10試合未勝利のモナコ、ジャルディム監督解任でアンリ氏招へいか?2018.10.10 05:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モナコがレオナルド・ジャルディム監督(44)の後任としてティエリ・アンリ氏(41)の招へいを考え始めているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。▽2014年夏からモナコで指揮を執るジャルディム監督は、フランス代表FWキリアン・ムバッペやポルトガル代表MFベルナルド・シウバら多くの将来有望な若手を発掘。加えて、攻撃的なサッカーを展開して2016-17シーズンにモナコを17年ぶりとなるリーグ優勝に導き、チャンピオンズリーグ(CL)では13年ぶりとなる準決勝進出を果たしていた。

▽昨シーズンを2位で終え、王者奪還を目標に臨んだ今シーズンだったが、リーグ・アン開幕節のナント戦こを勝利したが、以降の公式戦10試合では格下相手に金星を献上するなど、7敗3分けと泥沼の不振に陥っている。この成績不振を受けて、クラブ首脳は早くもジャルディム監督の解任に動き始めているようだ。

▽『レキップ』が伝えるところによれば、ジャルディム監督の解任はほぼ確実で、すでに後任候補のリストアップに動いている模様。その中でアンリ氏が第一候補に挙がっているという。

▽現在ベルギー代表のアシスタントコーチを務めるアンリ氏には、今夏にボルドーの指揮官就任の噂が流れたが金銭面で合意に至らず破談。しかし、イギリス『デイリー・メール』によれば、同氏は3日にスティーブ・ブルース前監督の解任を発表したアストン・ビラの後任候補にも挙げられており、すでにオーナーのナセフ・サウィリス氏と会談を行ったと伝えられていた。
コメント
関連ニュース
thumb

マインツ、モナコのU-21フランス代表DFガブリエルを獲得

マインツは13日、モナコのU-21フランス代表DFロナエル・ピエール・ガブリエル(21)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年までの5年間で、移籍金は600万ユーロ(約7億3000万円)とのことだ。 サンテチェンヌでプロデビューを飾った右サイドバックのガブリエルは、昨年夏にモナコに移籍。しかし、モナコでは負傷の影響もあって出場機会に恵まれず、リーグ・アン4試合の出場に留まっていた。 アンダー世代ではU-18からフランス代表に選出され、U-21まで選出されてきた経歴を持っている。 マインツは今夏、ウェストハムのスイス代表MFエジミウソン・フェルナンデス(23)を獲得している。 2019.06.14 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ退団濃厚のF・ルイスが去就に言及「コパ・アメリカが終わったら決める」

アトレティコ・マドリーに所属するブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)が今夏の去就について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2015年にチェルシーからアトレティコに復帰したF・ルイスは、今シーズンも公式戦32試合に出場するなど主力として活躍。だが、契約満了に伴い今夏の退団が濃厚となっている。 そんなブラジル代表DFには、パリ・サンジェルマン(PSG)やモナコ、フラメンゴなどが関心を示している状況だ。中でもバルセロナ移籍が近いと報じられているが、F・ルイスは現時点で移籍先が決まっていないと断言。日本代表も参戦するコパ・アメリカが終了してから決めることを『FOX Sports』で明かしている。 「どのクラブにも『イエス』とは言っていないし、どのクラブともサインはしていない。コパ・アメリカが終わるまでは移籍先を決める気はないよ」 「ブラジル代表には、去就について(大会終了まで)何も発表しないことを約束した。フラメンゴファンとここにいるすべてのプレーヤーの去就を知りたがっているジャーナリストの方々には、もうしばらく我慢するようにお願いしたい」 「これまで多くの異なるクラブの名前が出てきているけど、推測は何の役にも立たないよ」 2019.06.11 19:09 Tue
twitterfacebook
thumb

中国拠点のカラスコ、今夏の欧州復帰を目指す!

大連一方に所属するベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(25)が改めてヨーロッパ復帰希望を公言した。 現役のベルギー代表選手でもあるカラスコは過去、モナコやアトレティコ・マドリーでのプレーを経て、2018年冬に大連一方へ。加入初年度の中国スーパーリーグで25試合7得点9アシストの成績を収め、今シーズンはここまで10試合7得点2アシストを記録している。 だが、そのカラスコは以前から家族と離れて暮らしていることを理由にヨーロッパ凱旋希望を口にしており、今冬の移籍市場でもアーセナルら数クラブの関心が取り沙汰されるなど、動向に注目が集まっている状況だった。 イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、カラスコはヨーロッパの市場が開いたなか、改めて次のように思いを吐露。今夏のヨーロッパ復帰を願った。 「ヨーロッパに戻りたい。ヨーロッパのあるチームが僕に興味を示してくれているが、ここじゃ教えられない。でも、うまくいけば、僕が所属する中国のチームがヨーロッパに帰れるよう手助けしてくれるはずだ」 2019.06.06 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

一方的な契約破棄でフリー移籍したジェウソン・マルティンス、わずか半年でアトレティコ退団へ

モナコは、アトレティコ・マドリーからレンタル移籍中のポルトガル代表FWジェウソン・マルティンス(24)を完全移籍で獲得する意向のようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 カーボベルデ出身のジェウソン・マルティンスは、スポルティング・リスボンの下部組織で育ち、2015年7月にトップチームへと昇格を果たす。ユーロを制したポルトガル代表メンバーに2016年10月から招集されると、コンフェデレーションズカップやロシア・ワールドカップでもプレー。将来性を買われ、2018年7月に5年契約でアトレティコ・マドリーへと移籍していた。 しかし、新天地では期待されたパフォーマンスが出せず、リーガエスパニョーラでは8試合に出場しノーゴール。するとわずか半年でスペインを諦め、2019年1月にモナコへとレンタル移籍を果たす。すると、リーグ・アンでは16試合に出場し4ゴール2アシストを記録。残留争いに巻き込まれていたチームを救っており、その活躍を受け、モナコはアトレティコから買い取ることを決断したとのことだ。 ジェウソン・マルティンスは、アトレティコ移籍の際に交渉が進展しないことからスポルティングと契約を解消し、フリーとなって移籍。先日、スポルティングとアトレティコの間で、2250万ユーロ(約27億6000万円)の移籍金を支払うことが合意していた。 2018年夏は無理を言ってまで移籍し、アトレティコと5年契約を結んだものの、そのキャリアは半年で終わることが濃厚のようだ。 2019.05.29 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、シルバ後釜にティーレマンスに関心? ユナイテッドなど複数クラブと競合か

マンチェスター・シティが、レスター・シティに所属するベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(21)争奪戦に参戦する可能性があるようだ。イギリス『サン』の情報をもとにイギリス『メトロ』が伝えた。 長年チームを支えてきた元スペイン代表MFダビド・シルバ(33)にカタールから巨額オファーが届いたと、イギリス『サン』によって報じられたシティ。同メディアによれば、現時点でシルバは残留より移籍の可能性が高いとされ、シティはその後釜を探すのではないかと見られている。 その候補に挙がっているティーレマンスは、今冬の移籍市場でポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(30)と入れ替わる形でレスターにレンタル移籍。すぐさま主力に定着し、プレミアリーグでは移籍後は13試合に出場し3ゴール5アシストを記録した。 また、『メトロ』によれば、ティーレマンスの移籍金は4000万ポンド(約55億5000万円)前後。マンチェスター・ユナイテッドやトッテナム、アーセナルも狙っていると噂されている。 2019.05.26 20:49 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース