ロシアW杯後に代表引退を表明した“イランの逸材”アズムーン、代表復帰へ2018.10.09 09:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)終了後にイラン代表引退を表明していたルビン・カザンのFWサルダール・アズムーン(23)が、代表に復帰するようだ。▽“イランのメッシ”とも称され、将来を嘱望されるアタッカーのアズムーン。これまで代表通算36試合23ゴールを誇り、ロシアW杯でも全3試合に出場した。しかし、イラン代表はグループステージ敗退。これにより同国は批判を浴びることとなった。すると、この批判はアズムーンの母親にも及び、これが原因で同選手は大会終了後に自身のインスタグラム(sardar_azmoun)で代表引退を表明していた。

▽そんな中、イラン・イスラム共和国サッカー連盟(FFIRI)は今月3日、16日にボリビア代表との国際親善試合を戦うイラン代表メンバーを発表。そのメンバーリストの中にはアズムーンの名が含まれていた。また、アムズーンが所属するルビン・カザンも7日、クラブ公式サイトで同選手がイラン代表に向かったことを報告している。
コメント
関連ニュース
thumb

韓国vsイランは白熱ドロー! ウィジョ連発もキム・ヨングォンがOG献上…《国際親善試合》

国際親善試合の韓国代表vsイラン代表が11日に行われ、1-1のドローに終わった。 7日に行われたオーストラリア代表戦をFWファン・ウィジョの決勝点によって1-0で勝利した韓国が、6日に行われたシリア代表戦でマルク・ヴィルモッツ新体制の初陣を5-0の大勝で飾ったイランと対峙したアジア勢同士の一戦。 連勝を狙う韓国はエースでキャプテンのFWソン・フンミンに加え、ガンバ大阪所属のDFキム・ヨングォン、ファン・ウィジョ、FC東京所属のMFナ・サンホを先発で起用した。 立ち上がりからフレンドリーマッチらしからぬオープンな攻防が繰り広げられた中、ホームの韓国がよりフィニッシュの場面を作り出す。15分過ぎにはソン・フンミンの右CKを中央で競り勝ったキム・ヨングォンが頭で合わすが、ここは相手GKの好守に阻まれた。さらに、25分にはボックス右で味方からのスルーパスに抜け出したファン・ウィジョが深い切り返しでDFを外して左足のシュートを放つが、DFにディフレクトしてゴールに向かったボールはGKビランヴァンドのビッグセーブに遭う。 一方、素早い攻守の切り替えを武器にカウンターを仕掛けるイランもFWジャハンバクシュの強烈なミドルシュートなどで韓国ゴールに迫るが、こちらもGKチョ・ヒョヌが立ちはだかる。 その後は不用意なボールロストが目立つ韓国に対して、イランの高速カウンターが発動。ボックス付近でタレミらが際どいシュートを浴びせかける。それでも、劣勢の韓国も前半終盤に盛り返すと、ソン・フンミンのミドルシュートに、44分には右サイド深くでイ・ヨンが折り返したボールをゴール前のナ・サンホが右足ボレーで合わすが、これは惜しくもクロスバーの内側を叩いた。 ゴールレスで折り返した試合は、後半も立ち上がりから攻め合う展開に。54分にはボックス手前のレザイアンが強烈なミドルシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩く。 すると、直後の57分には韓国が先制点を奪う。自陣からのロングボールに対してMFイ・ジェソンが競りに行くと、ここでイランのDF2枚が交錯してボールがこぼれる。これを回収したファン・ウィジョがボックス右まで持ち込むと、GKビランヴァンドが果敢な飛び出しを見せる。だが、相手GKの寸前でループシュートに切り替えたファン・ウィジョの判断が功を奏してゴールネットを揺らした。 ファン・ウィジョの2試合連続ゴールで先手を奪った韓国だったが、直後のセットプレーから同点に追いつかれる。62分、イランの右CKの場面でキッカーが右足でアウトスウィングのボールを入れると、ゴール前で相手と競ったDFキム・ヨングォンに当たったボールがゴールネットに吸い込まれた。 奇しくもG大阪所属の2選手のゴールによって1-1の振り出しに戻った試合はその後も意地と意地がぶつかり合う見応えのある攻防が続く。互いに交代カードを切っていく中、試合終盤はホームの後押しを受けた韓国が押し込む。後半のアディショナルタイムにはソン・フンミンがボックス左角から強烈なシュートをゴール右隅に飛ばすが、これは相手GKの好守に阻まれ、試合はこのままタイムアップ。 ホームの韓国はアジアカップ後の連勝が「3」でストップ。一方、イランもヴィルモッツ新体制での連勝を飾ることはできなかった。 韓国代表 1-1 イラン代表 【韓国】 ファン・ウィジョ(後12) 【イラン】 OG(後17) 2019.06.11 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

イラン代表、前ベルギー代表監督のヴィルモッツ氏を新指揮官に招へい!

イラン代表の新監督にベルギー人指揮官のマルク・ヴィルモッツ氏(50)の就任が決定した。『IRNA(国営イラン通信)』が15日に伝えた。 AFCアジアカップUAE2019の準決勝で日本代表に敗れたイラン代表では、大会後にカルロス・ケイロス前監督がコロンビア代表の新指揮官就任のために退任。その後、同国代表の指揮官は空席となっていたが、この度ヴィルモッツ氏の就任が決定した。 なお、『IRNA』の伝えるところによると、15日午前にテヘラン入りを果たしたヴィルモッツ氏は同日午後にも正式な契約書にサインする予定だという。また、契約に関しては2022年カタール・ワールドカップ(W杯)までとなり、年俸は120万ドル(約1億3000万円)前後になるようだ。ただ、この契約は予選突破などの条件付きになるという。 現役時代にアタッカーとしてベルギー代表で活躍したヴィルモッツ氏は、2012年から母国ベルギー代表の指揮官に就任し、2014年ブラジル大会で3大会ぶりのW杯出場を、ユーロ2016で4大会ぶりの本戦出場に導いていた。しかし、ユーロ2016ではタレントを多数抱えながらもウェールズ代表の前にベスト8敗退に終わり、解任されていた。 また、ベルギー代表解任後は2017年3月にコートジボワール代表の指揮官に就任も、2018年ロシアW杯のアフリカ3次予選敗退に伴い、同年11月に辞任していた。 2019.05.15 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

元ミラン&セビージャ指揮官モンテッラ、イラン代表監督就任か

ヴィンチェンツィオ・モンテッラ氏(44)にイラン代表監督就任の可能性が浮上している。イタリア『トゥットスポルト』が伝えた。 イラン代表は、2月上旬まで行われていたアジアカップで日本に0-3で敗れて準決勝敗退。大会終了後、2011年から長期政権を築き、2大会連続でワールドカップ(W杯)本大会出場に導いたカルロス・ケイロス監督が退任した。 その後、かつてサウジアラビア代表やオーストラリア代表を指揮したベルト・ファン・マルバイク氏(66)の名が浮上。しかし、今回伝えられるところによると、イラン・イスラム共和国サッカー連盟(FFIRI)は、モンテッラ氏に3年契約で年俸150万ユーロ(約1億8000万円)+ボーナスのオファーを提示したようだ。 古巣ローマの暫定監督として指導者キャリアをスタートしたモンテッラ氏は、これまでカターニャやフィオレンティーナ、サンプドリア、ミランの監督を歴任。2017年12月からはセビージャの監督に就任し、チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト8に進出する快進撃を見せたが、リーガエスパニョーラでは結果が振るわず、2018年4月に解任されていた。現在はフリーとなっている。 2019.02.25 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

コロンビア代表、元イラン代表指揮官カルロス・ケイロス氏を招へい! 3月に日本と早くも再戦

コロンビアサッカー協会(FCF)は6日、コロンビア代表監督にポルトガル人のカルロス・ケイロス氏(65)が就任することを発表した。7日に就任記者会見が行われる。 これまでポルトガル、UAE、南アフリカ、イランといった代表チームやスポルティング・リスボン、名古屋グランパス、レアル・マドリーといったクラブチームの指揮官を歴任してきたケイロス氏。2011年からはイラン代表で長期政権を築き、2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会と2大会連続でワールドカップ(W杯)本大会出場に導いてきた。 先日に行われたアジアカップでは、グループステージを全勝で突破するなど、5試合で12得点無失点と圧倒的な強さでベスト4進出。しかし、準決勝で日本代表に0-3で敗れ、カルロス・ケイロス監督(65)は試合後、退任を明言していた。 一方、コロンビア代表監督は、2012年1月から指揮してきたアルゼンチン人のホセ・ペケルマン監督がロシアW杯終了後の9月に退任して以降、空位に。これまではU-20コロンビア代表で監督を務めるアルトゥロ・レジェス氏が臨時監督を務めていた。 コロンビア代表は、3月22日(金)に日産スタジアムで日本代表と対戦。早くもケイロス監督と日本代表の再戦が実現する。 2019.02.07 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

イラン代表、元サウジ&豪州監督のファン・マルバイク氏招へいか

元オーストラリア代表監督のベルト・ファン・マルバイク氏(66)にイラン代表監督への就任の可能性が浮上している。『FOXスポーツ』が伝えた。 イラン代表は先日に行われたアジアカップでグループステージを全勝で突破するなど、5試合で12得点無失点と圧倒的な強さでベスト4進出。しかし、準決勝で日本代表に0-3で敗れ、カルロス・ケイロス監督(65)は試合後、退任を明言していた。既報ではコロンビア代表監督に就任する見通しのようだ。 そんな中、イラン代表指揮官の後任はファン・マルバイク氏が務めることになる模様。ドルトムントやフェイエノールト、オランダ代表監督を指揮した経験を持つ同氏は、2015年にサウジアラビア代表監督に就任し、同国をロシア・ワールドカップに導いた。しかしその後、契約を延長せず、ロシアW杯ではオーストラリア代表を率いていた。 2019.02.07 12:45 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース