マティッチがケガでセルビア代表を離脱…《UEFAネーションズリーグ》2018.10.10 01:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは9日、MFネマニャ・マティッチがUEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19に臨むセルビア代表から離脱したことを発表した。▽マティッチは6日に行われたプレミアリーグ第8節ニューカッスル戦にフル出場。その後、セルビア代表のキャンプに合流していたが筋肉系の負傷が発覚。なお、同選手はすでにユナイテッドの練習場に戻り、クラブのメディカルスタッフとともにリハビリを行っている。

▽セルビアは11日にUNL3戦目のモンテネグロ代表戦を、14日に同4戦目のルーマニア代表戦を戦う。
コメント
関連ニュース
thumb

マタがユナイテッドとの2年契約にサイン! 「OTを自分の家だと呼べることが誇り」

マンチェスター・ユナイテッドは19日、元スペイン代表MFフアン・マタ(31)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。今回の契約には更なる契約延長オプションが付随している。 今月末にユナイテッドとの契約が満了するマタに関しては、これまでアーセナルやバレンシア、バルセロナなど国内外のクラブへの移籍の可能性が取り沙汰されていた。しかし、先日ユナイテッドが契約延長オファーを打診していることを公表し、新契約締結の可能性が高まっていた。 今回、ユナイテッドとの2年契約にサインしたマタは、愛するクラブに残留できることを素直に喜んでいる。 「この素晴らしいクラブでキャリアを続けられることを心から誇りに思うよ。同時に偉大なファンたちを代表してプレーできることもね」 「マンチェスター・ユナイテッドに加入してから5年が経ち、オールド・トラフォードを自分の家だと呼べることを誇りに思っているんだ」 「オーレ(・グンナー・スールシャール)や彼のファンタスティックなコーチ陣とこれからも共にやっていけることにワクワクしている。彼らのこのクラブの将来に対するビジョンはとてもエキサイティングなものだよ。そこに自分も関わっていけることを幸せに感じているよ」 一方、オーレ・グンナー・スールシャール監督は、頼れるベテランMFの慰留成功に満足感を示している。 「フアンは私がこれまで共にやってきた中でも究極にプロ意識が高く、抜群に知的なプレーヤーの一人だ。彼の存在は、若手プレーヤーたちにとって格好の手本となる。彼はマンチェスター・ユナイテッドのプレーヤーであるということが何を意味しているかを理解し、このクラブとあらゆる苦楽を共にすることができる」 「ピッチ上での活躍はもちろんのこと、我々が抱えている将来性豊かなプレーヤーたちにとっては、フアンが彼の豊富な経験値を提供してくれることで、ポテンシャルを飛躍的に伸ばしてやることができる。彼が契約延長に合意してくれたことを非常に嬉しく思う。彼の才能とメンタリティは、このクラブにとってかけがえのないものだ」 2014年1月にチェルシーから加入したマタは、ここまで公式戦218試合45ゴール37アシストという数字を残し、今シーズンも公式戦32試合6ゴール4アシストを記録。これまでFAカップやヨーロッパリーグ(EL)制覇に貢献してきた。 2019.06.20 01:29 Thu
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表指揮官、ルカク退団は「明らか」

ベルギー代表を指揮するロベルト・マルティネス監督が、マンチェスター・ユナイテッドの同代表FWロメル・ルカクの去就に言及した。イギリス『talk SPORT』が伝えている。 公式戦45試合で15ゴールを挙げながらも、その不安定なプレーの方が目立ってしまった今シーズン。7500万ポンド(現レートで101億円)を支払って獲得したルカクも、現在では不可欠な存在ではないというのが大半の見方だ。 そんなルカクには、先日アントニオ・コンテ監督が就任したインテルが強い関心を見せている。本人もユナイテッドに未練はないとされる中、マルティネス監督がルカクの去就に言及。ベルギー『HLN』にこう語った。 「彼がマンチェスター・ユナイテッドを去らなければならないのは明らかだ。それは両者にとっていい結果になるだろう。今大切なのは、ルカクが幸せにプレーできるかどうかということだ」 また、ルカクもイタリア『メディアセット』に「コンテがインテルに行ったことは僕にとって良いことだ。彼は世界最高の監督だからね」と語り移籍を示唆。ルカクのイタリア行きの可能性は日に日に高まっている。 2019.06.19 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、新たにヒサイをリストアップか

マンチェスター・ユナイテッドが、ナポリに所属するアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ(25)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 2015年夏にマウリツィオ・サッリ監督(現ユベントス)が就任する際にエンポリからナポリへ加入したヒサイ。同監督体制では不動の右サイドバックとして活躍したが、カルロ・アンチェロッティ監督が就任した今シーズンはセリエAの出場は27試合と減少していた。 そのヒサイは先日、「僕のナポリでの時間は終わった。僕が必要としているような何かを与えてくれるチームを探しているよ」と、今夏の移籍希望を公言している。また、ナポリは今夏にレアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)やPSVのメキシコ代表イルビング・ロサーノ(23)などの大型補強に動いており、ヒサイはその資金調達のために売却される見込み。すでに後釜の確保にも成功している。 アトレティコ・マドリーやインテルが関心を示しているところに新たにユナイテッドが参戦。両サイドバックでプレーできる選手として調査を行っているようだ。 2019.06.19 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

“ビッグ6”関心のマディソンが移籍を否定「移籍話は無視」

レスター・シティに所属するイングランド代表MFジェームズ・マディソン(22)が今夏の去就について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨夏にノリッジ・シティから2200万ポンド(約29億8000万円)でレスターへ加入したマディソン。卓越した右足のキック精度やパスセンス、エレガントな身のこなしで試合を作る司令塔で、今シーズンはプレミアリーグ36試合7得点7アシストの好成績を収めた。 昨年10月にイングランド代表初招集を受けるなど成長著しいマディソンのプライスタグは6000万ポンド(約81億4000万円)と高額。それでも、マンチェスターの両クラブやリバプール、トッテナム、アーセナルといった“ビッグ6”がこぞって獲得に興味を示している状況だ。 そうしたなか、渦中のマディソンは今夏の去就について問われると、次のようにコメント。移籍の可能性を否定した。 「ノーだね。今は僕の歩幅で歩いているからトランスファーの話は無視しているよ」 「コベントリーでプレーしていた17歳のとき、5試合しかスタメンで出られなかったけど、携帯を見たらトッテナムとリバプールの興味を目にしたよ」 「トランスファーの話で僕のことを取り上げてくれるのは誉め言葉として受け取る必要がある。だけど、僕の気が変わることはないよ」 2019.06.18 16:42 Tue
twitterfacebook
thumb

ワン=ビサカ獲得へリベンジ! ユナイテッド、移籍金上積みで2度目のオファーを提示

マンチェスター・ユナイテッドが、クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)に再度オファーを提示したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 C・パレス下部組織出身のワン=ビサカは、2018年にトップチームデビュー。推進力抜群のドリブルと、長い足を生かしたしなやかな体つきから繰り出す対人守備が魅力の右サイドバックであり、今シーズンのクラブ年間最優秀選手に輝いている。 同メディアによると、そのワン=ビサカ獲得に向け、ユナイテッドは先日、3500万ポンド(約47億5000万円)のオファーを提示。しかし、C・パレス側に拒否されていた。そして今回伝えられるところによると、ユナイテッドは1500万(約20億3000万円)ポンドを上積みした5000万ポンド(約67億8000万円)で2度目のオファーを提示したという。 ただ、その内容は3500万ポンド(約47億5000万円)と1500万ポンド(約20億3000万円)の分割払い。C・パレスは一括払いであれば、4500万ポンド(約61億円)から5000万ポンド(約67億8000万円)で移籍に応じる意向も、この契約内容には納得いかず。またも失敗に終わったようだ。 ワン=ビサカはユナイテッド移籍に前向き。しかし、トランスファーリクエストを提出することや移籍を訴えることは考えていないようだ。 2019.06.18 15:35 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース