強姦疑惑C・ロナウドに更なる窮地…新たな被害者が現れる2018.10.08 15:34 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに新たな強姦疑惑が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。▽アメリカ人モデルのキャスリン・マヨルガさんからの告発により、2009年に強姦した疑いが浮上しているC・ロナウド。当人は容疑を否定しているものの、ラスベガス警察が調査に動き出したことが報じられている。また、先日にドイツ『Der Spiegel』は、C・ロナウド側が口止め料としてマヨルガさん側に37万5000ドル(約4275万円)を支払うとの契約書の存在を公表したことで、サッカー界屈指のスーパースターの立場が危ぶまれている。

▽さらに、『デイリー・メール』は7日、C・ロナウドに追い打ちをかけるような新たな情報を提供。マヨルガさんの弁護士を務めているレスリー・ストーヴァル氏が、「私は同様の経験を持っていると主張する女性からの連絡を受けている」と、マヨルガさん同様に過去C・ロナウドから強姦されたと主張する女性の存在を明らかにした。

▽ストーヴァル氏はその女性に関して匿名としているものの、すでにラスベガス警察に情報の提供を行ったようだ。

▽ハリウッドの有名映画プロデューサーのセクハラ被害を告発する『#MeToo』運動が昨年から大きな社会のうねりとなっている中、新たに現れた被害者の存在によってC・ロナウドは更なる窮地に立たされることになるかもしれない…。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーベ、ラムジーに続きラビオもフリーで獲得へ!

ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)との合意に至ったようだ。スペイン『El Chiringuito TV』の情報を引用して『フットボール・イタリア』が伝えている。 PSGとの契約延長交渉を固辞したことで今夏の移籍が決定的となっているラビオ。当初はバルセロナ行きが濃厚と思われていたが、アヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(22)の獲得もあり消滅した。 最近の報道では、ラビオ争奪戦はマンチェスター・ユナイテッドとユベントスの一騎打ちだと見られていた。そうした中で同選手は先日に、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』で「ユベントスは誰もがプレーを望むビッグクラブだ。僕らはいくつかの協議をしている。それは事実さ」とイタリア王者との交渉を認めていた。 そして、今回伝えられるところによると、サラリー面では、年俸700万ユーロ(約8億4000万円)に1000万ユーロのサイン料(約12億1000万円)。さらに2024年までの5年契約で合意に至ったようだ。 なお、ユベントスは来シーズンに向けてアーセナルからウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)の獲得に成功。フリーでの補強は2人目となる。 2019.06.18 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスがデ・リフト、ポグバ両獲りも!? ネドベドが交渉中

ユベントスのパベル・ネドベド副会長が、アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19) 、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(26)の両選手の代理人を務めるミノ・ライオラ氏と会談をしたと、スペイン『アス』がイタリア『トゥットスポルト』からの情報として伝えている。 デ・リフトにはパリ・サンジェルマン(PSG)が年俸1200万ユーロ(約15億円)+5年契約のオファーを提示しており、現状は移籍市場で一歩リードしているとされている。これに対し、ユベントスも年俸1000万ユーロ(約12億円)+移籍金7500万ユーロ(約91億円)の条件で交渉にあたっているようだ。 また、ポグバについても話題に挙がったとされ、先日に東京であったイベントの際の「僕自身も新しいチャレンジをすべきじゃないかと思っている」との発言など、古巣ユベントス復帰へと動いても全く不思議ではない情勢となっている。 先日に就任が発表されたマウリツィオ・サッリ新監督での新生ユベントス構築に向け、注目の2選手の動向には今後も目が離せない。 2019.06.18 20:53 Tue
twitterfacebook
thumb

カセレス、ユーベに3度目の別れ「ユーベは僕の家族、決して忘れない」

ウルグアイ代表DFマルティン・カセレス(32)が、今シーズン限りで同クラブを退団することをイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 カセレスは今季前半、ラツィオでプレーをしていたが、出場機会に恵まれず、1月にユベントスへとレンタル移籍。同クラブに自身3度目となる加入を果たし、リーグ戦9試合に出場した。 そのカセレスは、自身のインスタグラム(martincaceres_7)で「僕の家族はみな白黒の心を持っている。 僕の息子レオンはトリノで生まれ、ユベンティーノだ。 妻のマルティナもトリノで生まれ、これまで過ごしてきた。 僕はこのチームとこの街を決して忘れないよ」と感謝の気持ちを記している。 なお、カセレスは現在開催中のコパ・アメリカにウルグアイ代表として参加中。彼のもとには既にカタールからオファーが届いているという。経験豊富なベテランDFの今後の活躍に期待したい。 2019.06.18 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

来季も一緒に…ユーベ就任のサッリ、愛弟子ジョルジーニョの獲得を希望?

ユベントスの新監督に就任したマウリツィオ・サッリ監督(60)が、チェルシーに所属するイタリア代表MFジョルジーニョ(27)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『タイムズ』の情報をもとに同『メトロ』が報じた。 サッリ監督は昨夏にナポリからチェルシーに就任した際、秘蔵っ子であるジョルジーニョの引き抜きに成功。今夏もブルーズからユベントスへ連れて行きたいと考えているようだ。 そのイタリア代表MFはアンカーとして今シーズンの公式戦54試合に出場。ヨーロッパリーグ(EL)優勝と、プレミアリーグ3位フィニッシュに貢献した。 また、サッリ監督はイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(24)もイタリア王者へ連れて行きたいと考えているとのことだ。 しかし、チェルシーは今後2度(2019年夏、2020年冬)の補強禁止処分が下る可能性が…。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴中だが、現時点で補強できない恐れがある。 そのチェルシーはエースだったMFエデン・アザールをレアル・マドリーに移籍させてしまっただけに、ジョルジーニョまでも手放すとは考えにくいが、サッリ監督の愛弟子の去就は果たして…。 2019.06.18 15:31 Tue
twitterfacebook
thumb

40ゴールを確信? サッリが不遇イカルディの獲得を希望

ユベントスの新監督に就任したマウリツィオ・サッリ監督だが、インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)を要求しているようだ。イタリア『Sportitalia』が報じた。 チェルシーの指揮官を退任し、ユベントスと3年契約を結んだサッリ監督。新チームのメンバーには、以前からユベントスが獲得に興味を示しているパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョス(25)の他に、ストライカーの獲得を求めているとのことだ。 イカルディは、シーズン途中にキャプテンを剥奪され、代理人であり妻であるワンダ・ナラの問題発言なども相まって、インテルに居場所がない状況。さらに、アントニオ・コンテ監督が就任したことで、その居場所は本格的になくなったと見られている。 イカルディには、パリ・サンジェルマンやマンチェスター・ユナイテッド、そしてデイビッド・ベッカム氏が所有するマイアミFCも獲得を目指している中、サッリ監督がチームにイカルディ獲得を進言したという。 サッリ監督は、イカルディが40ゴールは決められると確信があるとのこと。自身の指導により復活させることができると見込んでいるようだが、果たしてフロント陣に受け入れられるだろうか。 2019.06.18 14:20 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース