最下位キエーボがダンナ監督の解任を発表!! 後任は元イタリア代表指揮官か…2018.10.10 00:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽キエーボは9日、成績不振を理由にロレンツォ・ダンナ監督(46)を解任したことを発表した。▽2014年からキエーボのプリマヴェーラで指揮を執っていたダンナ監督は、昨シーズン途中に解任されたロランド・マラン前監督(55)の後任としてトップチームの暫定指揮官に就任。すると、同監督は残り3試合を全勝する圧巻の手腕を発揮し、残留争いに巻き込まれていたチームを最終的に13位でフィニッシュさせた。

▽この活躍が認められ、今年5月に正式に指揮官に就任。しかし、今シーズンは開幕前に発覚した不正会計による勝ち点剥奪処分に加え、第8節終了時点で6敗2分けと開幕から低迷し、最下位となっている。直近のミラン戦でも1-3で大敗し、リーグ戦4連敗となり解任の憂き目を味わうことになった。

▽なお、イタリア『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、キエーボは後任として元イタリア代表指揮官のジャンピエロ・ヴェントゥーラ氏(70)をリストアップしているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ポリターノ&ペリシッチ弾で4戦ぶりに勝利したインテルが3位を死守!《セリエA》

インテルは13日、セリエA第36節でキエーボと対戦し、2-0で勝利した。 前節終了時点で3位のインテル(勝ち点63)が、最下位のキエーボをホームに迎えた一戦。前節、残留争い中のウディネーゼとゴールレスドローに終わったインテルは、その試合から先発4人を変更。ラウタロ・マルティネスやブロゾビッチ、デ・フライ、ダンブロージオに代えてイカルディやヴェシーノ、ミランダ、セドリックを先発で起用した。 来季のセリエB降格が決定しているキエーボに対し、立ち上がりから攻勢に出るインテル。しかし、キエーボの集中した守りに攻めあぐねる時間が続くと、22分に左CKのこぼれ球をボックス外のナインゴランがミドルシュートで狙ったが、これは相手DFに当たり枠の左に外れた。 インテルは、28分にもアサモアのスルーパスからボックス左深くまで侵入したペリシッチが左足のダイレクトシュートでゴールを脅かしたが、これはGKセンパーのブロックに阻まれた。 ハーフタイムにかけてもこう着状態が続いた中、インテルが待望の瞬間を迎える39分、ボックス中央から仕掛けたペリシッチのロストボールをボックス右手前で拾ったポリターノがカットインから左足でシュート。これが右ポストの内側に当たり、そのままゴールネットに吸い込まれた。 迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはリードするインテル。57分、右サイドでパスを受けたポリターノがカットインからミドルシュート。さらに相手GKが弾いたボールをペリシッチが詰めたが、これもGKセンパーの好セーブに阻まれた。 インテルは64分にも、中盤でボールを奪ったボルハ・バレロが素早く前線に送ると、イカルディが右サイドを持ち上がったの折り返しを供給。ボックス手前のナインゴランがワンタッチではたくと、ボックス左から侵入したペリシッチがコントロールショットでゴール右隅を狙ったが、これは右ポストを直撃した。 チャンスを逃したインテルだが76分、スルーパスで左サイドを抜け出したガリアルディーニがN・リゴーニのスライディングタックルで倒されると、N・リゴーニに2枚目のイエローカードが提示され退場処分となった。 数的有利となったインテルは86分、セドリックの縦パスでボックス右深くまで侵入したカンドレーバがライン際からマイナスにラストパス。これを再び受けたセドリックのシュートは右ポストに弾かれたが、こぼれ球をボックス中央で拾ったペリシッチが冷静にゴール左隅へ流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-0で終了。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾ったインテルが、再びアタランタをかわし3位を死守している。 2019.05.14 06:10 Tue
twitterfacebook
thumb

キエーボのレジェンドFWペリッシエルが40歳で引退を決断…セリエA通算454試合112ゴール

キエーボのキャプテンを務める元イタリア代表FWセルジオ・ペリッシエル(40)が今シーズン限りでの現役引退を発表した。 ペリッシエルはトリノの下部組織出身で、1998年1月にトップチーム昇格。1999年1月にヴァレーゼへと移籍すると、2000年にキエーボへ加入。2001年1月から半年間SPALへとレンタル移籍をした後は、キエーボでプレーし続けている。 40歳のペリッシエルは、今シーズンもセリエAで16試合に出場し4ゴール1アシストを記録。キエーボでの公式戦では、通算512試合に出場し139ゴール29アシストを記録。セリエAでは454試合に出場し112ゴール29アシスト記録していた。 また、2009年6月6日はイタリア代表として北アイルランド代表戦でデビュー。1ゴールを決めていたが、アッズーリとしてはその試合のみの出場となった。 ペリッシエルは今回の引退について「1日でこの決断を下すことはしなかった。会長は僕を説得するのをやめなかった。ただ、僕はこれが正しいことだと思う」と引退の決意を語り、「新しいサイクルが始まるべきということは、正しいということだ」と新時代を後輩に任せることを明かした。 今シーズンのセリエAは残り3節。キエーボは、インテル、サンプドリア、フロジノーネと対戦。第37節のサンプドリア戦が、ホームラストゲームとなる。 2019.05.10 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ミリンコビッチ=サビッチ愚行退場のラツィオ、降格決定済みの最下位キエーボにまさかの敗戦でミラン追撃失敗《セリエA》

ラツィオは20日、セリエA第33節でキエーボをホームに迎え、1-2で敗戦した。 3日前に行われた未消化試合のウディネーゼ戦を制してチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ミランに3ポイント差とした7位ラツィオ(勝ち点52)が、降格の決まっている最下位キエーボ(勝ち点11)をホームに迎えた一戦。 試合は34分、ラツィオが退場者を出してしまう。ステピンスキとの小競り合いでミリンコビッチ=サビッチが蹴りを入れて一発退場となってしまった。 そして10人となったラツィオは迎えた後半開始4分、ヴィニャートにボックス左からゴール右にコントロールシュートを決められ、先制されてしまう。 さらに2分後、右クロスからヘテマイのヘディングシュートで加点され、ラツィオは2点のビハインドを負ってしまった。 その後、バデリを削ってアタッカーのコレアを投入したラツィオは、68分に1点差に詰め寄る。カイセドがボックス左でコレアのダイレクトパスを受け、シュートをねじ込んだ。 終盤にかけても攻め込んだラツィオだったが、追加タイム1分のコレアのミドルシュートは左ポストに直撃し、同点には追いつけず。痛恨の敗戦により、同日行われた試合でパルマに引き分けたミランに迫ることはできなかった。 2019.04.20 23:56 Sat
twitterfacebook
thumb

クリバリ2発のナポリが快勝で今節でのユーベの8連覇を阻止! 敗れたキエーボは12季ぶりセリエB降格《セリエA》

ナポリは14日、セリエA第32節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。 前節ジェノア戦を1-1で引き分けた2位ナポリ(勝ち点64)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ準々決勝のアーセナル戦を0-2で完敗した。公式戦3試合勝利がないナポリは、この試合で勝利を逃すとユベントスの8連覇が決まる中、アーセナル戦のスタメンから4選手を変更。アラン、GKメレト、ディフェンスラインの2枚を入れ替えてミリクやGKオスピナらをスタメンで起用した。 勝利を逃すと12シーズンぶりのセリエB降格が決まる最下位キエーボ(勝ち点11)がアグレッシブな入りを見せてきたのに対し、受け止めたナポリは15分に先制する。メルテンスの左CKをニアサイドのクリバリが頭で押し込んだ。 失点を受けてさらに前がかるキエーボに対し、ナポリは27分に追加点のチャンス。しかし、ファビアン・ルイスの左クロスに合わせたミリクのヘディングシュートは枠を捉えきれなかった。 その後はナポリが試合をコントロールする中、前半終了間際の45分、ファビアン・ルイスがミドルシュートを狙ったが枠を外れ、1点のリードで後半へ折り返した。 迎えた後半もナポリがボールを保持して試合を支配する中、62分に追加点のチャンス。しかし、インシーニェのパスに合わせたミリクのボレーシュートは枠を捉えきれなかった。 それでも64分、中央でパスを受けたミリクのミドルシュートがゴール左に決まってリードを広げたナポリは、インシーニェをお役御免としアランを投入。 そして81分、右CKの流れからファーサイドのクリバリが左足で蹴り込んで3点目を決めたナポリが快勝。公式戦4試合ぶりの勝利を手にし、ユベントスの今節での8連覇を阻んでいる。一方、敗れたキエーボはセリエBの降格が決まった。 2019.04.15 02:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ピョンテク決勝弾のミランが最下位キエーボに競り勝ち5連勝!《セリエA》

ミランは9日、セリエA第27節でキエーボのホームに乗り込み、2-1で競り勝った。 前節は10人のサッスオーロにオウンゴール弾で辛勝し、4連勝としてインテルをかわし3位に浮上したミラン(勝ち点48)は、次節にインテルとのミラノ・ダービーを控える中、バカヨコやチャルハノール、リカルド・ロドリゲスといった主力をベンチスタートとし、ビリアやカスティジェホ、ラクサールらをスタメンで起用した。 最下位キエーボ(勝ち点10)に対し、いつも通りの[4-3-3]を採用したミランは3トップに右からスソ、ピョンテク、カスティジェホと並べた。 そのミランが立ち上がりから押し込んでいくと、15分にボックス右に侵入したケシエが際どいシュートを浴びせた。続く19分、FKからロマニョーリのヘディングシュートでGKを強襲したミランが31分に先制した。 ペナルティアーク中央付近でパケタが得たFKをビリアが狙うと、完璧なシュートがゴール左上に決まった。 その後、主審への抗議でガットゥーゾ監督が退席処分となったミランは41分に同点とされる。レリスの右クロスからヘテマイのヘディングシュートが決まってしまった。 1-1で迎えた後半、54分にパケタに代えてチャルハノールを投入したミランは56分に勝ち越す。スソのクロスが流れ、ピョンテクのゴール至近距離からのシュートはGKソレンティーノに阻まれるも、ルーズボールを拾った流れからカスティジェホのヘッドでの落としに反応したピョンテクがボレーで蹴り込んだ。 リードしたミランはボールを回して時間を消化。75分にはロングカウンターから3点目のチャンスが訪れたが、ボックス内からのケシエのシュートは枠を捉えきれなかった。 それでも、終盤にかけては危なげない試合運びで逃げ切り。ダービーを前に5連勝とし3位を死守している。 2019.03.10 06:25 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース