絶好調のジェノアFWピョンテク、ヴィエリ以来のセリエA開幕7連発達成2018.10.08 13:32 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは7日、セリエA第8節でパルマと対戦し1-3で敗戦した。同試合ではポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクが開幕7試合連続ゴールを達成した。▽昨シーズン、母国のクラコヴィアでのリーグ戦21ゴールの活躍を引っ提げて今夏ジェノアに加入したピョンテク。すると、自身の公式戦デビュー戦となったコッパ・イタリア3回戦のレッチェ戦で4ゴールの圧巻デビューを飾ると、セリエ第2節のエンポリ戦からここまで6試合連発となる8ゴールを挙げている。(セリエA開幕節ミラン戦はジェノバの高架橋崩落事故の影響で延期)

▽そして、元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリがインテル時代の2002-03シーズンに記録して以来のセリエA開幕7試合連続ゴールが懸かった今回の一戦では開始6分に左サイドのMFダルコ・ラゾビッチからのクロスを巧みな頭でのフリックでゴール右隅に流し込み、今季自身9点目となるゴールを挙げて難なくセリエA開幕7連発を達成した。

▽なお、セリエA記録は1994-95シーズンに当時フィオレンティーナに在籍していた元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータの開幕11試合連続ゴールだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン契約満了のサパタ、来シーズンはジェノアでプレーか

今シーズン限りで契約満了によりミランを退団する元コロンビア代表DFクリスティアン・サパタ(32)が、来シーズンはジェノアでプレーするのではないかとイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。 サパタは2004年に母国コロンビアのクラブ、デポルティーボ・カリでプロデビュー。その後ウディネーゼ、ビジャレアルと渡り歩き2012-13シーズンからはミランでプレーしていた。ミランで同じ時期に在籍していた元日本代表MF本田圭佑とは冗談を言い合うほどの「親友」でもあり、孤立しがちだった本田を支えていた一人としても知られている。 今季17位と低迷したジェノアは守備陣の整備を進めており、獲得間近と噂されているキエーボのポーランド人DFパヴェル・ヤロジンスキに続きサパタとも接触しているようで、ジェノアは同選手に2年契約を提示しているとされている。 ベテランDFではあるが昨年のロシア・ワールドカップのコロンビア代表に選出されるなどまだまだ力もあり、新天地でも活躍を期待したいところだ。 2019.06.22 15:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ジェノア、エンポリ退任のアンドレアッツォーリ氏を招へい

ジェノアは14日、アウレリオ・アンドレアッツォーリ氏(65)を新指揮官に任命したことを発表した。契約期間は2021年6月までの2年間となっている。 ジェノアでは昨年12月にチェーザレ・プランデッリ監督が就任していたが、残留争いに巻き込まれ、何とか残留圏内ぎりぎりの17位でシーズンを終えたことを受け、新監督を探していた。 アンドレアッツォーリ氏は2017-18シーズン途中にエンポリの監督に就任し、自身就任後は無敗でセリエB優勝に導いた実績を持つ。今季はエンポリの監督を継続していたが、成績不振を受けて昨年11月に解任されていた。 その後3月にエンポリの監督に復帰するも、18位でシーズンを終えセリエA残留を果たすことはできなかった。しかし、ジェノアはアンドレアッツォーリ氏の手腕を評価し、今回の任命に至ったとのことだ。 2019.06.15 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

昇格ヴェローナ、前ジェノア監督のユリッチ氏を招へい

セリエAに昇格したヴェローナは14日、イバン・ユリッチ氏(43)の招へいを発表した。契約期間は2020年までの1年間となっている。 ヴェローナでは昇格プレーオフを勝ち抜いてセリエA昇格に導いたアルフレッド・アリエッティ前監督が退任していた。 ユリッチ氏は2015-16シーズンにクロトーネをセリエA昇格に導いたことで評価を高め、2016-17シーズンにジェノアの監督に就任。しかし、ジェノアでは芳しい成績を残せず、これまで3度解任されていた。 2019.06.15 00:18 Sat
twitterfacebook
thumb

降格エンポリ、アンドレアッツォーリ監督の契約を解除

エンポリは13日、アウレリオ・アンドレアッツォーリ監督(65)との契約を双方合意の下、解除したことを発表した。 2017年12月にエンポリの指揮官に就任したアンドレアッツォーリ監督は就任後無敗でセリエB優勝に導き、2018-19シーズンも指揮。しかし、セリエA第11節終了時点で1勝3分け7敗と苦戦し、降格圏の18位に沈んでいたことを受け、昨年11月に解任されていた。 だが、後任のジュゼッペ・イアキーニ氏も結果を出せず、3月にエンポリの監督に復帰していた。その後、シーズン最終盤に3連勝を記録するなど最終節まで残留の望みを繋げたアンドレアッツォーリ監督だったが、インテルに惜敗し18位でセリエB降格に終わっていた。 なお、ジェノアがアンドレアッツォーリ監督の指揮官就任を画策しているとのことだ。 2019.06.14 00:47 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、チェフ代役にインテルの若手GKを調査

元チェコ代表GKペトル・チェフが今シーズン限りで現役を引退し、新たなGKの獲得を目指すアーセナル。インテルのルーマニア代表GKイオヌ・ラドゥ(22)に興味を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今シーズンはレバークーゼンからドイツ代表GKベルント・レノを獲得したアーセナル。レノはシーズン当初こそ出番がなかったものの、途中でレギュラーポジションを獲得すると、プレミアリーグで32試合に出場。ヨーロッパリーグはチェフがゴールマウスを守ったが、アーセナルの正守護神として活躍を見せた。 そんなアーセナルだが、チェフが引退、そしてナポリへレンタル移籍中のコロンビア代表GKダビド・オスピナも退団が濃厚。新たなGKの獲得に動く中、ラドゥに興味を持ったとのことだ。 ラドゥの代理人はイタリア『FCInternews.it』で「リヨンを含むとても多くのチームが興味を持っている。最近はアーセナルからの調査もあった」とアーセナルが興味を持っているとコメント。「彼はあらゆる観点から見て大きく成長しており、とても興味深いだろう」とコメントしている。 ラドゥは、ディナモ・ブカレストの下部組織出身で、ペルゴレッテーゼを経て、2013年8月にインテルの下部組織に加入。2016年7月にトップチームへと昇格していた。しかし、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチの牙城を崩せず、2017年にはアヴェッリーノへレンタル移籍。今シーズンはジェノアへとレンタル移籍していた。 ジェノアでは、セリエAで33試合に出場し正守護神としてプレー。セリエAの残留を果たしたジェノアは、ラドゥの買い取りオプションを行使したものの、インテルは買い戻し条項を持っており、一旦買い取ってから移籍させる可能性も残されているようだ。 2019.06.03 11:15 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース