【2018バロンドール候補②】本命C・ロナウドにベルギー代表主力2選手が選出2018.10.08 19:13 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス『フランス・フットボール』は8日、現地時間午前8時(日本時間15時)から『2018バロンドール』の候補者30名のリストを5名ずつ順次発表している。▽現地時間正午12時に発表された第2回の候補には、ベルギー代表とプレミアリーグで活躍したレアル・マドリーのGKティボー・クルトワ(26)とマンチェスター・シティのMFケビン・デ・ブライネ(27)の2選手。さらに、レアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献し、今夏ユベントスに旅立ったバロンドール有力候補のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)、リバプールのCL準優勝に貢献したブラジル代表FWロベルト・フィルミノ(27)、ウルグアイ代表とアトレティコ・マドリーの闘将DFディエゴ・ゴディン(32)の5選手が選出されている。

◆2018バロンドール候補②
6.GKティボー・クルトワ(レアル・マドリー[チェルシー]/ベルギー)
7.FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス[レアル・マドリー]/ポルトガル)
8.MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー)
9.FWロベルト・フィルミノ(リバプール/ブラジル)
10.DFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/ウルグアイ)

※既出◆2018バロンドール候補①
1.FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/アルゼンチン)
2.GKアリソン・ベッカー(リバプール[ローマ]/ブラジル)
3.MFガレス・ベイル(レアル・マドリー/ウェールズ)
4.FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス)
5.FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/ウルグアイ)

()内左から所属チーム、国籍
コメント
関連ニュース
thumb

アランが言及…加入噂のハメスは“歓迎”、恩師サッリのユーベ就任は“何も思わない”

ブラジル代表MFアランが、ナポリへの加入が噂されているレアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)と先日ユベントスの新指揮官に就任したかつての恩師マウリツィオ・サッリについて言及した。イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 バイエルンの買取オプションの不行使が決定し、レアル・マドリー復帰が既定路線となっているハメス・ロドリゲス。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となっていることから今夏のさらなる移籍が有力視されており、その筆頭にはマドリーやバイエルンで師弟関係にあったカルロ・アンチェロッティ監督率いるナポリが挙がっている。 この噂について問われたアランは、コロンビア代表MFを称賛すると共に、ナポリ加入を歓迎した。 「ハメスはワールドクラスのフットボーラーだ。彼が加入すれば、僕ら全員がナポリで幸せになるだろうね」 また、セリエAでは今シーズン、2015-16シーズンから2017-18シーズンまでナポリを指揮していたサッリ監督がユベントスに就任。かつての恩師がライバルクラブの監督に就いたことに関して、アランは以下のようにコメントしている。 「特に何も思わないよ。彼の決断だ。僕らはそれを尊重しなければならない。僕らはナポリであり、今や彼は敵だ。僕らは彼を倒そうとするだけだよ」 2019.06.24 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュがケディラを狙う ユーベも放出容認か

ベシクタシュがユベントスのドイツ代表MFサミ・ケディラ(32)の獲得を狙っているとトルコ『HABERLER』が伝えている。 2015年夏にレアル・マドリーから移籍したケディラだが、今季は度重なるケガに見舞われ、4月にはヒザの手術を行い現在もリハビリに励んでいる状態だ。 イタリア『Corriere di Torino』の情報では、ユベントスはケガの状況や32歳という年齢からケディラの放出を考慮しているという。また、チームにはミラレム・ピャニッチやブレーズ・マテュイディ、先日契約延長が発表された有望株ロドリゴ・ベンタンクールらが在籍していることに加え、新シーズンからはアーロン・ラムジーが加入するため中盤の選手には困っていない。 ケディラ獲得を狙うベシクタシュはすでに同選手の兄・デニーと接触しており、サミについて状況を確認したとのこと。だが、ケディラがユベントスで600万ユーロ(約7億3000万円)の高額な年俸を受け取っていること、契約が2年残っていることが移籍の隔たりになるのではないかと推測されている。 2019.06.23 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

U-21イタリア代表に激震… ミーティング遅刻のケアンとザニオーロが運命のベルギー戦欠場へ《U-21欧州選手権》

U-21イタリア代表に激震が走った。22日に行われるU-21欧州選手権2019グループA最終節のU-21ベルギー代表戦にFWモイゼ・ケアン(ユベントス)とMFニコロ・ザニオーロ(ローマ)の両主軸が欠場することになったようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ホテルで同部屋のケアンとザニオーロは今大会中、度々インスタグラムに歌や踊っている姿を投稿。そしてベルギー戦に向けたミーティングに遅刻していた。これがルイジ・ディ・ビアージョ監督の逆鱗に触れ、ベルギー戦で起用しないことを決めたようだ。 仮にイタリアがベスト4進出を果たせば、両選手が復帰する可能性があるようだが、グループステージ最終節を前に2連勝のU-21ポーランド代表を追うイタリアは、1勝1敗でU-21スペイン代表に並んでいる中、両主軸を欠いてベルギーに勝利し、東京五輪出場権の得られるベスト4進出を果たせるか。 2019.06.23 01:16 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ベンタンクールと2024年まで契約延長

ユベントスは22日、ウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクール(21)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新し、年俸は270万ユーロ(約3億3000万円)とのことだ。 2017年7月にボカ・ジュニアーズから完全移籍でユベントスに加入したベンタンクールは、今シーズンはセリエAで31試合に出場し2ゴール3アシストを記録。チャンピオンズリーグでも7試合に出場するなど主力として存在感を示していた。 そのベンタンクールにはアトレティコ・マドリーが獲得に興味を示していたようだが、ユベントスは今後のチームを担う存在として契約延長に踏み切った格好だ。 2019.06.22 23:32 Sat
twitterfacebook
thumb

デ・リフト、ユーベ移籍を決断か…『スカイ』が報道

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のユベントス移籍が迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がイタリア『スカイ』を情報源に報じた。 高い身体能力や足元の技術を兼ね備え、名門アヤックスで主将を務めるデ・リフト。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引し続けた。 そんなデ・リフトには、バルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプールといったメガクラブからの関心が伝えられており、中でもバルセロナとPSGの2クラブの報道が加熱していた。しかし、最近になって有力と見られていたその2クラブが破談に終わったとの報道が。そしてユベントス行きが濃厚となったようだ。 今回伝えられるところによると、デ・リフトはユベントス移籍を決断。個人間の契約に関する詳細はまだ確定していないものの、移籍金6200万ポンド(約84億7000万円)で移籍に近づいているようだ。 先日、デ・リフトはオランダ代表として参戦したUEFAネーションズリーグ決勝戦のポルトガル代表戦で、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドから直接、勧誘されたことを明かしていたが、このままユベントス移籍でデ・リフト争奪戦は決着を迎えるのだろうか。 2019.06.22 20:10 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース