【2018バロンドール候補⑤】W杯MVP&FIFA最優秀選手のモドリッチやメッシが選出2018.10.09 02:44 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス『フランス・フットボール』は8日、現地時間午前8時(日本時間15時)から『2018バロンドール』の候補者30名のリストを5名ずつ順次発表している。▽現地時間19時に発表された第5回の候補には、ロシア・ワールドカップ(W杯)でクロアチア代表の準優勝に貢献してW杯MVPとなり、今年のFIFA最優秀選手に選出された大本命のMFルカ・モドリッチ(33)や、昨季のリーガエスパニョーラ得点王で過去に5度同賞を受賞しているバルセロナFWリオネル・メッシ(31)、ロシアW杯でフランス代表の優勝に貢献したMFポール・ポグバ(25)、ブラジル代表とパリ・サンジェルマンの絶対的エースであるFWネイマール(26)、アトレティコ・マドリーの守護神ヤン・オブラク(25)が選出された。

◆2018バロンドール候補⑤
21.FWリオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)
22.MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア)
23.FWネイマール(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
24.GKヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー/スロベニア)
25.MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド/フランス)

※既出◆2018バロンドール候補
1.FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/アルゼンチン)
2.GKアリソン・ベッカー(リバプール[ローマ]/ブラジル)
3.MFガレス・ベイル(レアル・マドリー/ウェールズ)
4.FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス)
5.FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/ウルグアイ)

6.GKティボー・クルトワ(レアル・マドリー[チェルシー]/ベルギー)
7.FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス[レアル・マドリー]/ポルトガル)
8.MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー)
9.FWロベルト・フィルミノ(リバプール/ブラジル)
10.DFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/ウルグアイ)

11.FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/フランス)
12.MFエデン・アザール(チェルシー/ベルギー)
13.MFイスコ(レアル・マドリー/スペイン)
14.FWハリー・ケイン(トッテナム/イングランド)
15.MFエンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス)

16.ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス)
17.マリオ・マンジュキッチ(ユベントス/クロアチア)
18.サディオ・マネ(リバプール/セネガル)
19.マルセロ(レアル・マドリー/ブラジル)
20.キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス)

()内左から所属チーム、国籍
コメント
関連ニュース
thumb

ハジ息子活躍のルーマニアがクロアチアに4発快勝で白星発進!《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権2019グループC第1節、U-21ルーマニア代表vsU-21クロアチア代表が18日に行われ、4-1でルーマニアが快勝した。 U-21イングランド代表とU-21フランス代表が同居しているグループC。ルーマニアのレジェンドであるゲオゲル・ハジ氏の息子であるヤニスが先発したルーマニアと、ハリロビッチやブレカロらが先発したクロアチアの一戦となった。 オープンな展開で立ち上がった一戦は9分、ハンドによりPKを得たルーマニアがプシュカシュのゴールで先制する。さらに14分、プシュカシュのヘディングシュートのルーズボールをハジが詰めて加点した。 一気に2点を追う展開となったクロアチアはブレカロの負傷を受けて、15分にブラダリッチを投入。嫌な流れが続いたが、18分に1点を返した。ボックス手前中央からのヴラシッチのミドルシュートが決まった。 ハーフタイムにかけてはオープンな展開となったもののゴールは生まれず、ルーマニアの1点リードで終了した。 迎えた後半、54分にハジの直接FKがバーを直撃したルーマニアが攻勢に出る流れで推移する中、66分に3点目を奪った。ボックス右に侵入したバルタがDFをかわして左足でシュートを蹴り込んだ。 終盤、ハリロビッチを諦めてムリッチを投入したクロアチアだったが、追加タイムにもゴールを許して1-4で完敗。ルーマニアが快勝で初戦を勝利で飾っている。 2019.06.19 03:29 Wed
twitterfacebook
thumb

ペリシッチの2得点に絡む活躍でウェールズに競り勝ったクロアチアが2勝目を挙げる!《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選グループE第3節のクロアチア代表vsウェールズ代表が8日に行われ、2-1でクロアチアが勝利した。 1勝1敗スタートの4位クロアチアと、白星発進で2位に位置するウェールズの一戦。クロアチアはモドリッチやペリシッチ、コバチッチが先発出場。対するウェールズは、エースのベイルやジョー・アレンに加え、今夏にマンチェスター・ユナイテッド加入が濃厚の新星ダニエル・ジェームズが先発に名を連ねた。 立ち上がりからホームのクロアチアが攻勢に出る中、ウェールズが先にチャンスを迎える。10分、ベイルが中盤から矢のようなロングスローを供給するとボックス手前で受けたウィルソンがシュートを放ったが、これはGKリヴァコビッチの正面を突いた。 ピンチを凌いだクロアチアは16分、中盤でクラマリッチの落としを受けたモドリッチがワンタッチで左のスペースへロングパスを供給すると、これに反応したペリシッチがボックス左から侵入。相手GKとDFを引きつけたペリシッチはゴールエリア付近まで切り込み折り返しを送ると、ゴール前に戻ったジェームズ・ローレンスに当たり、そのままゴールネットを揺らした。 1点を追うウェールズは42分、ダニエル・ジェームズの左クロスをファーサイドのウィルソンがマイナスに折り返すと、走り込んだファルクスがシュート。さらに相手GKの弾いたボールをベン・デイビスが詰めたが、これも相手GKのセーブに阻まれた。 1点リードで前半を終えたクロアチアは、後半開始早々にスコアを動かす。46分、モドリッチのパスで右サイドを抜け出したブレカロがボックス右から切り込みシュート。これをGKヘネシーが弾くと、セカンドボールに反応したコバチッチがボックス手前からシュートを流し込んだ。しかし、このゴールはオフサイドを取られ、ノーゴールとなった。 追加点のチャンスを逃したクロアチアだが48分、ボックス内でパスを受けたクラマリッチはジョー・アレンのスライディングタックルで止められたが、J・ローレンスのクリアをモドリッチがブロック。これがボックス左に流れると、こぼれ球に反応したペリシッチがニアサイドにシュートを突き刺した。 追加点を許したウェールズは55分、ボックス手前で獲得したFKからベイルが相手ゴールを脅かすも、これはゴール左上に外れた。さらに59分には、味方のロングパスで抜け出したベイルに再び決定機が訪れたが、シュートは相手GKのセーブに阻まれた。 ゴールが遠いウェールズだったが、77分に反撃。ボックス右までオーバーラップしたコナー・ロバーツがマイナス折り返しを供給。これをバイタルエリア中央で受けたブルックスが切り返しで相手マークをかわすと、ボックス手前まで切り込みシュート。これがシュートブロックに入ったヴィダの頭に当たり、そのままゴール中央に突き刺さった。 終盤にかけてもウェールズがクロアチアゴールに迫ったが、91分のブルックスのシュートは相手GKに阻まれ、2-1のままタイムアップ。ペリシッチ弾で逃げ切ったクロアチアが、2勝目を挙げグループEの暫定首位に浮上した。 ◆8日開催グループEその他の試合結果 アゼルバイジャン 1-3 ハンガリー ◆グループE順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.ハンガリー[6/3/2] 2.クロアチア[6/3/1] 3.スロバキア[3/2/1] 4.ウェールズ[3/2/0] 5.アゼルバイジャン[0/2/-3] 2019.06.09 00:10 Sun
twitterfacebook
thumb

モドリッチやラキティッチ、ペリシッチらが選出! クロアチアがユーロ予選に向けたメンバー発表!《ユーロ2020予選》

クロアチアサッカー協会(HNS)は20日、6月に行われるユーロ2020予選に向けたクロアチア代表メンバー25名+予備メンバー3名を発表した。 クロアチ代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、MFイバン・ペリシッチ(インテル)、FWアンテ・レビッチ(フランクフルト)など主力が順当に選出した。 3月に行われたユーロ2020予選を1勝1敗スタートとなったクロアチアは、6月8日にウェールズ代表とのホーム戦を行い、同11日に国際親善試合でチュニジア代表とホームで対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ロヴレ・カリニッチ</span>(アストン・ビラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">シモン・スルガ</span>(リエカ) <span style="font-weight:700;">ヨシプ・ポサベツ</span>(ハイドゥク・スプリト)※ <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">カルロ・バルトレツ</span>(ノアシャラン/デンマーク) <span style="font-weight:700;">ダリオ・メルニャク</span>(チャイクル・リゼスポル/トルコ)</span> <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ヴィダ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ドゥイエ・チャレタ=ツァル</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">フィリップ・ベンコビッチ</span>(セルティック/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ボルナ・バリシッチ</span>(レンジャーズ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">デヤン・ロブレン</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ティン・イェドバイ</span>(レバークーゼン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ミレ・シュコリッチ</span>(オシエク)※ <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フィリップ・ブラダリッチ</span>(カリアリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マリオ・パシャリッチ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マテオ・コバチッチ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">マルコ・ログ</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">ニコラ・ヴラシッチ</span>(CSKAモスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ミヨ・ツァクタシュ</span>(ハイドゥク・スプリト)※ <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンテ・レビッチ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ヨシップ・ブレカロ</span>(ヴォルフスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・ペトコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) ※予備メンバー 2019.05.21 03:15 Tue
twitterfacebook
thumb

主力投入も低調クロアチア、ハンガリーに逆転負けで早くも初黒星《ユーロ2020予選》

クロアチア代表は24日、ユーロ2020予選・グループE第2節でハンガリー代表とのアウェイ戦に臨み、1-2で逆転負けした。 3日前に行われた予選初戦のアゼルバイジャン代表戦を2-1と辛勝して白星スタートとしたクロアチアは、アゼルバイジャン戦のスタメンから4選手を変更。モドリッチやラキティッチ、ペリシッチらが引き続きスタメンとなり、ロブレンやレビッチ、ブロゾビッチら主力が先発となった。 初戦のスロバキア代表戦を0-2と敗れたハンガリーに対し、[4-3-3]で臨んだクロアチアは3トップに右からペリシッチ、クラマリッチ、レビッチ、中盤アンカーにブロゾビッチ、インサイドにモドリッチとラキティッチを据えた。 そのクロアチアは6分にペリシッチが右サイドからのカットインシュートでオンターゲットを記録すると、直後に決定機。左サイドからのバリシッチのアーリークロスに対してクラマリッチがボレーで合わせたシュートがわずかに枠の上に外れた。 その後、ホームチームのハンガリーの反撃を受けたクロアチアだったが、13分に先制する。モドリッチの右サイドからのクロスをクラマリッチが合わせたシュートはミートしなかったものの、ゴール前にいたレビッチが押し込んだ。 先制後は膠着状態に陥った中、28分にクロアチアにアクシデント。バリシッチがハムストリングを痛めてプレー続行不可能となり、レオバツが投入された。 すると34分、試合を振り出しに戻される。ジュジャークのスルーパスでボックス右に侵入したサライに右足でゴール左に蹴り込まれた。 ハーフタイムにかけてもチャンスを作れないクロアチアは1-1で前半を終えた。 迎えた後半も拮抗した展開が続く中、クロアチアは59分に勝ち越しのチャンス。ボックス左で仕掛けたペリシッチが左足でシュート。だが、枠を捉えきれなかった。 その後も低調なクロアチアは76分に逆転される。右CKからファーサイドのパトカイにルーズボールを右足アウトで流し込まれた。 さらに80分、ラキティッチのバックパスミスを突かれて大ピンチとなるも、ゴール前で何とか身体を張って失点を許さない。 しかし、終盤にかけてもチャンスを作れなかったクロアチアは1-2で逆転負け。グループの本命に早くも黒星が付いている。 2019.03.25 04:03 Mon
twitterfacebook
thumb

クロアチア、ホームで格下に苦戦もバリシッチの代表初弾とクラマリッチ弾で逆転勝利! 予選を白星発進《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選グループE第1節のクロアチア代表vsアゼルバイジャン代表が21日に行われ、ホームのクロアチアが2-1で逆転勝利している。 ユーロ2020本大会出場を懸けた予選が今月からスタート。ロシア・ワールドカップ(W杯)の準優勝チームとして臨んだUEFAネーションズリーグではイングランド代表、スペイン代表の後塵を拝してグループB降格を強いられたクロアチアは、ウェールズ代表、スロバキア代表、ハンガリー代表と曲者揃いのグループEに入った。 格下アゼルバイジャンをホームで迎え撃った初戦に向けてはヴィダ、ラキティッチ、コバチッチ、モドリッチ、ペリシッチら主力を揃って起用した。 立ち上がりから細かいミスが目立って流れを掴み切れないクロアチアは13分にピンチ。背後へのフィードに対してDFヴィダが足を滑らせて倒れると、シェイダイェフにボックス内に侵入される。だが、ここはGKロヴレ・カリニッチが見事な対応で一対一を制して事なきを得る。 しかし、19分にはモドリッチ、コバチッチと続けて中盤での競り合いで後手を踏むと右サイドに抜け出したシェイダイェフにボックス右から強烈なシュートを決められてまさかの先制点を献上してしまう。 何とか前半のうちに追いつきたいホームチームは左サイドのペリシッチの仕掛けを軸に反撃を開始。36分には左CKの場面でクラマリッチがニアにヘディングシュートを飛ばすが、これは相手DFのゴールカバーに遭う。それでも、前半終了間際の44分に再びセットプレーのチャンスを得ると、モドリッチの左CKで生まれたゴール前の混戦からチャレタ=ツァルのシュートのこぼれ球をバリシッチが押し込んだ。 伏兵バリシッチの代表初ゴールによって1-1のイーブンで試合を折り返したクロアチアは後半に入って完全に主導権を掌握。モドリッチの直接FKやボックス内でのペトコビッチのシュートで2点目に迫るが、粘る相手の守備をこじ開けることができない。 ホームで勝ち点逸は許されないクロアチアは69分にペトコビッチを下げてレビッチ、73分にはコバチッチを下げてヴラシッチと攻撃的なカードを切っていく。すると79分、バイタルエリア中央の密集からレビッチがボックス左のクラマリッチに繋ぐと、クラマリッチが巧みなファーストタッチでDFを外して左45度からファーポストへ絶妙なコントロールシュートを流し込んだ。 ようやく逆転に成功したクロアチアだが、守りに入ることなく攻勢を続ける。クラマリッチやペリシッチが決定機を決め切れなかったものの、このまま試合を2-1でクローズ。苦しみながらもユーロ2020予選初戦を白星でスタートした。 また、同日行われたグループC第1節のもう1試合、スロバキア代表vsハンガリー代表は、ドゥダとルスナークの挙げた2ゴールによってホームのスロバキアが2-0で勝利している。 2019.03.22 06:42 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース