチャンピオンズリーグ(CL)優勝に導き、14年ぶりとなるビッグイヤーをもたらした。 そのサラーには今夏、レアル・マドリーが獲得に興味を示している模様。しかし、かつてマドリーとバルセロナでプレーした経験を持つエトーは、同選手がバルセロナに行くことを勧めている。 「彼にとってバルセロナはより快適だと思う」 「レアル・マドリーは私にアフリカから旅立つ機会を与えてくれたけど、バルセロナのスタイルも知っている。彼にとってはバルセロナのほうが良いと思うよ」 「スペインという世界最高のリーグでプレーするチャンスがあるのならば、彼はバルセロナに行くべきだ」 「モー(モハメド・サラー)は、世界最高の選手の一人になるために必要なものを全て兼ね備えている」 2019.06.24 08:40 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、ニューカッスル最高額のパラグアイMFに関心か

レアル・マドリーが、ニューカッスルに所属するパラグアイ代表MFミゲル・アルミロン(25)の獲得に興味を示しているようだ。複数のパラグアイメディアの情報をもとにアルゼンチン『TyCSports』が伝えている。 母国のセッロ・ポルテーノでキャリアをスタートさせたアルミロンは、アトレティコ・ラヌス(アルゼンチン)、アトランタ(MLS)を経て今年1月にクラブ史上最高額となる2000万ポンド(約27億2000万円)でニューカッスルへ加入。プレミアリーグ10試合に出場していた。 そのアルミロンは現在、パラグアイ代表の一員としてコパ・アメリカに参戦中。20日に行われたアルゼンチン代表戦ではアシストを記録するなど好パフォーマンスを見せている。 マドリーは来シーズンに向けてMFエデン・アザールやFWルカ・ヨビッチなど大型補強に動いている。選手の売却を行わなければならない状況だが、パラグアイ期待のドリブラー獲得に動くのか注目が集まる。 2019.06.23 18:20 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーMFバルベルデはポグバを意識せず「僕はジダンのプランに入っている」

レアル・マドリーに所属するウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデ(20)がクラブの積極補強に言及した。スペイン『マルカ』が報じている。 母国ペニャロール下部組織出身のバルベルデは、セントラルMFを主戦場に中盤の複数ポジションをこなせるボックス・トゥ・ボックスタイプの万能型MF。昨夏にデポルティーボからマドリーへ復帰すると、今シーズンの公式戦25試合に出場するなど頭角を現した。 そのマドリーは、来シーズンに向けてMFエデン・アザールやFWルカ・ヨビッチなど大型補強に動いている。そうした中でマドリー期待の若人は、クラブの補強に満足感を露わにし、中盤の補強として獲得が噂されるマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(26)について意識していない様子だ。 「コパ・アメリカに参加しているから、マドリーにいる時間がほとんどなかったよ」 「だけど、入団会見は見た。僕は新プロジェクトに満足しているし、補強した選手がここで上手くいくことを願っているよ」 「今のところ僕はジダンのプランに入っている。これ以上言うことはないよ」 2019.06.23 16:21 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース