マフレズが痛恨のPK失敗!リバプールvsシティの首位攻防戦は白熱のドロー決着《プレミアリーグ》2018.10.08 02:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第8節、リバプールvsマンチェスター・シティが7日に行われ、0-0の引き分けに終わった。▽先日のEFLカップでチェルシー相手に今季公式戦初黒星を喫したリバプールは、中2日でのリターンマッチとなったプレミアリーグ前節を途中出場のFWスタリッジの劇的同点ゴールによって1-1のドローに持ち込むも、リーグ戦の連勝もストップ。さらに、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)では敵地でナポリに0-1で敗れ、公式戦3試合勝利なしと調子を落としている。4試合ぶりの勝利を目指すシティ戦に向けては、先発にロブレンが復帰。右サイドバックにJ・ゴメス、中盤の一角はヘンダーソンが務めるなど、ナポリ戦からの変更は3点となった。

▽一方、CL初戦のリヨン戦でまさかの今季初黒星を喫したシティだが、以降は公式戦4連勝ときっちりバウンスバック。公式戦5連勝及びリーグ戦5連勝を目指す今節は、左サイドバックにメンディが復帰。右サイドにマフレズが起用されるなど、ホッフェンハイム戦からスタメンを4人入れ替えて臨んだ。

▽まずは、アンフィールドの歓声を背にリバプールが4分にサラーのシュートで試合に入る。[4-3-3]を基本布陣に、ミルナーやワイナルドゥムが中盤を構成するホームチームが序盤はペースを握った。

▽それでもシティも14分に仕掛けた。普段とは異なる[4-4-1-1]の左サイドを担ったスターリングが深い位置からドリブルシュートでトライ。しかし、ここはマークについていたJ・ゴメスが足を出して枠の外へかき出した。

▽その後は中盤での潰し合いが続く。フェルナンジーニョとベルナルド・シウバが中盤の底に控えるシティがバイタルエリアでは数的優位を作り、未然に危険な芽を刈り取る。

▽そんな中、リバプールにアクシデント。ミルナーが足を痛めてN・ケイタと負傷交代。早くも1枚目の交代カードを切らなければならなくなってしまった。

▽ここまでスターリングのシュート1本に抑えられていたシティだったが38分、再び左サイドを攻撃。メンディ、シルバ、スターリングの3人で崩しにかかり、最後はシルバがボックス左からシュートを放った。

▽後半も前半同様に堅い入りを見せた。リバプールは中盤攻略が難しいと判断し、ロングボールやサイド攻撃を活路を見いだす。50分にはそのロングボールから、右サイドバックのJ・ゴメスがシュートに持ち込む。

▽なかなか攻撃に出られないシティも61分、シルバからのパスを最前線で受けたマフレズがロバートソンのマークを振り切ってシュートに持ち込む。このシュートは枠の右に逸れたものの、この試合最も惜しい場面だった。マフレズはその1分後にも、今度はボックス右からシュート。しかしこれはGKの正面。

▽その直後、リバプールは相手を左右に振って最後はJ・ゴメスの折り返しを受けたサラーが、ボックス左から左足でシュート。このシュートもGKの正面へ。サラーは69分にもカウンターからチャンスを得るが、シュートをふかしてしまった。

▽ゴールレスのまま迎えた85分、試合は大きな展開を見せた。シルバのスルーパスで途中出場のザネがボックス左に侵入。チェックに来たファン・ダイクとの競り合いで倒れ、これがファン・ダイクの足にかかっていたとして、シティにPKが与えられる。しかし、キッカーを務めたマフレズがこれを大外し。シティは千載一遇のチャンスを逸してしまった。

▽結局、最後までスコアが動くことなく試合終了。リバプールとシティによる首位攻防戦は、ゴールレスの痛み分けとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

複数ビッグクラブ関心のジュニオール・フィルポにユナイテッド&リバプールも注目?

マンチェスター・ユナイテッドとリバプールが、ベティスに所属するU-21スペイン代表DFジュニオール・フィルポ(22)に注目しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ベティス下部組織出身のフィルポは2017年にトップチーム昇格。卓越した身体能力やスピードで高い評価を受けている攻撃的左サイドバックは、今シーズンの公式戦で29試合3ゴール5アシストを記録している。 現在、バルセロナやレアル・マドリー、マンチェスター・シティらが獲得に興味を示している中、ユナイテッドとリバプールもフィルポの動向を注視。リバプールはスコットランド代表DFアンディ・ロバートソンの競争相手、ユナイテッドもディフェンス陣の強化として同選手を見ているようだ。 同メディアによれば、フィルポの契約解除金は5000万ユーロ(約61億円)の模様。この新進気鋭の左サイドバックを獲得するのはどのクラブになるのだろうか。 2019.06.24 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

エトーが勧告「サラーはマドリーよりもバルセロナ」

カタールSCに所属する元カメルーン代表FWサミュエル・エトーが、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(27)にバルセロナ移籍を促している。イギリス『BBC』が伝えた。 2017年の夏にリバプールに加入して以降、ここまで公式戦104試合で71ゴールを記録しているサラー。2018-19シーズンには、クラブをチャンピオンズリーグ(CL)優勝に導き、14年ぶりとなるビッグイヤーをもたらした。 そのサラーには今夏、レアル・マドリーが獲得に興味を示している模様。しかし、かつてマドリーとバルセロナでプレーした経験を持つエトーは、同選手がバルセロナに行くことを勧めている。 「彼にとってバルセロナはより快適だと思う」 「レアル・マドリーは私にアフリカから旅立つ機会を与えてくれたけど、バルセロナのスタイルも知っている。彼にとってはバルセロナのほうが良いと思うよ」 「スペインという世界最高のリーグでプレーするチャンスがあるのならば、彼はバルセロナに行くべきだ」 「モー(モハメド・サラー)は、世界最高の選手の一人になるために必要なものを全て兼ね備えている」 2019.06.24 08:40 Mon
twitterfacebook
thumb

コウチーニョにアンフィールド帰還の可能性!

バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(27)に対して、リバプール復帰の可能性が浮上した。フランス『Le 10 Sport』が報じた。 2018年1月に移籍金1億4200万ポンド(現レートで約194億1000万円)の大金を残してリバプールからバルセロナに旅立ったコウチーニョ。パリ・サンジェルマン(PSG)に移籍した同国代表FWネイマールの後釜として大きな期待を抱かれてのバルセロナ加入だったが、それに応えるほどの活躍ができていない状況を受けて今夏退団の見方が浮上しており、先日に「バルセロナで続けるかわからない」と去就不透明な状況を認めた。 そのコウチーニョに対しては現在、今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーのプレミアリーグ勢が関心。だが、古巣リバプールもコウチーニョをアンフィールドに帰還させることに興味を示しているという。 なお、今夏の移籍市場でネイマールの連れ戻しを狙うバルセロナはPSGに対して、2023年まで契約を残しているコウチーニョの譲渡を含むオファーを提案。だが、PSGはコウチーニョに興味を示していない模様だ。 2019.06.22 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

引退発表のフェルナンド・トーレスにツイッターでカシージャス、マスチェラーノ、サウールら名選手から労いの言葉が続々

本日21日に引退を発表したサガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)。引退発表動画を上げた彼のツイッター(@Torres)の元には親交のあった名選手からの労いのリプライが相次いでいる。 スペイン代表で長年に渡って共にプレーし2010年にはワールドカップ制覇も果たした、ポルトのGKイケル・カシージャス(@Iker Casillas)からは「楽しい時間を一緒に過ごしてくれてありがとう。あなたが与えてくれたサッカーに関するすべてのことを非常に誇りに思います。これからもあなたが行く場所全てに愛情を持って見ていきます。あなたの次のステージに幸運あれ!」と激励のコメント。 また、リバプール時代のチームメイトである元アルゼンチン代表のハビエル・マスチェラーノ(@ Mascherano)からは「あなたこそがプロの見本例。これから何を選択してもそれがきっとベストです!」という言葉が届いた。。 そしてアトレティコ・マドリーの後輩でもあるスペイン代表MFサウール・ニゲス(@‏saúlniguez)は「ヒーロー、アイドル、伝説。それがフェルナンド」と最大限の感謝の気持ちを伝えている。 上記に紹介した以外でもたくさんの選手やクラブの公式アカウントからメッセージが届けられているトーレス。それも輝かしい実績とともに温かい人柄がなせる業だろう。 2019.06.21 21:29 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、ファン・ダイクの相棒にクリバリをリストアップ?

リバプールが、ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)に関心を寄せているようだ。イタリア『IL MATTINO』が報じた。 2014年夏にヘンクからナポリに加入したクリバリ。圧倒的なフィジカルを武器にセリエA屈指のセンターバックとして評価を高め、今シーズンの公式戦でも48試合に出場した。 そのクリバリに関してはマンチェスター・ユナイテッドが熱視線を送っていることが報じられている。しかし、今回伝えられるところによれば、ディフェンスリーダーであるDFヴィルヒル・ファン・ダイクの相棒を探すリバプールが、クリバリの代理人であるファリ・ラマダニ氏とコンタクトを取ったという。 だが、その会談でナポリがクリバリに1億1120万ユーロ(約134億7000万円)の値札を張っていることを明かされたようだ。リバプールはこの金額での取引を望んでいないが、交渉を行う可能性があるとのことだ。 2019.06.19 16:34 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース