ウディネーゼ、イタリア代表に追加招集されたFWラザーニャと2023年まで契約延長2018.10.10 02:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウディネーゼは9日、イタリア代表FWケビン・ラザーニャ(26)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。▽レフティーのストライカーであるラザーニャは、2017年の冬にカルピからウディネーゼに移籍。2016-17シーズンはカルピにレンタルで残留し、セリエBで42試合に出場し14ゴールをマーク。

▽ウディネーゼに復帰した昨シーズンは、セリエAで29試合に出場し12ゴールを記録。今季もここまで絶対的エースとしてセリエA全試合に出場し、1ゴールを記録している。

▽なお、ラザーニャはウディネーゼでの印象的なパフォーマンスが評価され、イタリア代表を負傷離脱したFWシモーネ・ザザの代わりに追加招集されている。
コメント
関連ニュース
thumb

アルゼンチン代表、ウディネーゼ守護神ムッソを追加招集

アルゼンチンサッカー協会(AFA)は14日、ウディネーゼのGKファン・ムッソをコパ・アメリカを戦うアルゼンチン代表メンバーに追加招集したことを発表した。 アルゼンチン代表ではボカ・ジュニアーズのGKエステバン・アンドラーダがトレーニング中にヒザを痛め、代表から離脱することが決まった。 ムッソは今季のセリエAで29試合に出場し、7度のクリーンシートを達成。降格の危機にあったチームを救い、ウディネーゼを残留に導いていた。 アルゼンチンは日本時間16日早朝に初陣のコロンビア代表戦を控える。 2019.06.15 00:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、パレルモから元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFを獲得!

ウディネーゼは11日、セリエBのパレルモから元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFマト・ヤヤロ(31)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 2015年1月にリエカからパレルモへ加入したヤヤロは、加入当初からレギュラーとして活躍。在籍4年半で公式戦147試合に出場6ゴールをマーク。今季はセリエBで33試合に出場し3ゴールを記録していた。 また、スター候補として各年代のクロアチア代表として活躍しヤヤロは、2014年にフル代表デビュー。国際親善試合2試合に出場したが、2016年10月にボルニア・ヘルツェゴビナに国籍を変更。ボルニア・ヘルツェゴビナ代表では、これまで7試合に出場している。 2019.06.12 01:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、最終節で値千金の逆転弾を奪ったDFデ・マイオを完全移籍で獲得!

ウディネーゼは29日、ボローニャからフランス人DFセバスティアン・デ・マイオ(32)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 ブレシアでプロデビューを飾ったセンターバックのデ・マイオは、ジェノアで主力として活躍後、アンデルレヒト、フィオレンティーナ、ボローニャを経て今冬にウディネーゼに買取義務付きのレンタル移籍で加入。 今季、ウディネーゼではセンターバックのレギュラーとしてセリエAで16試合に出場。26日に行われた最終節のカリアリ戦では、値千金のゴールを挙げチームを逆転勝利に貢献するとともに、残留争いに巻き込まれていたチームをセリエA残留に導いた。 2019.05.30 04:04 Thu
twitterfacebook
thumb

低調インテル、残留争いのウディネーゼにゴールレスドロー《セリエA》

インテルは4日、セリエA第35節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 前節ユベントスとのイタリア・ダービーをナインゴランのスーパーボレーで引き分けた3位インテル(勝ち点62)は、5位ローマに4ポイント差とされた中、イカルディをベンチスタートとし、L・マルティネスを先発で起用した。 残留圏内ぎりぎりに位置する17位ウディネーゼ(勝ち点33)に対し、慎重に入ったインテルは14分にナインゴランのミドルシュートでまずはゴールを脅かす。 そして、徐々に押し込む展開としたインテルは22分に決定機。FKからゴールエリア右のダンブロージオがヘッドで折り返すと、ゴール前に詰めたL・マルティネスが頭で押し込みにかかったが、ミートしきれなかった。 しかし、ハーフタイムにかけてはこう着状態が続いた中、38分にマンドラゴーラに枠内シュートを打たれるもGKハンダノビッチが防ぎ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半開始直後、L・マルティネスのミドルシュートでゴールに迫ったインテルが良い入りを見せるも、長続きはしない。 再びこう着状態に陥ったことを受けて、インテルは63分にボルハ・バレロに代えてイカルディを投入した。それでもギアの上がらないインテルは終盤にケイタを投入。 しかし、終盤にかけても目立ったチャンスを作れずにゴールレスドロー。インテルは残留を争う相手に勝ち点1を積み上げるに留まった。 2019.05.05 05:24 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタが試合終盤の2発でウディネ撃破! 2連勝で単独4位に浮上!《セリエA》

セリエA第34節、アタランタvsウディネーゼが29日に行われ、ホームのアタランタが2-0で勝利した。 トップ4フィニッシュを目指す5位のアタランタと、残留を目指す17位のウディネーゼによる月曜開催の一戦。 ミッドウィークに行われたコッパ・イタリア準決勝でフィオレンティーナを退け、決勝進出を果たしたアタランタ。勝利で4位浮上となる今回の一戦に向けては負傷のイリチッチに代えてパシャリッチを起用するなど、幾つかのポジションでローテーションを行った。 コッパ・イタリアの激戦の疲れを感じさせないアタランタは立ち上がりから相手を押し込んでいく。サパタの強靭なフィジカルと、頻繁にライン間に顔を出すアレハンドロ・ゴメスを起点に厚みのある仕掛けを続けていく。 すると27分にはサパタの柔らかな左クロスに反応したデ・ルーンが抑えの利いた右足のダイレクトボレーを枠に飛ばすが、ここは相手GKの好守に遭う。その後は幾度か相手のロングカウンターに遭い、サンドロやラザーニャにフィニッシュまで持ち込まれたものの、危なげない試合運びで前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、センターバックを一枚削ってセンターフォワードのピッコリをハーフタイム明けに投入したアタランタはパシャリッチ、デ・ルーンを一列ずつ下げてより攻撃的な戦い方にシフトする。 後半も立ち上がりから相手を押し込むアタランタは68分にゴメスのミドルシュートでゴールに迫るが、GKムッソのビッグセーブに遭う。逆に、この直後の71分には相手にカウンターを許すと、デ・パウルに右ポスト直撃のシュートを打たれる場面も。 押し込みながらも最後の場面でゴールをこじ開けられないアタランタだったが、試合終了まで残り10分を切った終盤にようやく先制点を奪う。ボックス内でマジエッロがサンドロに足をかけられてPKを獲得。これをキッカーのデ・ルーンが冷静に決め切って81分の先制点とした。 このゴールで重圧から解き放たれたアタランタは85分にもボックス中央でのサパタの丁寧な落としからパシャリッチの放ったミドルシュートが相手DFにディフレクトすると、これが相手GKの反応の逆を突く形となりゴールネットを揺らした。 その後も積極的に3点目を狙う攻撃的な戦い方で試合を締めくくったアタランタがリーグ戦2連勝を飾り、単独4位に浮上した。 2019.04.30 04:05 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース