【2018バロンドール候補③】W杯優勝フランスの主力2人に多士済々のアタッカー選出2018.10.08 21:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス『フランス・フットボール』は8日、現地時間午前8時(日本時間15時)から『2018バロンドール』の候補者30名のリストを5名ずつ順次発表している。▽現地時間14時に発表された第3回の候補には、ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表の優勝に貢献したFWアントワーヌ・グリーズマン(27)とチェルシーMFエンゴロ・カンテ(27)の2選手。W杯得点王のトッテナムFWハリー・ケイン(25)と、チャンピオンズリーグ(CL)の3連覇に貢献したレアル・マドリーMFイスコ(26)、チェルシーとベルギー代表で絶対的なエースとして活躍するMFエデン・アザール(27)の5選手が選出された。

◆2018バロンドール候補③
11.FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/フランス)
12.MFエデン・アザール(チェルシー/ベルギー)
13.MFイスコ(レアル・マドリー/スペイン)
14.FWハリー・ケイン(トッテナム/イングランド)
15.MFエンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス)

※既出◆2018バロンドール候補
1.FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/アルゼンチン)
2.GKアリソン・ベッカー(リバプール[ローマ]/ブラジル)
3.MFガレス・ベイル(レアル・マドリー/ウェールズ)
4.FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス)
5.FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/ウルグアイ)

6.GKティボー・クルトワ(レアル・マドリー[チェルシー]/ベルギー)
7.FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス[レアル・マドリー]/ポルトガル)
8.MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー)
9.FWロベルト・フィルミノ(リバプール/ブラジル)
10.DFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/ウルグアイ)

()内左から所属チーム、国籍
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、エルモソ獲得に向け4000万ユーロの契約解除金支払いへ!

アトレティコ・マドリーがエスパニョールのスペイン代表DFマリオ・エルモソ(24)獲得に向けて4000万ユーロ(約49億円)の契約解除金を支払う見込みだ。スペイン『カデナ・コーペ』が伝えている。 今シーズン限りでウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン、フランス代表DFリュカ・エルナンデスの2選手が退団したアトレティコでは、その2選手に代わるセンターバックの確保が急務となっている。 すでにポルトからゴディンの後釜としてブラジル代表DFフェリペ(30)を獲得している中、現在はリュカの後釜としてエルモソの獲得に動いていることが報じられていた。 当初、アトレティコは前述の契約解除金を下回る金額での獲得を目指していたが、来季に向けてできるだけ早くスカッドを完成したいクラブは契約解除金を支払う決断を下したようだ。 なお、エルモソに関しては古巣レアル・マドリーが1500万ユーロ(約18億3000万円)の買戻し条項と、保有権の50パーセントを保持していると見られているが、現時点で同選手を買い戻すプランはないようだ。 レアル・マドリーの下部組織出身のエリートDFは、昨季加入したエスパニョールで出場機会を得ると、今季に入って完全にブレイク。184cmとサイズには恵まれていないが、守備センスの高さと左サイドバックでもプレー可能なアジリティを武器に総合力の高い守備を披露。 また、高精度の左足を生かしたビルドアップ能力、フィードが評価されて昨年11月にスペイン代表デビューを飾ると、ここまで3試合に出場している。 2019.06.25 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、リールFWペペ獲得を最優先事項に?

アトレティコ・マドリーが、リールに所属するコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(24)に注目しているようだ。フランス『フランス・フットボール』が伝えている。 昨シーズン、リールの1部残留に貢献したペペは、今シーズンにセンターフォワードから本職の右ウイングに固定され、圧倒的なスプリント能力、ドリブルテクニックを武器に躍動。今シーズンのリーグ・アン38試合で22ゴール11アシストと圧巻の数字を記録した。 既報によれば、そのペペを巡って、リバプールやマンチェスター・ユナイテッド、インテルが争奪戦を繰り広げている。中でも、インテルが獲得に本腰を入れており、ボーナス込みで総額9000万ユーロ(約110億円)のオファーを用意していると見られている。 そんな中、今回伝えられるところによれば、アトレティコは今夏の退団が決まっているフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の後釜として、ペペの獲得を最優先事項に考えているという。 2019.06.24 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

シメオネから現役引退のトーレスへ…「君は次世代の選手たちに最高の遺産を残した」

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、自身のインスタグラム(simeone)で21日に現役引退を発表したサガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)に労いの言葉をかけた。 “エル・ニーニョ”の愛称で親しまれるトーレスは、2001年にアトレティコ・マドリーでプロキャリアをスタート後、リバプール、チェルシー、ミランを渡り歩き、チャンピオンズリーグ(CL)や、ヨーロッパリーグ(EL)のタイトルに貢献。通算110試合38ゴールの代表キャリアにおいても輝かしい経歴を誇り、3度のワールドカップ(W杯)出場を果たして、2010年の南アフリカ大会で同国史上初の優勝を経験した。 その後、2018年夏に鳥栖加入。初年度こそ明治安田生命J1リーグ17試合3得点を記録したが、今シーズンはケガなどのコンディション不良に苦しみ、ここまで11試合無得点にとどまっている状況だった。 そんな中、トーレスは21日に現役引退を発表。23日に行われた引退会見で、8月23日に行われる明治安田生命J1リーグ第24節のヴィッセル神戸戦が現役ラストマッチとなり、引退後は鳥栖のアドバイザーを務めることなど明かしていた。 そのトーレスに対して、選手と監督として共闘したシメオネ監督がメッセージを送っている。 「アトレティコ・マドリーで、とても若かった君に出会った。まだ選手だった私と時間を共有していた中、君は強い個性を放ち、他の選手たちとは違うことを示していた」 「素晴らしいチームでプレーして成長し、みんなに素晴らしい記憶を刻んだ。しかし、君は自分の家に帰ってきた。勝利を掴み取るために」 「チームメイトとしても監督としても、常にあるのは君への尊敬だ。そしてハードワークと精神的な強さ。君は次世代の選手たちに最高の遺産を残した。諦めてはいけないということを。ありがとう、フェルナンド」 2019.06.24 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏アトレティコと対戦するMLSオールスターが強力!

アトレティコ・マドリーは来月31日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)オールスターと対戦する。そのチームがかなり強そうだとスペイン『アス』が取り上げている。 MLSオールスターは、オーランド・シティ、DCユナイテッド、スポルティング・カンザスシティ、ロサンゼルス・ギャラクシー、ロサンゼルスFC、そしてアトランタ・ユナイテッドからそれぞれ4名がファンによって選出される。そしてその中のベストイレブンが22日にMLSによって明かされた。 特に強力なのが攻撃陣。ズラタン・イブラヒモビッチにウェイン・ルーニー、カルロス・ベラ、ジョナタン・ドス・サントスといったヨーロッパで活躍した名プレイヤーが顔を揃え、彼らが同じチームでどういうプレーをするのか注目されている。 そんな攻撃を受け止めるロヒブランコスの守備陣は現在刷新が行われている。センターバックから両サイドバックに新戦力の到着が見込まれており、この試合が試金石となるに違いない。 色んな意味で注目を浴びるMLSオールスターゲーム。毎年の恒例行事となっており、昨年はユベントス、一昨年はレアル・マドリーが対戦している。今年のファン選出のベストイレブンは以下の通り。 GKブラッド・グザン(アトランタ・ユナイテッド) DFグラハム・ズシ(カンザスシティ) DFウォーカー・ジマーマン(ロサンゼルスFC) DFゴンサレス・ピレス(アトランタ・ユナイテッド) MFジョナタン・ドス・サントス(LAギャラクシー) MFナニ(オーランド・シティ) MFエセキエル・バルコ(アトランタ・ユナイテッド) MFゴンサロ・マルティネス(アトランタ・ユナイテッド) FWウェイン・ルーニー(DCユナイテッド) FWカルロス・ベラ(ロサンゼルスFC) FWズラタン・イブラヒモビッチ(LAギャラクシー) 2019.06.23 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ヒサイ獲得濃厚に

アトレティコ・マドリーが、アルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ(25)獲得について、ナポリと合意に近づいているようだ。 『フットボール・イタリア』によると、イタリアの複数のメディアが今夏にヒサイがアトレティコに完全移籍すると報道。ナポリ側の要求額は2500万ユーロだったが、最終的に2000万ユーロ(約24億4500万円)で決着になる見込みとのことだ。 アトレティコは今夏に、DFリュカ・エルナンデスのバイエルン移籍とDFフアンフランの退団が決定しており、加えてDFフィリペ・ルイスも退団濃厚に。そのためサイドバックの確保が急務となっていた。 両サイドバックがこなせるヒサイには恩師マウリツィオ・サッリ監督が就任したユベントスやマンチェスター・ユナイテッドも興味を示していたとされている。 今季は公式戦35試合に出場。その内訳は右サイドバック27試合、左サイドバック8試合となっている。 2019.06.23 17:25 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース