不満示唆するSNSの投稿が物議も…ビダル、釈明「問題があれば、本人に直接言いにいく」2018.10.09 12:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの投稿がスペイン国内で憶測を呼んでいるようだ。▽ビダルは今夏バイエルンからバルセロナに加入。しかし、今シーズンここまで公式戦9試合に出場しているものの、先発は2試合にとどまっている。

▽そんなビダルは3日、ウェンブリースタジアムで行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループB第2節トッテナム戦でもベンチスタートとなったことでインスタグラム(kingarturo23oficial)のストーリーで怒り顔の絵文字を投稿。さらに、出場機会がなかった7日のリーガエスパニョーラ第8節のバレンシア戦後には「ユダ(裏切者)たちとは争わない。彼らは勝手に死んでいく」と投稿していた。

▽バレンシア戦後の投稿はすぐに削除されたが、これらがチームへの不満に対するものではないかと物議も醸している。しかし、自身は今回チームに対するものではないと釈明。「問題を抱えていれば、本人に直接言いにいく」とイギリス『Four Four Two』に語っている。

「今の状況は幸せではないけど、監督との問題を抱えているのであれば、僕は直接言いに行くよ」

「僕はこれまでも世界トップクラスのチームで常に戦い、勝利してきた。そしてバルセロナでも成功を手にし続けていきたいと思っているんだ」

「フィジカル的には良い状態でとても幸せだよ。ここ数試合の間は、少しストレスも抱えていた。でもこれから重要な試合がいくつもある。戦い続けるだけだと思っているよ」

「ユダに関する投稿はスポーツに何も関係ないものだ。多くの憶測を呼んでしまうのを止めるために、削除しただけだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

デニス・スアレスはリーガ残留を希望! 新天地はバレンシアorセルタ?

今夏のバルセロナ退団が有力視されるスペイン人MFデニス・スアレス(25)が、スペイン残留の意向を示している。スペイン『マルカ』が伝えている。 セビージャとビジャレアルでの活躍を経て2016年にバルセロナに買い戻されたスアレスだが、世界屈指の選手層を誇るチームにおいて思うように出場機会を得られず。今年1月には出場機会を求めて買い取りオプション付きのレンタル移籍でアーセナルに加入。 しかし、新チームのスタイルへの適応の遅れ、コンディションの問題によって、リーグ戦4試合、ヨーロッパリーグ2試合の合計6試合の出場にとどまり、先発でのプレーは一度もなかった。その後、4月にはそ径部の治療のため今季中の復帰が絶望となったことを明かし、アーセナルを退団していた。 バルセロナと2021年まで契約を残すものの、今夏の退団が有力視されるスアレスは、自身が設立したフットボールスクールの開校イベントの場で去就に関して言及。国外からのオファーを認めながらもスペイン残留を最優先としていることを明かした。 「自分のリズムをもう一度掴んで、どこでプレーするにしても定期的にプレーする必要があると思っているよ。これから数週間のうちに何か決まればいいね」 「個人的に最も重視しているのはスポーツ面で金銭面よりも重要だと考えている。来年ユーロが行われるし、どうにかスペイン代表でプレーしたいんだ」 「僕の優先事項はスペイン残留だ。もちろん、海外からオファーもあるけど、ラ・リーガでプレーしたいんだ」 また、スアレスは移籍候補に挙がるビジャレアル時代の恩師マルセリーノ・ガルシア・トラル監督が率いるバレンシア、生まれ故郷でありかつてアカデミーに在籍していた古巣セルタについても言及している。 「以前にも話したことがあるけど、マルセリーノは自分のキャリアにおいて最も成果を収めることができた時期に指導を受けた監督なんだ」 「また、いつかセルタ・ヴィーゴに戻ると思っている。それがこの夏になるのか、数年後になるのかはわからないけどね」 2019.06.25 00:04 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、日本期待の若手2選手を注視か 贔屓紙が報じる

バルセロナが、鹿島アントラーズに所属する日本代表MF安部裕葵(20)とセレッソ大阪への加入が内定している桐光学園のU-20日本代表FW西川潤(17)を注視しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 レアル・マドリーへ移籍が決まった日本代表MF久保建英(18)の獲得に失敗したバルセロナ。しかし、同クラブは、日本市場を狙っており、Bチームでプレー可能な有望な若手選手として、安部と西川を約5カ月以上に渡りモニタリングしているという。 バルセロナは安部に対して、買い取りオプション付きレンタルでの獲得を希望している模様。しかし、鹿島側は移籍金150万ユーロ(約1億8000万円)での売却を望んでいるという。 もう一方の西川は現在17歳。国際サッカー連盟(FIFA)が定める国外移籍の基準を満たしていないことから、18歳になる2020年2月21日以降での獲得を視野に入れているようだ。 2017年に広島県の瀬戸内高校から鹿島に入団した安部は、今シーズンから背番号「10」を継承。ここまで明治安田生命J1リーグ13試合で1ゴールを記録している。また現在、コパ・アメリカに参戦中の日本代表にも選出されており、日本時間18日に行われたグループC第1節のチリ代表戦に途中出場して、A代表デビューを飾ると、21日に行われた第2節のウルグアイ代表戦ではフル出場を果たした。 現役高校生の西川は国内外での争奪戦の末、C大阪入団が内定。今年3月のルヴァンカップではプロデビューを飾っている。また、今月中旬まで行われていたU-20ワールドカップ(W杯)には、U-20日本代表に飛び級で選出され、3試合に出場した。 2019.06.24 22:06 Mon
twitterfacebook
thumb

同胞アルトゥール&コウチーニョはネイマールのバルサ復帰を歓迎

バルセロナに所属するブラジル代表のMFアルトゥールとMFフィリペ・コウチーニョが、同クラブへの復帰が噂されているFWネイマール(27)について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2017年夏に移籍史上最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約271億3000万円)でバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入したネイマール。新天地でも輝きを放ち続け、公式戦通算58試合51得点29アシストの数字を残しているが、今夏の移籍市場ではバルセロナ復帰の可能性が伝えられている。 しかし、バルセロナ寄りで知られるスペイン『ムンド・デポルティボ』のアンケート調査によれば、ネイマールの復帰に否定的。71.2%が反対の意見だったという。それでもコパ・アメリカに参戦中のアルトゥールとコウチーニョは、同胞のバルサ復帰説について問われると、両者ともにクラブでの共演を歓迎した。 ◆アルトゥール 「もちろん、僕はそれを望んでいるよ」 「彼は偉大な選手だ。それは僕だけじゃなくて皆が思っていることだよ。素晴らしい選手が多いほど良いからね」 ◆コウチーニョ 「ネイマールとプレーすることは素晴らしいことだよ。彼はスーパースターさ」 「何が起こるかは分からないけど、彼と共演することについて話していると、幸せな気持ちになるね」 2019.06.24 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

エトーが勧告「サラーはマドリーよりもバルセロナ」

カタールSCに所属する元カメルーン代表FWサミュエル・エトーが、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(27)にバルセロナ移籍を促している。イギリス『BBC』が伝えた。 2017年の夏にリバプールに加入して以降、ここまで公式戦104試合で71ゴールを記録しているサラー。2018-19シーズンには、クラブをチャンピオンズリーグ(CL)優勝に導き、14年ぶりとなるビッグイヤーをもたらした。 そのサラーには今夏、レアル・マドリーが獲得に興味を示している模様。しかし、かつてマドリーとバルセロナでプレーした経験を持つエトーは、同選手がバルセロナに行くことを勧めている。 「彼にとってバルセロナはより快適だと思う」 「レアル・マドリーは私にアフリカから旅立つ機会を与えてくれたけど、バルセロナのスタイルも知っている。彼にとってはバルセロナのほうが良いと思うよ」 「スペインという世界最高のリーグでプレーするチャンスがあるのならば、彼はバルセロナに行くべきだ」 「モー(モハメド・サラー)は、世界最高の選手の一人になるために必要なものを全て兼ね備えている」 2019.06.24 08:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「心配ないよ。そっちに行く」 ネイマールがバルサの選手に今夏復帰伝える?

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)が、バルセロナの元同僚に対して今夏の復帰を伝えたようだ。スペイン『スポルト』が伝えている。 2017年夏に移籍史上最高額2億2200万ユーロ(約271億円)の超ビッグディールでバルセロナからPSGに加入したネイマール。その新天地フランスで王様として扱われ、公式戦通算58試合51得点29アシストを誇るが、2シーズン連続の長期負傷離脱や、女性に対する性的暴行のスキャンダルなど、ピッチ内外のネガティブな話題が先行している。 そのネイマールに関してPSGの会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏は先日、『フランス・フットボール』で具体的な選手名こそ避けたが、「スター気取り」の選手に対して「ドアは開かれている」とコメント。条件次第で放出を容認する構えを見せた。 現時点でバルセロナとPSGの交渉の進捗状況がどこまで進んでいるかは不明なところだが、ネイマール自身はカンプ・ノウ帰還を確信しているようだ。 『スポルト』が伝えるところによれば、ネイマールはスマートフォン向けインスタントメッセンジャーアプリ『WhatsApp』を通じて、「心配ないよ。そっちに行く」と、バルセロナの元チームメートたちに向けて今夏の復帰を伝えたようだ。 ただ、ネイマールのバルセロナ復帰に向けては移籍金の問題に大幅な減俸を受け入れる必要があるなど、多くの障害が残っている。 2019.06.24 03:51 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース