ユナイテッド、17歳逸材SBレアードとプロ契約締結!2018.10.08 20:31 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは8日、U-18イングランド代表DFイーサン・レアード(17)とプロ契約を締結したことを発表した。▽9歳からユナイテッドのアカデミーに在籍するレアードは右サイドバックを主戦場に左サイドバックやセンターバックもこなせる逸材DF。高い身体能力を生かした対人守備に加え、抜群のスピードと攻撃センスを武器に攻撃面でも貢献できる万能型のプレースタイルだ。

▽今季のU-18プレミアリーグとUEFAユースリーグでも印象的なパフォーマンスを披露している17歳は、クラブ公式サイトで愛するクラブでプロになれたことへの感動を語っている。

「夢が叶ったよ。そういった言葉を口にするのは陳腐に感じるかもしれないけど、9歳の頃からアカデミーで育ちトップチームのプレーヤーを憧れの目で見てきたんだ。そして、自分が望む場所に上り詰めるために多くの努力をしてきたんだ。だから、心から嬉しい気持ちだよ」

「ただ、今回の出来事は僕にとって最初のステップだ。そして、最終的なトップチームで活躍するという目標に向けては多くのステップを上がっていく必要があると思っているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ベルギー代表指揮官、ルカク退団は「明らか」

ベルギー代表を指揮するロベルト・マルティネス監督が、マンチェスター・ユナイテッドの同代表FWロメル・ルカクの去就に言及した。イギリス『talk SPORT』が伝えている。 公式戦45試合で15ゴールを挙げながらも、その不安定なプレーの方が目立ってしまった今シーズン。7500万ポンド(現レートで101億円)を支払って獲得したルカクも、現在では不可欠な存在ではないというのが大半の見方だ。 そんなルカクには、先日アントニオ・コンテ監督が就任したインテルが強い関心を見せている。本人もユナイテッドに未練はないとされる中、マルティネス監督がルカクの去就に言及。ベルギー『HLN』にこう語った。 「彼がマンチェスター・ユナイテッドを去らなければならないのは明らかだ。それは両者にとっていい結果になるだろう。今大切なのは、ルカクが幸せにプレーできるかどうかということだ」 また、ルカクもイタリア『メディアセット』に「コンテがインテルに行ったことは僕にとって良いことだ。彼は世界最高の監督だからね」と語り移籍を示唆。ルカクのイタリア行きの可能性は日に日に高まっている。 2019.06.19 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、新たにヒサイをリストアップか

マンチェスター・ユナイテッドが、ナポリに所属するアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ(25)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 2015年夏にマウリツィオ・サッリ監督(現ユベントス)が就任する際にエンポリからナポリへ加入したヒサイ。同監督体制では不動の右サイドバックとして活躍したが、カルロ・アンチェロッティ監督が就任した今シーズンはセリエAの出場は27試合と減少していた。 そのヒサイは先日、「僕のナポリでの時間は終わった。僕が必要としているような何かを与えてくれるチームを探しているよ」と、今夏の移籍希望を公言している。また、ナポリは今夏にレアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)やPSVのメキシコ代表イルビング・ロサーノ(23)などの大型補強に動いており、ヒサイはその資金調達のために売却される見込み。すでに後釜の確保にも成功している。 アトレティコ・マドリーやインテルが関心を示しているところに新たにユナイテッドが参戦。両サイドバックでプレーできる選手として調査を行っているようだ。 2019.06.19 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

“ビッグ6”関心のマディソンが移籍を否定「移籍話は無視」

レスター・シティに所属するイングランド代表MFジェームズ・マディソン(22)が今夏の去就について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨夏にノリッジ・シティから2200万ポンド(約29億8000万円)でレスターへ加入したマディソン。卓越した右足のキック精度やパスセンス、エレガントな身のこなしで試合を作る司令塔で、今シーズンはプレミアリーグ36試合7得点7アシストの好成績を収めた。 昨年10月にイングランド代表初招集を受けるなど成長著しいマディソンのプライスタグは6000万ポンド(約81億4000万円)と高額。それでも、マンチェスターの両クラブやリバプール、トッテナム、アーセナルといった“ビッグ6”がこぞって獲得に興味を示している状況だ。 そうしたなか、渦中のマディソンは今夏の去就について問われると、次のようにコメント。移籍の可能性を否定した。 「ノーだね。今は僕の歩幅で歩いているからトランスファーの話は無視しているよ」 「コベントリーでプレーしていた17歳のとき、5試合しかスタメンで出られなかったけど、携帯を見たらトッテナムとリバプールの興味を目にしたよ」 「トランスファーの話で僕のことを取り上げてくれるのは誉め言葉として受け取る必要がある。だけど、僕の気が変わることはないよ」 2019.06.18 16:42 Tue
twitterfacebook
thumb

ワン=ビサカ獲得へリベンジ! ユナイテッド、移籍金上積みで2度目のオファーを提示

マンチェスター・ユナイテッドが、クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)に再度オファーを提示したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 C・パレス下部組織出身のワン=ビサカは、2018年にトップチームデビュー。推進力抜群のドリブルと、長い足を生かしたしなやかな体つきから繰り出す対人守備が魅力の右サイドバックであり、今シーズンのクラブ年間最優秀選手に輝いている。 同メディアによると、そのワン=ビサカ獲得に向け、ユナイテッドは先日、3500万ポンド(約47億5000万円)のオファーを提示。しかし、C・パレス側に拒否されていた。そして今回伝えられるところによると、ユナイテッドは1500万(約20億3000万円)ポンドを上積みした5000万ポンド(約67億8000万円)で2度目のオファーを提示したという。 ただ、その内容は3500万ポンド(約47億5000万円)と1500万ポンド(約20億3000万円)の分割払い。C・パレスは一括払いであれば、4500万ポンド(約61億円)から5000万ポンド(約67億8000万円)で移籍に応じる意向も、この契約内容には納得いかず。またも失敗に終わったようだ。 ワン=ビサカはユナイテッド移籍に前向き。しかし、トランスファーリクエストを提出することや移籍を訴えることは考えていないようだ。 2019.06.18 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、“新たな挑戦発言”のポグバ慰留へ! サンチェス級のサラリー準備

マンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバ(26)の慰留に動いているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏、レアル・マドリーやユベントスの関心報道が取り巻くなか、個人スポンサーである『アディダス』主催のイベント出席のため、16日に初来日したポグバ。世界中が注目する去就に関して、イベント後に「タイミング的に新たなところで新たなチャレンジをすべき」との意向を明かした。 このコメントは今夏の移籍待ったなしの様相として、世界各国のメディアが一斉に報道。だが、ユナイテッドは、2016年夏に投じた移籍金8900万ポンド(約120億7000万円)を上回るオファーが届かない限り、手放す意思はなく、来シーズンも戦力として計算しているという。 そのユナイテッドは、まだ2年契約+1年の延長オプションを残しているポグバを残留させるため、現週給29万ポンド(約3900万円)のサラリー見直しを考慮。クラブ最高給者のチリ代表FWアレクシス・サンチェスに匹敵する50万ポンド(約6700万円)に引き上げる準備をしている模様だ。 昨シーズン途中から指揮を執るオーレ・グンナー・スールシャール体制下でも良い姿と悪い姿の両面をのぞかせたことで、ユナイテッドファンの間で売却容認派と否定派に二分するポグバ。今夏の去就はどのような結末を迎えるのだろうか。 2019.06.18 13:00 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース