強姦疑惑C・ロナウドを家族がサポート! 「正義のために」2018.10.09 19:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの家族が、強姦疑惑が騒がれている同選手を支援するキャンペーンを開始した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。▽アメリカ人モデルのキャスリン・マヨルガさんからの告発により、2009年に強姦した疑いが浮上しているC・ロナウド。当人は容疑を否定しているものの、ラスベガス警察が調査に動き出したことが報じられている。

▽サッカー界最高のスーパースターに沸いた不祥事は、世界中のファンに激震を走らせた。罪は確定していないものの、SNS上などではC・ロナウドへ過激な誹謗中傷を浴びせるユーザーも少なくない。

▽一方で、C・ロナウドの母親であるドローレスさんと、姉のカティアさんが無実を訴えるべく行動を開始。SNS上で、C・ロナウドがスーパーマンの格好をしている合成画像を添付し、以下のようなメッセージを掲載した。

「一週間この画像をプロフィールに載せる勇気のある人を見たい。そして彼に連鎖しますように…。ポルトガルのために、彼のために、私たちや結束する人々のため、そして正義のために。彼はそれに値する」

▽また、姉のカティアさんは自身のインスタグラム上で実際にC・ロナウドの画像をプロフィールに設定。協力の呼びかけは、1時間で1万5000件のイイネを獲得したそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ポグバの希望はレアル移籍よりユーベ復帰

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)がユベントス復帰を希望しているという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今夏、レアル・マドリーや、ユベントスの関心報道が取り巻くポグバ。16日の来日時に出席したイベント先で「タイミング的に新たなところで新たなチャレンジすべき」との意向を明かしたことで、より退団の憶測が熱を帯びている。 そのポグバの望みは、以前から取り沙汰されてきたレアル・マドリー行きでなく、ユベントスへの帰還。ポグバの連れ戻しに熱心なユベントスはユナイテッドに接触する前に、選手の賃金要求をクリアする解決策を探っている状況だという。 ユナイテッドはポグバを手放すとなれば、移籍金として1億5000万ポンド(約204億7000万円)を要求する姿勢だが、現時点で放出の意思なし。ただ、ポグバに契約延長に応じる可能性は低く、放出に動くプランもある模様だ。 なお、ポグバの残る現行契約は、2年+1年の延長オプション。去就はいかに…。 2019.06.20 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、ユーベからU-21イタリア代表FWオルソリーニの買い取りを発表

ボローニャは19日、ユベントスのU-21イタリア代表FWリッカルド・オルソリーニ(22)の買い取りオプションを行使したことを発表した。『フットボール・イタリア』によれば買い取り額は1500万ユーロ(約18億2000万円)とのことだ。 2017年1月にアスコリからユベントスに加入した右ウインガーのレフティーは昨夏、ボローニャに買い取りOP付きのレンタルで加入。そのボローニャでは今季、セリエAで35試合に出場し、8ゴール5アシストと活躍していた。 また、U-21イタリア代表では現在行われているU-21欧州選手権にも出場している。 2019.06.20 06:26 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベ、サッスオーロの21歳トルコ代表DFデミレルを約18億円で獲得へ

ユベントスはサッスオーロのトルコ代表DFメリヒ・デミラル(21)の獲得に迫っているようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 フェネルバフチェの下部組織出身で2017年にスポルティング・リスボンに完全移籍した192cmの長身センターバックであるデミラルは、アランヤスポルで頭角を現し、今年1月にサッスオーロへ買い取り義務付きのレンタルで加入した。そのサッスオーロではレギュラーポジションを掴み、セリエAで14試合に出場し2ゴールを挙げ、評価を高めていた。 また、2018年11月にデビューしたトルコ代表ではこれまで6試合に出場している。 700万ユーロの移籍金でサッスオーロに加入したデミラルに対し、同メディアによるとユベントスは1500万ユーロ(約18憶2000万円)の移籍金を支払うとのことだ。 2019.06.20 04:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベ、ラムジーに続きラビオもフリーで獲得へ!

ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)との合意に至ったようだ。スペイン『El Chiringuito TV』の情報を引用して『フットボール・イタリア』が伝えている。 PSGとの契約延長交渉を固辞したことで今夏の移籍が決定的となっているラビオ。当初はバルセロナ行きが濃厚と思われていたが、アヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(22)の獲得もあり消滅した。 最近の報道では、ラビオ争奪戦はマンチェスター・ユナイテッドとユベントスの一騎打ちだと見られていた。そうした中で同選手は先日に、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』で「ユベントスは誰もがプレーを望むビッグクラブだ。僕らはいくつかの協議をしている。それは事実さ」とイタリア王者との交渉を認めていた。 そして、今回伝えられるところによると、サラリー面では、年俸700万ユーロ(約8億4000万円)に1000万ユーロのサイン料(約12億1000万円)。さらに2024年までの5年契約で合意に至ったようだ。 なお、ユベントスは来シーズンに向けてアーセナルからウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)の獲得に成功。フリーでの補強は2人目となる。 2019.06.18 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスがデ・リフト、ポグバ両獲りも!? ネドベドが交渉中

ユベントスのパベル・ネドベド副会長が、アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19) 、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(26)の両選手の代理人を務めるミノ・ライオラ氏と会談をしたと、スペイン『アス』がイタリア『トゥットスポルト』からの情報として伝えている。 デ・リフトにはパリ・サンジェルマン(PSG)が年俸1200万ユーロ(約15億円)+5年契約のオファーを提示しており、現状は移籍市場で一歩リードしているとされている。これに対し、ユベントスも年俸1000万ユーロ(約12億円)+移籍金7500万ユーロ(約91億円)の条件で交渉にあたっているようだ。 また、ポグバについても話題に挙がったとされ、先日に東京であったイベントの際の「僕自身も新しいチャレンジをすべきじゃないかと思っている」との発言など、古巣ユベントス復帰へと動いても全く不思議ではない情勢となっている。 先日に就任が発表されたマウリツィオ・サッリ新監督での新生ユベントス構築に向け、注目の2選手の動向には今後も目が離せない。 2019.06.18 20:53 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース