首位・川崎F、神戸戦チケット完売を発表! 今回で今季11回目2018.10.09 18:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽川崎フロンターレは9日、20日に行われる明治安田生命J1リーグ第30節のヴィッセル神戸戦のチケット完売を発表した。今回で今シーズン11回目の完売とのこと。▽川崎Fはクラブ公式サイトを通じて「全席種、完売のため、当日券販売およびアップグレードサービス・ダウングレードサービス・遅割は実施いたしません」「予約キャンセルが発生した場合に限り再販売を行う場合があります」「最新の情報は『ホームゲームチケット販売状況』または『チケフロ』をご確認ください」とアナウンスしている。

▽代表ウィーク明け最初の一戦となるJ1第30節。川崎Fは現在、2位・サンフレッチェ広島に勝ち点1差で上回り首位に位置している。そんな中、現在6戦未勝利中の神戸をホーム・等々力陸上競技場に迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

川崎F、MF阿部浩之とMF鈴木雄斗がそれぞれ入籍

川崎フロンターレは24日、元日本代表MF阿部浩之(29)とMF鈴木雄斗(25)がそれぞれ入籍したことを発表した。 阿部は23日に入籍。鈴木は15日に結婚した。両選手はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆MF阿部浩之 「いつも応援ありがとうございます。私事ではありますが、このたび入籍いたしました。これまで以上に公私共に頑張っていきたいと思います。温かく見守っていただけたら幸いです」 ◆鈴木雄斗 「このたび入籍しましたのでご報告させていただきます。新しく家庭を持つ喜びと共に責任も感じております。より一層の自覚を持って日々努力してまいりますので、引き続き応援よろしくお願いします」 2019.06.24 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

長崎、川崎FのMFカイオ・セザールを期限付き移籍で獲得…7月20日J2第23節甲府戦から出場可能

V・ファーレン長崎は19日、川崎フロンターレのブラジル人MFカイオ・セザール(23)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2019年6月20日から2020年1月1日まで。なお、川崎Fとの全ての公式戦に出場することはできない。背番号は「40」に決定している。 カイオ・セザールは2018年8月にブラジルのトンベンセから川崎Fに完全移籍で加入。身長193㎝でボランチやトップ下、サイドハーフといった複数ポジションをこなせるMFだ。今シーズンは明治安田生命J1リーグに1試合、AFCチャンピオンズリーグに1試合出場した。 ちなみにカイオ・セザールは、7月20日に行われる明治安田生命J2リーグ第23節のヴァンフォーレ甲府戦から出場が可能。同選手は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「川崎フロンターレから期限付き移籍にてお世話になることになりましたカイオ セザールです。今回、このようなチャンスをくださったV・ファーレン長崎のすべての皆さんに感謝しています。新たな環境で戸惑うこともあるかと思いますが、チームの勝利のため、J1昇格のため、そして自分のために、出来ることを精一杯やりたいと思います。皆さんにお会いできることを楽しみにしています」 ◆川崎フロンターレ 「来日してからここまで、どんな時も温かくサポートを続けてくれるフロンターレのサポーターの皆さんには、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。ただ、皆さんの期待に応えようと、ピッチの中でチームの力になるという自分の目標にはまだ達していません。ここから半年間、新たな強い気持ちで長崎で戦うことでさらに成長できると考え、このタイミングでの期限付き移籍を選びました。少し離れてしまいますが、これからも見守っていてください。成長してフロンターレに帰ってきたいと思います。いつも本当にありがとうございます」 2019.06.19 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

川崎Fの日本代表MF守田英正が道路交通法違反により検挙…運転免許証失効も判明

川崎フロンターレは19日、日本代表MF守田英正(24)が道路交通法違反により検挙されたことを発表した。 クラブの発表によると、守田は17日、川崎市麻生区内を自家用車で運転中、午前8時半ごろに携帯電話の使用等で検挙。なお、その際に運転免許証が失効していたことも判明した。免許証の有効期限は2019年6月10日までだったという。 この件に対し、川崎Fは守田本人と面談の上、猛省を促し、以下のクラブ独自の処分と幹部社員に減俸を科すことを伝えている。 ◆守田英正への処分内容 ・公式戦出場停止 1試合 ・制裁金 ・社内奉仕活動の実施 ◆幹部社員への処分内容 ・取締役強化本部長 庄子春男 減俸10% 1カ月 ・強化部長 竹内弘明 減俸5% 1カ月 クラブは「今回の件につきまして、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、すべての関係者の皆様に、多大なるご心配をおかけし、深くお詫び申し上げます」と謝罪し、再発防止に向けて「所属選手、スタッフ、クラブスタッフ全員への運転免許証の確認を含め社内への注意喚起を改めて実施し、また、道路交通法の順守のための交通安全の取り組みを所轄の麻生警察署と連携して実施を行い、再発防止に努めていきます」と伝えている。 2019.06.19 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

大会優秀選手3位のMF田中碧が確かな手応え「普段チームでやっていることは間違いなく通用した」《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-19ポルトガル代表、U-23チリ代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 5試合中4試合フル出場し、大会では優秀選手3位に選出されたMF田中碧(川崎フロンターレ)は成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。「普段チームでやっていることは間違いなく通用した」と確かな手応えを掴んだ様子。そして、さらなる成長を誓った。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆MF田中碧(川崎フロンターレ) ──大会を振り返って 「自分個人としては初めてのオリンピック世代での活動でした。そういう意味ではどれだけ自分の特長を出せるかであったり、味方の選手に(自分を)知ってもらうことが大事になった上で、良い手応えも掴めるぐらいやれた自信があります。個人としては良かったなと思いますけど、ただ最後に優勝できなかったことは、力のなさを痛感しました」 ──5試合中4試合でフル出場。大会では優秀選手賞3位 「ボールを動かすところや普段チームでやっていることは間違いなく通用したと思います。ただ、個人で違いを作る部分や個人でボールを運んだり、奪うという部分は、最後の決勝戦でやったブラジルの選手と比べれば、一回りも二回りも差があるなと感じました。そこはもう一度、練習して頑張りたいです」 ──ブラジルと対戦して肌で感じた部分は 「やはり強さや巧さはJリーグでは体感できないモノがありました。1人で3人、4人を相手にできるくらいの高い能力を持っていたので、そういう意味では彼らと対等に戦うためには、そういう選手たちと一対一で戦えるくらいの力がないときついと思います。そういうところをしっかりとやっていきたいです」 ──この5試合で得た収穫を今後どのようにつなげていきたいか 「個人の力のなさを痛感したので、この決勝で敗れた悔しさを忘れずに彼らとの差を埋めるために毎日毎日、一生懸命やることが近道かなと思います」 ──明日からはコパ・アメリカ。来年には東京五輪があるが、自身の状況をどう考えているか 「僕自身としては、あまりコパ・アメリカがあろうが、周りの選手には興味ありません。毎日毎日、成長するためにサッカーやることが個人としての成長につながると思います。そういう意味では日頃の練習を全力でこだわってやれたらと思います」 2019.06.17 22:37 Mon
twitterfacebook
thumb

川崎F、怒涛の攻撃で追いつくもホームで札幌とドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節の川崎フロンターレvsコンサドーレ札幌が14日に等々力陸上競技場で行われ、1-1のドローに終わった。 川崎F(勝ち点27)は前節終了時点で、ここまで7勝6分け1敗で2位につける。前節の浦和レッズとの対戦では後半開始早々に先制するも終了間際に追いつかれドロー。それでも現在10戦負けなしと2連覇中の実力を徐々に発揮してきている。その川崎Fは、FWを小林に代えて知念を先発起用。売り出し中の若きストライカーに最前線を託した。 一方の札幌(勝ち点23)は、ここまで7勝2分け5敗で7位に位置。前節のサンフレッチェ広島戦では1-0の完封勝利。前々節ガンバ大阪戦(0-0)から2試合連続シャットアウトとここにきて守備が陣に安定感が出てきた。そして今節の川崎F戦では、前節スタメンだった中野が負傷、さらには菅もコパ・アメリカ招集で不在となる苦しい状況の中、前節欠場したチャナティップが復帰、そして約3ヶ月ぶりの先発となるジェイが起用された。 強力なアタッカーを持つ川崎Fと守備の安定感が増してきた札幌の対決となった中、最初の決定機は7分、川崎Fの長谷川が左ハーフウェイ付近からドリブルで持ち込み、中に切り込みながら守田とワンツー。最後は家長がミドルシュートを放った。 12分には守田が右サイドの家長へ20メートル近いスルーパスを供給。その家長が中に折り返し、ボックス内で待ち構えていたレアンドロ・ダミアンが狙いすましてシュートを打つも惜しくもキーパー正面となりキャッチされる。 その後も自陣に引き気味でブロックを作り、前線のジェイ、鈴木、チャナティップでカウンターを狙う札幌に対し、ボールを保持しながら札幌守備陣の綻びを狙う川崎Fという構図が続く。そんな中、川崎Fは25分長谷川がドリブルでペナルティエリア内に持ち込んだとこをを荒野にひっかけられPKを獲得。そしてPKではレアンドロ・ダミアンがキッカーを務め正面に蹴るもGKク・ソンユンの足が残っておりファインセーブ。札幌は守備のミスを守護神に救われた。 絶対的なピンチから一転、札幌は39分に川崎FのPA内でこぼれ球に反応したジェイがジェジエウに倒されPKゲット。これを鈴木が落ち着いて決め札幌が先制に成功する。そのまま前半が終了しアウェイ札幌の1点リードで試合は折り返す事となった。 先制点を許した川崎Fはハーフタイムで早くもレアンドロ・ダミアンに代えて小林を投入。また車屋を左、登里を右と前半とは左右を入れ替える配置変更をし、絶対に勝ち点3を取りたいホームで勝利へ向けて打開を図る。 川崎Fが前半に引き続きボールを支配していく中、57分守田の裏へのロングボールに長谷川が抜け出してシュートを打つもキーパー正面。またその直後にはPA外やや左からのFKの場面で大島のキックに小林がヘッドを放つもまたもGKク・ソンユンのビッグセーブで得点ならず。 早いところ追いつきたい川崎Fは69分に、アタッキングサードでボールを回す中でPA内右に居た家長から中央の小林へ低いクロス。それを小林が落ち着いてゴールへ蹴り込むと、GKク・ソンユンが触るも弾ききれずゴールイン。川崎Fが待望の同点ゴールを挙げた。 その後もホームの川崎Fが怒涛の攻めで札幌ゴールに攻めるも、最後まで勝ち越すゴールを奪うことは出来ずに1-1のドローに終わった。逆に札幌は終始押し込まれる中でGKク・ソンユンの再三のビッグセーブ等で最後まで耐えきり、アウェイで貴重な勝ち点1を手にした。 2019.06.14 21:45 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース